CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< お年頃のボイストレーニング | main | インドのできる経営者 >>
地理的時差と心の時差
0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    日本時間、午後の2時、

    スペインの友人からまず短いメッセージが届きました。

     

    午後の2時ってことは、現地は朝の6時のはず。

     

    なにごとかと返事をしてみると、

    もともとあまり読み書きが達者ではない友人から、

    文法もスペルもめちゃめちゃなメッセージが。

     

    メッセージをくれた友人は、

    当時のカンテのクラスメイトのお母さん。

    クラスメイトは当時15歳でしたけれど、

    母親は私と同じ年で、その後すっかり仲良くなりました。

     

    同じ年の友人は農村出身です。

    この世代の農村出身のスペイン人は、

    当時の国の政策でほぼ学校に行ったことがありません。

     

    ほとんどの人が文盲なんです。

     

    自分が学校に行ったことがないので、

    子供達にもどう教育していいかわからないので、

    現在のスペインの若者たちの貧困の種にもなっています。

     

    友人は50歳を迎えてから学校に行きなおして

    読み書きを少しは学んだとはいえ、

    まだまだスペルの正しいスペイン語はかけません。

     

    そんな友人から送られたメッセージ。

     

    なんとか、いくつかキーワードを探して、

    こちらから聞き返しながら状況を把握すると、

    クラスメイトだった彼女の娘さんが

    急病で病院に運ばれたとのこと。

     

    救急医療センターに連れて行かれたっきり、

    容態などの説明もないまま、

    待合室のベンチでひとりで待っているんだそう。

     

    不安だったんですね。

     

    朝の6時では、現地の誰にも電話すらできず、

    いつもなら不便に感じる時差のある私に、

    あえて連絡してきたんでしょう。

     

    でも、いったい何度目の緊急搬送でしょうか。

     

    まだ30代半ばだというのに、

    彼女はどれだけの大病をしてきたことでしょう。

     

    あのフラメンコ芸術学院の

    特待生募集テストで、トップの成績で合格したのに、

    プロのカンテになれなかった彼女。

     

    もし、もう少し親御さんに健康や教育の知識があったらのなら。

     

    独裁政権の恐ろしさを、いまさらながら感じるのでした。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

    ナランヒータ公式HPは こちら

    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

    カンテレッスンの上手な受け方 こちら

    大阪カンテクルシージョ次回は6月頃の予定です。 詳しくはこちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 穏やかな日々を | 15:44 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事