CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< 風が吹く時 | main | 仲良しこよし >>
作者と作品、そのアバタ―
0

    JUGEMテーマ:映画

     

    私がネットの世界で文章を書き始めたのは、2001年のことです。

     

    当時、総務省が開催していたインターネット博覧会<インパク>で、

    海外のことを扱ったHPを募集していると知り、

    フラメンコの真実を取り上げた文章を書いたときのこと。

     

    でも、当時の私は、今よりももうちょっと若くて柔軟?だったので、

    <まぬりん>という踊りの練習生が、フラメンコの疑問を叫ぶと、

    どこからともなくフラメンコに詳しい人?が現れ、

    まぬりんに解説するという形を取りました。

     

    まぬりんは、とっても前向きで天然で貧乏、

    でも、いつも一生懸命な愛すべきキャラとして、

    総務省のお役人さんに認められ、

    私のHPに多くの読者を運んでくれたんです。

     

    でも、その後、まぬりん人気が一人歩きするあまり、

    まぬりん自身が、このHPの作者であり、

    実際に存在する23歳の女の子だと思い込む人が増え、

    最後には、テレビの貧乏ギャル紹介番組からの、

    出演オファーまで舞い込む始末。 爆、、、、汗。

     

    しかたなく、作者として私自身が登場し解説を書いたり、

    いろいろするようになったんですよね。

     

     

     

    さて・・・

     

    本日の映像は、「作家、本当のJ.T.リロイ」

    という映画の予告篇です。

     

    1996年、時代の寵児となった作家 J.T.リロイ は、

    自伝的?小説の中で、女装した若い男娼として生きる、

    かなり強烈な日々を記します。

     

    熱狂した読者達はマスコミを巻き込み、

    作家のJ.T.リロイ本人に話しを聞きたいと探すのですが、

    なかなか出てこなくて・・・

     

    結局出てきたのは、色白の大人しそうな一人の若者でした。

     

    その後、実はこの若者は作家本人ではなく、

    それらしく見える替え玉だった、というのが発覚し大問題に。

     

    実は、、、実際の作家は、

    結婚もしているごく普通の中年女性だったんです。

     

    つまり、自伝的小説は作り話だった。

     

    いえ、、、

    実は、多重人格者である彼女の中の別人格J.T.リロイが、

    自分の事を書いた、ある意味、本当の自伝だったんです。

     

     

    もうすぐ始まるこの映画。

     

    予告を見ながら、私も久々に<まぬりん>を思い出しました。

    | 映画が好きなんだもん | 11:10 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事