CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< メルマガ209号本日発行 理論講座は続く? | main | 超難関アレグリアスの決定的な攻略法は? >>
フラメンコを本当に楽しむコツは、自ら学ぶこと♪
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    一昨日終わったフラメンコ理論入門課。

     

    3時間の講義が2回の計6時間。

    フラメンコとは何かについて、様々な角度から考えるクラスです。

     

    今回の生徒は5人。

    各自発言して頂くことが多い本講座には、丁度いい人数ですね。

     

    毎回講座の最初に伺うのは、

    どんなことを学びたくていらしたのかと言うこと。

     

    今回の講座が特に充実したキッカケは、

    1人の生徒さんのこんな一言でした。

     

    ”フラメンコに興味を持ったんですけど、

    どうやって知って行ったらいいのか、その方法が見つからなくて。

    なにかとっかかかりが見つかればと思って。”

     

    ”なるほど・・・”

     

    私はすました顔をしていましたが、

    心の中で ”よっしゃあ” とガッツポーズをしていました。

     

    というのも、自ら学ぼうとする方は、

    素晴らしい生徒さんになることが決まっているから♪

     

    そして、フラメンコをずっと愛して下さる

    ようになるからなんです。

     

    他の生徒さんも、ただ教わればいいという受け身ではなく、

    ちゃんと自分で考える方達でした。

     

    初回、私は講座を進めながら、

    自分で学べる方法として、何を紹介しようかずっと考えていました。

     

    結局、講座内では話しきれないので、

    週1でアップしている

    お教室HP上のコラムにも取り上げることにしたんですが、

    初回の最後に生徒さんにお勧めしたこと、

    それは、世界のヒターノ音楽をYOUTUBEで検索して聞くこと。

     

    <フラメンコはヒターノが流浪の旅をしながら紡いだ音楽だ。

     

    これ、日本で多く信じられているフラメンコの成り立ちです。

     

    でも、これって本当でしょうか?

     

    私はスペインの学校で、違うことを教わりました。

    そして、ものすごーく困惑し、混乱したんですよね。

     

    当時、YOUTUBEなんて素晴らしいものはありませんでしたから、

    フラメンコ図書館に行って文献をあさったり、

    様々な音楽や踊りのイベントに出かけては情報収集。

    日本に帰ってからも、上野の音楽資料室などに行っては、

    参考文献、映像などを探しまくり、

    なにが真実なのか、自分の耳で確認していきました。

     

    でも、今はYOUTUBEがあります。

     

    日本にいても、自分の部屋で検索するだけで、

    無料で世界中の音楽の資料を集められるんですから。

     

    本当、YOUTUBE 偉い、有難う、大好き♪

     

     

    という訳で、今回生徒のみなさんにお勧めしたのは、

    <YOUTUBEで世界中のヒターノの歌や踊りを検索して、

    <いっぱい見てください。

    というもの。

     

    だって、もしヒターノが旅をしながらフラメンコを紡いだのなら、

    世界中のヒターノの音楽が踊りが、スペインに近づくにしたがって、

    フラメンコに似てくるはずですから。

     

    そして、2回目の講座の集合時間、集まってきた生徒さんは、

    口々に映像を見た感想を話してくれました。

     

    ”ヒターノってハンガリーが多いんですね。”

     

    ”他の国でも同じ楽器を使うんですね。”

     

    そんな話しから始まって、

    世界中のヒターノ達の音楽の共通する特徴へと、

    興奮気味に話してくださる生徒さん達。

     

    私は、とってもたのもしく感じ、

    百万の味方を得た思いでした。

     

    (^◇^)(●^o^●)(^◇^)

     

     

    次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 08:28 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事