CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< ボイトレ効果でソレアに迫力が♪ | main | カンテってどうやって学ぶの?18 >>
カンテってどうやって学ぶの?17
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

    以下のリンクからご覧ください。

             10 

    11 12 13 14 15 16

     

    さて、カンテ勉強の最初は、

    基本のアレンジしていないメロディを覚えるところから始まる。

    というお話しをしてきたと思います。

     

    前回まででその部分のご説明は終わったと思うので、

    そのメロディを実際にどうやって使いこなしていくのか、

    に進みたいと思います。

     

     

    ここで、外国人である日本語を使う私達にとって、

    ものすっごーーーく大事な概念をひとつ覚えて頂きたいんです。

     

    それは、フラメンコでは、

    <歌詞が変われば、歌い出しのタイミングすらかわる。>

    ということ。

     

     

    普段、譜面のある歌を歌う場合、

    歌い出しのタイミングは譜面に書いてあるとおりですよね?

     

    どんな歌でも、譜面がある限り、

    歌い出しのタイミングはいつも決まっています。

     

    ん? それって、、、本当ですか???

     

     

    ところで、今までに英語の歌を歌ったことがある方って、

    結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

     

    英語の歌も、日本語の歌と同じように、

    1番、2番とメロディは一緒でも、歌詞が違う歌も多いですよね。

     

    そういう歌の譜面って見たことありますか???

     

    私は以前ジャズボーカルの勉強をしていたので、

    スタンダードジャズの歌の譜面をいくつか持っているんですけど、

    その譜面には、同じメロディのはずなのに、

    1番と2番では、歌い出しのタイミングが違ったり、

    歌い出し以外のさまざまな部分で、

    音の長さやタイミングが違うように書いてある譜面が

    よくあるんです。

     

    もし、1番と2番が全く同じタイミングで歌われるのなら、

    同じ音符の下に、両方の歌詞を上下2段に書いておけばいいのに、

    歌詞が変るとタイミングやリズムが違うので、

    それぞれにちゃんと譜面が作られていました。

     

    歌詞が変ると、なぜそんな事が起きるのかというと・・・

     

    英語やフランス語、そしてフラメンコで使うスペイン語には、

    各単語にアクセントというものがあるんですけど、

    主に音の高低でアクセントを表現する日本語とは違って、

    音の強弱でアクセントを表現するんです。

     

    音の強弱、、、この<強弱>の部分がポイント♪

     

    というのも、リズムにも各拍ごとに強弱があるからなんです。

     

     

    新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | カンテってどうやって学ぶの? | 14:37 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事