CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
夢見る乙女になる前に。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    ☆なんか最近カンテのレッスン単調だなー。

    ☆先生も楽しそうじゃないような気がするし・・・

     

    なんて思っているそこのあなた。

    大事なことを忘れてませんか?

     

     

    私がレッスンで何度も何度も言っているように、

    カンテの勉強って、

    まずはメロディを正しく暗記するところからはじまります。

     

     

    メロディをちゃんと覚えたら、

    いろいろアレンジしたり、

    歌詞の意味をこめたり、

    歌うスピードを変えたりと、

    レッスンはバリエ―ション豊かになっていけるんです。

     

     

    もしかしてメロディ、毎回直されていませんか?

    その直されたポイント、ちゃんと復習してクリアにしていますか?

     

    もしかして、メロディを覚えるより、

    カンテに感情をこめる練習なんかしてないですよね?

     

    メロディを正確に覚えていないのに、

    感情をこめたりしてしまうと、

    その正しくないメロディが記憶に残ってしまい、

    どんどん修正が難しくなります。

     

    <間違えやすい個所を丁寧に確認する。

     

    これ、わずか数分で出来ること。

    もちろん、自分一人でやらないと効果はありません。

    お手本の録音をピンポイントで納得するまで聞けばOK。

     

    間違ったメロディを歌いすぎて混乱してしまっていたとしても、

    その数分を3日も繰り返せば、ほぼクリアできると思います。

     

    レッスンを楽しくしたいなら、

    感情をしっかりこめたいなら、

    とりあえずメロディの確認しちゃいませんか?

     

    めんどくさいのはわかりますけど、

    わずか数分の努力で、

    今後、何時間ものレッスンが

    ずっとずっと有意義に楽しくなりますよ♪

     

     

    大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | カンテってどうやって学ぶの? | 16:24 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    カンテってどうやって学ぶの?27
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

      以下のリンクからご覧ください。

               10 

      11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

      21 22 23 24 25 26

       

       

      カンテをリズムに乗せるの続きです。

      では、早速実際にどうやって練習するのかご紹介しましょう。

       

      カンテ練習の時は、どんな目的の練習でも練習方法はひとつです。

      それは、カンテをなるべく短く区切って練習する事♪

       

      1番丸ごと歌って、<途中どっかでずれたみたい!!!>

      では、修正のしようがありません。

       

      とりあえず1フレーズ(歌詞1行)ごとに練習して見ましょう。

       

      ここで、大事なポイントをひとつ。

       

      今まで生徒さんでリズムに悩む方の多くは、

      リズムうんぬんの前に、

      そのカンテのメロディにちゃんと馴染んではいなかったんです。

       

      やっとやっと覚えただけのメロディでは、

      リズムにのせて歌えるなんて、ありえません。

       

      まずは、メロディを短く区切って、

      徹底的に歌いこんでください。

       

      できれば、

      1日に1フレーズだけ練習するといいでしょう。

       

      これも、カンテ勉強全般に言えるコツなんですが、

      なるべくスピードを落として、ゆっくりで練習してください。

       

      最終的に歌うスピードがどんなに速くても、

      まずはゆっくりで練習することが一番の近道。

       

      逆から言えば、

      たとえ速くは歌えても、ゆっくり歌うことが難しいのなら、

      その歌はちゃんと自分のものにはなっていません。

       

      ゆっくり丁寧に何度も何度も。

       

      ゆっくりで充分に歌いこめたら、

      たとえ急にスピードをあげたとしても、

      もうカンテのメロディが崩れることはありません。

       

      メロディが崩れない、

        、、、つまり、もうリズムも狂わないんです。

       

       

      大阪レッスンは3月31日に開講します。詳しいことは こちら

      新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | カンテってどうやって学ぶの? | 15:58 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      カンテってどうやって学ぶの?26
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

        以下のリンクからご覧ください。

                 10 

        11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

        21 22 23 24 25

         

        カンテをリズムに乗せるお話しの続きです。

         

        なかなかコンパスを取れない、

        カンテがリズムからはずれちゃうとお悩みのあなた。

         

        スペインのカンテクラスで最初の師匠ホセ・デ・ラ・トマサに

        しつっこく言われたコツをご紹介しましょう。

         

        それは、歌う時は、決して足や手でリズムを取らない事。

         

        これです!!!

