CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
これは雑談ではないのです。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    最近リモートでレッスンを始められた生徒さんに向けて、

    レッスンの時間を割いて、歌が上達する秘訣をお話ししました。

     

    さっさと歌を教えろと怒られそうですが、

    生徒さんが少し喉を痛めて、咳も出ていたんですよね。

    そんな時には、カンテ勉強のコツなんかを

    お話しすることにしています。

     

    カンテに限らずどんなジャンルの歌でも、

    実は役者さんのセリフの練習でも、

    アナウンス技術の向上のためにも、

    同じ方法が使えるので、ぜひ覚えておいてください。

     

    それは・・・

     

    <練習するときには、ある程度以上の大きい声を出すこと。

     

    カンテの先生のお手本を聞きながら、

    口の中でもごもご練習する人も多いと思いますが、

    残念ながら、ほとんど上達は望めないんですよ。

     

    自分の声を自分にしっかり聞かせてあげることで、

    実は、歌は初めて上達するんです♪

     

    ”大きい声をだす場所がないので、、、。”

     

    確かに都会では大きい声を出すのも難しいですよね。

     

    でも、1回ほんの数分でもいいから、

    しっかりした大きい声で練習すると、

    歌は飛躍的に上達します。

     

    私自身は留学前のOL時代、

    毎日お昼をカラオケボックスのランチパックを利用してました。

     

    お昼ご飯と飲み物、1時間の部屋代がセットで1000円。

     

    食事は毎日冷凍のピラフでしたけど、

    私には大事な練習の時間だったんですよね。

     

    あ、、、懐かしさに涙がぽろりん・・・

    なんて嘘ですよ。

     

    ヘッドフォンにもごもご派のあなた、

    騙されたと思って、大声練習やってみてください。

     

    週に1,2回で十分に効果が期待できますよ。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | カンテってどうやって学ぶの? | 12:20 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    体が新しいフォームを覚えるまで
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      今から15年以上前、カンテを教えはじめて、

      これはボイトレを取り入れないとどうにもならないなって、

      気が付いたのは、わずか数日目のことでした。

       

      普通に歌は歌えるだろう、

      声はでるだろう、

      開講前そんな風に考えていたのに、

      その時集まった自称プロ志望の生徒達の多くは、

      呼吸も、日本語の発音さえままなりません。

       

      小さい頃から聖歌隊に入ったり、

      部活で合唱をやってきた私。

      その後のバンドでのボーカル活動、

      ミュージカル時代も多くの歌う人たちに出会いました。

       

      でも、なぜかそんな歌う人たちの歌に関する共通認識は、

      当時プロカンテ志望でわが教室にやってきた方々の多くが

      持ち合わせてはいなかったのです。

       

      それで、ボイトレをレッスンに少しずつ取り入れたのですが、

      一番困ったのは、生徒さんとのこんなやりとりでした。

       

      ”へえ、こんな練習するんですね。”

       

      ”はい。母音間の音程のずれを調整するんですよ。”

       

      ”音程がよくなるってことですか?”

       

      ”はい、そうです。楽しみですね♪”

       

      ”じゃ、早速歌ってみます、音程良くなったか聞いてください。”

       

      ”いやいや、1回で音程はよくならないですよ。” 笑

       

      ”え? じゃ何回でよくなるんですか?”

       

      ”そうですねー。。。人によりますが、

       毎日頑張れば数か月で効果が出てくると思います。”

       

      ”えーーー! 数か月???”

       

      ”はい! すごく早いでしょ?

       このトレーニングとっても効果があるんです。”

       

      ”数か月でですか?”

       

      ”はい。数年じゃなくってたったの数か月。

       たった数か月で長年の悩みが解決ですね♪”

       

      ”今日中に音程がよくなると思ったから、、、”

       

      ”え? どういうことですか?”

