CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< ミス・アンプの逆襲 | main | 胸を痛める・・・ >>
愛あるところにフラメンコあり
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    フラメンコは即興性のある芸術です。

     

    せっかくフラメンコを学んでいるんですから、
    即興の練習をしましょうと言っても、

    生徒達はなかなか踏み切れないよう。

    怖い、不安、、、、そんな言葉が返ってくることも。


    でも、生徒さんによっては、
    とくに躊躇なく即興に踏み込んでいける人もいるんです。

    面白ーい、結構簡単、、、そんな言葉が聞こえることも。

     

    なにが違うんだろう、、、、ずっと考えてきました。

    だって、全ての生徒に即興を楽しんでほしいから。


    不安がる生徒をほぐすには、
    生徒同士でパルマの練習をする時などに、
    お互いに相手のちょっとしたずれやミスを

    ゆるしあう経験を積むことが、一番効果があるようです。

    自分のミスを許してもらう経験、
    そして、人のずれを許容する経験。


    このふたつのうち、特に効果があるのは、

    人のずれを許容する経験の方なんです。

     

    実際に経験してみると、人のずれを許容するのって、
    そんなに大変じゃありません。

     

    ちょっとだけ視点を変える、考え方を変えるだけで、

    結構簡単に出来るんですよ。

     

    そして、今までならそこで止まってしまったはずのパルマが、
    人のずれを許容することで止まらず続けることが出来、
    リズム全体が立ち直ってくることも経験できます。

     

    ずれてしまった本人のほっとした顔を見ることで、
    許容できたことの喜びはずっと大きくなりますよね。

     

    そして、人のずれやミスを許容できた時の

    満ち足りた気持ちを感じることで、
    相手にも許容して貰えるだろうなという安心感を生むんです。


    こうしてお互いに許容しあうことは、
    スペインでは日常的に行われているフラメンコの基本なんです。

     

    | フラメンコのこつ | 21:40 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事