CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
映画好きによる、映画好きの為の、もっと映画が好きになる映画
0

    JUGEMテーマ:映画

     

    今夜、ロマンス劇場へ を見てきました。

     

    テレビなどでもいっぱい宣伝をしているので、

    みかけた方も多いかと思います。

     

    この映画、テーマにしているのも<映画>。

     

    映画に出演する俳優さん

    監督さんやスタッフさん

    映画会社の人

    映画館の人

    と、映画に関わる人すべてが登場します。

     

    映画を扱った映画はいくつかありますが、

    すべての立場の人が登場するのは珍しいと思います。

     

    そして、舞台は私が生まれたまさにその年の昭和35年。

     

    今では信じられないかもしれませんが、

    我が家の最寄駅の祐天寺にも、

    私が子供の頃まで映画館が2件ありました。

     

    もちろん、中目黒駅にも学芸大学駅にも。

    都内の多くの駅前に、映画館があったんです。

     

    その多くは名画座(数年前に封切られた映画を安く上映)で、

    祐天寺の映画館では、ゴジラとか寅さんとかをいつもやってました。

    近所のお団子屋さんでおにぎりを買って、

    お休みの日に一日ずっと見まくったものです。

     

     

    この映画のお話しに戻って・・・

     

    この映画、出てくる人全員映画が大好き。

    人間同士いろいろあったとしても、

    結局は映画への愛で結びついているのです。

    スペインのフラメンコな人たちと一緒ですね。

     

     

    今は映画はネットで見たりする方も多いと思いますが、

    やっぱり映画館で知らない人達と大勢で見るのが、私は好きです。

     

    偶然となりに座った方の息遣いや涙をすする音。

    私にとっては、大事な大事な映画鑑賞の一部なんです。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

    大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は3月4日です。 詳しくはこちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    | 映画が好きなんだもん | 22:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    どこかにあなたを呼んでる人がいる。
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      この映画を見てから、ずっと耳を澄ましています。

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

      ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

      大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は3月4日です。 詳しくはこちら

      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

      | 映画が好きなんだもん | 21:26 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      不思議でへんてこだけど、、、、○○な映画
      0

        JUGEMテーマ:映画

         

        去年から映画のこといろいろ勉強させて貰っている

        アップリンクへエンドレスポエトリ―を見に行ってきました。

         

        制作の段階からアップリンクが参加しているこの映画、

        かなりアクが強くって、へんてこだと聞いていたのですが、、、

         

        うん、確かにへんてこで監督のホドロフスキーの世界観

        まるだしの映画なんですが、、、

        ちょっとほんわかだし、なかなかすべてに肯定的で、

        誰がみても楽しめる?映画だと思います。

         

        ここのところ元気がないって方には、

        特にお勧めですね。

         

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

        ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

        大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

        東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

        | 映画が好きなんだもん | 20:35 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        今夜12時解禁です。
        0

          JUGEMテーマ:映画

           

          今日の午後、六本木ヒルズにちょっと行ったんですけど、

          まだ上映までだいぶ時間があるのに、

          もうコスプレの人達で大変な騒ぎに。

           

          そう、スターウオーズ最新作が明日公開になるんです。

           

          カメラを構えると、こんなポーズをとってくれたので、

          記念にアップしちゃいますね。

           

          私は、ちょっと空いた頃に行こうかな。

           

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

          ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 12月22日 詳しくはこちら

          大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

          東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

          | 映画が好きなんだもん | 22:31 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          今のヒターノはどっち?
          0

            JUGEMテーマ:映画

             

            スエーデンの少数民族サーミ(ラップ人)を扱った映画、

            <サーミの血>を見に行ってきました。

             

            ドキュメンタリーではなくて劇映画なんですが、

            サーミ人の姉妹がそれぞれ全く違う人生を選びます。

             

            姉は都会に出て、伝統的な暮らしは捨ててしまいます。

            妹は最後までサーミ人らしく生きていきます。

             

            そして、最期の日を迎え・・・

             

             

            スペインのヒターノ達も、

            この時代でも、さまざまな差別と闘って暮らしています。

             

            ヒターノ達にも、伝統的な暮らしをしている人もいれば、

            大学に行ってすっかり都会的な暮らしをしている人も。

             

            どうしてそれぞれの人生を選ぶのか・・・???

