CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 私の持っているたったひとつの強運 | main | フラメンコの最重要人物を知っていますか? >>
雨に包まれスティ東京
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    今日も雨のようですね、

    4連休も3日目いかがお過ごしですか?

     

    私もかなり前から準備していた旅行を、

    先週泣く泣くキャンセルし、

    普段いかないちょっといいスーパーで、

    ちょっといいお弁当を買ってきたりして過ごしています。

     

    せめて徒歩圏内にある美術館にでも

    久しぶりに行ってみようかとも思ったのですが、

    玄関をでようとすると降ってるんですよね、、、。

     

    なんか、気持ちもすっきりしませんね。

     

    こういうしんどい時、

    普段の自分を保てなくなる人もいるようですが、

    その現れ方も大きく分けると2つのタイプになるようです。

     

    心を閉ざしてしまう人と、

    逆に周りの人に攻撃的になってしまう人と。

     

     

    実は、

    スペインの友人の一人がしばらく連絡してこないと思ったら、

    心の病でかなりしんどい状態になっていたそうです。

    彼女は心を閉ざす方になっていたんです。

     

    そうそう、スペイン人って気性が激しいイメージが

    あると思うんですけど、そういう人はほんの一部で、

    多くの人はこういう時も、ひたすら耐えています。

     

    スペインは国としてもとっても我慢強く、

    周りに攻撃的になったりすることはまずありません。

    皆さんも実際に国際ニュースでも、

    そんなスペインは見たことはないと思います。

     

    激しい人たちというのはあくまでもイメージ。

    実際は苦しい状態をお互い助け合いながら、

    なんとか耐え忍んでいるんです。

     

    でも、日本人はどうでしょう?

     

    私は世界でも特に好戦的な人たちなのかもって

    思っています。

    スペイン留学中も日本人同士のもめごとに、

    何度となく立ち会わされましたし。

     

    ”日本人って攻撃的だね。”

     

    ”日本人がよっぱらってとんでもないことに、、。”

     

    ”日本人が怖い。”

     

    そんな風に思っているスペイン人も、

    実は結構いるんですよ。

     

    お互いに助け合うことでしか成立しないのがフラメンコ。

     

    ステージ上では、どんなベテランアーティストでも、

    常に完璧な訳ではありません。

    そんな時、究極の助け合いが一瞬ごとに行われていて、

    その集大成が大きな感動を呼ぶんです。

     

    フラメンコを愛する私たちだけでも、

    せめて穏やかにいたいものですね。

     

     

    でも、日本人を怖がっていたスペイン人達が知り合う日本人って、

    ほとんどが現地に行ってるフラメ、、、、、えっと、けほけほけほ。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 穏やかな日々を | 12:19 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事