CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
とってもささやかだけど不思議な、スペインと日本の差
0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    スペインに行くと、とくにアンダルシアでは、

    水はとっても貴重です。

     

    日本には<湯水のごとく>なんて言葉があるように、

    毎日お風呂にお湯を張って、じゃばじゃばお湯を使っては、

    どんどん海に流してしまいます。

     

    でも、スペインではほとんどの人が一生シャワーだけ。

     

    とにかくスペインでは何をするにも水の節約が問われるのですが、

    ただ、一か所だけ日本の方が水を少ししか使わない場所があるんです。

     

    それが、、、プール!!!

     

    日本では、ほとんどのプールが水深が1,2mくらいで、

    特に選手養成用とか、飛び込み用とかでないかぎり、

    大人は普通に底に足がつきます。

     

    水中ウオーキングも普及していて、

    陸上で足腰がしんどくてウオーキングが難しい人でも、

    水の抵抗も手伝っていい運動が出来ますよね。

     

    でも、スペインでは、特に小さい子供用でない限り、

    水深は2m以上あるのが普通なんです。

    (おちび用で、大きさもちっちゃい丸いプールとかだと、

    水深は30cmくらいです。)

     

    公共のプールも、

    スポーツクラブのプールも、

    どれもこれも水深は2m以上。

    これ、水量もかなり日本より多いはず。

     

    <底に足はつかないので泳げない人は入れないし、

    <水中ウオーキングなんて絶対できない。

    <酸素ボンベでも背負って歩くの?

     

    なんて思っていたら、

    セビージャのスポーツクラブで、

    お医者さんの指示で運動療法をしに来たという、

    マダムと知り合いました。

     

    ”プールで歩くのが一番効率がいいって、

     お医者様が言うのよー。”

     

    うん、、、これは日本と一緒だけど、、、

     

    ん?

    マダム、そう言うと

    ビート版とか、丸い浮きをいくつか繋いだものなんかの、

    補助具がおいてあるところにいって、

    日本でもたまに見かける、

    長さ2mくらいで直径15cmくらいの

    細長い発砲スチロール製のポールを手にとりました。

     

    これ、スペイン語で スパゲッティ っていうんですけど、

     

    ”あなたもスパゲッティ使うでしょ?

    私、ぜんぜん泳げないから、、、。”

     

    と私にも1本渡してくれました。

     

    私がいつも通りきょとんとして見ていると、

    マダムはスパゲティと一緒にプールにドボン。

     

    プールのへりにつかまりながら、

    スパゲティをぐいぐい水にしずめています。

     

    マダム、しばらくじたばたしていたと思ったら、

    最終形<スパゲティにまたがる>が出来上がっていました。

     

    注;<スパゲティにまたがる>とは、

    スパゲティの丁度真ん中あたりにまたがります。

    スパゲティはある程度柔らかいので、U字にしなって、

    体の前と後ろにスパゲティがぴょこんと見えている状態です。

     

    どうバランスを取っているのかわからないのですが、

    スパゲティの浮力を使って、

    立った状態のままマダムはいい感じに浮いています。

     

    そこまでで、結構体力を使ったのでしょう、

    ためいきをひとつつくと、

    マダムはかかんに歩きはじめました。

     

    水深が深くって底に足はついていないので、

    足を前後にじたばたしているだけなんですけど、

    ゆっくりではありますが、着実に前に進んでいます。

     

    両手は、目の前のスパゲティに抱きついたり、

    平泳ぎのようにかいたりしていますね。

     

    うーーん、、、

    これがスペイン式の水中ウオーキングらしいです。

     

    私も早速まねをしてみたのですが、

    <スパゲティにまたがる>が難しくて、

    数分間プールのヘリでしたばたしてしまいました。

     

    そんな私をくすくす笑いながら、

    80代くらいのマダム達が何人も

    スパゲティにまたがってはウオーキングをはじめてます。

     

    スペインって、結構、こういうことあるんですよね。

     

    日本なら初心者がその場でできないとNGですけど、

    スペインなら少し練習しないといけないこと多いです。

     

     

    ちなみに、私自身は身長が結構あるので、

    日本式の水深1.2mだと水中ウオーキングが難しいんですよね。

     

    ひとつのプールでも、場所によって深さが違うと、

    自分に合うのが選べていいんですけど、

    スパゲティは恥ずかしいので、やっぱパスで。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | スペインにあって日本にない | 08:34 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事