             

            そんな事を考えさせられた映画でした。

             

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

            ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 10月30日 詳しくはこちら

            大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月ごろ 詳しくはこちら

            東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

            | 映画が好きなんだもん | 20:08 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            優雅な野獣はお好き?
            0

              JUGEMテーマ:映画

               

              映画『ダンサー、セルゲイポルーニン 世界一優雅な野獣』を

              見てきました。

               

              ちょっと前にスッキリ!にでていて生ダンスを披露していたのを見て、

              早く映画がみたいって思ってたんですよね。

               

              どんな映画かは、この映像を見て下さい。

               

              彼がこの踊りにたどり着く為の日々をドキュメンタリーとして紹介していて、

              幼いころからの踊りがいっぱい登場します。

               

              でも、何より彼自身のインタビューが素敵なの♪

               

              早世すぎる天才ダンサー、だけどキュートな心を持つ若者。

               

              そんなギャップを楽しめる映画です。

              | 映画が好きなんだもん | 08:41 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              今年のGWベスト映画は???
              0

                JUGEMテーマ:映画

                 

                今年のGWも、いろいろな映画を見まくっていたのですが、

                なんだかんだ一番楽しかったのが、この<夜は短し歩けよ乙女>。

                 

                大酒飲みの女の子の不思議な一夜の物語です。

                ちなみに主人公の声は、なにかと人気の星野源さんです。

                 

                | 映画が好きなんだもん | 20:47 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                最近のマイブームは、娯楽系の♪
                0

                  JUGEMテーマ:映画

                   

                  以前は、アート系映画ばかり見ていたのですが、

                  ここ1,2年は、大作の娯楽映画ばかりみています。

                   

                  この前の映画の日には、美女と野獣を見てきたんですよ。

                  映画としてとってもよく出来ていたと思いますし、

                  すっごく楽しめました。

                  どなたにもお勧めできる映画です♪

                   

                   

                  そういえば、美術館巡りをしていた時も、

                  数年ごとに有名美術展ばかりみている時期と、

                  マニアックな現代アート展を探す時期を繰り返していたんです。

                   

                  きっと自分でも気づかない、

                  なにか心境の変化のようなものがあるのかもしれませんね。

                   

                  ちなみに、マニアックな作品を見ている時ほど、

                  自分自身の芸は基本的な王道の方向に向いていて、

                  大作好みの時は、逆なような。

                   

                  バランスとってるのかも、、、ですね。

                   

                  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

                  みかん祭り業務連絡

                  1-ファルーカ 2-カフェデチニータス 3-バンベーラ

                  4-ビジャンシーコス・デ・グロリア 5-タンゴ・デ・レポンパ

                  6-ソレア・デ・アルカラ 7-シギリージャ 8-ガヒーラ

                  9-カラコレス

                   

                  | 映画が好きなんだもん | 17:41 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  みんなが笑顔のドキュメンタリー<サクロモンテの丘>
                  0

                    JUGEMテーマ:映画

                     

                    なかなかタイミングが合わなかったサクロモンテの丘を、

                    先日、やっと見ることができました。

                     

                    http://www.uplink.co.jp/sacromonte/

                    (渋谷、横浜などで上映中。今後地方にもまわります。)

                     

                    生徒さんからも、どんな映画ですか?と質問を頂いているので、

                    感想をちょっとご紹介したいと思います。

                     

                     

                    この映画、私はとっても微笑ましい作品だと思いました。

                     

                    普通、ドキュメンタリー映画と言うと、

                    なんか暗かったり、重かったりする

                    そんなイメージがある方も多いかもしれませんが、

                    この映画に関しては、ずっと明るく楽しそうなんですよ。

                     

                    映画を見ていた観客たちも、

                    終演後、みんなにこにこしていましたし♪

                     

                     

                    というのも、

                    出てくるのは、おじいちゃまおばあちゃまばかり、

                    サクロモンテの丘が華やかだった、50年ほど前のことを、

                    懐かしげにユーモアたっぷりに語ります。

                     

