CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
フラメンコ理論入門課終了です。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    東京教室、フラメンコ理論入門課は、

    本日楽しく終了いたしました。

     

    前回に引き続き、穏やかに、さらさらと講座は進み、

    時間内に無事終わることが出来ました。

     

    本日の一番の盛り上がりは、

    アレグリアスの歌の長さの変え方あたり。

     

    実はアレグリアスは、同じメロデイ同じ歌詞で、

    最短7コンパスから、最長13コンパスにまで

    合わせることができるんです。

     

    どうやって??? 

     

    それは、繰り返しの回数を調整して、、、です。

     

     

    調整方法にはきちんと決まりがあって、

    その方法を守れば、誰でも簡単に合わせることが出来ます。

     

    ちなみに、その方法は曲種ごとに違っているので、

    1曲ずつ学ぶ必要があるんですよ。

     

    でも、踊りバックで使うカンテは限られているので、

    踊りバックに限定すれば、

    学ぶのはそんなに大変じゃありません。

     

    その辺りのことを学びたい方、

    ぜひ次回開講時にいらしてくださいね。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 9月25日 詳しくはこちら

    大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月ごろ 詳しくはこちら

    東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

    | お教室案内 | 22:14 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    理論入門課1回目、なごやかに終了♪
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      今日は、東京の理論入門課の1回目でした。

       

      いつもなら、時間が足りなくなっちゃうこの講座、

      今日はなぜか時間に余裕が。

       

      というのも、なんともなごやかだったんです。

       

      だって、するどいつっこみも、

      しつっこい質問も、

      全然なかったんですもん。

       

       

        へー、そうだったんですね。

        うわー、目の鱗がー・・・

        面白ーーーい。

       

      そんな感想を仰りながら、楽しそうにお帰りになった生徒さん達。

       

      はい、私も楽しかったです。

       

      次回も、ご一緒に楽しみましょうね♪

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

      ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 9月25日 詳しくはこちら

      大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月ごろ 詳しくはこちら

      東京フラメンコ理論入門課 9月10日、24日 詳しくはこちら

       

      | お教室案内 | 20:11 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      あさっては理論入門課♪
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        今度の日曜10日と、24日は東京教室の理論入門課です。

         

        今日は久々に近所のカフェにこもって、

        講座内容の見直しをしました。

         

        実は、この講座、もう15年ほど開講し続けています。

        参加者は500人を超えているんですよ。

         

        この15年の間に何度か講座内容を変更していますが、

        本質的なことは特に変わっていません。

         

        <フラメンコとは一体何なのか?

         

        <スペインではフラメンコをどうとらえているのか?

         

        <日本とはどこが違うのか?

         

        <フラメンコを学ぶためにはどうしたらいいのか?

         

        そんなことを、いろいろとご紹介しているのですが、

        15年もの間、日本人のフラメンコの知識は

        あまり向上していないみたいなんですよね。

         

        世界的にも、日本人はフラメンコの理論に興味がないって、

        言われて久しいんですけどね・・・とほほ。

         

         

        ぼちぼちいかがですか?

        世界水準のフラメンコに日本もなりましょうよ♪

         

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

        ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 9月25日 詳しくはこちら

        大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月ごろ 詳しくはこちら

        東京フラメンコ理論入門課 9月10日、24日 詳しくはこちら

         

        | お教室案内 | 18:17 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        東京、フラメンコ理論入門課、お申込み受付中。
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          お待たせいたしました。

           

          ☆☆ フラメンコって何? ☆☆

           

          その歴史は?

          曲種ってどうやって分けてるの?

          フラメンコの暗黙の了解って?

          即興ってどうするの?

           

          そんなフラメンコ大好きなあなたの疑問をするっと解決する、

          フラメンコ理論入門課の次回開講が決定しました。

           

          東京、大阪合わせ、500名以上の方が受講した人気の講座です。

           

          受講者も、

          カンテ練習生、ギター練習生、バイレ練習生にとどまらず、

          すでにプロ活動をしているフラメンコアーティスト、

          お教室の主催者、お店の経営者、

          フラメンコに興味のある他ジャンルのミュージシャン、

          そして、まったくの初心者の方まで、

          バリエーション豊かです。

           

          フラメンコの歴史の解説に3時間、

          フラメンコの分類、構成などに3時間の、

          計6時間の講座なんですが、

          内容は年々バージョンアップしています。

           