         

        ”え?カンテって手拍子しながら歌うんでしょ?”

         

        ”足でリズムをとってるのよく見るけど・・・???”

         

        はいはい。

        言いたいことはわかります。

        でも、少々お待ちくださいな。

         

        カンテを学びにいらした方は、

        よくこんな勘違いをしています。

         

        それは、、、

        <最初っから完成形のカンテを学ぶもんだ!>

        って思っていること。

         

        舞台の上で歌っているカンテさんは、プロです。

        若手に見えても大ベテランだし、10年は修行しています。

         

        つまり、自分がリズム通り歌う為に、

        手や足でリズムを取っているのではなく、

        あくまでもお客さんに楽しんでもらう為の演出として、

        手や足でリズムを演奏しているんです。

         

        ですから、修行中は、

        とにかく自分が今歌っているカンテと、

        伴奏のギターを聴くことに集中しましょう。

         

        意外と思われるかもしれませんけど、

        手や足を動かすことをやめると、

        ずっとずっとリズムがわかるようになるんですよ。

         

        そして、もうひとつリズムを取りやすくするコツを教えちゃいますね。

         

        <それは、目も使うこと。>

        目でギターさんのじゃかじゃかをしっかり見ることなんです。

         

        ギターさんは、リズム通りに手を動かしていますよね。

        その動きを見ることで、目でもリズムを感じることができます。

         

        耳と目からリズムを感じ、

        自分からの発信は <歌のみに集中> これがポイントです。

         

         

        大阪レッスンは3月31日に開講します。詳しいことは こちら

        新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | カンテってどうやって学ぶの? | 13:12 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        カンテってどうやって学ぶの?25
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

          以下のリンクからご覧ください。

                   10 

          11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

          21 22 23 24

           

           

          では、カンテをリズムに乗せる話をはじめましょう。

           

          ところで、当教室では、

          最初っからカンテを自分でリズムに乗せないといけないの?

          なんておびえている、そこのあなた。

           

          もちろん、そんなことはありません。

           

          最初は、メロディが落ち着いてきたころに、

          私がリズムに乗せて歌うお手本を、

          みなさんに少しずつまねっこしながら覚えて頂いています。

           

          乗せ方、上手にマネできるようになったかな?っと思ったら、

          私は伴奏に集中、生徒さん達だけで歌って頂くんですが、

          いざ生徒さん達だけで歌ってみると、

          さっきまでちゃんと出来ていたはずなのに、

          なんかうまく行かなくて・・・?

           

          また、私がお手本を歌って、みなさんでまねて、

          で、私が伴奏に集中して、、、を繰り返します。

           

          もちろん、ちゃんとコツの解説もしていますよ。

           

          そうしたら、

          今度はみなさんが間違えやすい個所だけの、抜き練習をして、

          そこがOKになってきたら、また通して、

          で、抜き練習、通して、、、、の繰り返し。

           

          実は、初心者のころは、このリズム載せ練習の間に、

          歌詞の発音やメロディが変って来ちゃうんですよね。

           

          せっかく覚えたはずなのに、、、

          でも、それもカンテ初心者なら当たりまえ。

           

          またメロディを覚えなおして、歌詞の発音も練習して、

          で、リズムに乗せて、ちょっとうまく行くようになって、

          でも、またくづれて・・・

           

          これを、何度も何度も繰り返して覚えて行くのが、カンテ♪

           

          そうやって苦労して、一度出来るようになっても、

          しばらくすると又崩れるのも、悲しいけどよくあることなんです。

           

          崩れてしまう理由は???

