CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
今日は暑すぎて頭が働かないので
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    かきごおりの写真でも見て、

    涼もうと思います。

     

     

    東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

    次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 穏やかな日々を | 22:16 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    おばちゃん声にならない為のボイトレ
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      声のお悩みを持つ方って本当に多くて、

      特に女性の場合、

      中高年になると俗にいうおばちゃん声、

      そして、おばあちゃん声に変化することも多く、

      自分の声もそうなっちゃうの?と

      震えちゃう方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

       

      声もそうなるのは自然なことと思うかもしれませんが、

      メンテナンス次第で若い声を保つことは可能です。

       

      たとえば・・・

      一番声を保っている代表は、声優さん達。

       

      実はもう80代の声優さんもいらっしゃるように、

      声だけ全く変わってないですよね。

       

      普段、お顔を拝見することはないのですが、

      たまにテレビのバラエティなどに出演されているのを見ると、

      確かに年齢には見えないほど姿もお若いものの、

      声からイメージされる年齢とは

      だいぶ差があるのではないでしょうか?

       

      では、どうやったら若々しい声を保つことが出来るのか、

      少しお話ししていきたいと思います。

       

       

       

      声がしわがれてしまう原因。

       

      それは一言で言うと乾燥と過度のまさつによる刺激です。

      はい、お肌のしわと一緒でございます。

       

      まず、乾燥です。

       

      粘膜の乾燥を防ぐには、

      まずは充分に水分を取る事、

      そして粘膜を乾燥させる2大要素の、

      アルコールとカフェインをひかえる事。

      基本的な栄養、特にタンパク質もかかせませんね。

       

      そして、過度のまさつによる刺激。

       

      これは、たとえばカラオケでまちがった歌い方で、

      長時間叫び続けたり、

      ほこりが多い場所や、寒すぎる場所にいたり、

      そういう物理的刺激って、すぐひどい状態をまねきます。

       

      お肌と一緒で、

      若い頃はちょっと痛めても数日で治ったのに、

      ある程度のお年頃になると、一度痛めたらそのままに・・・

       

       

      はい。声を守るのって、普通に健康を守る事なんです。

       

       

      東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

      次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

      東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | ボイストレーニング | 13:21 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      歩くトレーニング、声のトレーニング
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        ウオーキングレッスン、流行ってるっていうか、

        かなり一般的になったと思いませんか?

         

        以前は、ウオーキングレッスンなんて、

        モデルさんが受けるものだと思われていたのに、

        今では、ごく普通の人でも受けることが多くなりました。

         

        理由は、キレイに歩けるとかっこいいし、

        かなりスタイルアップして見える。

         

        そして、姿勢よく歩くことは、

        健康につながることは、ご存じですよね。

         

         

        では、声のトレーニングはどうでしょう?

         

        <美しい声で話すことは、良い事だとは思うけど、

        <アナウンサーでもないのに、必要ない。

         

        そう思うそこのあなた。

        周りの人のことを考えてみてください。

         

        <穏やかで柔らかい声の人をどう思いますか?

        <逆に勘に触るとげとげしい声の人はいかがでしょう?

         

        声は人とのコミュニケーションの基本です。

        実は、人は見かけよりも、

        声のイメージで相手を判断しているって言われています。

         

         

        それに、もっと大事なことが声にはあります。

         

        それは・・・

        自分の姿は鏡をみなければ見えないけれど、

        自分の声は24時間ずっと聞こえているってこと。

         

        つまり、自分の声を聞いて心地よくなければ、

        自分が声をだすたびに、嫌な気分になっちゃうんです。

         

        他人との関係の基本は声ですけど、

        実は、自分自身との関係の基本こそ声なんですよね。

         

        ボイストレーニングは、自分自身の心のためにある。

        私はそう思っています。

         

        東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

        次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

        東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | ボイストレーニング | 19:02 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        メルマガ206号本日発行 東京理論入門課開講まで後2週間
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          おはようございます。

           

          先ほどメルマガ206号の配信設定が完了しました。

          メルマガに登録してくださった方にお昼すぎに届く予定です。

           

          えっと、、、

          これを書いているのは前日の日曜なんですが、

          今日は日曜だっていうのに、街に人がいません。

           

          暑すぎるせいでしょうか?

