CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< コピーじゃなくて。 | main | セビージャは今? >>
するっとほどけた結び目 補足
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    先日、3月8日、9日と2日連続でお話しした、

    カンテのメロディを覚えるコツ。

     

    今日はその補足を少し書きたいと思います。

     

    上のイラストを見て下さい。

    カンテのメロディをイメージして書いてみました。

     

    曲種にもよるんですが、

    メロディはまずは結構低いところから始まって、

    で、上がって下がってを繰り返しながら、

    どんどん高い音に上がって行くっていうのが、

    カンテにはよく出てくると思います。

     

    お教えする時には、

    一山ごとに覚えて頂いているのですが、

    各山の一番高いところに★をつけたのは、

    各山で一番大きい声でしっかり歌う部分だから。

     

    それ以外の、上って行く坂道も、下り坂も、

    実は★の部分ほどははっきりとは歌わないんです。

     

    それで、カンテをまだあまり聞いたことのない人は、

    ★の部分の音だけが聴こえてしまって、

    坂道部分の音を歌わないで飛ばしてしまったりします。

     

    なので、スペインのカンテ教室では(当教室でも)

    まず、この坂道の部分を含めて全体を丁寧に教え、

    十分にすべての音で正しい音程がとれるようになってから、

    ★の部分を強調することを教えるんです。

     

    ちゃんとカンテの先生について勉強した人と、

    そうでない人の一番の違いは、ここです。

     

    <坂道の部分の音も正しく歌えているかどうか。

     

    強調しない部分ですから、

    カンテに慣れていない人の耳には違いがわかりにくいんですけど、

    でも、よーく聞いてみると明らかに違うんですよね。

     

    なんていうか・・・

     

    味、、、趣、、、、深み、、、そのあたりが大違い。

     

    ですから、将来よいフラメンコ歌手になりたい練習生は、

    その辺りをしっかり教えてくれる師匠を探します。

     

    これが、スペインのフラメンコ歌手の履歴書に、

    誰について学んだかが、かなりしっかり書かれている理由です。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

    大阪カンテクルシージョ次回は6月頃の予定です。 詳しくはこちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    | フラメンコのこつ | 22:51 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事