       

      ”時間の無駄なんで、もうレッスンでボイトレしないで下さい。”

       

      ”だって、音程良くないとカンテ厳しいですよ。”

       

      ”カンテは音程じゃないですよ。”

       

      ”カンテは、、、音程だけじゃないですけど、、、。”

       

      ”多少音程悪くてもいいんで、次の曲教えてください。”

       

      ”いえいえ、音程はよくないとダメですよ。

       カンテに限らず歌は全部そうです。”

       

      ”だからー、カンテは音程じゃないんです。”

       

      ”あの、、、

       どうしてそんな風に思ったのかはわかりませんけど、

       スペインのカンテの学校でも音程には厳しかったんですよ。”

       

      ”じゃあ、1回で効果があるならやってもいいです。”

       

      ”そんなトレーニングこの世にないです、、、、、。” 涙

       

       

      ボイトレって、一口にいっても色々あるんですが、

      <呼吸を強くしたり、

      <歌う為に必要な筋肉を鍛えたり、

      <歌う為の筋肉のただしい使い方を憶えたり、

      <上手に聞く方法を憶えたり、

      などなどなどします。

       

      筋肉を鍛えるのに時間がかかるのは、

      まだわかって頂けるんですけど、

      筋肉の正しい使い方だったり、

      上手に聞く方法あたりになると、

      1回でできるようになるものだと思うようなんです。

       

      確かに、その場で出来るようになるものもあります。

      でも、その出来た状態をキープするのはなかなか大変なんです。

       

       

      そうですね、、、

      野球選手が投球フォームを変えるのに似ているのかも。

       

      たとえば、

      今までの欠点を補う投球フォームをコーチに教わったとしましょう。

       

      その場で、こうしてこう! って感じで覚えたとしても、

      そのフォームでちゃんと投げられるようになるには、

      かなりの練習が必要なのではないでしょうか?

       

      数球なら投げられても、すぐにフォームが乱れたり、

      今までのフォームのような球速が出せなかったり。

       

      前のシーズンが終わって即フォームを変えても、

      次の開幕まで頑張って練習して間に合うかどうか?

      って感じだと思います。

       

       

      長年習慣になってしまっている声の出し方、

      音程の取り方などを修正するのは、

      野球の投球フォームの修正よりも微妙で難しいかも。

       

       

      スペインのフラメンコ芸術学院では、

      今もすべてのカンテの生徒達が

      毎日2時間のボイトレを行っています。

       

      今、学校には行かれないけど、

      家で、それぞれ毎日頑張っています。

       

      そこまでがんばる理由はとっても簡単。

       

      <効果が出るからです。

      <歌が格段によくなるからです。

      <場合によっては、もう別人です。

      <カンテをどんなにたくさん歌えても

       上手じゃないとどうにもならないからです。

       

      、、、

       

      昨日もリモートレッスンで生徒さんとこんな話しをしました。

       

      ”声の響かせ方、できるようになってきましたね♪”

       

      ”はい、でもまだまだ早い歌だと上手く行かないんです。”

       

      ”開幕戦に間に合いそうですか?” 笑

       

      ”もうしばらくファームで頑張ります。”

       

      ”今年は開幕が遅くなったので、、、”

       

      ”ぷぷぷ。しっかりファームで投げ込みます。”

       

      ”<い> <え> <あ> はよくなってきたので、 

       後 <う> <お> を中心に練習してくださいね。”

       

      ”はい。頑張ります。”

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      リモートカンテレッスン始めました。 こちら

      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | カンテってどうやって学ぶの? | 16:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      私のカンテより、あなたのカンテ
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        ”いつか先生のカンテ教えてくださいね。”

         

        私がはじめてカンテクラスを開いた2003年の秋。

        入ったばかりの生徒さんに言われました。

         

        ”毎週カンテを教えているのに、何を言っているんだろ?”

         

        当時の私はなんのことやらさっぱりだったのですが、

        後日、その意味を教えてくださる方がいました。

         

        ”カンテって、

        アーティストそれぞれにアレンジが違うのですよね?

        今はまだ難しくって無理だと思うんですけど、

        いつかナランヒータ先生のアレンジを教えて欲しいんです。”

         

        おおおおおおお、そういう意味でしたか。

         

        って、どうして私のアレンジが習いたいんでしょ???

