CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< わたし、比べないので。 | main | 撮らせたいあなたと、撮りたいわたし >>
フラメンコ化って言葉、よく使われてるってホント?
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    今日の映像はタンゴ・デ・グラナダ。

    先日の理論オープンクラスでもご紹介したタンゴです。

     

    フラメンコのタンゴには2種類のノリがあります。

     

    ひとつは、お馴染みのタンゴ・デ・トリアーナに代表される、

    カディス、セビージャ、あたりのアンダルシア西部のタンゴ。

     

    そして、もうひとつがタンゴ・デ・グラナダ、

    タンゴ・デ・マラガなどのアンダルシア東部から

    バルセロナにわたる地域に分布するタンゴ。

     

    ノリがぜんぜん違うんですけど、

    いかがでしょうか?

     

    私は、バイレをやっていたころは、

    ずっとグラナダに留学していたので、

    タンゴ・デ・グラナダのノリが今でも大好きだし、

    とっても懐かしく感じます。

     

    力強さの中にある哀愁は、

    グラナダの風景ともお似合いで♪

     

    タンゴ・デ・グラナダは、

    もともとこの地域にあった民謡が、

    フラメンコ化したと思われているのですが、、、

     

    先日、理論オープンクラスにいらした生徒さん。

    フラメンコ化って言葉は、スペイン語を翻訳して、

    20年ほど前に私が作ったんだと言ったら、

    とってもびっくりされていました。

     

    というのも、バイレのクラスでも聞いたことがあるし、

    日本で一般的に使われていると仰るんです。

     

    うっそおおおおおおお。

     

    私が Aflamencado を苦し紛れに訳した言葉が、

    日本で定着しているなんて・・・

     

    地味だけど頑張って来たこと、

    少しはみなさんの役にたっているようで、嬉しいです。

     

    これからも、日本の皆さんのフラメンコ理解に役立つよう、

    地味にですけど、かなーり地味にですけど、

    続けて行きたいって思いました。

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

     次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 17:42 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事