          昼間にほとんど人が歩いていないのって、

          まるでアンダルシアの夏みたい。

           

          はじめて、、、

          大人になってからはじめてスペインに行ったのって、

          確かマラガだったと思います。

           

          そこから高速バスでグラナダに入って、

          予約もなしに安オスタルに飛び込んで、

          マリキージャのバイレのスタジオに通いました。

           

          そこでびっくりしたのが、お昼間、つまりシエスタの時間に、

          街に人がぜんぜんいなくなること。

           

          バイレのレッスンが終って、スタジオを出ると、

          まるでゴーストタウンのようで、

          スーパーもなにもかも閉まっていて、

          ものすごく不安になったことを思い出しました。

           

          マリキージャのスタジオから宿までは、

          徒歩で3分くらいだったのでそこまで怖くはなかったけれど、

          シエスタの時間に女性が一人で街を歩くのは危険だと、

          オスタルの親父さんに注意されたっけ。

           

          日本は、こんなに外国人観光客が増えても、

          治安はあいかわらずいいですよね♪

           

          このままオリンピックの期間を迎えられるといいんですけど。

           

          さて、今回のメルマガですが・・・

           

          前回に引き続き大阪クルシージョと、

          東京理論入門課のお申込みのご案内があります。

           

          そしてお待ちかねのフラメンココラムは、

          日本でのフラメンコの流行について書いてみました。

           

          日本のフラメンコって、

          何時頃からどんな風に広がったのかに興味のある方、

          じっくり読んでくださいませ。

           

          コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

          (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

          コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

           

          他には東京教室のレギュラークラスのご案内もあります。

          お問い合わせお待ちしております。

           

          ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

            大阪クルシージョのご案内は こちら

            東京教室のご案内は こちら

           

          コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

          なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

          (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

           メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

          よろしくお願いします♪

           

          フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

          解除も同じページで可能です。

          登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

          確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

           

          ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

           ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

          (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

          こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

           

           

          東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

          次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

          東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | お教室案内 | 01:33 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          千里のカンテもファルーカから おすすめ曲順
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            好きになりたいけど、

            なかなか聞き取れるようにならないカンテ。

             

            聞き方と順番を守れば、ちゃんと聞こえるようになる、

            そんなお話しをしています。

             

            今までの記事は、以下のリンクをご覧ください。

            ファルーカを例に、カンテが聞こえるようになる道筋を、

            登山になぞらえて書いてみました。

             

            ☆千里のカンテもファルーカから1回目 こちら

            ☆登山開始 こちら

            ☆3合目 こちら

            ☆5合目 こちら

            ☆7合目 こちら

            ☆頂上っていうか本当のスタート こちら

             

             

            さて、今日はファルーカが聞こえるようになった方向けに、

            次に聞くといい曲の、おすすめの曲順を紹介しましょう。

             

            まず、

            1)せつないメロディが好きなあなたへのお勧めは、

             ☆ファルーカ

             ☆バンベーラ

             ☆ソロンゴ(フラメンコではないですが、

               女性フラメンコ歌手がよくCDに入れています。)

             ☆ティエント

             

              このあたりまで来ると、

              結構いろいろな曲種が聞こえてきますね。

             

            で、ぼちぼち

             ☆ソレアデカディス

             ☆さまざまなタンゴやブレリア

             

            、、、こんなんでいかがでしょ?

             

            つぎに、

            2)明るいメロディが好きなあなたには、

             ☆ファルーカ

             ☆タンギージョ

             ☆ガロティン

             ☆コロンビアーナ

             ☆グアヒーラ

             

            ここまで来ると結構耳も育っているはず。

             

             ☆カンティーニャ

             ☆アレグリアス

             ☆ファンダンゴデウエルバ

             (これもフラメンコじゃないんですけど、

              切ない系のカンテに進む橋渡しにいいですね。)

             

             

            以上、切ない、明るい、

            どちらかのグループが5曲くらい進んだら、

            もうひとつのグループも聞きはじめてみるといいと思います。

             

            結構しっかりめにきけば、

            ひとつのグループが1年間くらいで聞けるようになるでしょう。

             

            もうひとつのグループを含めても、

            2〜3年で多くのカンテが身近になっているはず。

             

            あとは、マラゲーニャでも、シギリージャでも、トナーでも、

            なんでも聞きたい曲をどんどん聞いて行ってください。

             

            2年もかかるの?って思ったあなた。

             

            もしかして、すでにもっと長い期間、

            カンテが聞こえなくて悩んでたりしていませんか?

