CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 不思議楽器と別キャラナランヒータ | main | あなたの神様でいいのです。 >>
歌も喉の筋肉運動です。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    ここのところ、筋肉と声についてお話ししています。

     

    筋肉が強くないといけない、

    そんな風なお話しが多かったんですが、

    もうひとつの要素があるんです。

     

    それは、筋肉の動くスピードです。

     

    たとえば陸上の100m走を考えてみてください。

     

    足腰をはじめ全身の筋力が必要なのはもちろんなんですが、

    足が速く動かなければ、筋肉が速く動かなければ、

    速く走ることはできません。

     

    実は、カンテを歌いこなすのにも、

    歌う為の筋肉が速く動くことが必要なんです。

     

    滑舌! 音程! リズム!

     

    そのどれをとっても、必要なのはスピード。

     

    たとえば音程・・・

     

    細かく早い音程を表現するには、

    声帯での素早い音程の切り替えが必須。

     

    タイミングよく、すすっと切り替えられなければ、

    音程はクリアーに表現することはできないでしょう。

     

    という訳で、

    あるベテラン生徒さんは、現在、

    喉周りの筋肉を素早く動かすことに挑戦中。

     

    ちょっと気を抜くと、

    すぐに口先だけのカンテになってしまうのも、

    声を低く安定させる筋肉を、

    必要に応じて使ったり、開放したりのスイッチが、

    素早く切り替えられていないから。

     

    強く、そして、速く。

     

    筋トレは、っていうかボイトレは、

    まだまだ続くのです。

     

     

    ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

     ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

    (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

    こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

     

    大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | ボイストレーニング | 00:03 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事