CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< セビージャのフェリア、本日開幕♪ | main | 令和初メルマガ194号本日発行 カンテの歌詞に出てくる香り >>
表声、裏声、ミックスボイス<1、導入>
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    連休も今日でおしまいですけど、

    楽しいゴールデンウイークでしたか?

     

    私は、、、

    代官山で行われていた<ひまわり畑の種まき祭>や、

    前から見たかった映画を見に渋谷に行ったりと、

    近場でのんびりと過ごしました。

     

     

    さて、ここのところ声について色々と考えています。

     

    カンテをお教えしていて、最初の頃は、

    難しいのはフラメンコ独特のことと思ってたんですけど、

    実際に歌えるようになるには、

    声の基礎をきちっと抑えることが大事だって、

    時をおうごとに思うようになってきています。

     

    その為にも、声に関して必要な基礎知識を、

    こうやってブログに書きながら整理しているんです。

     

    カンテを愛するみなさん

    ぜひ一緒に声について考えて行ってくださいね。

     

     

    では、今日はカンテにも重要な概念、

    表声、裏声、ミックスボイスについて

    考えて行きたいと思います。

     

    まず、最初に伺います。

     

    表声、裏声、ミックスボイスって、

    それぞれ何のことでしょうか?

     

    まず、表声。

    地声って呼ぶこともありますね。

     

    普段しゃべっている声と同じ、

    自然に出る声が表声、地声です。

     

    これならできますね♪

    と言いたいところなんですけど、

    女性の場合、そうとは限らないんですよね。

     

    もともと持っている声が低い場合、

    普段から裏声でしゃべっている人が結構いるんです。

     

    というのも、日本では女性は高い声でしゃべるもの、

    みたいな考え方があるので、

    生まれつきの声が低い人が表声を使うことをためらい、

    裏声でしゃべるようになっちゃうことがあります。

     

    スペインでは低い声だから女の子っぽくない、

    なんていう考え方はないので、

    こういう問題はおきないみたいなんですよね。

     

    こういう方の場合、

    表声をほとんど使わないで暮らしているので、

    いざ出そうとしても、なかなかうまく出なくて、

    すぐに裏声になっちゃったりします。

     

    カンテは表声がしっかり出ないと迫力が出ないので、

    声のトレーニングの第一歩は、

    とにかくもともと自分が持っている表声を、

    しっかり使えるようにすること。

     

    表声だけを使って、丁寧に歌いこんで歌いこんで、

    カンテを歌える声にまでしっかり鍛えましょう。

     

     

    大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | ボイストレーニング | 21:48 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事