CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< メルマガ216号本日発行 初心者向きバイレ映像の見方 終わり編 | main | このパワーがかっこいい♪ >>
フラメンコを、カンテを感じる為の心構え
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    何度も同じテーマで申し訳ないのですが、

    最近、たまたまそれに関する記述や映画などに出会うので、

    今回も書かせて下さい。

     

    それは、どうやってカンテを感じるかについて。

     

    踊る方にとっては、

    ”カンテを感じて踊りなさい。”

    と言われたのものの、

    どう感じていいかわからなかったり。

     

    歌う方にとっては、

    ”自分が感じたように歌いなさい。”

    と言われたものの、、、、???。

     

    そして、鑑賞する方にとっても、

    ”うーん? なんか迫力って感じ?”

    みたいな返事しか帰ってこなくって。

     

     

    それで、私自身に立ち返ってみると、

    スペインでカンテを習いはじめたころ、

    とにかく早く多くのカンテを憶えなくっちゃって、

    あせってばかりいたあのころには、

    私もまだなにも感じられてなかったように思います。

     

    さいきん流行の占い師 しいたけさん が、

    ツイートしてたんですが、

    なにかを感じようとするのなら、

    自分自身完全に<無>になる必要があると。

     

    わかろうとしているうちはわからない。

    無になって対したとき、はじめて何かが伝わってくると。

     

    これ、簡単なようでとっても難しいですよね。

     

    今はカンテ、つまりひとつの芸術の話しですが、

    相手が人間でも同じです。

     

    相手のことをわかろうと思ったら、

    こちらが一切の思い込みを捨てて無にならないと、

    相手の本当の姿は見えてこないのと一緒。

     

    フラメンコを好きな人は、

    どうしてもその思いが先にたってしまって、

    無になることは難しいもの。

     

    好きだからこそ、無になって対する。

     

    うーん、、、難しいけど、

    私も生徒さんや周りの人達にも、

    出来ているといいな。

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

     次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 06:11 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事