             

             

            東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

            次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | カンテってどうやって学ぶの? | 16:04 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            千里のカンテもファルーカから 頂上っていうか本当のスタート
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              聞きずらくってとっつきにくいカンテ。

               

              でも、1曲ずつ順に耳を慣らしていくと、

              だんだん楽しめるようになるというお話しをしています。

               

              前回は、まず1曲目にファルーカをお勧めしました。

               

              ファルーカの音源を1曲選んで、

              何度も繰り返し聞いてみていると、

              なんだかだんだんと構成もわかってくるし、

              楽しめるようになってくると思います。

               

              そこまで来たら、

              別の歌手のファルーカを聞く準備ができました。

               

              前回と同じように、YOUTUBEを開いて、

              ファルーカを検索していくつか聞いてみると、

              ファルーカを聞き始める前と、

              聴こえ方が違うことに気が付くでしょう。

               

              あ、少なくても一人のフラメンコ歌手のファルーカを、

              2週間くらいは聞き続けてから、

              この段階に進んでくださいね。

              あまりカンテを聞く時間が取れない方は、

              1か月くらい続けてからのほうがいいかもしれません。

               

              こうして、1人の歌手のファルーカに慣れたら、

              次の歌手のファルーカをもう1か月、

              その次の歌手をもう数週間、、、、

              5人ほどの歌手のファルーカを聞き終わった時、

              ご自身の聞こえが全く変わったことにびっくりするかも♪

               

              各フラメンコ歌手の歌い方の違い、

              アレンジの違い、のりの違い、伴奏の違いなどなどなど、

              ほら、ちゃんと聞こえてきませんか?

               

              5人分くらいのファルーカを聞いて、

              自分でもよく聞こえるようになったなーって思ったら、

              次の曲に進みましょう。

               

              ”え?ファルーカだけで5か月もかかるのー???”

               

              ”はい。そうですよ。”

               

              ”全部のカンテが聞こえるようになるのって100年先?”

               

              ”いえいえ、そうではありません。”

               

              最初の何曲かをこの方法で聞いて行くと、

              新しいカンテが聞こえるようになるまでの時間は、

              どんどこ短くなっていきます。

               

              大事なのは、最初のうちにしっかり時間をかけて、

              カンテが聞こえるようになる耳を作る土台を固める事。

               

              1曲のカンテを丁寧に聴きこんで、

              そのカンテに十分に慣れるまで続けることが大事なんです。

               

              今までとは全く違う聞き方なので、

              すぐ飽きてしまったり、めんどくさくなったりしがち。

              でも、そう思ってほっぽりだしてしまったら、

              カンテが聞こえる耳は作れませんよ♪

               

              最初の1曲、最初の1曲だけ頑張ってみませんか?

               

              最初の1曲ちゃんと頑張った人には、

              そのすぐ後に、素晴らしいプレゼントが待っていますから。

               

               

              東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

              次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | カンテってどうやって学ぶの? | 11:51 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              夜は短し歩めよ、わたし。
              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                現在午前6時、さきほど帰ってきた所です。

                 

                え?朝帰り?

                 

                いえいえ、朝活してきたんです。

                 

                ここのところの異常な暑さで、

                昨日はへたばってお昼寝しまくってしまいました。

                 

                夜も10時には熟睡。

                 

                という訳で、朝3時に目がさめちゃったんです。

                 

                 

                家を出たのは、朝の4時ちょっと前、

                ジムまでのんびり歩いて、

                ジムでも軽くウオーキングだけして、

                シャワーを浴びて、少し休憩して。

                 

                ジムを出てまっすぐ家に帰ろうと思ったんですけど、

                ちょっとだけ街を歩いてきました。

                 

                夜中と朝のちょうど切り替え時の祐天寺。

                 

                カラオケ屋さんの前では、

                わりかんにしようとして1000円札を渡しあう3人組が。

                 

                ”だから、払い過ぎなんだよ。”

                 

                ”いえいえ、先輩、ちゃんと割り勘にしましょうよ。”

                 

                ”いいから、もうその1000円しまいなよ。”

                 

                ”先輩、受け取ってくださいよー。こまりますー。”

                 

                ”ちょっと、もうどっちでもいいから帰ろうよ。”

                 

                ”なっ。だからもういいからさー。”

                 

                ”ええー、じゃあ、せめてあと500円受け取ってください。”

                 

                ぷぷぷ、始発もう出ますよ。

                 

                 

                もう少し歩いて行くと、

                完全に足をとられた若者が、、、よっとっと・・・

                 

                その横を、早朝マラソンする40代くらいの男性が。

                 

                商店街をぬけ、住宅街に入ると、

                ゴルフバックを車に詰めている若い女の子。

                 

                仕入れでしょうか?

