CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 今夜はずっと楽しみにしていた、アレが♪ | main | 今度のライブでも歌う予定;カンパニジェロ >>
美味しそうなフラメンコ
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    東京教室では、レッスンの最初に

    フラメンコの基礎知識をご紹介する時間をもっています。

     

    ただカンテの歌い方を学ぶだけじゃなく、

    カンテの世界をもっとも広げて欲しくって♪

     

    先日のレッスンでのこと、

    その日の基礎知識のお題はフラメンコフェスティバル。

     

    ところで、フラメンコフェスティバルってご存知ですか?

     

    夏の夜、村々の小学校の校庭でよっぴきで行われる、

    カンテコンサートです。

     

    スタートはだいたい夜の10時くらいで、

    終了は、、、、朝の4時とか5時かな?

     

    7,8人のカンテさんが、

    1人1時間くらいのステージを次々行います。

     

    一番盛んだったのは1960年代だったんですが、

    今でもいくつかのフェスティバルが開かれ続けています。

     

    で、面白いのが、それぞれのフェスティバルの名前。

     

    なぜか食べ物の名前がついているんです。

    例えば、ポタヘ・デ・ウトレラ、 ガスパチョ・デ・モロン

    、、、などなど。

     

     

    ポタヘ・デ・ウトレラはセビージャの村ウトレラで開かれるもの。

    ポタヘは、日本語にするとポタージュスープのことで、

    アンダルシアでは豆とソーセージやハムの切れっぱしを煮込んで

    お豆がとけてとろとろになったところを食べるんです。

    ポタヘは野外で夜明かしする時の定番で、

    まだ夏の走りに開かれるこのフェスティバルでは、

    本当に深夜にポタヘがふるまわれます。

     

    ガスパチョ・デ・モロンのモロンもセビージャの村のひとつ。

    ガスパチョは、日本でももうお馴染みですよね。

    トマト、ピーマン、玉ねぎ、胡瓜、などの夏野菜を

    ミキサーでがーっとして、

    オリーブオイルやお塩、お酢などで味付けたもの。

    こちらはかなり暑い時期のフェスティバルなので、

    ガスパチョがぴったりみたいです。

     

    フラメンコの基礎知識って、

    知ってみればフラメンコがぐっと身近になる事間違いなし♪

    でしょ。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 12月22日 詳しくはこちら

    大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

    東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

    | フラメンコのこつ | 21:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事