         

        私のアレンジって、

        たぶん、私が人前で歌う時用ってことだと思うんですけど、

        会場によってお客さんによって、歌うたびに違いますし、

        何より私の声を生かすアレンジになっているんですよね。

         

        だから、他の方がまねっこして歌っても、

        あまりいい感じにはならないと思います。

         

        それより、生徒さんご自身の声に一番合うアレンジを、

        ご一緒に探した方がいいと思うんですよね。

         

        スペインのカンテ教室では、

        生徒それぞれの特性に合わせたアレンジを、

        まずは生徒が自分で考えて来て先生の前で歌って、

        指導者はそれをよりよい形に導いていくんです。

         

        それぞれの生徒に合う歌い方を、

        一緒に探す手伝いをするのが

        カンテの先生のお仕事のはずなのに、、、、。

         

        生徒1人1人の声の特性を深く知って、

        かつ、生徒さんの好みも盛り込んで、

        歌いごたえがあるように導くのって、

        かなり大変なんですよー。

         

        でも、自分の歌い方を教えるだけなら、

        生徒のこと、ちっとも見てあげなくていいから、

        めちゃくちゃ楽ちんなんだけどなー。

         

        ”いつか教えてくださいね、お願いします。”

        そう言って頭を下げる生徒さん。

         

        そんな無駄なものを習いたいのは、どうして????

         

        それより、あなたの声、キャラクターを生かすカンテ、

        一緒に探してみませんか?

         

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        リモートカンテレッスン始めました。 こちら

        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | カンテってどうやって学ぶの? | 17:01 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        耳の奥が開いた日
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          今日は私が一番最初にお世話になったカンテの師匠、

          エンリケ・エレディアについてお話ししたいと思います。

           

          それまで、単発で来日しているアーティストに、

          カンテを個人レッスンで習っていたのですが、

          やっぱりそれではどうにもならず先生を探していたところ、

          紹介されたのが、大阪の震災の影響で東京にくることになった

          エンリケ・エレディアでした。

           

          最初にガイダンスと1回お試しレッスンがあった時、

          生徒は5人ほどいたように思います。

          ただ私以外はスペイン語も歌も完全にゼロで、

          レッスンでは先生と私の声だけが響き渡ることに。

           

          そして、実際に入会申し込みをしたのは、

          私、たった一人だったんです。

           

          まあ、私も個人レッスンを希望していたので、

          それはそれでよかったんですよね。

           

          で、実際にレッスンが始まって、

          私は本当に本当にびっくりしました。

           

          エンリケは当時スペイン語を書くことができなかったので、

          歌詞は聞き覚え、そして1行覚えたら、

          ただただ大声で二人で向かい合って歌うんです。

           

          1行覚えては、5分間ほどただただ繰り返して大声で。

           

          そして、次の1行覚えては、まだ向かい合って歌います。

           

          たった1時間のレッスンでしたけど、

          あまりに大きな声でずーっとひたすら歌ったので、

          レッスンの後なんと3週間もの間、

          私の声はがさがさのからっからで、

          なかなか普通には戻りませんでした。

           

          やっと声が戻って2回目のレッスンを受け、

          今度は2週間戻らず、

          3回目の後は1週間、

          4回目以降は、3日ほどで戻れるようになりました。

           

          体格にも筋力にも、お蔭様で恵まれているので、

          かなり大きな声が出るのですが、

          エンリケのしっかり芯のある声に導かれ、

          私の声もそれまでとは違う出し方に変化して行きました。

           

          それまでは、どちらかと言うとクラシック寄りの、

          柔らかい声だった私の声が、

          この頃のレッスンで、思いっきり表声で張れるように。

           

          ただ、この強い表声で、

          影響があったのは声帯だけじゃなかったんです。

           

          というのも、しっかりとした芯のある大きな声が出ると、

          耳の奥あたりにカーンと響いて、

          それまでの自分の声とは鳴りがあきらかに違っていて。

           

          まるで・・・

          飛行機の中で耳がもわーんと聞こえなくなった時、

          鼻をつまんで耳抜きをすると、

          スコーンと聞こえるようになるみたいに、

          まるで耳の奥が開いたような感じがしたんです。

           

          、、、

           

          最近、当教室のある生徒さんの声が、

          今までとはあきらかに変ってきました。

           

          ボイトレの効果もあって、

          芯のある強い声が出るようになったんです。

           

          でも、生徒さん本人は、自分の声が、

          今までに響いたことのない場所(頭蓋骨)に響くので、

          びっくりしてしまい、

          すぐに大きな声をだすのをやめてしまいます。

           

          ”いいんですよ。それで合ってますよ。

           大きく強い声が出るようになりましたね。”

           

