CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 素直であれば、なんでもできる♪ | main | メルマガ190号本日発行 君の顔ってバラみたい? >>
リズムはつられて上達するのです。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    時々リズムレッスンで・・・

     

    他の人のリズムを聞かないようにして、

    自分の殻に閉じこもって、リズムをキープしようとする方がいます。

     

    あらー・・・

    それじゃあ、いつまで経ってもリズム感よくならないですよ。

     

    っていうか、リズム感ってどうやったら上達するか、

    もしかして知らないのかしらん???

     

     

    今日は、リズム感をアップする基本中の基本を

    お話ししたいと思います。

     

     

    リズム感って、まずは人との練習で基本が作られます。

     

    たとえば、子供の頃の手遊びで せっせっせ とか

    みかんの花さく頃 とか、やりますよね?

     

    あれって、人とリズムを共有する練習に最適なんですよ。

     

    ああいう手遊びって、

    なんとなく速くなっちゃったりすることがあったとしても、

    続けられなくなるくらい、ずれちゃうことってないですよね?

     

    子供は柔軟なので、

    相手になんとなく合わせることができちゃいます。

     

    実は、それをそのまま応用するのが、フラメンコのリズムなんです。

     

    誰かと一緒に舞台に立つときにずれないようになりたいから、

    リズムの勉強をしているはずなのに、

    他の人のリズムを聞かないようにするなんて、、、、ナンセンス♪

     

    だって、他の人に影響されるからこそ、

    リズムって取りやすいものなのに。

     

    こんなことをいうと、こんな質問が来ることがあります。

     

    ”一緒にやる人がリズム感がよければいいけど、

     そうでもない時は、影響されちゃダメですよね?”

     

    あらー・・・

    本当に知らないんですね。リズムのこと。

     

    一緒にやる人全員が、リズム感がよくなくったって、

    みんなで一緒にリズムを奏でる事で、

    全体のリズムは正しくなるんですよ。

     

    もちろん、みんなが人の音を聞いていたらって話ですけど。

     

     

    というのも・・・

     

    何人もの人がそれぞれ癖のあるリズムを出したとしましょう。

     

    当然、それぞれのずれ方って違いますよね?

     

    ずれ方が違う人たちが、みんなでリズムを奏でると、

    リズムは平均化して、全体としてはいい感じになるんです。

     

    もう一度言いますけど、

    全員がお互いの音を聞きあって、自分の殻に閉じ困らない場合は、

    です。

     

     

    もしその中の誰かが、他の人の音を聞かないで、

    自分の音だけ大きく出して、みんなを引っ張ろうとしたら、

    残念ながら、誰もリズム感がよくなることはありません。

     

    みんなでゆるゆる心を開いて、

    お互いの音を聞きあって、

    自分を解放して楽に参加すると、、、あら不思議♪

     

    全体としてのリズムもいい感じにまとまるし、

    参加した一人一人のリズム感もぐっとアップします。

     

    踊り手さんの場合、まずはこの馴染む感じがつかめれば、

    舞台の上でづれちゃうことはあまりないと思います。

     

    馴染める感じが掴めている状態で、

    多くの人とリズムを共有する経験を積めば、

    リズム感はどんどこよくなり、

    いざ、1人でリズムを出さなくっちゃいけない時も、

    (たとえば、ソロで踊る時の足の部分)

    しっかりリズムが刻めるようになるんです。

     

    ですから、私のリズムレッスンでは、

    とにかくみんなのリズムと馴染めるようになることを、

    第一の目標にしています。

     

    馴染んだ状態まで来たら、

    様々なリズム形態を提示しますので、

    それを楽しんでくだされば、リズム感はどんどこよくなりますよ。

     

    ちなみに、ギタリストさんのリズム感は、

    フラメンコの踊り手さんとは全く違うものなので、

    一般的なミュージシャンとしてのリズムトレーニングを

    しっかり積んでください。

     

    メトロノームなんか使う基礎練習なんかも、

    ギタリストさんには必要かもしれませんね。

     

    最後に、カンテさんですが・・・

    そうですねー。

    フラメンコのカンテさんはかなり高度なリズム感を必要とするので、

    長い長ーいカンテ修行をしながら、少しづつ培って行きましょうね。

     

    最終的にトナーみたいな無伴奏のカンテを歌う場合は、

    ギタリストさんのようなクールなリズム感に加えて、

    情緒的な?リズム感も必要とされるので。

     

    とりあえず、しっかり目の前のカンテを学んでいけば、

    歌唱力のアップにつれて、リズム感も上がると思います。

     

    あせらないあせらない。

     

     

    新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に開講 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 18:35 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事