                バイクに乗りこんででかける寿司屋のご主人。

                 

                普段見かけない地元の風景。

                なんだか楽しかったです。

                 

                暑い夜、また朝活しようかな?

                 

                 

                東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

                次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | 穏やかな日々を | 08:44 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                それってまるで見世物小屋の口上では?
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  東京渋谷で、もうすぐ開講するフラメンコ理論入門課。

                  もう18年もの間、すこしずつブラッシュアップしながら、

                  何度も何度も講義しています。

                   

                  そういえば、以前こんな事があったような・・・

                   

                  私が留学から帰ってクラスを開講したばっかりの頃、

                  長年のフラメンコファンだと仰る

                  60代くらいのおじさまがお見えになりました。

                   

                  当時からもうけていた講座最後の質問コーナー。

                  その生徒さんはいぶかしげな顔をしながら、

                  こう仰ったんです。

                   

                  ”フラメンコ歌手は、フラメンコ歌手に生まれつくんですが、

                  さきほどの話だと、生まれついても修行が必要ってことですか?”

                   

                  ”フラメンコ歌手に生まれつくって?”

                   

                  ”ええ、おぎゃあああ、がすでにフラメンコですから。”

                   

                  ”どういうことですか?”

                   

                  ”え?先生、そんなことも知らないんですか?”

                   

                  ”いえいえ、ちょっと待ってください。

                  私のカンテの師匠達にも兄弟がいますが、

                  フラメンコ歌手になったのは師匠だけなんです。”

                   

                  ”ほお。”

                   

                  ”ってことは、師匠は おぎゃあ がフラメンコだったけど、

                  兄弟たちは おぎゃあ がフラメンコじゃなかった

                  ってことですか?”

                   

                  ”先生。私たちヒターノじゃない人間には、わからないんですよ。”

                   

                  ”え? もしかしてヒターノのうちの何人かが

                  フラメンコ歌手に生まれつくんですか?”

                   

                  ”いえ、ヒターノは全員フラメンコ歌手に生まれつきます。”

                   

                  ”あのー、、、知り合いのヒターノ達、

                  フラメンコアーティストですらない人もいっぱいいます。

                  パン屋さんだったり、八百屋さんだったり。”

                   

                  ”職業の話なんかしてませんよ。

                  それでお金を稼いでいるかどうかじゃなくて、

                  あくまでもフラメンコを歌うように生まれつくんですよ。”

                   

                  えっと・・・

                   

                  その生徒さんは、最後にこう仰いました。

                  ”先生はやっぱり偽物です。なんにも知らないんですね。”

                   

                  あの・・・

                   

                  私は、戦前の見世物小屋の口上を思い出していました。

                  『親の因果が子に報い、二目とみられるその姿・・・』

                   

                  さすがにそこまで不思議な思い込みをお持ちの方は、

                  最近は日本にもいなくなったようですけど。

                   

                  スペインに戻った時、

                  その話をセビージャ大学のフラメンコ理論の教授にしたら、

                  壁を叩いて大笑いしてました。

                   

                  ヒターノのカンテの師匠に話したら、

                  フラメンコらしい おぎゃあああ を聞かせてくれました。

                  (師匠、、、悪乗りしすぎです。)

                   

                  って、、、私は戦前生まれじゃないですよ―――。

                   

                   

                  ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                   ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                  (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                  こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                   

                  東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

                  次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | お教室案内 | 19:52 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  フラメンコ理論入門課、8月、9月開講決定です。
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    当教室が開校当初から

                    ずっとみなさんに楽しんで頂いている

                    ☆☆☆フラメンコ理論入門課☆☆☆

                     

                    フラメンコとは何か?を知るきっかけにと、

                    日本人向けに行っている講義です。

                     

                    ところで、セビリアにある、

                    クリスチーナヘーレン財団フラメンコ芸術学院を

                    ご存知ですか?