           

          はい、1にも、2にも、スペイン語の発音。

           

          スペイン語のアクセントの位置や、2重母音などの扱いが、

          ちゃんと出来ていないと、リズムはくずれちゃいます。

           

          なので、リズムが崩れてきたら、

          歌詞の発音練習をもう一度丁寧に繰り返すんです。

           

          私はレッスンでいっつも言っています。

           

          ”もし、ちょっとでも自習時間が取れたら、

           一番にして頂きたいのが、歌詞の発音練習です。

           そして、歌詞を正しい発音ごと丸暗記してください。”

           

          実は、正しい発音で歌詞を丸暗記できていたら、

          一度乗せたリズムが崩れることは、ほぼなくなるんです。

           

          フラメンコはコンパス!

           

          と思っている方にこそ、丁寧なスペイン語の発音練習、

          お勧めしたいと思います。

           

           

          そして、クラスにもよりますが、数年くらいして、

          ころあいを見て<自分で乗せてみる>に挑戦してもらいます。

          そのお話しはまた次回♪

           

           

          新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | カンテってどうやって学ぶの? | 11:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          カンテってどうやって学ぶの?24
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

            以下のリンクからご覧ください。

                     10 

            11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

            21 22 23

             

             

            では、メロディを覚えてから、

            しばらく寝かせたカンテをコンパスに乗せる方法に進みましょう。

             

            ここで、カンテをリズムに乗せる前に、

            ひとつ確認しなくちゃいけない事があります。

             

            え? またリズムはお預け? 

             

            いえいえ、心配はいりませんよ。

            カンテをリズムに乗せる前に、

            そのリズム自体の勉強が必要なだけですから。

             

            フラメンコには、リズムがいくつかありますが、

            全部でどれだけあるかご存知ですか?

             

            まず、2拍子系で  タンゴ。

             

            それから、12拍子系で

            アレグリアスソレア、ブレリア、シギリージャ、ファンダンゴ。

             

            以上で現状、計5つあります。

            (リズムの数は時代とともに減ったり増えたりします。)

            詳しくは、フラメンコ百科のリズムのページをご覧下さい。

            http://flamenco-jp.net/db/DB-Ritmo/dbritmo.html

             

            日本人に一番馴染みやすいのは、なんといってもタンゴ。

            現在の Jポップ のほとんどが、2拍子ですもんね。

             

            アレグリアスソレア、ブレリア、シギリージャは、

            フラメンコ独特の2拍子と3拍子の組み合わせです。

             

            そして、ファンダンゴは、他の音楽にもある3拍子です。

             

            みなさんは、

            フラメンコ独特のリズムが難しいって思うかもしれません。

             

            でも、実は生徒さんが一番苦労するのが3拍子のファンダンゴ。

            ゆったりとした、タメのある感じがなかなか出せないよう。

             

            逆にブレリアみたいなハードなリズムの方が、

            日本人にはなじみやすいみたいですね。

             

             

            (写真は結構昔の友達と私。)

             

            新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | カンテってどうやって学ぶの? | 10:30 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            カンテってどうやって学ぶの?23
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

              以下のリンクからご覧ください。

                       10 

              11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

              21 22

               

               

              さて、前回の<カンテってどうやって学ぶの?22>で

              カンテのメロディが脳内にちゃんと定着するまで、

              コンパスを付けたりしない、というお話しまで進みました。

               

              メロディが定着するまで、なにをするのかと言うと・・・

               

              実は、当教室では次のカンテに進んじゃいます。

               

              <えっ? 

              <そんなことしたら、せっかく覚えたカンテを忘れちゃうんじゃ?

