CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 私のカンテより、あなたのカンテ | main | カラコレスあげあげ伝説 >>
体が新しいフォームを覚えるまで
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    今から15年以上前、カンテを教えはじめて、

    これはボイトレを取り入れないとどうにもならないなって、

    気が付いたのは、わずか数日目のことでした。

     

    普通に歌は歌えるだろう、

    声はでるだろう、

    開講前そんな風に考えていたのに、

    その時集まった自称プロ志望の生徒達の多くは、

    呼吸も、日本語の発音さえままなりません。

     

    小さい頃から聖歌隊に入ったり、

    部活で合唱をやってきた私。

    その後のバンドでのボーカル活動、

    ミュージカル時代も多くの歌う人たちに出会いました。

     

    でも、なぜかそんな歌う人たちの歌に関する共通認識は、

    当時プロカンテ志望でわが教室にやってきた方々の多くが

    持ち合わせてはいなかったのです。

     

    それで、ボイトレをレッスンに少しずつ取り入れたのですが、

    一番困ったのは、生徒さんとのこんなやりとりでした。

     

    ”へえ、こんな練習するんですね。”

     

    ”はい。母音間の音程のずれを調整するんですよ。”

     

    ”音程がよくなるってことですか?”

     

    ”はい、そうです。楽しみですね♪”

     

    ”じゃ、早速歌ってみます、音程良くなったか聞いてください。”

     

    ”いやいや、1回で音程はよくならないですよ。” 笑

     

    ”え? じゃ何回でよくなるんですか?”

     

    ”そうですねー。。。人によりますが、

     毎日頑張れば数か月で効果が出てくると思います。”

     

    ”えーーー! 数か月???”

     

    ”はい! すごく早いでしょ?

     このトレーニングとっても効果があるんです。”

     

    ”数か月でですか?”

     

    ”はい。数年じゃなくってたったの数か月。

     たった数か月で長年の悩みが解決ですね♪”

     

    ”今日中に音程がよくなると思ったから、、、”

     

    ”え? どういうことですか?”

     

    ”時間の無駄なんで、もうレッスンでボイトレしないで下さい。”

     

    ”だって、音程良くないとカンテ厳しいですよ。”

     

    ”カンテは音程じゃないですよ。”

     

    ”カンテは、、、音程だけじゃないですけど、、、。”

     

    ”多少音程悪くてもいいんで、次の曲教えてください。”

     

    ”いえいえ、音程はよくないとダメですよ。

     カンテに限らず歌は全部そうです。”

     

    ”だからー、カンテは音程じゃないんです。”

     

    ”あの、、、

     どうしてそんな風に思ったのかはわかりませんけど、

     スペインのカンテの学校でも音程には厳しかったんですよ。”

     

    ”じゃあ、1回で効果があるならやってもいいです。”

     

    ”そんなトレーニングこの世にないです、、、、、。” 涙

     

     

    ボイトレって、一口にいっても色々あるんですが、

    <呼吸を強くしたり、

    <歌う為に必要な筋肉を鍛えたり、

    <歌う為の筋肉のただしい使い方を憶えたり、

    <上手に聞く方法を憶えたり、

    などなどなどします。

     

    筋肉を鍛えるのに時間がかかるのは、

    まだわかって頂けるんですけど、

    筋肉の正しい使い方だったり、

    上手に聞く方法あたりになると、

    1回でできるようになるものだと思うようなんです。

     

    確かに、その場で出来るようになるものもあります。

    でも、その出来た状態をキープするのはなかなか大変なんです。

     

     

    そうですね、、、

    野球選手が投球フォームを変えるのに似ているのかも。

     

    たとえば、

    今までの欠点を補う投球フォームをコーチに教わったとしましょう。

     

    その場で、こうしてこう! って感じで覚えたとしても、

    そのフォームでちゃんと投げられるようになるには、

    かなりの練習が必要なのではないでしょうか?

     

    数球なら投げられても、すぐにフォームが乱れたり、

    今までのフォームのような球速が出せなかったり。

     

    前のシーズンが終わって即フォームを変えても、

    次の開幕まで頑張って練習して間に合うかどうか?

    って感じだと思います。

     

     

    長年習慣になってしまっている声の出し方、

    音程の取り方などを修正するのは、

    野球の投球フォームの修正よりも微妙で難しいかも。

     

     

    スペインのフラメンコ芸術学院では、

    今もすべてのカンテの生徒達が

    毎日2時間のボイトレを行っています。

     

    今、学校には行かれないけど、

    家で、それぞれ毎日頑張っています。

     

    そこまでがんばる理由はとっても簡単。

     

    <効果が出るからです。

    <歌が格段によくなるからです。

    <場合によっては、もう別人です。

    <カンテをどんなにたくさん歌えても

     上手じゃないとどうにもならないからです。

     

    、、、

     

    昨日もリモートレッスンで生徒さんとこんな話しをしました。

     

    ”声の響かせ方、できるようになってきましたね♪”

     

    ”はい、でもまだまだ早い歌だと上手く行かないんです。”

     

    ”開幕戦に間に合いそうですか?” 笑

     

    ”もうしばらくファームで頑張ります。”

     

    ”今年は開幕が遅くなったので、、、”

     

    ”ぷぷぷ。しっかりファームで投げ込みます。”

     

    ”<い> <え> <あ> はよくなってきたので、 

     後 <う> <お> を中心に練習してくださいね。”

     

    ”はい。頑張ります。”

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | カンテってどうやって学ぶの? | 16:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事