CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 当教室レッスンの進め方ー新曲を覚える時は | main | 当教室レッスンの進め方ーメロディを覚えたら。 >>
当教室レッスンの進め方ーメロディを覚えましょう。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    さて、昨日は歌詞を学び、そのカンテのルーツや、

    曲種の意味をさぐるところまでお話しました。

     

    歌詞の意味をしっかりつかんだら、

    今度はカンテの肝、っていうかカンテの本質である

    メロディを学ぶ番ですね。

     

    さ、早速始めましょう。

     

    私が歌う生サンプルで一度完成形を聞いて頂いたら、

    メロディを短く区切って、少しずつ覚えて頂く段階に入ります。

     

    ここではまるで小さい子がお母さんに歌を習うように、

    私がちょっと歌って、生徒さんがマネしてを繰り返していきます。

     

    どのくらいの長さに区切るかは、そのカンテの難易度や、

    生徒さんがどの程度覚えられるかによりますね。

     

    簡単に進む時もあれば、何度も何度も繰り返しても、

    なかなか覚えられない時もありますから。

     

    繰り返し回数の目安も、実は、生徒さんの表情なんです。

     

    実際にメロディを覚えられていたとしても、

    生徒さん達が不安な顔をしている間は、

    もう数回繰り返すようにしています。

     

    そして、その短い一区切りが大丈夫になったら、

    次の一区切りに進み、

    次も覚えられたら、最初のと合わせて歌ってみます。

     

    そうやって、区切っては覚え、

    いくつかまとめて練習しては、次のひと区切りに進む、

    その繰り返しでカンテをすこしずつ覚えて行くんです。

     

    一回のレッスンで覚えるメロディの長さは、

    そのカンテの難しさや、生徒さんのレベルによって変わって、

    ほんの数秒ほどのとっても短い時も、1番丸ごとの時もあります。

     

    ちなみにこの段階では、

    リズムはつけず音の高さのみを丁寧に覚えて行くんですよ。

     

     

    そして、次のレッスンの時に、

    前回学んだ分を丁寧に復習して、

    大丈夫そうだったら先のメロディに進んでいきます。

     

    前回分がちょっと厳しそうな時は、

    復習を丁寧に繰り返して、新しい部分に入らないで終わることも。

     

    以上でおわかりかと思いますが、

    当教室のレッスンには、今回はここまで 

    みたいな決まったカリキュラムはありません。

     

    あくまでも生徒さんが中心。

     

    生徒さんの習得に合わせて、すべてが進んでいくんです。

     

     

    次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | カンテってどうやって学ぶの? | 04:55 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事