               

              いえいえ、毎回レッスンで、リズムは付けないだけで、

              ちゃんと繰り返し歌っていますので、忘れたりはしないですよ。

               

              <1曲のカンテが完成するまで、先に行かない方がいい。

               

              って思う方も多いようなんですけど、

              カンテは並行して何曲も学ぶのが当たり前。

               

              なぜなら、完全にひとつのカンテが完成するのには、

              何年もかかるものだからなんです。

               

              混乱するのでは?と思われるかもしれませんが、

              なるべく違う雰囲気のカンテを選べば、

              同時に数曲学んでも、混ざったりすることはありません。

               

              たとえば、ガロティンとソレアなら、

              同時に学んでもぜんぜん問題はないですよね。

               

              ただ、新しいカンテのメロディを覚えるのは、

              1曲ずつじゃないと厳しいですね。

               

              今、新しくメロディを覚えているカンテがひとつ、

              コンパスにのせる練習をしているカンテが他にひとつ、

              なんていうのは、理想的な進み方だと思います。

               

              そして、感情をどう乗せるのか、

              そんな状態のカンテを、他にもう数曲各自もっているのが、

              スペインのカンテ教室の一般的なかたちです。

               

              ただ覚えるだけの練習ではなく、

              同時にコンパスに乗せる練習も出来るし、

              ある程度できあがったカンテをどう表現するのかも考えられるし、

              カンテ練習生として、このバランスがとっても楽しいんですよね。

               

              当教室のクラスレッスンでは、

              新しいカンテを覚えるのは全員一緒で、

              しばらく寝かして、コンパスに乗せるまでも一緒で、

              その後、表現まで進んだカンテは、生徒1人1人見ています。

               

              だって、表現は生徒それぞれのもの。

              どう表現したいのか?

              自由に感じ、発想して欲しいですから。

               

              もちろん、カンテに正しい表現なんかありません。

              大事なのは、☆歌う本人がどう表現したいか!☆ です。

               

              <どう表現したいか、なんて聞かれても困ります。

               

              おやおや、そんな顔しないでください。

              どう表現したいかなんて、最初は誰にもわからないもの。

               

              でも、そのカンテと長い時間向き合っていると、

              だんだんとこう表現したいって気持ちがわいてくるようになります。

               

              ですから私も、こう歌いなさい、なんて言わないで、

              自然とその気持ちがわいてくるまで、じっくり待ちたいんです。

               

              だって、そんな気持ちがわいてくることこそが、

              そのカンテが自分のものになったっていう☆合図☆ですから。

               

               

              新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | カンテってどうやって学ぶの? | 11:59 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              カンテってどうやって学ぶの?22
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

                以下のリンクからご覧ください。

                         10 

                11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

                21

                 

                 

                さて、メロディを覚えるところまでやっと来ることができました。

                 

                じゃあ、リズムだコンパスだ! 

                と荒ぶっているそこのあなた。

                 

                まあまあ、もう少々お待ちくださいな。

                というのも、ここが一番大事なんですから。

                 

                まだメロディが生徒さんの頭に中に(心の中に?)

                ちゃんと定着していない、うろ覚えの状態で、

                コンパスをつけるとどうなってしまうでしょう?

                 

                はい、せっかく覚えたメロディがぐちゃぐちゃに崩れてしまう危険が。

                 

                特に、初心者の内はメロディをきっちり覚える事にも

                まだ慣れていないので、脳内のメロディもなんとなく不安定。

                 

                ここで、レッスンは覚えたメロディを定着させる段階に入ります。

                 

                メロディを覚える時には、取りあえずの歌詞を付けるんですけど、

                歌詞をはずして ななな〜 で歌ってみたり、

                他の歌詞に取り換えてみたり、

                ゆーっくり歌ったり、少し速めに歌ったり、

                そんな事をしながら、

                メロディが頭の中でしっかりするのを待ちます。

                 

                じゃあ、メロディが頭の中でしっかりするまでに、

                どのくらいの時間がかかるんでしょう?

