CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< クリスマスはどこ行ったの? | main | フラメンコにも、映画の影響力ってすんごい。 つづき >>
フラメンコにも、映画の影響力ってすんごい。
0

    JUGEMテーマ:映画

     

    1960年ごろ、世界は映画に包まれていました。

     

    まだテレビも各家庭に普及してなくって、

    映画館がすべての情報の情報源って役割を担ってて、

    2本立ての映画の間に流れるニュースだったり、

    流行歌のプロモビデオだったりが、

    みんなの楽しみだったそんな時代。

    (私はオンタイムじゃないですよー。)

     

    映画に登場する外国は、

    それはそれは魅力的で、

    作りものだってことを忘れさせるほどで、

    人々は本当の事との区別すらつかなくって。

     

    もちろん、そんな映画を作っていたのはアメリカ。

    古きよきハリウッド映画全盛の頃のお話です。

     

    第2次世界大戦の爪痕もだんだん癒えて来て、

    海外旅行に夢を馳せはじめたあの時代。

     

    80日間世界一周をはじめ、

    プレスリーのハワイ旅行の映画も、

    この頃のヒット作です。

     

    そんな海外の雰囲気を盛り上げて来たのが、

    各国の踊りの映像。

     

    日本の芸者ダンスも人気だったんですが、

    特に人気があったのが、

    ハワイのフラ、

    中東のベリーダンス、

    そして、フラメンコです。

     

    でも・・・

     

    ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、

    フラは本来ウクレレ弾いて英語の歌に合わせて、

    踊るものではありません。

     

    そして、中東で女性があんな肌もあらわな服装で、

    人前で踊るなんてありえません。

     

    そして、フラメンコも大きな誤解を生む

    取り上げられ方をしたんです。

     

     

    それでも、

    私は映画に取り上げられなかった方がよかったとは、

    思っていません。

     

    だって、私たち日本人は、

    そんな映画の中のフラメンコに強く惹かれ、

    フラメンコファンになったんですもん。

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

     次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 16:23 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事