CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< ガラガラ新幹線で大阪に着きました。 | main | コンパス感の肝は、やっぱスペイン語の発音 >>
フレーズを早く〆たいそんな日は。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    大阪レッスン、さきほど楽しく終了しました。

     

    今回は、はじめてレバンテのリブレのカンテ、

    カルタヘネラを取り上げたんですが、

    けっこう歯ごたえがあったようで、

    なかなか上手く飲みこめないようで。

     

    歌い出してからしばらくはいいのに、

    息継ぎの前の音が違っちゃう・・・

     

    どうしてかな?

    っていろいろ生徒さん達と相談していると、

    ふと見つかった答えが、

    各フレーズをとにかく短く

    〆ようとしちゃってるってこと。

     

    カルタヘネラは、1フレーズが長くって、

    何小節にもわたっているカンテ。

     

    息継ぎは各フレーズの最後にするわけじゃなくって、

    フレーズの途中で何度もする必要があります。

     

    ですから、歌詞を1行歌ったからって、

    そこでフレーズが終わりじゃあないんです。

     

    なのに生徒さん達は、毎行フレーズを〆ようとしちゃう。

     

    つまり、続けようとする音に行かなくちゃいけないのに、

    ついつい、フレーズの終わりっぽい音に行っちゃうんです。

     

    ”カルタヘネラって難しいんですね?”

     

    そう生徒さん達は思ったみたいなんですけど、

    私はちょっとムフムフしてしまいました。

     

    だって、カルタヘネラっていうか、

    レバンテのカンテを始めて学んでいるのに、

    フレーズの〆の音がわかっているんですもの。

     

    どの音に行ったら、フレーズが〆るかどうかわかってるって、

    実はすんごいことなんです。

     

    だって、そのカンテのメロディの流れが

    わかっているってことですもん。

     

    こうなったら終わりなんだって感覚的にわかってるって、

    すごおおおおおおい。

     

    ご本人たちはいまひとつ気が付いてないみたいですけど、

    実はフラメンコ感がんがん上達しているってことなんですよ。

     

    (写真はそんな大阪生徒さんの中で、

    一緒にお昼を食べて下さったベテランのみなさん。)

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス

     3月22日<Vol6ブレリア>渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは6月の予定です。 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | カンテってどうやって学ぶの? | 20:10 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事