CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< シギリージャの らしさ ってなんでしょ? | main | 今日は猫の日だから。 >>
生まれつき声が大きい人はアンダルシアに行きなさい♪
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    カンテをお教えしていると、さまざまな生徒さんに出会います。

     

    みなさん、なんかしらの声のお悩みを持っているもので、

    お悩みポイントも人それぞれなんですけど、

    カンテらしい強い声がでないと仰る方が多いですね。

     

    声がかわいらしすぎる、声が弱い、

    だからカンテに向いてない気がする、なんてお悩みの方の中には、

    自ら声をついつい控え目に出してしまうことが原因の方も多いんです。

     

    本当はもっと強い声を持っているのに、

    いざ歌おうとすると、すっと声を弱めてしまう。

     

    どうしてそんなことになっちゃうんでしょう?

     

    いろいろお話しを伺ってみると、

    そういうお悩みを持つみなさんに、共通の原体験が。

     

    それは、小学生の頃、音楽の時間に歌っていて、

    先生に声が大きすぎると注意されたことがあるってこと。

     

    <みんなの声の大きさと合わせなさい、

    <1人で大声で歌っちゃだめ、

    そう言われ続けたので、声を出すのをひかえるようになった。

    そんな癖がついてしまったようなんです。

     

    でも・・・

    私がお教えしているのはフラメンコ、カンテです。

     

    ささやくように歌うシャンソンなどとは違い、

    しっかり<芯>のある声で歌わないと、カンテらしくありません。

     

    声を遠慮がちに出したり、

    力を抜きながら歌ったりすると、

    カンテって言うより、歌謡曲っぽくなっちゃいます。

     

    そこで、私はこう申し上げることにしています。

     

    ”ここでは、あなたの声がどんなに大きくても、

     誰もとがめたりしませんよ。

     それより、しっかりがっつり歌って下さい。”

     

    でも、今までずっと声を出し切ってこなかった生徒さん、

    そうすぐには、ばーんと強い声を出すことができなくって、

    しばらくの間は、もどかしい時間を過ごすことも。

     

    日本の小学校の音楽の先生方

     <どうか、叱らないで上げてください。

     <生まれつき声の大きい人っているんですよ。

     <無理して小さい声で歌わせてしまうと、

      自分の声に自信が持てなくなっちゃいます。

     <大きな声はそれだけでひとつの才能なんです。

     <足が速いとか、腕相撲が強いとか、そういう類の能力です。

     

     

    ところで、最近の日本ブームによる外国人旅行者の急増で、

    もともとあまり海外旅行を好まないアンダルシアの人達も、

    ちょこちょこ日本に来るようになりましたね。

    (アンダルシア人って、アニメ好きが多いんですよね。)

     

    渋谷のスクランブル交差点あたりで、

    カメラを構えておおはしゃぎしている人達の中に、

    アンダルシア人がいると、私にはすぐにわかります。

     

    だって、声がとてつもなく大きいんですもん。

     

    ”うっわー、これ全部人だよ。”

     

    ”なんでぶつかんないんだー。”

     

    ”日本人は機械で出来てるんだよ。”

     

    ”じゃあみんな初音ミクだな。”

     

    こんな声が聞こえてくると、

    いかにもアンダルシア人らしい発言に、

    思わずぷっと吹き出してしまうことも。

     

    日本人としては、どんなに大きい声だとしても、

    アンダルシアに行けば、小さい方か、せいぜい普通です。

     

    私はもともとそんなに声が大きい方ではないので、

    アンダルシアに行ったときは、

    少しでも大きな声で話すように頑張っています。

     

    だって、そうじゃないと、

    ちゃんとスペイン語でしゃべったって、なんにも通じないんですもん。

     

     

    大阪レッスンは3月31日に開講します。詳しいことは こちら

    新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 12:42 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事