CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
音程がわからない時は、その前のフレーズを練習しましょ。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    カンテに限らず歌を憶えようとしているとき、

    どうしても音程が取りにくい音や、

    なんだかメロディが不安定になるフレーズってありますよね?

     

    そんな時、どうやって練習しますか?

     

    取りにくい音だけ、

    もしくは、取りにくい音が含まれたフレーズだけ、

    抜き練習する方が多いと思います。

     

    踊りの場合は、苦手な部分だけ抜き練習するのは、

    ごく当たり前だし、効果があるのですが、

    歌、それも音程の場合はそれでは効果が出ないんです。

     

    どうしてかと言うと・・・

     

    踊りの場合は、自分の踊りを見ながら踊ってはいません。

    たとえ鏡の前で自分の踊りをみながら練習していたとしても、

    苦手なところまでの振り付けで、

    苦手な振り付け自体が影響を受けることはないので、

    抜き練習でも効果があげられます。

     

    でも、歌の場合、私たちは自分の歌を聞かないで

    練習することはできません。

     

    っていうか、自分の声を聞かないで、

    話すことも歌うことも無理。

     

    特に音程に関しては、

    伴奏から音程を採るだけじゃなく、

    それまでに自分自身が歌った歌から、

    次に歌う音の音程を採りながら歌っているんですよね。

     

    つまり、苦手な部分も、

    苦手な部分のすぐ前に歌った音程から、

    苦手な部分の音程を採って歌っているはず。

     

    なので、なんだか音程が掴めない、

    採れているつもりでもずれている、

    なんて事が起きるのは、

    その音自体が問題なんじゃなく、

    その音程を採る為に使っている、

    その音以前の音のどこかに狂いがあることが多いんです。

     

    (先生に一緒に歌ってもらうと楽なのは、

     先生が出している音程から、

     次に自分が歌う音の音程を採れるからなんです。)

     

    という訳で、音程が心配な部分がある時は、

    その前のフレーズ、その前の音を丁寧に練習しましょう。

     

    苦手な音程がずっと採りやすくなると思います♪

     

     

    それから、いくつかの音が集まったメロディではなく、

    単音で歌いにくい音がある場合は、

    その音のひとつ前の音を少し長めに歌って、

    十分に自分の耳に聞かせてから苦手な音を歌うと、

    簡単に音程が取れたりもしちゃいます。

     

    <音程で不安定な部分、苦手な部分がある時は、

    <その前の音やフレーズを丁寧に歌うことで解決する!

     

    ちょっとしたコツですが、これ結構使えますよ。

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス

     3月22日<Vol6ブレリア>渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは3月15日です。 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | ボイストレーニング | 09:06 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    声が強くなれば心も強くなる。
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      最近、ボイトレの効果が出てきて、

      歌声がしっかりと大人っぽくなった生徒さん。

       

      レッスンの最後にふとこんな事をおっしゃいました。

       

      ”声のトレーニングって、心にもいいと思うんです。

       声がしっかり出るようになると気持ちもしっかりするし、

       ポジティブになると思います。”

       

      もちろんその通りです。

       

      しっかりした声がでるようになると、心もしっかりしますし、

      穏やかで優しい声がでるようになると、優しい人になります。

       

      声って、その人を表すんですよ。

       

       

      ★東京フラメンコ理論オープンクラス<シギリージャと仲間達>

       次回は2月11日渋谷にて くわしくは こちら

      ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

      ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | ボイストレーニング | 23:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      レッツ舌の筋トレ♪
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        では、今日は誰でもすぐにできる

        超簡単な舌の筋トレをご紹介しましょう。

         

        その方法は?