                     

                    アンダルシア政府のバックアップを受け、

                    セビージャ大学の関連専門学校として、

                    正式な学生ビザが下りる世界初のフラメンコ学校。

                     

                    バイレ課、ギター課、カンテ課があって、

                    1995年に学校として発足し、

                    私は1998年カンテ課の一期生として入学しました。

                     

                    カンテ課は開講から数年間はスペイン人生徒ばかりで、

                    私はその中、たった一人の外国人生徒として、

                    現地の生徒達に混ざって、カンテを学んだんです。

                     

                    そのフラメンコ芸術学院が、

                    カンテレッスン、ボイストレーニングと

                    共に力を入れていたのがフラメンコの知識を得る事。

                     

                    すべての課の生徒が最初に受けるのが、

                    Introduccion de Teoria Flamenca

                    直訳すると、フラメンコ理論入門課です。

                    (上の写真で一番右が理論の先生のぺパです。)

                     

                    私はこの学校を卒業後、2001年に、

                    フラメンコのカンテと理論の講師として、

                    フラメンコ芸術学院から正式に認定を受けています。

                     

                    その後、多くの日本人が同校で学びましたが、

                    今の所、日本人で講師の認定を受けているのは私ひとり。

                     

                    つまり、アンダルシア政府のお墨付きの、

                    カンテレッスンを日本人から受けられるのは当校だけ。

                     

                    アンダルシア政府お墨付きの

                    フラメンコ理論の講義を日本語で直接講師から聞けるのも、

                    当カンテデナランヒータのフラメンコ理論講座だけです。

                     

                    ちなみに、今回8月18日と9月8日(予備日9月15日)に

                    開講するフラメンコ理論入門課は、

                    フラメンコ芸術学院の同名の講義をそのまま日本語にしたもの、

                    、、、ではありません。

                     

                    もちろん、内容はフラメンコ芸術学院の考え方、

                    そのままなんですが、

                    実は、フラメンコ芸術学院のフラメンコ入門課の内容は、

                    そのままでは、日本人には全く意味不明、理解不能なんです。

                     

                    その理由は・・・

                    フラメンコとは何かと言う基本的な考え方を、

                    わかっているという前提で講義が行われているから。

                     

                    私もスペイン留学の最初の数か月間、

                    (スペイン語もまだまだだったのですが、)

                    必死でメモを取り、講義の録音を家で何度も聞いて、

                    先生の言っていることはほぼ理解できたとは思うのに、

                    フラメンコの大前提が全くわかっていなかったので、

                    かなりトンチンカンな質問を繰り出しては、

                    先生にあきれ果てられていました。

                     

                    ”え?そんな事も知らないの?”

                     

                    こんなセリフも、まだ10代のクラスメイト達に、

                    何度言われたかしれません。

                     

                    実は、当カンテデナランヒータで行う理論入門課は、

                    スペインのフラメンコ芸術学院では、

                    あまりにも常識だからと教えることすらなかった

                    フラメンコの基本的な考え方を、

                    まとめてお教えする講座なんです。

                     

                    当フラメンコ理論入門課を受けてから、

                    スペインのフラメンコ芸術学院に留学した人たちは、

                    現地の講義がとてもよくわかったと言っていました。

                     

                    スペインの一般的なフラメンコが好きな人なら、

                    必ず知っているフラメンコの基本的な考え方を、

                    当校では今回も計6時間の講義でまとめてお教えいたします。

                     

                    日本で正しいフラメンコの知識を広めようと、

                    ネット活動をはじめて今年で18年。

                     

                    私も頑張っていはいるつもりでも、

                    まだまだ日本人のフラメンコファンに、

                    充分に正しいフラメンコの知識が伝わったとは言えません。

                     

                    それでも、セビジャーナスはフラメンコじゃないとか、

                    フラメンコの曲種の分類はリズムじゃない、

                    くらいのことは伝わったんじゃないかなー???

                    って思っているんですけど、、、いかがでしょ?

