CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 歌の上達の秘訣は集中力です。 | main | 冷蔵庫を覗いてみたら。 >>
歌を練習する環境って?
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    昨日のブログの続きです。

     

    カンテを習得するには、歌うには、

    なによりも必要な集中力♪

     

    そんな集中力を養う基本は、

    まずは練習する時にしっかりと集中することなんです。

     

    という訳で、

    練習する時に注意する点を少しお話ししたいと思います。

     

    まず、わかって頂きたい事があります。

     

    歌を歌うという事は、ある意味、運動 

    つまりスポーツだということを。

     

    歌は文科系の範疇だから、

    練習も学校の勉強のように考えている方、、、勘違いです。

     

    運動をするとき、しやすい服装に着替えたり、

    広いところにでたり、などなど準備しますよね?

     

    歌の練習も全く一緒です。

     

    歌はしっかり呼吸しつつ行う有酸素運動です。

    がんがん歌えば汗もかきますし、

    エネルギー消費量もかなり高くて、ウオーキング以上。

    一時、カラオケダイエットなんかも流行りましたよね?

     

    ですから、歌の練習にはそれなりの環境を用意しないと

    なんですよ。

     

    ちなみに、レッスンの録音を聴くだけで練習

    と思っている方もいるようなんですが、

    たとえば水泳選手が自分のフォームの録画を見たり、

    名選手のフォームの映像を見たりするのと一緒で、

    <<練習>>ではないんです。

     

    歌の練習は、あくまでも 歌うこと♪ 当たり前ですよね?

     

     

    さて、歌の練習の時に整えなければいけない条件を、

    並べたいと思います。

     

    (1)まず自分自身の体調がいいこと。

      (疲れすぎの時も練習しちゃダメです。)

     

    (2)お酒を飲んだりたばこを吸った後はダメ。

     

    (3)お腹がすきすぎても、いっぱいでもダメ。

      (私は空腹時におにぎり一個くらい食べて練習します)

     

    (4)服装は体を締め付けない楽なもので、汗を吸うもの。

      (足に合わない靴もNG、スニーカーが理想)

     

    (5)冬は暖房の効き過ぎ、空気の乾燥に気を付けて、

       夏は歌っている間はエアコンを切りましょう。

     

    (6)しっかり声が出せる場所を確保しましょう。

      (防音のスタジオや、他人に迷惑にならない野外など)

      (カンテの場合は、正しい歌う姿勢が取れる椅子が必要です)

     

    次に、実際に練習する時の注意です。

     

    (7)声を出す時は、他の事を同時にしてはダメです。

      (ながら練習は一切やめましょう)

      (車や自転車の運転中や、歩きながらはもっての外です。)

     

    (8)基本的にアカペラで練習しましょう。

      (十分に歌えるようになったら、伴奏を付けてもいいですが、

       ずっとアカペラで練習し続けることを私はお勧めします。)

     

    (9)先生のお手本を聞くときは聴くだけ、

       一緒に歌ってはいけません。

     

    (10)新しい歌の練習を始めるときも、

       いきなりある程度、大きい声で歌いましょう。

     

    (11)かなり体力を使うので、こまめな水分補給をわすれずに、

       練習は最初、一日に30分間くらいからはじめ、

       慣れてきても最低1時間おきにはしっかり休憩をとりましょう。

     

    (12)以上の条件が整わないときは、

       逆効果になるので、練習するのをやめましょう。

     

     

    とりあえず、最低限こんなところでしょうか。

     

    ものすごく常識的な基本の基本だけあげたつもりなんですが、

    もしかして知らない項目、ありましたか?

     

    もちろん、ないですよね♪

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 12:57 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事