         

        1)まず口を軽く開けます。

         

        2)舌をまっすぐ前に出します。

          舌先に力を入れて、舌先で何かを押すイメージです。

          (よくわからない時は、実際に手を前に出して、

          手のひらを舌先で押してみましょう。)

         

        3)そのままぐーっと舌に力を入れて5秒キープします。

         

        以上を、毎日数回繰り返してください。

         

        最初は舌に力がはいりにくいと思いますが、

        慣れてくると、舌の付け根の筋肉を

        しっかり感じることができるようになるでしょう。

         

        コツは舌をまっすぐ前に出すこと。

        できれば舌をとがらせられると効果が出やすいですね。

         

        今年1年頑張って、よく動く舌を手に入れちゃいましょう♪

         

         

        ★東京フラメンコ理論オープンクラス<グアヒーラと仲間達>

         次回は1月13日渋谷にて くわしくは こちら

        ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

        ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | ボイストレーニング | 20:59 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        舌を速く動かすには?
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          舌が早く動かせなくて歌のスピードについていけない!

           

          そんなお悩みを持つ方も多いと思います。

           

          私が専門にしているカンテの場合は、

          スペイン語独特の発音が、

          日本語よりもずっと舌を多く使うので、

          舌がついていけなくてコンパスに間に合わない

          なんてことも起きちゃうんですよね。

           

          じゃあ、どうしたらいいんでしょうか?

           

          もちろん必要なのは舌のトレーニングです。

           

          舌を早く動かすトレーニングだと思われるかもしれませんが、

          実は舌の根っこの部分の筋トレが一番必要。

           

          日本人の舌は欧米人に比べ筋肉が足りないといわれています。

           

          特にスペイン語は舌をしっかり動かして話すので、

          スペイン人は日本人よりも

          ずっと舌の筋肉が発達しているんです。

           

          筋肉が発達してしまったら、速くは動かないんじゃ?

           

          いえいえ、そんな事はありません。

           

          根元の筋肉がしっかりしていると、

          舌先を脱力することが出来るようになり、

          舌先が脱力しているからこそ、

          素早く動かすことが出来るようになるんです。

           

          舌の根元の筋肉がちゃんと発達していないと、

          舌全体に力を入れて発音するようになり、

          舌の素早い動きをさまたげてしまうんですよね。

           

          さ、歌が速くてついていかれないとお嘆きのあなた。

           

          今年は、舌の筋トレ頑張って見ませんか?

           

           

          ★東京フラメンコ理論オープンクラス<グアヒーラと仲間達>

           次回は1月13日渋谷にて くわしくは こちら

          ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

          ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | ボイストレーニング | 17:16 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          この季節に、お勧めのど飴
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            今日はちょっと珍しいお話しをひとつ。

             

            風邪が流行ってきて、

            毎日マスクをつけている方も多いと思います。

             

            マスクはウイルスを完全には防げないと言うけど、

            喉を乾燥から守る効果はしっかりあると思いますよ。

             

            そして、喉を使う人のもうひとつの必需品と言えば、

            のど飴 です。

             

            のど飴って、

            法律的にどうこうっていう決まりはないそうなんですが、

            なんか喉によさそうって感じで、

            この時期買い求める方も多いと思います。

             

            医薬品のトローチは、結構強いので、

            使いすぎると逆に喉をいためたりすることもあるし、

            あくまでも治療用なので、

            なめてすぐに歌わない方がいいものも多いですね。

             

            そこで、実際に結構効果があって、

            でも、薬じゃないのど飴をお勧めしたいと思います。

             

            それは マヌカハニー の入った物です。

             

            以前は珍しかったマヌカハニー入りの飴も、

            最近はあちこちのメーカーから出ていて、

            その濃度によってお値段もまちまち。

             

            味にちょっとくせがあるので、初めての方は、

            普通にスーパーにある200円程度のものから、

            始めてみるといいと思います。

             

            もうちょっとパンチのある物をという方は、

            自然食品系のお店やはちみつ専門店にいくと、

            マヌカハニーの含有量がかなり高めのものが手に入ります。

             

            これは、かなり効きますよ。

             

