CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 10月7日はカディスの日のつづきのつづき | main | 大事件;メールが大変なことに! >>
10月7日はカディスの日の最終回
0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    さて、今日はカディスの日の最終回です。

     

    昨日までで、スペイン人は自分の名前と同じ名前の聖人の日を、

    お祝いする習慣があるという説明まで行ったと思います。

     

    実際に、その日にはお食事会をしたり、

    ちょっとしたプレゼント(お菓子)を貰ったりする人もいます。

    聖人の日用の名前入りお菓子やカードなんかも売ってるんですよ。

     

    まあ、ほとんどの場合、おめでとうの言葉だけですけどね。

     

     

    では、今日は各場所にも守護聖人がいるっていうお話しです。

    これでやっと<今日はカディスの日>の説明になります。

     

    実はスペインの地方、県、市、街、村などの、

    行政単位?には、すべて守護聖人が決まっています。

     

    日本語のWIKIペディアにも、

    それぞれの地方、県、市、街、村を検索すると、

    ちゃんと守護聖人がのっています。

     

    今、ちょっと見てみたら、カディスには、

    San Servando y San Germán、Nuestra Señora del Rosario

    と3人の聖人の名前がありました。

     

    この中でも、一番有名なのが最後に書いてある、

    Nuestra Señora del Rosario ロサリオのマリア です。

     

    このロサリオのマリアを調べてみると、

    ロサリオの祈りという言葉が出てきました。

     

    私は同じクリスチャンでもプロテスタントなので、

    このロサリオの祈りというのは知らなかったのですが、

    16世紀にトルコ軍がスペインにせめて来た時、

    みんなでロサリオの祈りを捧げたらトルコ軍に勝ったそうです。

     

    そんな歴史もあって、ロサリオのマリアは、

    外敵からの襲撃が多かったカディスにぴったりの聖人のよう。

     

    (ロサリオの祈りと言うのは、

    主の祈りと天使祝詞と栄唱をとなえながら、

    マリア様とイエス様の生涯を想う祈りだそう。)

     

    ロサリオのマリアの日は10月7日なので、

    カディスの日は10月7日ということになります。

     

    この日は、カディス各地の教会で特別なミサがあったり、

    市内を行列が練り歩いたりと、いくつかのイベントもあります。

     

    スペインに旅行する際にも、

    その土地の守護聖人の日に行くと、なにか特別な行事があったり、

    ケーキ屋さんで特別なスイーツが売られていたりもします。

     

    守護聖人や各聖人の日を知ると、

    スペインがより深く楽しめるような気がしません?

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 10月30日 詳しくはこちら

    大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月ごろ 詳しくはこちら

    東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

    | スペインにあって日本にない | 07:33 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事