CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< フラメンコの歌詞(レトラ)理解の為のスペイン語−30 | main | フラメンコの歌詞(レトラ)理解の為のスペイン語−31 >>
アーティストは短命なもの?
0


    美術館めぐりをしていると、最近、つい気になるのが作者の没年齢なんです。

    若くしてなくなった作者の作品を見ていると、
    短い期間にめまぐるしく作風が変わって行くのがわかります。


    ああ、この方は生き急いでいたんだろうな。。。

    作品に如実に表れますね。


    若くして亡くなった方の作品は力強くて目を引きますが、
    私が好きなのは、いつもとっても長生きした方のほう。

    今、皇居の脇の、近代美術館の常設展示室内で行われている小さな特集に、
    畦地梅太郎さんの版画があります。

    梅太郎さんは97歳まで生きたそう。
    ちょっとウイットが効いてるけど、穏やかな絵柄が大好きです。

    この近代美術館、現在メインの企画展は 靉光展
    39歳でなくなった短命な作者さんの作品展です。
    この方の作品は力強い作風で強く人の心を引くよう。


    あなたはどちらが好きですか?


    私自身もきっとのんびり系なんだろうな・・・
    | 今日も あげぽよ | 10:01 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - | 昨年の記事
    こんばんは。
    靉光しかり、青木繁しかり。
    本当に短命なアーティスト多いですね。
    そして海外でも。。。
    | Tak | 2007/04/15 11:16 PM |









    http://blog.naranjita.com/trackback/649663
    「靉光展」
    東京国立近代美術館で開催中の 「生誕100年 靉光展」に行って来ました。 「靉光」(あいみつ、本名:石村日郎、1907-1946) 20代の頃に描いたデッサンには「靉川光郎」とサインされていました。 広島県出身の靉光は大正末に上京し池袋を拠点に独自の世界観
    | 弐代目・青い日記帳  | 2007/04/15 11:15 PM |