            マヌカハニーの効果は、とにかく高い殺菌力。

             

            でも、はちみつなので、殺菌力は強くても、

            喉に負担も少ないですし、

            痰がすっと切れて声が戻って来る感じがします。

            (あくまでも私個人の意見ですけど。)

             

            声を使うかどうかはともかくとして、

            この時期、喉の殺菌力を期待する方には、

            一番のお勧めです。

             

             

            ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

             次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

            ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

            ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | ボイストレーニング | 11:26 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            生徒に泣かされちゃう♪
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              先日のレッスンでのことです。

               

              生徒さん達と自分の声についてちょっと話していました。

              そうしたらある生徒さんがこんなことを仰いました。

               

              ”以前は自分の声が嫌いだったけど、

              そういえば、カンテを学ぶうちに気にならなくなったんです。

              今でも一番好きな声じゃないけど、

              別に嫌だとは思わないです。”

               

              他の生徒さんも続きます。

              ”うんうん。私も前は自分の声大っ嫌いだった。

              でも、いつのまにか嫌いじゃなくなってる。”

               

              みゅーーー。

              私はちょっと目がうるうる。

               

              丁寧に学んで来たからこそ、

              自分の声を受け入れられたし、

              声自体もたくさん歌うことで以前よりずっと魅力的になって、

              今の声にまで育ったんだと思ったら、

              カンテの先生冥利につきるっていうか、超幸せで。

               

              大人になって習う芸事って、

              所詮ひまつぶしって言う人も多いです。

               

              確かにそういう側面もあります。

              ありますけど、こんな素敵な効果もあるんです。

               

              声はその人自身を表すもの。

               

              カンテを学んで魅力的な声になって、

              その声を自分自身で今までより好きになれたら。

               

              うん、すんごくいい♪

               

               

              ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

               次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

               

              ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

              ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | ボイストレーニング | 04:10 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              歌が上手になる本当の秘密って
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                今までに、当教室には何人かの

                すでに他のジャンルではプロの歌手の方がお見えになりました。

                 

                もちろん、誰でも知ってる大スターという訳ではありませんが、

                CDをリリースしていたり、テレビに出ていたりなどなど、

                ある程度お仕事になっている方々です。

                 

                そんな方々がお見えになる理由はさまざまで、

                たとえば事務所に言われて来る方、

                ご自身の芸の幅を広げようとして来る方、

                単純にカンテフラメンコが好きで来る方などなど。

                 

                それらの方々をお教えしていて、

                いつも感じる共通の問題点があります。

                 

                スペイン人のカンテ練習生の、

                だれもが当たり前にわかっていること、

                その方々はわかっていないのです。

                 

                それは・・・

                 

                <自分の今持っている声を、

                <どうやって生かしたらいいかにこだわる事。

                 

                こんな声になりたい、とか、

                こんな風に歌いたいというビジョンがあったとしても、

                それは、今の自分の持っている声とは全く違う声だし、

                今の声のままでは実現不可能な歌い方なんですよね。

                 

                だから、頑張って練習しても自分の歌に満足できない。

                 

                満足感がないので、自分の歌の練習も大雑把になりがちで、

                完成度にこだわりがないのです。

                 

                上達って、

                どんな芸事でもそうなんですけど、

                究極の完成度をもとめることで、

                そこにこだわることで、はじめて起きること。

                 

                もちろん、ボイストレーニングをして、

                声を鍛えることは同時にしなくちゃいけないんですけど、

                今、この瞬間持っている

                <自分の声を生かして歌う>方法をさがすことは、

                歌い手には絶対に必要なことなんです。

                 

                人間の声は楽器と違って、取替えがききません。

                 

                そして、どんなにトレーニングしても

                毎日確実に変化してしまいます。

                 

                自分の声が気に入らなくても、

                変化して欲しくないと思っても、

                それは、しょうがないこと。

                 