          っと何度も言っているのですが、

          肉体的な違和感を受け止めきれないようで。

           

          実は、頭蓋骨にも、他の部分にも、その生徒さんには

          まだまだ響かせることが出来る場所が残っています。

           

          それらがひとつずつ開発されることで、

          生徒さんの声はより強く魅力的になって、

          フラメンコらしくなっていくでしょう。

           

          声が響く場所が今までと変ってきたら、

          怖がるんじゃなくって、喜びましょう♪

           

          だって、まさに今、あなたは上達しているのですから。

           

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          リモートカンテレッスン始めました。 こちら

          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | カンテってどうやって学ぶの? | 14:15 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          バイレさんのお悩みスッキリ解消 カンテを好きになる方法
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            さて、今日は日本のバイレ練習生さん達の大疑問に、

            ぱりっと答えたいと思います。

             

            よくバイレ練習生さんが仰る事。

            ”バイレが上達するにはカンテを知らないといけないですよね。”

             

            多くのバイレの先生も、

            ”カンテをもっと聞きなさい、

            もっとカンテを感じないと魅力的な踊りになりませんよ。”

             

            なんてことを仰るようです。

             

            もちろん、それは真実なんですけれど、

            問題は その<カンテ>がなにを表しているかって事。

             

            ”カンテはカンテでしょ?

             今度ソレアを踊るんですけど、よくわからなくって・・・”

             

            いえいえ、じゃあこう言い換えましょう、

            その<カンテ>は誰が歌っているものですか?

             

            実際に質問されたバイレ練習生さんにこう聞くと、

            フラメンコ歌手の名前は出て来ても多くて2〜3人、

            それも、昭和時代(スペインに昭和はないけど)の歌手ばかり。

             

            あれから平成を超えて、今は令和の時代です。

             

            懐メロばかりを追いかけてないで、

            今時の若手のカンテさんにも目を向けて見ませんか?

             

            そして同時にカンテ創成期の今から100年前のフラメンコ歌手にも、

            素敵な歌い手さんがいっぱいいます。

             

            なんでこんなことを言うかというと、

            カンテって時代と共に歌い方も声質もどんどん変化しているから。

             

            スペインのカンテファン達も、

            この時代のカンテが好きだけど、この時代はあんまり、

            なんて会話をよくしています。

             

            昭和時代のカンテがあまり好きになれなくても、

            もしかすると最近のカンテなら聞きやすいかもしれないし、

            カンテ創成期のカンテがお気に入りになるかもしれません。

             

            100年超のカンテの歴史。

            時代と共にカンテは大きく何度も様変わりしています。

             

            なかなかカンテに馴染めないとお悩みのそこのあなた。

            とりあえず最新のカンテを聞いてみませんか?

             

            最新のカンテの探し方がわからない方は、

            ぜひFacebookで私が運営しているグループ

            <日本にカンテフラメンコを広めましょ♪>を

            チェックしてください。

            今まさに旬のフラメンコ歌手の最新カンテ映像を、

            たっぷりご紹介しています。

             

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら

             

            お気に入りのカンテさんがみつかれば、

            カンテがわからないなんて悩みも、どっかに行っちゃいますよ♪

             

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            リモートカンテレッスン始めました。 こちら

            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | カンテってどうやって学ぶの? | 11:01 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            カンテ勉強のプロセス
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              当教室、4月頭に一度レッスンがストップして、

              現在はリモートで復活中です。

               

              もうしばらくしたら、

              通常レッスンに戻れるといいなって祈りながら、

              カンテレッスンについてもう一度考え直しています。

               

              それで、大事にするべきことは、

              私自身がどういうレッスンをしたいのかということだと、

              改めて感じております。

               

              私のフラメンコに対する考えの根本は、

              正しく正確な情報を伝える事、

              そして、たとえ外国人だとしても、

              ちゃんとしたカンテを歌えるようになって頂くことです。

               

              フラメンコの本拠地から遠く離れた日本だから、

              本国のフラメンコの理論が伝わっていなくてもいい、

              間違った歴史が信じられていてもいい、

              カンテのリズムがへんてこでもいい、

              スペイン語が通じなくてもいい。

               

              私はそんな風には全く一切ぜんぜん思っていません。

               

              もちろん、日本には日本の状況があるので、

              スペインと同じフラメンコ活動をするのは難しいと思います。

               

              でも、スペインでは何が行われているのか、

              フラメンコとはどういうものだと思われているのか、

              本当の姿を知っておくことは必要だと思うんです。

               

              っていうか、知りたいですよね?

