CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< メルマガ172号本日発行 大阪クルシージョ12月16日のご案内 | main | フラメンコを忘れないで! >>
聴こえる範疇と声が出る範疇
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    カンテは習いたいけど、音程が心配だと仰るあなた。

     

    音程の問題って、理由はひとつじゃないんですけど、

    今までの経験で、多くの方が抱えていた問題が、

    聴こえる音域と実際に歌える音域の違いなんです。

     

    ちょっとわかり難いかもしれないので、

    少し説明させてください。

     

    普段音楽を聞いている時には、

    あまり気が付かないかもしれないんですけど、

    実は、人は誰でも低い音から高い音まで

    まんべんなく聴こえているわけではないんです。

     

    低い音が聴こえにくい人、高い音が苦手の人、

    そして、中間くらいの音が聴こえずらい人もいます。

     

    ただ、意識して練習すれば、

    ほとんどの場合はちゃんと聴こえるようになります。

     

    そして同時に、低い音から高い音まで

    誰でもまんべんなく歌える訳でもありません。

     

    これは、わかりますよね?

     

    高い声が出にくかったり、低い音が苦手だったりって、

    誰しもあると思うんです。

     

    でも、中間くらいの音が歌えない人も多いんですよ。

     

    それで、もっと問題なのが、

    聴こえにくい音と、出しにくい音が同じとは限らない事。

     

    低い音がよく聴こえないけど、

    低い声はちゃんと出たり、

    逆に高い音はよく聴こえるのに高い声がでなかったり。

     

    中間くらいの音程が声は出るのに聴こえにくかったり。

     

    そういうちぐはぐな部分の音程は、、、、合うはずもなく。

     

    音程よく歌う為には、

    聴こえる音域と聞こえずらい音域、

    そして、声がでる音域と出にくい音域を認識することが第一歩。

     

    地道にトレーニングすれば、全部聴こえるようになりますし、

    ちゃんとまんべんなく発声できるようになります。

     

    他ジャンルの方、ボイトレだけのご相談も遠慮なく♪

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    東京フラメンコ理論入門課は11月18日と25日 こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    大阪カンテクルシージョ次回は12月16日申込み受付中。こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 17:00 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事