                たぶん、世界中のどの歌手にも、

                自分の声をもともと100%気に入っていた人は

                1人もいないでしょう。

                 

                でも、自分の声を嫌いなままでは、

                観客にとって魅力的な歌を歌うことは不可能です。

                 

                自分の声を好きになれる最大のコツ

                 

                それは、<自分の声を生かして歌おうとすること。>

                 

                自分の声を生かして歌う方法を模索し続ける事で、

                ああ、ここをこう歌えば綺麗に聞こえる、

                こうやって歌うと意外とセクシー、

                なんていう風に自分の声の魅力を発見できるから。

                 

                 

                それは、丁度、

                自分の体形を愛して洋服を探すことに似ていると思います。

                 

                理想の体型目指してトレーニングすることも大事だけど、

                今の自分の体形を生かした洋服を選ぶことも、

                日々楽しくすごすことに必要なのと一緒です。

                 

                完全に自分が理想とする体型には、

                ほとんどの人がなれないでしょう。

                 

                でも、似合う洋服を着て魅力的になることは、

                だれでもができること。

                 

                 

                理想とする声にこだわるのではなく、

                今、自分の持っている声を最大限に生かす。

                 

                <こういう声じゃなくっちゃだめ>

                っていう縛りがないカンテフラメンコだからこそ、

                あなたの声をそのまま生かしてOKなんです。

                 

                 

                ちなみに・・・

                 

                歌い手にとって、

                <自分の声を肯定する>ことは、

                <自分の人格そのものを肯定する>ことに繋がります。

                 

                もしあなたが、自分の声を肯定できずに苦しんでいるのなら、

                ぜひカンテを学んでみてください。

                 

                きっと素晴らしい切っ掛けになると思います。

                 

                もちろん、

                あなたの声を否定する指導者を選んではいけませんよ。

                その人はたぶんカンテを理解していないはずですから。

                 

                 

                東京フラメンコ理論オープンクラス<ソレアについて>

                次回は10月27日渋谷にて くわしくはこちら

                 

                東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | ボイストレーニング | 11:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                おばちゃん声にならない為のボイトレ
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  声のお悩みを持つ方って本当に多くて、

                  特に女性の場合、

                  中高年になると俗にいうおばちゃん声、

                  そして、おばあちゃん声に変化することも多く、

                  自分の声もそうなっちゃうの?と

                  震えちゃう方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

                   

                  声もそうなるのは自然なことと思うかもしれませんが、

                  メンテナンス次第で若い声を保つことは可能です。

                   

                  たとえば・・・

                  一番声を保っている代表は、声優さん達。

                   

                  実はもう80代の声優さんもいらっしゃるように、

                  声だけ全く変わってないですよね。

                   

                  普段、お顔を拝見することはないのですが、

                  たまにテレビのバラエティなどに出演されているのを見ると、

                  確かに年齢には見えないほど姿もお若いものの、

                  声からイメージされる年齢とは

                  だいぶ差があるのではないでしょうか?

                   

                  では、どうやったら若々しい声を保つことが出来るのか、

                  少しお話ししていきたいと思います。

                   

                   

                   

                  声がしわがれてしまう原因。

                   

                  それは一言で言うと乾燥と過度のまさつによる刺激です。

                  はい、お肌のしわと一緒でございます。

                   

                  まず、乾燥です。

                   

                  粘膜の乾燥を防ぐには、

                  まずは充分に水分を取る事、

                  そして粘膜を乾燥させる2大要素の、

                  アルコールとカフェインをひかえる事。

                  基本的な栄養、特にタンパク質もかかせませんね。

                   

                  そして、過度のまさつによる刺激。

                   

                  これは、たとえばカラオケでまちがった歌い方で、

                  長時間叫び続けたり、

                  ほこりが多い場所や、寒すぎる場所にいたり、

                  そういう物理的刺激って、すぐひどい状態をまねきます。

                   

                  お肌と一緒で、

                  若い頃はちょっと痛めても数日で治ったのに、

                  ある程度のお年頃になると、一度痛めたらそのままに・・・

                   

                   

                  はい。声を守るのって、普通に健康を守る事なんです。

                   

                   

                  東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

                  次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

                  東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | ボイストレーニング | 13:21 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  歩くトレーニング、声のトレーニング
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    ウオーキングレッスン、流行ってるっていうか、

                    かなり一般的になったと思いませんか?