               

              特にカンテに関しては、

              フラメンコの中心、フラメンコの肝ですから、

              正しく伝わらなければ、フラメンコの魅力を損ねてしまいます。

               

              カンテのあのメロディ、

              どんなに時代が変わってもかわらない唯一の宝物です。

               

              正しいメロディには人の心を打つパワーがあります。

               

              正しいメロディなら、世界に羽ばたいて行けるのです。

              日本人の心にだって、びたっとくるのです。

               

              フラメンコを愛するものとして、

              日本でもフラメンコの魅力をキランキラン輝かせるぞ!

               

              よっしゃああああああ!!!

               

              どうやら私の軸は20年前となんら変わらず、

              一切ぶれてないようですね。

               

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              リモートカンテレッスン始めました。

              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | カンテってどうやって学ぶの? | 20:09 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              さ、久々にハードなレッスンですよ。
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                今日はいまどきのブレリアをご紹介しましょう。

                 

                ピンクパンサーをブレリアのリズムに乗っけた、

                お洒落インストです。

                 

                さて、ここで課題をひとつ。

                 

                これに合わせて、ブレリアのパルマを叩きなさい!

                 

                さあ、叩け、叩くんだじょおおおおお!!!

                 

                え? コンパスが取れないだとおおおお???

                 

                だって、まぢでこれが今時のブレリアなんですよ。

                 

                最初の方は少し難しいけど、

                中盤からわかりやすくなります。

                 

                おこもり生活も終わりが見えてきましたね。

                 

                ささ、リズム感もリハビリしないとね♪

                 

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                リモートカンテレッスン始めました。

                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | カンテってどうやって学ぶの? | 17:43 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                メルマガ第233号本日発行 コラムは声のメンテナンスについて。
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  さきほどメルマガ233号の予約配信設定が完了しました。

                  お昼過ぎころにメルマガ登録のみなさんに

                  お送りいたします。

                   

                  3月下旬とは思えないほどのとーっても寒い週末でした。

                   

                  東京にもうっすら雪が積もり底冷えがするので、

                  ひさびさに暖房、着る毛布、電気ひざかけ、

                  もこもこルームブーツとフル装備で、

                  このブログを書いています。

                   

                  一日中ホットミルクばかり飲んでいたので、

                  ちょっとお腹がぽっこり、、、、

                  あ、お腹は今日だけじゃなかったかも。笑

                   

                  メルマガに戻って、、、

                  今回のコラムは声のメンテナンスの方法を

                  ご紹介しています。

                   

                  明日大事なプレゼンがあるのに、

                  翌日結婚式でスピーチするのに、

                  もちろん、明日人前で歌う場合にも、

                  前日の段階で声が出にくくて、

                  本番が不安な時ってありますよね?

                   

                  そんな時も、一晩上手に休息を取ることで、

                  声が復活しやすくなったりします。

                   

                  今回は上手な休息の取り方のポイントを、

                  いくつかご紹介しています。

                  いざという時、思い出して頂けると嬉しいです。

                   

                  お教室案内は、今後の東京理論単発講座、

                  4月19日<ガロティン・ファルーカ>

                  5月17日<タラントの仲間達>のお申し込み開始について。

                   

                  東京のレギュラーカンテクラスのtご案内がございます。

                    踊りバッククラス2つ(火曜と土曜)

                    カンテ準備クラス2つ(火曜と土曜)

                    カンテクラス(初級木曜と中級水曜)

                    (カンテ中級以外は月2回のレッスンです。)

                   

                  踊りバックの両クラス、カンテ準備の火曜、

                  カンテ初級木曜は、現在新規生徒募集中です。

                  (どのクラスも見学可♪)

                  この春、カンテに挑戦したい方からのお申込み

                  心からお待ちしております。

                  (詳細はこちら ←当教室HPです。)

                   

                  (コロナの影響に関して:現在受講中の生徒さんには、

                  個々にご相談させて頂いております。

                  各人の事情に合わせ柔軟に対処しております。

                  また、リモートによるレッスンや、

                  YOUTUBEへのレッスン動画アップなども検討中です。

                  よろしくお願いいたします。)

