CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< すべての芸事に共通の、一番効率がいい練習方法 | main | 気合と集中力と >>
大阪のあの日
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    写真は、大阪レッスン前日に寄った

    チョコレート専門店のケーキたち。

     

    この日は我慢して、月曜に買おうと思っていたのに、

    買う事はかないませんでした。

     

    そう、月曜の朝、私はホテルで爆睡していたんです。

     

    ゆらーーーーん。

     

    船に乗っているような、ブランコのような、

    そんな感じのゆれで、なんとなく目覚めたわたし。

     

    つきっぱなしだったテレビの画面は、

    すぐに臨時ニュースにかわりました。

     

    ゆっさゆっさゆっさ。

     

    ガタガタではなく、あくまでもゆっさゆっさな揺れ。

     

    私が泊まっていたのは12階だったので、

    そう感じたのかもしれませんね。

     

    だんだん目が覚めてきたなと思ったころには、

    ゆれは収まっていました。

     

    体感で、震度5は行ってないと感じたので、

    電車などは止まらないだろうと思ったんですが、

    震源地に近い大阪北部は震度6弱だったよう。

     

    あ、、、、もしかして新幹線止まる???

     

    だんだん目が覚めながら、

    同時に事の重大さに気付いていきました。

     

    テレビでは、地下鉄、JR線などが全部止まった、

    公立の小中高は全面休講、

    大阪中のエレベーターは全部止めた、

    などなど、次々と報告されていきます。

     

    ホテルのエレベーターももちろん止まって、

    ありゃあ、どうしたもんかと、、、途方にくれる私。

     

    すがる思いでホテルの受付に電話してみたら、

    無料でチェックアウト時間を遅くするから、

    もうしばらく部屋にいては?とのこと。

     

    でも、、、

    食べ物もうなぎパイしか持ってないし、

    先の事がなにもわからないまま、

    部屋でただ待っているのも、、、つらい。

     

    お昼くらいまで待ってみたものの、

    エレベーターも地下鉄も復活する気配がありません。

     

    お安くしますから、もう一泊して行ったら?

    というホテル側からのお勧めもあったんですが、

    もう思い切って、出発してみることにしました。

     

    ポーターさんに荷物だけ下までおろしてもらい、

    私も外階段をゆっくりゆっくりおりました。

     

    非常用の外階段は、鉄の簡易なものでむき出しです。

     

    風もつよいし結構高いしで、なんかめまいが・・・

    両手で手すりを握り締め、、、一段一段ゆっくりゆっくり。

    3階分降りるたびにちょこっと休憩を取って、

    なんとか下まで無事おりつきました。

     

    でも、ここで私の残り体力はほぼゼロに。

     

    だって、前日大阪レッスンを

    3クラスお教えしたばかりだったんですもん。

     

    ホテルのロビーでしばらく休憩していたら、

    梅田までなら地下鉄は開通したとのこと。

    そして新大阪発の新幹線も再開したと。

     

    でも、ロビーのテレビに映る梅田駅前には

    そこからどこにも行かれない大勢の人があふれかえり、

    いつ来るかもわからないバスやタクシーを待っています。

     

    そっか、、、問題は梅田から新大阪までの足か。

    (地下鉄では数駅なんですが、歩くのは無理があります。)

     

    取りあえずホテルの人にタクシー会社に電話しまくって、

    空車を探してもらったけど、どこも受けてはくれるはずもなく・・・

     

    その時点の私の体力では、

    あの梅田駅の人ごみにまみれるのはもう無理でした。

     

    そこで、私はひとつの賭けをしたんです。

     

    このままホテルを出て、

    近隣の巨大ホテル前でタクシーを待ってみて、

    もしタクシーに無事乗れたら、新大阪まで行って、

    そのまま新幹線で帰ろう。

     

    もし、しばらく待ってもタクシーに乗れなかったら、

    もう一泊して、翌日のんびり東京に帰ろう。

     

     

    賭けの結果は、、、

     

    はい、15分ほどでお客をおろすタクシーを見つけ、

    そのまま新大阪まで送って貰えたんです。

     

    そして、もともと予約していた新幹線が、

    2時間遅れながら運休にならなかったので、

    そのまま予約した席に座って、帰ってこられました。

     

    タクシーを拾えたのは、本当に偶然ですし、

    もし、予約していた新幹線が運休になっていたら、

    チケットを書き換える列に並ばないといけなくって、

    ここでも、2時間待たされるところだったんです。

     

     

    今回私は偶然すすっと帰ってこられましたが、

    大阪中のエレベーターが一日中止まっていたはずなので、

    ホテルの高層階に泊まっていた車椅子の方は、

    どうしたんでしょうね?

    小さいお子さんを連れた方も、

    外階段で降りるのは危険です。

     

    何か食べたくても、飲みたくても、

    下まで降りないとどうにもならないですし。

     

    やはり最低限の水と食料は持っていないといけないなって、

    今回改めて気づかされました。

     

    ちなみにスペインでは、電車が止まったり、

    飛行機が深夜にいきなり飛ばなかったり、

    バスが途中までしか行かないなんて事がよくあるので、

    常に大きいペットボトルの水とクラッカーなどを

    持って歩いています。

     

    日本でも習慣にした方がよさそうですね。

     

     

    末筆になりますが、

    現地のみなさんが、

    一日も早くいつもの生活に戻れますようお祈りしています。

    | 穏やかな日々を | 20:58 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事