CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 大好きな夏野菜 | main | 千里のカンテもファルーカから >>
声の専門科として
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    久々に、

    新しいボイトレの個人レッスンの生徒さんが

    いらしています。

     

    声がすっきりと出ないお悩みをお持ちで、

    しばらく歌うとすぐに枯れてきてしまうとの事。

     

    こういう時私は、

    もしかして声帯に外科的なトラブルがあるかもしれない、

    そんな事を心配してしまいます。

     

    俗にいうポリープや、声帯の損傷などがあった場合、

    その方のいらっしゃるべきはボイトレではなく病院ですから、

    すぐに咽喉の専門科に行くように勧めなくてはいけません。

     

    この方の場合は、すでに通院もされ、

    喉の検査で異常がないことを確認されていました。

    そして、実際に声を聞いた限り、

    問題はそこまで深刻ではなく、

    トレーニングと日々の生活習慣の改善で、

    かなり回復されると思うので、私もほっ!

     

    実はこんなに心配性になったのには、

    カンテの先生をはじめたばかりのころの、

    悲しい思い出があるからなんです。

     

     

    東京は、今、ちょうど旧暦のお盆。

     

    昨日はお天気が回復したので、

    レッスン前にちょこっと祐天寺のお祭りに行ってきました。

     

    人ごみをぬけて本堂に行くと、

    お賽銭箱の前には、普段はいらっしゃらない閻魔さまが、

    顔を真っ赤にして境内に集う多くの人々をにらみつけています。

     

     

    お賽銭をあげ、手を合わせながら思い出していたのは、

    若くして亡くなった生徒さんのこと。

     

    その方とはとあるバイレの発表会で歌わせて頂いた時、

    そのお教室の練習生のひとりとして知り合いました。

     

    バイレ歴はそんなに長くなかったと思います。

    でも、もともとバンドでボーカルをしていたことがあるそうで、

    私のカンテを聞いて、ぜひ自分も歌いたいから

    生徒にして欲しいと仰ったんです。

     

     

    しばらくして、その方は本当に当スタジオにいらっしゃいました。

    なんと飛行機に乗って!

    実は彼女が通っていたバイレの教室は

    我が家から1000KMほど離れていたんです。

     

    踊りを拝見してリズム感の良い方だなって思っていたので、

    きっとカンテもすぐに上達されるだろうと、

    私も楽しみにレッスンをはじめたのですが・・・

     

     

    歌声を数分聞いて、私は全身の血の気がひく思いがしたのを、

    今でもはっきり覚えています。

     

    私の長年声にたずさわった経験が言うのです。

    <この方、あきらかに喉に重大な問題がある。>

     

    その場でレッスンを中止し、

    とにかく大きい病院の専門外来に行って、

    喉の検査をしてきて欲しいとお願いしました。

     

    実はその生徒さん、医療関係で働いていらっしゃって、

    病気の事には詳しいのでどこも悪くないはずだと繰り返し、

     

    ”どうして私に教えたくないんですか?

     なんでそんないじわるするんですか?”

     

    生徒さんは私の心配を理解して下さらなくて、

    私がレッスンを中断した理由は別にあると思ってしまったんです。

     

    結局、他の先生を探して

    そちらでレッスンを続けたようです。

     

     

    訃報が届いたのは、その1年半くらい後のこと、

    原因は咽頭ガンでした。

     

    あの時、もし無理にでも病院に連れて行っていれば

    もしかしたら助かったのでは。

    どうしてもっとちゃんと危険性を説明できなかったのか、

    検査を受けるように説得できなかったのか、

    そんな事が今も頭の中でぐるぐる回っています。

     

    お盆です。

    亡き方を思い出すことは供養になるんだと、

    あるお坊さんが仰っていました。

     

    あちらの世界でも、

    大好きな歌をたくさん歌っているのでしょうか?

     

    ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

     ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

    (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

    こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

     

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | ボイストレーニング | 05:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事