          もちろん、その時の参加者に合わせて、内容やレベルも調整して、

          わかりやすくて面白い、そんな講座をめざしています。

           

          毎回、最後に質問コーナーを設けているのですが、

          その方の立場や興味によって、内容も多岐にわたり、

          私も毎回少しどきどきしながらの解説となります。

           

          今までのフラメンコへの思い込みをちょっとそこに置いて、

          どうか真っ白な気持ちでご参加ください。

           

          6時間の講座が終わるころには、

          きっと今まで以上にフラメンコが好きになっているはずですから。

           

           

           

          <<東京、フラメンコ理論入門課 2017年9月分案内>>

           

          フラメンコを始めたとき、誰でもが疑問に思う曲種の分類方法、
          フラメンコがどうして今のようになったのかを理解するための発展の歴史、
          そして、一番重要なフラメンコとはいったい何なのかということを、
          まとめてご紹介いたします。
          フラメンコに関する質問をお受けするコーナーもございます。

          1回3時間の講座を2回の計6時間で、
          目の鱗がぽろぽろ落ちる体験をしてみませんか?


          日程: 2017年9月10日と24日(日曜)13時〜16時 の 計6時間
          会場: カンテデナランヒータスタジオ(東横線祐天寺駅徒歩7分)
          定員: 8名
          参加費:20000円

           

          お申込み方法:ご住所、電話番号、お名前を明記のうえ、

          メールで cante@naranjita.com へお送りください。

          先着順に受付いたします。

          講座受講に関するメールでのご質問にもお受けしておりますので、

          お気軽にご連絡ください。

          (ご住所、電話番号、お名前を必ずお書き添えください。)

          詳しくは当教室HPもご参照ください。

          http://cante.naranjita.com/tokio/pg82.html 

           

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

          ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 8月28日 詳しくはこちら

          大阪パルマ、カンテクルシージョ 9月3日 詳しくはこちら

          | お教室案内 | 00:09 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          グラナダのお山は見えましたか?
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            カンテ中級クラスは、

            みかん祭りが終わって、グラナイーナに入りました。

             

            とりあえず、グラナイーナのメロディは覚えた生徒さんに、

            ちょっと聞いてみました。

             

            ”グラナダのお山は見えましたか?”

             

            ”そうですねー、遥か彼方にちいさーく。”

             

            ”バスでグラナダに行く時みたいですか?

             ずーっと向こうに山頂がちょこっと見えてくるんですよね。”

             

            ”メロディは覚えましたが、ここから歌にするのが・・・。”

             

             

            はい、確かに大変だと思います。 

             

            でも、今思えば、その時間が一番楽しかったような。

             

            ほぼカンテを覚え終わってしまった私には、

            もう味わえない楽しい時間ですから、

            しっかり味わってくださいね。

            | お教室案内 | 21:41 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            次回大阪クルシージョは9月3日に決定しました。
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              メルマガ会員の方にはもうお知らせが届いていると思いますが、

              次回の大阪クルシージョのお申込み受付が始まりました。

               

              次回の日程は9月3日(日)

              会場はいつもの心斎橋の音楽スタジオです。

              詳細はHPをご覧ください。

              http://cante.naranjita.com/osaka.html

               

              今回は、前回にひきつづき3クラスを開講いたします。

               

              1つ目はパルマクラス。

              今回はシギリージャに挑戦です。

              シギリージャは難しいというイメージがあると思いますが、

              スペインでは普通に初心者クラスで取り上げられる曲種。

              ちょっとしたコツを掴めば、楽しんで頂けると思います。

               

              2つ目は、シギリージャのカンテクラスです。

              前回に引き続き2回目なんですが、

              前回学んだメロディの丁寧な復習からはいりますので、

              今回初参加の方もご心配なく。

               

              3つ目は、カンテの勉強法クラス。

              今回は、一応覚えたカンテを歌いこなせるようにするための、

              自習方法を丁寧にご紹介いたします。

              今までにスペイン人クルシージョなどで、

              何曲かカンテを学んでは見たものの、

              どうにもこうにも歌いこなせていないとお悩みのあなたに、

              特にお勧めいたします。

               

              どのクラスも初めての方にもご参加頂けるよう、

              丁寧にゆっくり進めて行きます。

               

              暑い大阪で、熱いフラメンコはいかがですか?

              | お教室案内 | 16:09 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              プロのカンテの先生だから。
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                新入希望の方に、どうして当教室にいらしたんですか?

