CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< カンテのもうひとつの側面を | main | 本日のごちそう >>
お肌で会話するスペイン人
0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    スペインに行って、最初の頃なかなかなれなかったのが、

    ボディタッチです。

     

    実は、私もともと人の体にはほとんど触らない方なんです。

     

    一人っ子だし、ある程度大きくなってからは、

    両親もめったに私に触らなかったこともあって、

    親しい友人に対しても、体にはほぼ触れてきませんでした。

     

    ところが、スペインに行くとそんなことは言ってられません。

     

    友人同士のほっぺにキスの挨拶に始まり、

    いきつけのお店の人とも必ず触れ合いますし、

    はじめて会う人に道を聞かれても、

    体を触らずに説明することは少ないでしょう。

     

    カンテクラスでレッスンを受けていても、

    隣の人が私をなでなですりすりしているのは日常。

     

    友人とカフェに行っても、

    話しながら相手の二の腕を持っているなんていうのも、

    ごくごく普通のこと。

     

    少しづつそんなボディタッチにも慣れてきたころ、

    私はあることに気が付いたんです。

     

    それは・・・

     

    スペイン人はただ単に相手の体に触っているのではなく、

    体に触れることでも会話をしているんだという事に。

     

    実際に、口で話しながら触っている時も、

    自分の思いの強さを腕の握り具合で表現したり、

    応援する気持ちで相手をトントンとそっと叩いたり。

     

    そうですね、赤ちゃんに対するお母さんに近いかも。

     

    日本では、子供がかなり小さい頃だけ行われる、

    そんな体に触ってのコミュニケーションが、

    スペインでは大人になっても、

    そして誰に対しても、ずっと行われるんですよね。

     

    そんなボディタッチでのコミュニケーションは、

    もちろん実際に口での会話なしにも行われます。

     

    お互いの体をトントン、なでなで。

     

    たったそれだけで、実際の言葉がなくても、

    ちゃんと会話がなりたっていることに気が付いたとき、

    スペイン人との係わりが、

    私にとってより豊かなものに感じられました。

     

     

    相手の肌に触れた時に感じる感覚。

     

    口ではどんなに嘘がつけても、

    お肌は決して嘘がつけないですから。

    | スペイン語一口メモ | 18:25 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事