                 

                これ、生徒さんのレベルやメロディの複雑さなどにもよるので、

                一概には言えないところが、指導者の苦労するところ。

                 

                とにかく、生徒は一秒でも早くリズムを付けようとしますから、

                それを、まあまあちょっとお待ちなさい、と止めるのは大変です。

                 

                でも、それがのちのち効いて来るんですよね。

                 

                もちろん、初心者の内は、ちゃんと覚えたはずのメロディも、

                その後、結構簡単にゆらいだりしちゃいます。

                 

                特に、まだ覚えたばっかりの状態で、

                スペイン人のアレンジしまくったカンテの音源なんか聴いたりしたら、

                そりゃあもう大混乱。

                 

                せっかく苦労して覚えたメロディが、、、、とほほな結果に。

                 

                 

                えっと・・・

                するどい方はもうお気づきかもしれませんが、

                この<カンテってどうやって学ぶの?>、

                実は通ってくださっている生徒さん達に向けても書いているんです。

                 

                もちろん、私もレッスン内で何度も勉強方法について、

                説明は行っているつもりです。

                 

                でも、時とともに忘れてしまったり、

                他で聞いた情報と混ざってしまったりして、

                レッスンでどうしてこういう方法を取っているのか、

                わからなくなったりすることもあるみたいで。

                 

                当教室生徒のみなさん。

                この<カンテってどうやって学ぶの?>シリーズを、

                ぜひブックマークしておいて下さい。

                で、時々、忘れた頃に見返して欲しいんです。

                 

                私がレッスンで困った顔をしているとき、

                なぜかカンテがちっとも覚えられない時、

                きっとここに、その答えがあると思いますから。

                 

                 

                新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | カンテってどうやって学ぶの? | 17:12 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                カンテってどうやって学ぶの?21
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

                  以下のリンクからご覧ください。

                           10 

                  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

                   

                   

                  さ、歌詞の次は、とうとうメロディですね。

                   

                  メロディも、まず私がゆーっくり歌うのを録音して貰います。

                   

                  ものすごーくゆっくり、

                  1音1音づつはっきりわかるように頑張って歌うんですけど、

                  間違えちゃったら大変なことになっちゃうので、

                  これ、とってもとっても気を使うんですよ。

                   

                  そして、次に私がメロディを少しずつ区切って歌うので、

                  生徒さんに後について真似して歌って貰います。

                   

                  ここで、なかなかメロディが取れない場合は、

                  もっと短く区切ったり、何度も何度も何度も繰り返したりと、

                  かなりしっかり時間を取って学んでいきます。

                   

                  あ、そうそう、録音はレッスン全体OKですので、

                  メロディのどこがなかなか取れなかったのかも、

                  後でゆっくり復習することもできますね。

                   

                  ちなみに、1回のレッスンで進むメロディの長さは、

                  クラスのレベルによって変えています。

                   

                  その日、たまたまどんどんメロディが覚えられたとしても、

                  あまり進みすぎないように調整することも大切なんです。

                   

                  というのも、その場では出来たように思ったとしても、

                  後で思い出そうとすると <ちっとも記憶に残っていない>

                  なんてことも、よくあるんです。(私もいまだにあります。)

                   

                  もちろん、次回のレッスンの時に、

                  前回進んだメロディの復習は丁寧に行っています。

                   

                  生徒さんが、

                  各自家で録音を聴いて復習して来ればいい事だって、

                  思うかもしれませんけど、

                  家での練習もうまく出来ないのが初心者なんですよね。

                   

                  家での練習方法も、レッスンでご紹介するんですけど、

                  実際にやってみながら、少しずつ体で覚えて頂くことも、

                  カンテレッスンの大事なポイントだと、私は思っています。

                   

                   

                  新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | カンテってどうやって学ぶの? | 20:54 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  カンテってどうやって学ぶの?20
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

                    以下のリンクからご覧ください。

                             10 

                    11 12 13 14 15 16 17 18 19

                     

                     

                    ここまで読んで頂いて、いかがですか?

