CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 本格的なトナーなのです。 | main | 君に夢中で首ったけで、僕はキュン死する? >>
100円券2枚握りしめ
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    鶴乃子っていうお菓子を知ってますか?

     

    一見だいふくに見える白くて丸いお菓子。

    でも、実はまわりはマシュマロなんです。

     

    大きさは卵くらいあって、

    なかには黄身あんが入っています。

     

    これ、もともと福岡のお菓子らしいんですが、

    私の大好物のひとつ。

     

    東京ではめったに手に入らないけど、

    見つけると必ずゲットしてきました。

     

     

    その理由は、私が7歳の頃・・・

     

    当時、クラスメイトにとっても人気の女の子がいました。

    その頃、家で誕生日会をするのが流行っていたのですが、

    彼女はあまりにも人気なので、

    ほぼクラス全員の誕生会に呼ばれていたんです。

     

    彼女の誕生日は4月の最初のほうだったので、

    2年生にあがってすぐの誕生日に、

    お返しに今までに呼ばれた子供たちを全員呼んで、

    お誕生会を開かなくてはいけなくなったのですが・・・

     

    少なくても30人以上の子供を呼ぶには、

    彼女の家ではもう無理だったようで、

    家の近くの公的な施設の会議室のようなところを借りて、

    彼女の親戚の大人たちが何人も手伝って、

    大々的な誕生会がひらかれることになりました。

     

    実は、彼女のお父さんは公務員で、

    あまり華美なことを好まない家柄。

     

    それで、ごちそうには駄菓子が振る舞われることに。

    でも、駄菓子の食べ放題という訳ではなく、

    子供一人につき200円分の金券が配られ、

    その金券で駄菓子を購入して食べるシステムになったんです。

     

    駄菓子はほとんどのものが10円の値札がついていて、

    子供たちは会議室用の机に並べられた駄菓子に、

    目を輝かせて群がっていました。

     

    小さい頃からそういう生存競争がどうも苦手だった私。

     

    子供がほとんど寄りついていない、

    端のほうのお菓子を眺めていると・・・

     

    そこには、白い紙で包まれた見たことのないお菓子が!!!

     

    ♪1個100円♪ 

     

    そう書かれた値札がついたたった2個だけ用意された、

    玉子くらいの大きさの大人っぽい和菓子でした。

     

    ”すみません、これ、なんですか?”

    私は彼女の年の離れたお姉さんに聞きました。

     

    ”つるのこよ!”

    すでに顔馴染みだったお姉さん、

    ”美味しいのよ。知らない?”っと付け足して。

     

    そっとつっついてみると、ふわん と不思議な柔らかさ。

     

    ”マシュマロ???”

     

    ”そうね、周りはマシュマロなの。”

     

    もともとマシュマロが大好物だった私。

    しばらく迷ってから、静かに100円券を2枚差し出しました。

     

    ”これ、2個下さい。”

     

    ”え? いいの? 他に何も買えなくなっちゃうわよ。”

     

    ”いいんです。これください。”

     

    1個10円のお菓子を両手に持ちきれないほど持った

    他の子供たちを横目に、

    私はなんとも言えない幸福感に満たされたことを、

    今でもはっきりと覚えています。

     

    その何十年もあと、

    お見合いして、友人は福岡に嫁いでいきました。

     

    ご主人はもともと東京の人だけど、

    お仕事の関係で博多勤務だったそうなんですが、

    もしかして、友人のご親戚に福岡ご出身の人がいて、

    誕生会の鶴之子もその方の提供だったのかもしれません。

     

    こんな懐かしい話を思い出したのも、

    福岡出身の生徒さんが、

    実家に帰ったお土産に鶴乃子を下さったから。

     

    懐かしい鶴乃子はやっぱりとっても美味しくって、

    福岡に嫁いだっきり一度も会っていない友人のことも、

    久々に思い出させてくれました。

     

    小学校から高校まで、ほとんど毎日一緒に過ごした友人。

    元気かなあ???

     

     

    注:本日のブログに<鶴之子>の写真がないのは、

    私が興奮して写真も撮らずに一気食いしてしまったからです。

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス

     今後は2月11日<Vol5シギリージャ>、3月22日<Vol6ブレリア>

     渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 穏やかな日々を | 21:40 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事