CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< もしかして、私を? | main | カンテレッスンの両輪が揃えば >>
タンゴの革命児ピアソラ
0

    JUGEMテーマ:映画

     

    本日封切りの

    <ピアソラ、永遠のリベルタンゴ>を見てきました。

     

    ピアソラ、、、いいですよね、、、

    切ないバンドネオンがたまりません。

     

    この映画、ピアソラの人生をたどるドキュメンタリーなんですけど、

    私、彼の人生、今までほとんどわかっていませんでした。

     

    実は、幼少期をニューヨークで過ごし、英語がネイティブなこと。

    ニューヨーク時代にクラシックピアノも学んでいたこと。

     

    わずか17歳で単身アルゼンチンにわたり、

    スペイン語に苦労しながらミュージシャンとして活動を始めたこと。

     

    人気はあったものの、ピアソラの音楽はタンゴじゃないと言われ、

    その後、ヨーロッパに移住して演奏を続けたこと。

     

    などなどなど・・・

     

    彼の美しい、世界中の人に愛されるあの音楽は、

    実は、アルゼンチンタンゴにクラシック音楽の要素が入り、

    それまで踊る為だったアルゼンチンタンゴを、

    質の高い聴く為の音楽へと変革していったんです。

     

    なんか、、、フラメンコの創世記に大きな役割を演じた

    アントニオ・チャコンと似ているような。

     

    チャコンも、地元の人の楽しみに過ぎなかった民謡や流行歌を

    さまざまにアレンジして、

    質の高い聴く為の歌<カンテ・フラメンコ>にレベルアップさせ、

    世界中の人に愛されるまでにしたんですもん。

     

    音楽のジャンルは違えど、

    国は違えど、

    時代は違えど、

    同じようなことが世界中で起きたのかもしれない。

     

    切ないバンドネオンの音にドキドキしながら、

    私はそんな事を考えていました。

     

    アルゼンチンタンゴが好きな方、

    バンドネオンの音色がたまらない方、

    ぜひ映画館で〜♪

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    大阪カンテクルシージョ次回は12月16日申込み受付中。こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 映画が好きなんだもん | 18:38 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事