CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 文字だってバイリンガル? | main | カンテ覚えるまでと覚えた後、どっちが楽しい? >>
ペテネーラに向いている声は?
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    現在、大阪教室でも東京教室でもとりあげているペテネーラ。

    実は、歌うのに向いている声質があります。

     

    <音域も広いし、高い所がけっこうあるから、

    <声が高い人が向いている?

     

    と思う方も多いかもしれませんね。

     

    たしかに、音程が高い部分がもりあげところなんですが、

    実はこのカンテ、音程が低い部分が肝なんです。

     

    出だし、かなり低い所からはじまっているんですが、

    この低い部分がしっかり歌えてこそ、

    その後の高い部分に繋がっている訳で。

     

    時々、カンテの低い部分を軽く流して、

    高音の部分ばかりしっかり歌おうとする方がいます。

     

    まだ音域が狭い場合、一番上の音まで声がでるように、

    ギターの高さを合わせちゃいがちなんですが、

    たとえ高い部分ができらなかったとしても、

    低い部分がしっかり出るように調整してください。

     

    出来上がったカンテを聞き比べれば、

    その理由はすぐわかると思います。

     

    カンテの音の広がりが、

    世界観の美しさが、ぜんぜん違うんです。

     

    もちろん、同時に将来に向けてしっかりボイトレして、

    音域を広げる努力を続けてくださいね。

     

     

    ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

     ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

    (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

    こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

     

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 15:42 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事