                    カンテって難しそうって思ったかもしれませんね。

                     

                    でも、心配はご無用です。

                    ちゃんと段階を踏めば、歌えるようになりますから。

                     

                    じゃ、実際に当教室ではどうやって学ぶのか、

                    ご説明しますね。

                     

                     

                    ☆新しいカンテに入るときは・・・

                     

                    一番最初に、その曲種の解説を行います。

                    生まれた歴史や背景、有名な歌手、リズムなどなど、

                    一通りの知識は必要ですもんね。

                     

                    そうしたら、歌詞の発音練習に入ります。

                    最初に私がゆっくり発音しますので、繰り返してください。

                     

                    もちろん、録音OKですので、次のレッスンまでに時間が取れたら、

                    録音を聴きながら、発音練習をいっぱいしてください。

                     

                    同時に歌詞の細かい意味の説明も行います。

                     

                    ここでは、単にまとめて訳を言うだけじゃなくて、

                    各単語ごとの意味や、簡単な文法の説明、

                    文化的な背景なども合わせて解説しています。

                     

                    歌詞の意味が単語単位まで取れていないと、

                    実際に歌った時、説得力のないカンテになってしまうので、

                    この部分はしっかり時間をかけたいんです。

                     

                    そこまで来たら、メロディを覚える段階に進みます。

                     

                     

                    新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | カンテってどうやって学ぶの? | 11:40 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    カンテってどうやって学ぶの?19
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      ☆今までの<カンテってどうやって学ぶの?>は

                      以下のリンクからご覧ください。

                               10 

                      11 12 13 14 15 16 17 18

                       

                       

                      さてっと、

                      カンテのリズムへの乗せ方は、

                      歌詞で決まるというところまで来たと思います。

                       

                      これ、、、

                      日本人には無理じゃね? なんて思っちゃいます?

                       

                      でも、実はそんなことぜんぜんないんです。

                       

                      スペイン語がはじめての方でも、

                      ちゃんと練習方法を守れば、すぐできちゃいます。

                       

                      実際、当教室の生徒さんでも、遅くても数年後には、

                      自分で歌詞を利用して乗せられるようになるんですよ。

                       

                      ただ、数年もかからない人たちもいるんです。

                       

                      この、数年かかる人と、1年くらいで出来ちゃう人の違いって、

                      なんだと思います?

                       

                      スペイン語歴じゃないですよ。

                      音楽的でもないんです。

                       

                      実は・・・

                      フラメンコの踊りをやっていたかどうか。

                       

                      ”あー、私、踊り習ってないからダメかああ・・・”

                       

                      なんてしょげてるあなた。

                       

                      逆ですよ、逆。

                       

                      フラメンコの踊りを長く習ったことのある人ほど、

                      リズムに縛られてしまって、歌詞に集中できず、

                      なっかなか出来るようにならないんです。

                       

                      当教室がはじめてのフラメンコ関連のお教室って方の場合、

                      そんなに苦労なくできちゃうんですよね。

                       

                      はい。

                      難しいんじゃないんです。

                       

                      リズムに囚われすぎちゃって、がちがちになってるだけなんです。

                       

                      ”ええー、バイレしっかりやってます。。。”

                       

                      というあなたも、どうぞ心配しないでください。

                       

                      解消する方法がちゃーんとありますから。

                       

                      それは、まず歌詞を何度も何度も音読し、

                      正しいアクセント込みで暗記してしまうこと。

                       

                      歌詞をアクセント込みで暗記してから、

                      そのカンテのメロディをリズムに乗せると・・・

                       

                      あら不思議。

                       

                      ちゃんと歌詞もスペイン語として正しくリズムに乗った、

                      カンテが歌えるようになっちゃいます。

                       

                      コツは、メロディは付けないで、歌詞を大きな声で音読です。

                       

                      もちろん、言葉のアクセントはきっちり守ってくださいね。

                       

                      歌詞が自分の言葉のようにすらすら出てくるまで繰り返したら、

                      もうメロディに乗せても大丈夫。

                       

                      外国人の私達だからこそ必要な練習って、これ なんです。

                       

                       

                      新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に新年開講 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | カンテってどうやって学ぶの? | 12:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事