                     

                    ☆☆フラメンコ理論入門課 2019年8月〜9月開講分 案内☆☆

                    フラメンコとは何か?ということを、
                    歴史と曲種の分類の側面から学びます。
                    3時間の講義を2回、計6時間の集中講座です。

                    バイレ、ギター、カンテなどを学んでいるものの、
                    フラメンコの全体像がつかめない、さまざまな疑問があるが、
                    どうやって学んだらいいかわからないという方や、
                    フラメンコを見たり聞いたりして興味を持った方にも、
                    大きくフラメンコをつかんで頂ける内容となっております。

                    カンテやバイレ、フラメンコの元になった踊りの豊富な映像資料、
                    曲種の一覧やスペインの書き込み式地図、
                    レッスン内容をまとめるプリントなど、
                    配布資料もたくさんご用意しております。

                    また、今までに感じていた疑問、質問を伺う質問コーナーも
                    毎講義ごとに設けておりますので、
                    ぜひこの機会を利用してスッキリなさってください。

                    尚、お1人お1人十分にご理解頂けるよう少人数制となっております。

                    ○日程と会場
                    1回目:内容:フラメンコとは何か? フラメンコの歴史
                    8月18日(日)15〜18時 JR渋谷駅徒歩3分レンタル会議室にて
                    2回目:内容:フラメンコの曲種の分類
                    アレグリアスの理解と構成のバリエーション
                    9月  8日(日)15〜18時 JR渋谷駅徒歩3分レンタル会議室にて 
                    又は 9月15日(日)14〜17時JR恵比寿駅徒歩7分レンタル会議室にて
                    (2回目はどちらかご都合のあう日にご参加ください。)
                          (9月8日にお申込みの方で、当日お休みした場合も、
                    15日に振替参加できます。)
                    会場の地図はお申込みが完了した方に、後日メールでお送りいたします。

                    ○参加費用 20,000円 
                    1回目、2回目各1回ずつ、計6時間の講座参加費用です。
                    (カンテデナランヒータへの入会金を含んでおります。)

                    ○募集人数 8名 (現時点で残り3名です。)

                    ○講師 クリスチーナ・ヘーレン財団フラメンコ芸術学院認定講師 
                    マヌエラ・ラ・ナランヒータ
                    (講師は日本人ですので、講座はすべて日本語で行います。)
                    (同財団の認定講師は、スペイン人以外では世界でナランヒータ1人です。)

                    ○お申込み方法 お名前、ご住所、電話番号、参加希望講座を明記の上、
                    メールで、cante@naranjita.com へお送りください。
                    折り返しご入金案内をお送りし、ご入金確認を持ってお申込み完了です。
                    http://cante.naranjita.com/cn3/pg1001.html 詳細はこちら

                     

                      ♪お申込みお待ちしております♪

                     

                    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | お教室案内 | 10:50 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    生徒が信頼してくれればこそ。
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      生徒さんが上達する!

                       

                      これ、指導者にとって、ものすごーーく嬉しい事です。

                       

                      ただ、どんなに一生懸命指導しても、

                      生徒さんが上達するとは限りません。

                       

                      一番大事なことは、生徒さんが指導者を信頼しているかどうか。

                       

                      というのも、、、

                      踊りと違って、歌はしゃべって説明することが基本。

                       

                      だから、生徒さんと言葉でのコミュニケーションが取れないと、

                      指導はうまくいきません。

                       

                      もちろん、こちらもプロですから、

                      言葉をつくし、なんとかわかって貰おうと頑張ります。

                       

                      でも、、、

                      指導って言っても、結局は人間関係なのです。

                       

                      お互いが信頼しあえれば、

                      いい声を出せるようになるって言うハードルが高い課題だって、

                      なんとかなっちゃうんですよね。

                       

                      そして、目の前でそんな変化が起こった時、

                      私は超幸せになっちゃいます。

                       

                      今夜も、しっかりなりましたよ、超幸せ。

                       

                      だって、ある生徒さんが

                      又ひとつ大きなヤマを越えたんですもん。

                       

                      ずっと子供っぽい歌い方で悩んでいたのに、

                      今日のカンテは、めっちゃ大人でセクシーでした。

                       

                      あー、みかん祭り、楽しみすぎますぅぅうぅ。

                       

                      他のクラスのみなさんも、お楽しみにね♪

                       

                      ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                       ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                      (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                      こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                       

                      東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | ボイストレーニング | 22:13 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事