                     

                    以前は、ウオーキングレッスンなんて、

                    モデルさんが受けるものだと思われていたのに、

                    今では、ごく普通の人でも受けることが多くなりました。

                     

                    理由は、キレイに歩けるとかっこいいし、

                    かなりスタイルアップして見える。

                     

                    そして、姿勢よく歩くことは、

                    健康につながることは、ご存じですよね。

                     

                     

                    では、声のトレーニングはどうでしょう?

                     

                    <美しい声で話すことは、良い事だとは思うけど、

                    <アナウンサーでもないのに、必要ない。

                     

                    そう思うそこのあなた。

                    周りの人のことを考えてみてください。

                     

                    <穏やかで柔らかい声の人をどう思いますか?

                    <逆に勘に触るとげとげしい声の人はいかがでしょう?

                     

                    声は人とのコミュニケーションの基本です。

                    実は、人は見かけよりも、

                    声のイメージで相手を判断しているって言われています。

                     

                     

                    それに、もっと大事なことが声にはあります。

                     

                    それは・・・

                    自分の姿は鏡をみなければ見えないけれど、

                    自分の声は24時間ずっと聞こえているってこと。

                     

                    つまり、自分の声を聞いて心地よくなければ、

                    自分が声をだすたびに、嫌な気分になっちゃうんです。

                     

                    他人との関係の基本は声ですけど、

                    実は、自分自身との関係の基本こそ声なんですよね。

                     

                    ボイストレーニングは、自分自身の心のためにある。

                    私はそう思っています。

                     

                    東京フラメンコ理論入門課8月18日9月8日渋谷2分 詳細はこちら

                    次回大阪はリズム、ブレリア、ペテネーラ9月29日 詳細はこちら

                    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | ボイストレーニング | 19:02 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    生徒が信頼してくれればこそ。
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      生徒さんが上達する!

                       

                      これ、指導者にとって、ものすごーーく嬉しい事です。

                       

                      ただ、どんなに一生懸命指導しても、

                      生徒さんが上達するとは限りません。

                       

                      一番大事なことは、生徒さんが指導者を信頼しているかどうか。

                       

                      というのも、、、

                      踊りと違って、歌はしゃべって説明することが基本。

                       

                      だから、生徒さんと言葉でのコミュニケーションが取れないと、

                      指導はうまくいきません。

                       

                      もちろん、こちらもプロですから、

                      言葉をつくし、なんとかわかって貰おうと頑張ります。

                       

                      でも、、、

                      指導って言っても、結局は人間関係なのです。

                       

                      お互いが信頼しあえれば、

                      いい声を出せるようになるって言うハードルが高い課題だって、

                      なんとかなっちゃうんですよね。

                       

                      そして、目の前でそんな変化が起こった時、

                      私は超幸せになっちゃいます。

                       

                      今夜も、しっかりなりましたよ、超幸せ。

                       

                      だって、ある生徒さんが

                      又ひとつ大きなヤマを越えたんですもん。

                       

                      ずっと子供っぽい歌い方で悩んでいたのに、

                      今日のカンテは、めっちゃ大人でセクシーでした。

                       

                      あー、みかん祭り、楽しみすぎますぅぅうぅ。

                       

                      他のクラスのみなさんも、お楽しみにね♪

                       

                      ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                       ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                      (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                      こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                       

                      東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | ボイストレーニング | 22:13 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事