CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
<< Objetivo flamenco 写真展 第2会場 | main | おお? 編集可能なフラメンコって? >>
踊れるカンテ、踊れないカンテ
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    テアトロ・セントラルに Estévez / Paños y Compañía の

    公演 Bailables に行ってきました。

     

    名前のように、Estévez と Paños の二人が作っている、

    踊りのグループなんですが・・・

    正直、まったく知りませんでした。

     

    この日、本当は他の公演に行きたかったのですが、

    早々に売り切れてしまい、、、それで、なんとなくこの公演に。

    今回、踊りの公演は少ししか予定になかったので、

    ひとつ増やしたかった、、それだけなんです。

     

    ところが、上に張り付けた映像を見て頂くとわかるように、

    思いっきりモデルノな舞台でした。

    現代アート大好き、前衛大好物な私にとっては興味津々です♪

     

     

    まず、タイトルの  Bailables  ですが・・・

     

    こちらに留学してすぐ、フラメンコの分類学の授業を受けたんですが、

    各曲種(パロ)を学ぶ際、必ず先生が言うのが、

    そのパロが踊れるかどうか。

     

    つまり、 Bailables  かどうかなんです。

     

    最初のフラメンコ学者とも言われるマッチャードの本にも、

    それぞれのカンテが Bailables かどうかの記述がありますよね。

     

    分類学の学習当時、もう18年も前になりますが、

    踊られていたカンテはかなり限られていました。

     

    パロで言うと 10〜20 の間、そんな感じです。

     

    でも、今ではどうでしょう?

    今回のビエナルでも、かなりのパロが踊られています。

    少なくても40種くらいはあるんじゃないでしょうか?

     

    この公演 Bailables では、このカンテも踊れる、これも踊れると、

    今まで踊れないと思われていたカンテもどんどん踊っていました。

     

    もう、カンテは Bailables かどうかで

    分ける必要はないのかもしれませんね。

     

    これ、、、、フラメンコ歌手としてはかなり嬉しい知らせです♪

    特に、日本に関して♪

     

    日本では、みなさんがご存知のように、踊られるパロしか、

    ほとんど知られてはいません。

     

    長期間フラメンコに関わっている人でも、

    おどられないパロにも詳しい方は少ないのではないでしょうか?

     

    でも、、、

     

    でもですよ、、、

     

    どのカンテもばりばり踊られるようになったら、

    嫌でもそれらのカンテを知らないで済ませる訳にはいきません。

     

    スペインのバイレ教室で振付を学んだ場合、その効果は歴然です。

     

    だって、せっかくスペインで覚えた振付を日本で踊ろうとし場合、

    日本であまり知られていないパロだとしても、

    やっぱり生で歌ってもらって踊りたいでしょ?

     

    これはいいですよ!!!

     

    踊りにカンテの珍しい曲種が出てくるたびに

    スペイン人カンテさんを頼むのも大変ですから、

    日本人のカンテ練習生も、今まで以上に多くのパロに興味を持ち、

    多くのパロを学ぶようになりますよね。

     

    日本人が今まで以上に多くのパロに親しむようになったら!!!

     

    そうなったら、日本のフラメンコはずっと豊かになるでしょう♪

     

    さ、みなさん今からでも遅くはないですよ、

    なるべく多くの種類のカンテを聴いて、

    耳をしっかり肥やしておいてくださいね。

     

     

    さて、今回の公演に話を戻してっと。

     

    私は個人的にかなり気に入りました。

    彼らの公演があれば、これからもチケットを買うと思います。

     

    まず、今回かなり興味深かったのが、カンテさん。

    なんとギターを弾き、ピアノも弾き、どっちも弾き語りもし、

    無伴奏でもどんどん歌い、、、ずっとずっと歌い。

    時々踊り手さんがピアノを弾く以外、

    ずっと一人ぼっちで舞台上のすべての音楽をになっていたんです。

     

    まだお若いとはいえ、本当にお疲れ様だと思います。

     

    特に、無伴奏のカンテを歌ったことがある方はおわかりと思いますが、

    伴奏ありのカンテに比べて、実は何倍も疲れるんですよね。

     

    音程もリズムもなにもかも、たった一人でキープしているので、

    ものすごーーーく気を使うので・・・。

     

    それを、たぶん今回の公演では、

    少なくても30分間以上無伴奏で歌っていたと思います。

     

     

    それから、もうひとつ特筆するべきなのは、

    ぽっちゃりバイラオールのEstévezさん。

     

    丁度ダイエットをする前のパパイヤ鈴木さんくらいの

    ぽっちゃりボディなんですが、軽やかに踊る踊る。

    もしかするとパパイヤさん以上のキレかもしれません。

     

    ちょこちょこパルマを叩いたり、合図をだしたり、

    舞台全体のリズムも担っていたと思うのですが、

    私が知っているフラメンコアーティスト達の中でも、

    群をぬいてリズム感がいいんです。

     

    そんな訳で、もちろんサパティアードも素晴らしくて、

    彼の正確なだけとはちょっと違う、、、、

    なんとも生き生きとしたリズムが、

    舞台をも生かしていたんだと思います。

     

    他の踊り手さん達も、フラメンコ、ホタ、クラシック、

    コンテンポラリーダンス、などなど、

    様々なダンスを見せてくれるのですが、どれも素晴らしかったです。

     

    一般的なフラメンコの舞台に比べて、

    無伴奏のカンテを中心にした振付は、

    とにかく練習に時間がかかるものです。

     

    だって、全員が同じリズムに統一することが出来ませんから。

     

    今回の公演を見ながら、いったいどれだけ練習したんだろう、

    そんな事をついつい考えてしまいました。

     

    約2時間の間、誰もひっこまず、音も止まらず、

    全員が正確な位置取りと、完ぺきな踊りと、

    そして魅力的な表現をし続けたんですから。

     

    すごいなーーー!!!

     

    こんなグループが育っていたなんて、

    スペインのフラメンコはもう安泰ですね。

     

    趣味ぶろ フラメンコ教室ブログランキング  ←フラメンコブログが集まっています。

    | 2016セビージャ、ビエナルフラメンコ | 20:28 | comments(1) | - | - | - | 昨年の記事
    追加情報です。
    今日、次のアンダルシア舞踊団の監督が決定したんですが、
    それがなんとこのぽっちゃりバイラオールのEst&eacute;vezさんだそう。
    やっぱすっごい人だったんですね。おめでとう。
    | ならんひーた | 2016/09/22 3:42 AM |