CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< ばらばらな音の羅列を、1つのメロディと感じる時 | main | メルマガ221号本日発行 初心者向きバイレ映像の見方 ファルーカ >>
ボイトレの効果が表れる瞬間
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    声がどうしても上ずってしまう生徒さん。

     

    ボイトレして低い声を鍛えだして、

    もうどのくらいになるでしょうか?

     

    かなりしっかりとした低い声が、

    ボイトレの時は出るようになったんですが・・・

     

    なぜかいざカンテを歌おうとすると、

    やっぱり喉に力が入って上ずってしまうんです。

     

     

    ところが・・・

     

    なんとなくまとまらないある課題曲を歌っていたときの事です。

     

    どうしたらもっと魅力的になるんだろう?

    そう思って私が丁寧にサンプルを歌ってみました。

     

    具体的に、声がうわずったままの時のカンテと、

    きちんと低い声が効いているカンテ、

    2つを何度か並べて歌っては、聞いてもらいます。

     

    うーん。。。

    なにか考えながら小さくうなづく生徒さん。

     

    そして、生徒さん自身でもう一度歌ってみると?

     

    きゃああああ、出来てるじゃないですかあ。

     

    <そのカンテに対するはっきりとしたイメージと、

    <十分にトレーニングされた声、

    そのふたつが融合した瞬間です。

     

    もちろん、生徒さんの努力が一番大事なんですが、

    最近、私がレッスンで注意していることは、

    よいお手本と悪いお手本の例を、

    はっきりわかりやすく歌ってみせること。

     

    生徒の自主性を重んじて、

    なるべく細かい例をみせないこともあります。

     

    でも、ことボイトレ、声の使い方に関しては、

    よいお手本、わるいお手本を並べる事が、

    とっても効果的みたいなんです。

     

    生で、目の前でその違いを実際に歌うことで、

    生徒は肉体的にも反応するんですよね。

     

    細かく指導する部分、

    生徒の自主性を重んじてあえて指導しない部分。

     

    このふたつのコンビネーションが、

    生徒をカンテ好きにもするし、

    上達もさせるんだって思って教えています。

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

     次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | カンテってどうやって学ぶの? | 09:35 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事