                と伺うと、

                私がフラメンコ歌手としてスペインで認められているから、

                なんて答えを頂くことがあります。

                 

                おや???

                 

                スペインでフラメンコ歌手として認められていれば、

                その人の生徒になるのでしょうか?

                 

                 

                フラメンコ歌手としてどうかはともかくとして、

                私はスペインのフラメンコ芸術学院から、

                カンテとフラメンコ理論の先生として認められています。

                 

                 

                そうなんです。

                私はスペインで、カンテの先生として認められているんです。

                 

                カンテの教授法は、生前師匠のナランヒートに教わりました。

                 

                当時、私自身が学んでいるカンテプロコースだけではなく、

                一般のカンテコースや、夕方の趣味のカンテコースまで、

                ナランヒートが教えるクラスには常に同席させて頂きました。

                 

                そこで、カンテの初級者達に、

                どうやったらカンテを教えることが出来るのかを、

                つぶさに学ぶことが出来たんです。

                 

                ”今、あの生徒にはなにをアドバイスすべきだと思う?”

                 

                レッスンの休憩時間に、ナランヒートによく聞かれた質問です。

                 

                ”アレンジに関してはもう少し先の方がいいと思います。”

                 

                ”そうだね。僕もそう思うよ。”

                 

                ”今は、丁寧にゆっくり正確に歌う、つまり集中することを、

                 教える方がいいのではないでしょうか。”

                 

                ”じゃ、そうしよう。”

                 

                 

                校舎の3階にあがる階段の裏で、ナランヒートと、

                こんな話し合いを、いったいどれだけしたことでしょう。

                 

                ”いつか教える日の為に、今、しっかり学びなさい。”

                 

                まだカンテの先生になるかどうかすら決めていなかった、

                そんな当時の私に、ナランヒートは毎日繰り返し繰り返し、

                生徒の状態の見方と必要な練習法を教えてくれました。

                 

                 

                今後、当教室の門を叩く方。

                <スペインでカンテの先生として認められているから>

                そんな理由でいらして頂けると、嬉しいです。

                 

                効率よく確実に丁寧に、カンテをお教えしております。

                | お教室案内 | 21:29 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                あなたのこと、、、もっと知りたいの。
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  昨日は楽しい大阪クルシージョでした。

                   

                  今回は常連さんが多かったので、

                  みなさんの気持ちはほぼ把握しているつもりだったのですが、

                  まだまだ、、、まだまだ、、、

                  知らないことがいっぱいあったんです。

                   

                   

                  たとえば・・・

                   

                  みなさん、カンテってスペイン人にとっては簡単って思ってます?

                   

                  えーーーーーーーー、、、そんなあああああああ。

                   

                  カンテはスペイン人にとっても、ものすごく難しいんですよ。

                   

                  だから、スペインでカンテの勉強をしていますっていうと、

                   

                  ”あらー、あなた真面目ねー。勉強家ねー。

                   私、そんな根性ないわー。”

                   

                  なんて言われちゃいます。

                   

                  そして、師匠がナランヒートだなんて言おうものなら、

                   

                  ”えええーーーー。。。

                   ありえない、ありえない。

                   そんな恐ろしいところにいるなんて、

                   あああ、脳みそが壊れるーーー。”

                   

                   

                  わかりますか?

                  日本人なのにすごいわね、じゃないんですよ。

                  スペイン人だとしても、

                  かなり根性座ってるってことらしいんです。

                   

                  ちょっと無理やりかもしれませんが、

                  日本で言う、

                  弁護士試験を受けようと勉強している人に対する、

                  あの感じに近いような。

                   

                   

                  それから、フラメンコ歌手になるのが狭き門だってことも、

                  知らなかったんですって。

                   

                  日本では、勉強すれば結構な確率でプロのカンテになれますよね。

                   

                  でも、スペインではちゃんと生活できるカンテさんになれるのは

                  カンテ練習生100人に、いえ1000人に1人くらいでしょうか?

