CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 悲しみのカンテ:グアヒーラ | main | 悲しみのカンテ:グアヒーラ:歌詞の2 >>
悲しみのカンテ:グアヒーラ:歌詞
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    <カンテの歌詞は自由で無限にある!

    <どの曲種(パロ)に使うかは決まっていないので、

    <色々な曲種に使いまわすのが一般的。

     

    私のブログを読んでくださっている方なら、

    ご存じだと思います。

     

    でも、、、

    実はグアヒーラはちょっと例外なんです。

     

    というのも、メロディの長さが独特なので、

    グアヒーラの歌詞を、他の曲種のメロディに乗せて

    歌うことは出来ません。

    (普通のアレグリアスやソレアの歌詞の倍以上の長さの、

    ディッシマという形式の歌詞を使います。)

     

    それで、グアヒーラ専用の歌詞が使われるせいで、

    有名な歌詞というものがいくつか生まれたんですよね。

     

    バイレをやっている方ならご存知かもしれませんが、

    そのひとつが ♪君と結婚するよ♪ではじまるもの。

     

    扇(アバニコ)を振って踊る時に一番多く歌われる歌詞です。

     

    この歌詞、日本語にしたらどういう意味かご存知ですか?

     

    歌詞をそのままネットに掲載するのは、著作権の心配もあるので、

    簡単に日本語に翻訳したものを掲載したいと思います。

     

    ♪君と結婚するよ インディアーナ

    ♪もし君のパパが亡くなったらね

    ♪そして、君のママも亡くなった時にだけどね

    ♪美人だね キューバ娘

    ♪俺、ハバナに家があるんだけど

    ♪君に使わせやってもいいよ

      、、、、つづく

     

    さて、簡単に直訳しただけなんですけど、

    すでになんかちょっと変だと思いませんか?

     

    最初のインディアーナなんですけど、

    コロンブスが南米をインドと間違えたことから、

    南米の女の子を当時一般的にこう呼んだみたいです。

     

    でも、問題はその次です。

    君のパパが亡くなったら、

    そして君のママも亡くなったら、

    つまり君の両親ともいなくなったら結婚しようって、

    言ってるんですよね。

     

    これ、身寄りがなくてかわいそうだから、

    結婚しようって言ってるんじゃないんです。

    だって、もし亡くなったらって言ってるってことは、

    まだご両親は生きているんですから。

     

    美人だね、キューバ娘。

    これは、そのままでいいと思います。

     

    最後は、自分の持ってるハバナの家に住んでもいいよと、

    結んでいます。

     

    問題は、家のある場所 !ハバナ!

    一般にお金持ちが別荘を持つのがハバナなので、

    ハバナの家は、普段住んでいる家じゃなくて、

    別荘ってことになります。

     

     

    まとめると・・・

     ご両親が生きてる間は君とは結婚しない。

     でも、別荘になら住んでてもいいよ。

    となっちゃいます。

     

    さて、グアヒーラの悲しさが伝わってきましたか?

     

     

    では、この歌詞をちょっと紐解いてみましょう。

     

    この美人のお嬢さんはあきらかにグアヒーラです。

    つまり、スペイン人で本来は支配者階級なのに、

    彼女自身は農民の階級にいるってこと。

     

    そして、この歌詞を歌っている男性は、

    ハバナに別荘を持つほどのお金持ち=支配者階級。


    もしご両親がいなかったらね、っていうのは、

    君の氏素性では無理という意味だと思います。

     

    つまり、どんなに美人でも、

    グアヒーラはお金持ちとは結婚して貰えないってこと。

     

    あらあああ・・・涙

     

    一生懸命貴婦人のような服装をして、

    お上品を気取って、優雅に振る舞っていても、

    支配者階級の男性には、グアヒーラなんだってバレバレ。

     

    それが、この歌詞の裏の意味なんです。

     

    ですから、思いっきり優雅に、笑顔で踊るのは正しいんですよ。

     

    だって、なんとかして支配者階級の男性をゲットして、

    グアヒーラだとばれないうちに、あわよくば結婚までして、

    自分も支配者階級に入ろうとしているんですもん。

     

    スペインでグアヒーラを踊らせたら一番と言われている

    ルセロ・テナは、上品ぶろうとがんばるけれど、

    所作の端々にお育ちが出てしまう女性を、

    華麗なカスタネットさばきとともに見事に表現しています。

    以前ブログでご紹介したのとは違うバージョンですので、

    見て頂けたら嬉しいです。

     

    ルセロ・テナ、すごい芸達者♪ 私も大好きです。

     

     

     

    新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に開講 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 19:26 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事