                   

                  ならんひーた

                   

                   

                  ☆コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

                  (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

                  コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

                   

                  ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

                    大阪クルシージョのご案内は こちら

                    東京教室のご案内は こちら

                   

                  ☆コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

                  なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

                  (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

                   メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

                  よろしくお願いします♪

                   

                  ☆フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

                  解除も同じページで可能です。

                  登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

                  確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

                   

                  ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                   ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                  (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                  こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                   

                  ★東京フラメンコ理論オープンクラス くわしくは こちら

                   次回は4月19日<Vol7ガロティン・ファルーカ>渋谷にて

                  ★次回大阪クルシージョは6月の予定です。 くわしくは こちら

                  ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | カンテってどうやって学ぶの? | 03:59 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  実はほんのちょっとの工夫で。
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    カンテが上手な人と自分、

                    すごく差があるって落ち込んだりしていませんか?

                     

                    実は、ほんのちょっとの工夫で

                    その差が埋められるかもしれません。

                     

                    生まれついた歌唱力なんてものはなくって、

                    みんな努力とか工夫で身に付けたもの。

                     

                    努力はもちろん必要だけど、

                    工夫を教えてくれる先生に出会えれば、

                    ちょっとだけ先へ進めるかも。

                     

                    でもね、ちょっとの違いが大違い。

                     

                    イケてる自分のカンテにびっくりするかもなんです。

                     

                     

                    ★東京フラメンコ理論オープンクラス

                     3月22日<Vol6ブレリア>渋谷にて くわしくは こちら

                    ★次回大阪クルシージョは6月の予定です。 くわしくは こちら

                    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | カンテってどうやって学ぶの? | 21:52 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    フレーズを早く〆たいそんな日は。
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      大阪レッスン、さきほど楽しく終了しました。

                       

                      今回は、はじめてレバンテのリブレのカンテ、

                      カルタヘネラを取り上げたんですが、

                      けっこう歯ごたえがあったようで、

                      なかなか上手く飲みこめないようで。

                       

                      歌い出してからしばらくはいいのに、

                      息継ぎの前の音が違っちゃう・・・

                       

                      どうしてかな?

                      っていろいろ生徒さん達と相談していると、

                      ふと見つかった答えが、

                      各フレーズをとにかく短く

                      〆ようとしちゃってるってこと。

                       

                      カルタヘネラは、1フレーズが長くって、

                      何小節にもわたっているカンテ。

                       

                      息継ぎは各フレーズの最後にするわけじゃなくって、

                      フレーズの途中で何度もする必要があります。

                       

                      ですから、歌詞を1行歌ったからって、

                      そこでフレーズが終わりじゃあないんです。

                       

                      なのに生徒さん達は、毎行フレーズを〆ようとしちゃう。

                       

                      つまり、続けようとする音に行かなくちゃいけないのに、

                      ついつい、フレーズの終わりっぽい音に行っちゃうんです。

                       

                      ”カルタヘネラって難しいんですね?”

                       

                      そう生徒さん達は思ったみたいなんですけど、

                      私はちょっとムフムフしてしまいました。

                       

                      だって、カルタヘネラっていうか、

                      レバンテのカンテを始めて学んでいるのに、

                      フレーズの〆の音がわかっているんですもの。

                       

                      どの音に行ったら、フレーズが〆るかどうかわかってるって、

                      実はすんごいことなんです。

                       

                      だって、そのカンテのメロディの流れが

                      わかっているってことですもん。

                       

                      こうなったら終わりなんだって感覚的にわかってるって、

                      すごおおおおおおい。

                       

                      ご本人たちはいまひとつ気が付いてないみたいですけど、

                      実はフラメンコ感がんがん上達しているってことなんですよ。

                       

                      (写真はそんな大阪生徒さんの中で、

                      一緒にお昼を食べて下さったベテランのみなさん。)

                       

                       

                      ★東京フラメンコ理論オープンクラス

                       3月22日<Vol6ブレリア>渋谷にて くわしくは こちら

                      ★次回大阪クルシージョは6月の予定です。 くわしくは こちら

                      ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | カンテってどうやって学ぶの? | 20:10 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事