                    ま、みんなアンダルシアのおっちゃんおばちゃんだし、

                    それもフラメンコアーティストですから、

                    日本で言う、大阪は吉本の大ベテランの芸人さん達

                    みたいなもの。

                     

                    年はとっていても、元気だし、色気もあるし、

                    みんなよくしゃべります。

                     

                    それに、、、なんとも かわいい のです。

                     

                     

                    フラメンコファンはもちろんですけれど、

                    かわいいおじいちゃんおばあちゃん達に癒されたい方にも、

                    おすすめできる映画です。

                     

                    この映画の監督さんは、出演者さん達との間に

                    きっととってもいい関係を持っていたんでしょうね。

                    じゃなくっちゃ、あんなに楽しそうに話さないですもん。

                     

                     

                    ちなみに・・・

                    もし、将来私のドキュメンタリーを撮ってくださる方がいたら、

                    私もこんなリラックスした雰囲気で参加できる

                    作品に出たいなって思います。

                     

                    というのも、私は前々からドキュメンタリー映画って、

                    監督さんと出演者さんの共同作業だって思ってるんですよね。

                     

                    お互いの信頼関係があってこそ、名作が生まれるって。

                     

                    上映スケジュールはこちら↓↓↓

                    http://www.uplink.co.jp/sacromonte/theater.php

                    | 映画が好きなんだもん | 17:24 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    作者と作品、そのアバタ―
                    0

                      JUGEMテーマ:映画

                       

                      私がネットの世界で文章を書き始めたのは、2001年のことです。

                       

                      当時、総務省が開催していたインターネット博覧会<インパク>で、

                      海外のことを扱ったHPを募集していると知り、

                      フラメンコの真実を取り上げた文章を書いたときのこと。

                       

                      でも、当時の私は、今よりももうちょっと若くて柔軟?だったので、

                      <まぬりん>という踊りの練習生が、フラメンコの疑問を叫ぶと、

                      どこからともなくフラメンコに詳しい人?が現れ、

                      まぬりんに解説するという形を取りました。

                       

                      まぬりんは、とっても前向きで天然で貧乏、

                      でも、いつも一生懸命な愛すべきキャラとして、

                      総務省のお役人さんに認められ、

                      私のHPに多くの読者を運んでくれたんです。

                       

                      でも、その後、まぬりん人気が一人歩きするあまり、

                      まぬりん自身が、このHPの作者であり、

                      実際に存在する23歳の女の子だと思い込む人が増え、

                      最後には、テレビの貧乏ギャル紹介番組からの、

                      出演オファーまで舞い込む始末。 爆、、、、汗。

                       

                      しかたなく、作者として私自身が登場し解説を書いたり、

                      いろいろするようになったんですよね。

                       

                       

                       

                      さて・・・

                       

                      本日の映像は、「作家、本当のJ.T.リロイ」

                      という映画の予告篇です。

                       

                      1996年、時代の寵児となった作家 J.T.リロイ は、

                      自伝的?小説の中で、女装した若い男娼として生きる、

                      かなり強烈な日々を記します。

                       

                      熱狂した読者達はマスコミを巻き込み、

                      作家のJ.T.リロイ本人に話しを聞きたいと探すのですが、

                      なかなか出てこなくて・・・

                       

                      結局出てきたのは、色白の大人しそうな一人の若者でした。

                       

                      その後、実はこの若者は作家本人ではなく、

                      それらしく見える替え玉だった、というのが発覚し大問題に。

                       

                      実は、、、実際の作家は、

                      結婚もしているごく普通の中年女性だったんです。

                       

                      つまり、自伝的小説は作り話だった。

                       

                      いえ、、、

                      実は、多重人格者である彼女の中の別人格J.T.リロイが、

                      自分の事を書いた、ある意味、本当の自伝だったんです。

                       

                       

                      もうすぐ始まるこの映画。

                       

                      予告を見ながら、私も久々に<まぬりん>を思い出しました。

                      | 映画が好きなんだもん | 11:10 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事