CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
ホセデラトマサの歌詞ー433
0
    フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
    作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
    私の長年のカンテの師匠でもある
    ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
    つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
    不備な点もあると思います。お許しください。

    Ya se han para'o(注) to'(注) los yunque'(注),
    los fuelles y los martillo'(注);
    ya esta' El Gitano en las calle'(注),
    entre claveles y lirio'(注):
    lloran los cayos reale'(注).



    解説
    (注)の para'o to' yunque' martillo' calle' lirio' reale' は,
    本当は parado todo yunques martillos calles lirios reales ですが、
    アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
    ここでは省いてあります。
    このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
    ディレクトアダルースと言います。



    (かなりの意訳ですが)
    もう金床も、燃料も、金槌も放置されたままだ、
    道に暮すあのヒターノは、
    カーネーションとあやめの道にいて:
    本当に落ちてしまった人々が泣いているんだ。

    (道に暮らした人は、今は土の中なんでしょうね)

    お勧めパロ(フラメンコの曲)
    ファンダンゴ マラゲーニャ

    ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
    カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
    圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

    ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
    | フラメンコの歌詞 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
    ホセデラトマサの歌詞ー432
    0
      フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
      作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
      私の長年のカンテの師匠でもある
      ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
      つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
      不備な点もあると思います。お許しください。

      Ya no puedo ma's lucha'(注)
      las fuerzas me esta'n faltando;
      mis nin'os co'mo estara'n,
      en la mina trabajando
      sin saber si volvera'n.



      解説
      (注)の lucha' は,本当は lucharですが、
      アンダルシア訛りでは語尾の子音を省略する事があり,
      ここでは省いてあります。
      このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
      ディレクトアダルースと言います。



      (かなりの意訳ですが)
      もうこれ以上戦えない、もう力がないんだ、
      炭鉱で働く息子達は一体どうしているんだろう、
      戻ってくるかどうかもわからない。


      お勧めパロ(フラメンコの曲)
      タランタ ファンダンゴ マラゲーニャ

      ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
      カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
      圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

      ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
      | フラメンコの歌詞 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
      ホセデラトマサの歌詞ー431
      0
        フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
        作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
        私の長年のカンテの師匠でもある
        ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
        つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
        不備な点もあると思います。お許しください。

        Vivo a golpe de relo'(注),
        perdi' el sabor de la vi''a(注)
        y llegue' a la conclusio'n
        que la pena no vali'a
        lucha'(注) solo contra to'(注).



        解説
        (注)の relo' vi''a lucha' to' は,本当は reloj vida luchar todo ですが、
        アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
        ここでは省いてあります。
        このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
        ディレクトアダルースと言います。



        (かなりの意訳ですが)
        時計が時を打つように暮らしている、人生を味わうこともなしに、
        そして結論にたどり着いたんだ、
        苦しみにはなんの価値もない、ただすべてと戦うのみだ。


        お勧めパロ(フラメンコの曲)
        タランタ ファンダンゴ

        ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
        カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
        圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

        ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
        | フラメンコの歌詞 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
        ホセデラトマサの歌詞ー430
        0
          フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
          作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
          私の長年のカンテの師匠でもある
          ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
          つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
          不備な点もあると思います。お許しください。

          Viva el Reino de Levante,
          viva Murcia y su regio'n
          y vivan los buenos cante'(注)
          que se cantan en la Unio'n
          y viva to'(注) el que los cantes.



          解説
          (注)の cante' to' は,本当は cantes todo ですが、
          アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
          ここでは省いてあります。
          このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
          ディレクトアダルースと言います。



          (かなりの意訳ですが)
          レバンテ王国万歳、
          ムルシア地区万歳、
          そして、ウニオンで歌われる素晴らしいカンテ万歳
          そしてすべてのカンテ万歳。


          お勧めパロ(フラメンコの曲)
          カルタヘネラ タラント


          ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
          カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
          圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

          ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
          | フラメンコの歌詞 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
          ホセデラトマサの歌詞ー429
          0
            フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
            作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
            私の長年のカンテの師匠でもある
            ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
            つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
            不備な点もあると思います。お許しください。

            Viva el cante de Juan Breva
            y lo que haci'a el Canario,
            Malaguen'as de la Trini
            y los Tangos del Piyayo;
            asi' la historia se escribe.




            (かなりの意訳ですが)
            Juan BrevaのカンテとCanarioの功績、万歳、
            Triniのマラゲーニャと Piyayoのタンゴ万歳;
            歴史に残るんだ。

            (みんな素晴らしいフラメンコの大歌手たちですね。)

            お勧めパロ(フラメンコの曲)
            ファンダンゴ

            ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
            カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
            圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

            ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
            | フラメンコの歌詞 | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
            ホセデラトマサの歌詞ー428
            0
              フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
              作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
              私の長年のカンテの師匠でもある
              ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
              つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
              不備な点もあると思います。お許しください。

              Un di'a, de madruga'(注),
              yo he esta'o(注) en la pescaderi'a;
              gente de to'a(注) la Bahi'a
              se pusieron a canta'(注)
              hasta las claras del di'a.



