CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< メルマガ第229号本日発行 コラムは102回記念でフラメンコの定義3です。 | main | 大阪では淀川、東京なら荒川?いえ多摩川。 >>
カンテはカンテ自身から学ぶもの。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    スペインのカンテさんを褒めるのに、

    AFICIONADO という言葉を使うことがあります。

     

    AFICIONADO、日本では 愛好家 みたいな意味で

    使われているようですが、

    現地での意味は、勉強家 なんです。

     

    カンテの勉強をしっかりしていること。

     

    これ、実はカンテにとって、

    とっても大事な概念なんですよ。

     

    というのも・・・

     

    カンテの先生に繰り返し言われたことがあります。

     

    ”もっとカンテから学びなさい。”

     

    ”もっとカンテ自身の声を聞くんだ。”

     

    これ、どういう意味かというと、

    何度も何度も繰り返し同じカンテを歌いまくると、

    該当のカンテをどういう風に歌ったら、

    一番メロディを生かせるのかが自然とわかるってこと。

     

    自分であーでもない、こーでもないと、

    こねくり回すんじゃなくて、

    ただ素直に大きな声で丁寧に歌うだけで、

    つまり、自分の歌うカンテを自分の体に響かせると、

    そのカンテのメロディの本当の姿が見えてくるのです。

     

    正しいメロディを憶えたら、

    丁寧にしっかり大きな声で何度も何度も歌う。

     

    それは歌うと同時に生歌を聞くということでもあります。

     

    どう歌ったらいいのか迷ったら、

    一度やってみませんか???

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス

     3月22日<Vol6ブレリア>渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは3月15日です。 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 17:42 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事