CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< カンテ歴8か月発表会でソレアをソロで歌う? | main | カンテで人の心を動かすのって、、、実は簡単? >>
舞台の演技、映像の演技
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    今日もみかん祭り(カンテ発表会)のお話しです。

     

     

    今から歌うカンテを伝えようと、

    がちがちに緊張しながら、

    自分の中を感情でいっぱいにしている生徒さん。

     

    そりゃあフラメンコの歌ですから、

    どの歌もかなり感情豊かに歌うのはそうなんですけど・・・

     

    この感情豊かっていうのが、

    ちょっとした誤解を生んでいるんですよね。

     

     

    この<誤解>っていうのを今日は説明させてください。

     

    えっと・・・

    カンテは感情をゆさぶられる歌です。

     

    忘れて欲しくないんですけど、

    感情がゆさぶれらるのは<観客>聞く人なんですよね。

    歌う本人の感情がゆさぶられている必要はないんです。

    (本当にゆさぶられてたら、歌ぐしゃぐしゃになりますし)

     

    え? 歌い手の感情が動くから観客も感動するのでは?

     

    はい、それで今日のタイトルなんです。

     

    舞台での表現の仕方と、映像は違うってこと。

     

    テレビドラマとか見てて、主人公が泣いたりすると、

    見ている私達も一緒に泣いちゃったりしますよね。

     

    テレビでは顔がアップになるし、

    場合によっては涙一粒までつつーって見えます。

     

    っていうか、見せてます。

     

    役者の演技っていうか感情に共感することで、

    視聴者は感情がゆさぶられるんです。

     

     

    じゃあ、舞台ではどうでしょうか?

     

    映像では、そこに観客はいません。

    あるのはカメラだけですけど、

    舞台の場合は感動させるべき相手、

    観客がいます。

     

    自分の中でいくら感情が高ぶっていても、

    お客さんがそれを見て、しらーっとなってしまっては、

    なんの意味もありません。

     

    観客の心の中に、感情が生まれることが目的なんです。

     

    じゃあ、どうやったら観客の感情を動かすことが

    できるんでしょうか?

     

    その方法を学ぶには、一にも二にも経験。

     

    誰かの前で歌って、

    相手に伝わっているかどうかを確認して、

    いろいろ試行錯誤をして体得していきます。

     

    もちろん、いくつかのノウハウがない訳ではないので、

    私も丁寧に説明するんですが、

    やっぱり、歌う人本人の心構えが一番大事な訳で。

     

    自分の中の感情を大事にするのではなく、

    あくまでも伝える、伝わることを中心に考える。

     

    そういう意識転換が出来てこその、ことなんです。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 11:06 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事