CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< メルマガ152号 今回はアレグリアスの表現 | main | もともとカンテファンが踊るのが、フラメンコの踊りなんです。 >>
繊細過ぎてごめんなさい。
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    あいかわらず おっさんずラブ にはまっています。

    最終回が終わって、もう結構たっているんですけどね。

     

    昨日は近所のコンビニで主演の田中圭さん特集のTVブロスを購入。

    別に田中さんのファンってことでもないんですけど、

    おっさんずラブの撮影秘話なんかも載っているとの噂なので、つい。

     

    で、読んでいて思い出したことがありました。

     

    あ、、、私、昔、舞台役者さんになろうと頑張っていたんだっけ。

     

    、、、、、

     

    20代だったあの頃、

    ちょっとおおざっぱな女の子の役を貰ったことがあります。

     

    いつもどーーんと構えていて、

    自分は幸せになるに決まってるって思ってる子の。

     

    ま、私自身とは正反対ですね。

     

    演技プランなんか立ててがんばってはみたものの、

    演出家には、まいどまいど言われたもんです。

     

    ”おい、その繊細な態度はお前自身だろ。

     不幸になるなんて思っても見ない子なんだぞ。

     ちゃんと芝居してくれよ。”

     

    あーーうーーー・・・

     

    正直言って、人生で、

    そこまでおおざっぱな人に出会ったことなかったんですよね。

     

    好きな人とのシーンでも、

    愛されているに決まってるっていう態度は、

    私にはやっぱり難しくって。

     

    で、昨夜、TVブロスの田中圭さんの、

    インタビュー記事の舞台での演技についてを読みながら

    久々に思い出したのが、その時の相手役だった人。

     

    公演まぢかのある日、

    役通りの武骨な男子としてではなく、

    照れ屋だけど、彼女のことが大好きな男の子として、

    いつもとは全く違う芝居を振ってくれたんです。

     

    私も愛されている幸せと気恥ずかしさで、

    ちょっとほっぺをピンクにしながら、

    くるっと背を向けたりして応えました。

     

    結局、私はお芝居上手にはなれなかったけど、

    お芝居をする楽しさは相手役さんのお蔭でちょこっと味わえました。

     

    相手役さん、今でもお芝居続けているのかな?

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 穏やかな日々を | 09:29 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事