                   

                  もしかすると、もっと少ないかもしれません。

                   

                  そうですね、わかりやすく言うと、

                  歌好きなお兄ちゃんがエグザイルに入れる確率と同じくらいかも。

                   

                   

                  フラメンコ歌手、、、、

                   

                  踊りバックで歌うだけなら、そこまで人気ないかもしれませんが、

                  カンテソロで売れれば、普通に歌番組にも出れるし、

                  ファッション雑誌のグラビアも飾れるし、

                  豪華な別荘だって、夢じゃありません。

                   

                  スペインでは、フラメンコ歌手は芸能人だってこと、お忘れなく。

                  | お教室案内 | 19:39 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  もうすぐ大阪クルシージョ
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    今度の日曜は大阪クルシージョです。

                     

                    今回は、5人のパルマのブレリア、

                    へレスのシギリージャの1回目、

                    そして、カンテの勉強法の1回目を行います。

                     

                    写真は、先日図書館にこもって、

                    カンテの勉強法をどう説明しようか、

                    あーでもない、こーでもないと書きだしたもの。

                     

                    いつも、A3の用紙にいろいろと書き出しては、

                    お話しする順番を決めたり、取捨選択もして、

                    当日の内容を決めています。

                     

                    鋭い方は、今回のレッスン一覧の中の、

                    カンテの勉強法の1回目の<1回目>に目が行ったかも、

                    しれませんね。

                     

                    実は、ここ数週間カンテの勉強法をどうご説明しようか、

                    ずっと考えてきたんですが、

                    やっぱり、どう考えても1回じゃ無理なんですよね。

                     

                     

                    とりあえず今回は<カンテを覚えるまで>を

                    取りあげようと思います。

                     

                    カンテレッスンに行って、先生にその場で教わっても、

                    結局、家で一人では覚えきれなくて、

                    そのまま、、、、忘却の彼方、、、、

                     

                    なんて方、いらっしゃるんじゃないですか?

                     

                    先生のお手本の録音を聴いてはみるものの、

                    なにがなんだか、もうどこから手を付けたらいいのか、

                    ちんぷんかんぷんで・・・涙

                     

                    それ、、、、私もそうだったんですよね。

                     

                    カンテはとっても難易度の高い歌です。

                    譜面もないから、どうやったら覚えられるようになるのか、

                    私もぜんぜんわかりませんでした。

                     

                    でも、スペイン人のクラスメイト達の勉強法を見て、納得。

                     

                    私がカンテを覚えられなかったのって、

                    外国人だからなんかじゃなかったんです。

                     

                    <覚え方を知らなかったから>ただそれだけ。

                     

                    スペイン人クラスメイトの方法を真似したら、

                    彼らよりも速いスピードで覚えられるようになりました。

                     

                     

                    今回は、

                    そのスペイン人カンテ練習生達には常識のメロディの覚え方に、

                    私が今まで日本でカンテをお教えしてきた中で培った、

                    スペイン語になじんでいない方の為の歌詞の学び方を組み合わせて、

                    カンテのメロディに歌詞が乗った状態までを、

                    確実に覚えられる方法を丁寧にご紹介いたします。

                     

                     

                    今までのカンテレッスンで撮り溜めた録音のある方。

                     

                    この方法を学んで、その録音を活かしてみませんか?

                     

                    募集人員は残り若干名。

                    当教室がはじめての方でも大丈夫。

                     

                    ぜひこの方法、この機会に習得してください。

                     

                     

                    日時:6月4日(日)1530〜1730

                    場所:心斎橋パワーサウンドスクエアスタジオ

                    参加費:7000(税込)

                    (スタジオ年間登録料が別途1080かかります)

                     

                    お申し込みはメールで、cante@naranjita@com

                    お名前、ご住所、電話番号を明記のうえお送りください。

                     

                    開催日がせまっておりますので、急いで急いで♪

                     

                    | お教室案内 | 12:37 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    チャンレンジャーな生徒達と
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      みかん祭り(お教室ミニ発表会)を来月に控え、

                      ぼちぼちレッスンでも、それぞれの曲の練習に入っています。

                       

                      歌う曲もほぼ決まったのですが・・・

                       

                       

                      あのー、生徒のみなさん、チャンレンジャーすぎません?

                       

                      そんな最近覚えたばっかりの曲にしなくっても。

                       

                      それに、もともと得意な曲にすればいいのにー、

                      なんであえて苦手な曲ばかり選ぶの???

                       

                       

                      私だったら、なるべく前に覚えた曲で、

                      自分の声を活かせるカンテを選ぶのになー。

                       

                      チャレンジャーなのねーーー。

                      | お教室案内 | 22:08 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事