              解説
              (注)の madruga' esta'o to'a canta' は,
              本当は madrugada estado toda cantar ですが、
              アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
              ここでは省いてあります。
              このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
              ディレクトアダルースと言います。



              (かなりの意訳ですが)
              ある日の明け方、私は魚屋にいたんだ;
              浜辺の人が皆で、私に歌ってくれと言ったんで、
              明るくなるまでの間歌ったんだ。
              (この浜辺は多分カディスの事)

              お勧めパロ(フラメンコの曲)
              ファンダンゴ マラゲーニャ ロンデーニャ

              ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
              カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
              圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

              ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
              | フラメンコの歌詞 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
              ホセデラトマサの歌詞ー427
              0
                フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
                作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
                私の長年のカンテの師匠でもある
                ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
                つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
                不備な点もあると思います。お許しください。

                Tus calles y tus casita'(注)
                parecen salir de un cuento:
                esas mujeres bonita'(注)
                parecen flores riendo,
                !Ronda, por Dio'(注) eres bendita!



                解説
                (注)の casita' bonita' Dio' は,本当は casitas bonitas Dios ですが、
                アンダルシア訛りでは語尾の子音を省略する事があり,
                ここでは省いてあります。
                このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
                ディレクトアダルースと言います。



                (かなりの意訳ですが)
                ここの道と家々は、まるでお話しから抜け出してきたみたいだ:
                女性たちは美しく、まるで花が笑っているよう。
                ロンダ、神に祝福された街よ。


                お勧めパロ(フラメンコの曲)
                ロンデーニャ

                ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
                カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
                圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

                ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
                | フラメンコの歌詞 | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
                ホセデラトマサの歌詞ー426
                0
                  フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
                  作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
                  私の長年のカンテの師匠でもある
                  ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
                  つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
                  不備な点もあると思います。お許しください。

                  Tu' presumes de haber visto
                  Nueva Yo'(注), Londre'(注) y Pari'(注),
                  pero no has visto Triana
                  y a su Cachorro sali'(注),
                  refleja'ndose en el agua.



                  解説
                  (注)の Nueva Yo' Londre' Pari' sali' は,
                  本当は Nueva York Londres Paris salis ですが、
                  アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
                  ここでは省いてあります。
                  このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
                  ディレクトアダルースと言います。



                  (かなりの意訳ですが)
                  君はニューヨークやロンドン、パリに行ったことがあると自慢するけど、
                  トリアーナを見た事はないんだろう、
                  そしてグアダルキビル河にその姿を映すのも。


                  お勧めパロ(フラメンコの曲)
                  ファンダンゴ

                  ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
                  カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
                  圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

                  ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
                  | フラメンコの歌詞 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
                  ホセデラトマサの歌詞ー425
                  0
                    フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
                    作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
                    私の長年のカンテの師匠でもある
                    ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
                    つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
                    不備な点もあると思います。お許しください。

                    To'(注) los di'as le rezo a Dio'
                    antes de baja'(注) a la mina,
                    pa' que me diera valo'(注)
                    y protegiera mi vi'a(注)
                    en el fondo de La Unio'n.



                    解説
                    (注)の baja' valo' vi'a は,本当は bajar valor vida ですが、
                    アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
                    ここでは省いてあります。
                    このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
                    ディレクトアダルースと言います。



                    (かなりの意訳ですが)
                    毎日、炭鉱に入る前に神に祈るんだ、
                    ウニオン炭鉱の奥深くの私に、
                    勇気をお与えください、そしてお守りくださいと。


                    お勧めパロ(フラメンコの曲)
                    ミネラ タランタ

                    ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
                    カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
                    圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

                    ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
                    | フラメンコの歌詞 | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
                    ホセデラトマサの歌詞ー424
                    0
                      フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
                      作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
                      私の長年のカンテの師匠でもある
                      ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
                      つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
                      不備な点もあると思います。お許しください。

                      Tiene mi nin'a la cama
                      del color de la canela;
                      son sus hechuras gitana'(注)
                      y huele a clavel y menta:
                      mi nin'a es un clavel grana.



                      解説
                      (注)の gitana' は,本当は gitanas ですが、
                      アンダルシア訛りでは語尾の子音を省略する事があり,
                      ここでは省いてあります。
                      このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
                      ディレクトアダルースと言います。



                      (かなりの意訳ですが)
                      ベッドにシナモン色(小麦色)のあの娘がいる:
                      魅力的な体で、カーネーションとミントの香り、
                      あの娘は、まるで真っ赤なカーネーションだ。


                      お勧めパロ(フラメンコの曲)
                      ファンダンゴ


                      ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
                      カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
                      圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

                      ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
                      | フラメンコの歌詞 | 03:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事