CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
メルマガ200号本日発行 ご愛顧感謝です。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    おはようございます。

    さきほどメルマガ200号の予約配信の設定が終りました。

    メルマガを登録してくださった方々にお昼過ぎに届く予定です。

     

    当メルマガも今回で無事200号を迎えることが出来ました。

      ♪どんどんぱふぱふ♪

     

    これも、ひとえにご愛顧下さった皆々様のお蔭です。

      ♪感謝感激雨あられ♪

     

    これからも、読んで思わずほろりとする?

    (嘘です。フラメンコ理解のお役に立つ)

    メルマガを書いて行こうと思っておりますので、

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

    さて、今回のフラメンココラムは、カンテの歴史と流行の5回目、

    フランコ総統はカンテがお好き♪を書いてみました。

     

    ところで、フランコ総統はご存知ですか?

     

    スペインを長きにわたって支配した独裁者なんです。

    彼が亡くなったのは1975年。

    結構最近まで、スペインは独裁政治が続いていたんですよ。

     

    フランコ総統は、外交にもフラメンコを利用していて、

    アメリかなどの政治家や大スターをスペインに呼んでは、

    フラメンコを見せていたようです。

     

    フランコ総統がフラメンコに与えた影響はかなり大きく、

    実は、現在のフラメンコにもその影が色濃く残っています。

     

    当コラムでは、

    少しずつそのあたりのことを書いて行きたいと思いますので、

    ぜひ最後までお付き合いください。

     

    コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

    (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

    コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

     

    他には6月30日に決定した大阪クルシージョのご案内、

    実は私の生歌披露もある東京理論入門課のご案内もあります。

    この機会にちょっとフラメンコに詳しくなってみませんか?

    お問い合わせお待ちしております。

     

    ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

      大阪クルシージョのご案内は こちら

      東京教室のご案内は こちら

     

    コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

    なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

    (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

     メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

    よろしくお願いします♪

     

    フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

    解除も同じページで可能です。

    登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

    確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

     

     

    ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

     ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

    (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

    こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

     

    大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | お教室案内 | 00:43 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    私をチアアップするのは?
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      当教室では、ある程度ベテランさんになってくると、

      その日レッスンで歌うカンテを生徒さんが自由に決められます。

       

      レッスンの最初は、ウオーミングアップかわりに歌うカンテ。

       

      中盤は、今一番乗っている充分歌いこまれたカンテ。

       

      最後に現在修得中のカンテです。

       

       

      先日のレッスンでのことです。

       

      一番ベテランの生徒さんったら、

      実際のカンテももちろん上手なんですけど、

      この選曲がなんともセンスがあるんですよね。

       

      私がちょっと元気がないと、

      生徒さんと私がいっしょに歌える歌をさりげにチョイス。

       

      まずは、別名校歌と呼ばれているファンダンゴ・デ・ウエルバ。

      合いの手を私が入れるのもお約束です。

       

      次に、楽しいセビージャのご当地ルンバ。

      生徒さんの歌に私がハモれば、

      なんだかウキウキして、生徒も私もにっこにこに。

       

      ここまで来たら、ヘビーなカンテもどんと来いです。

      ペテネーラでもマラゲーニャでも、ばっちり決まります。

       

      よっ、この乗せ上手♪

       

      私の扱い方もベテランさんなのです。

       

       

      大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

      東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | お教室案内 | 20:30 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      メルマガ197号本日発行 カンテの伴奏の歴史って? 
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        おはようございます。

        メルマガ197号の予約配信のセットが完了しました。

        登録してくださった皆さんにお昼過ぎ頃届く予定です。

         

        ところで、暑い週末でしたね。

        六本木のアートナイトに行きたいと思っていたんですが、

        ちょっと暑さにやられちゃったみたいで、、、残念。

         

        行っていらした方、今年は盛り上がりましたか?

         

        現代アートの街イベントも、六本木だけにとどまらず、

        かなりあちらこちらで開かれるようになりましたね。

        今年の夏は、久々にいくつか行ってみたいと思っています。

         

        さて、今回のメルマガですが、

        前回新連載を開始したフラメンココラムは、

        カンテの歴史と流行の2回目で、

        カンテの伴奏の歴史をお届けします。

         

        カンテの伴奏ははじめっからギター1本に決まってる!

        なんて言ってるとちょっと恥ずかしいかも。

        ぜひ、参考にしてください。

         

        詳しくは、メルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

        (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

        コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

         

        他には6月30日に決定した大阪クルシージョのご案内、

        実は私の生歌披露もある東京理論入門課のご案内もあります。

        この機会にちょっとフラメンコに詳しくなってみませんか?

        お問い合わせお待ちしております。

         

        ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

          大阪クルシージョのご案内は こちら

          東京教室のご案内は こちら

         

        コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

        なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

        (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

         メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

        よろしくお願いします♪

         

        PCやスマホをお持ちの方は、

        フラメンココラムをお教室HPでも読むことが出来ます。

        コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

         

        フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

        解除も同じページで可能です。

        登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

        確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

         

         

        大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

        東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | お教室案内 | 07:22 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        メルマガ196号本日発行 カンテの歴史と流行連載開始 
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          おはようございます。

          先ほどメルマガ196号の予約配信をセットしました。

          登録された皆さんにお昼過ぎ頃届く予定です。

           

          昨晩は令和になって初めての満月♪

          まん丸な月に願いをかけた方もいらっしゃると思います。

           

          最近、時代の移り変わりを感じることが多くなりました。

          こういう時って、新しい時代にしなやかにのって行く人と、

          かたくなに古い時代に固着する人とが混在するように思います。

           

          でも、人々の心は新しい時代へと移り変わるもの。

          混在によるささくれも、少しずつなめらかになって、

          より素直で優しい世の中になっていくといいですね。

           

          さてっと、

          ここのところメルマガに、

          カンテの歌詞についてのコラムを書いてきました。

          ちょっとひと段落したので、今回からは新連載、

          カンテの歴史と流行をスタートします。

           

          日本ではカンテと言うと、

          ずっと変化しないものって思われているかもしれません。

           

          でも、あなたが<カンテ独特の雰囲気>って思っているものも、

          もしかすると一時の流行なのかもしれませんよ?

           

          というのも、カンテはメロディのみが決まっている歌。

          リズムもスピードも歌詞も伴奏楽器も伴奏方法も、

          そして歌い方、雰囲気に至るまで一切決まっていないんです。

           

          なので、すべてはフラメンコ歌手の自由なんですが、

          今まで、約20年ごとに大きな流行があって、

          そのたびにカンテは大きく変化してきました。

           

          そんなカンテの流行の変遷を、さまざまな角度から、

          少しずつお話していきたいと思いますので、お楽しみに♪

           

          詳しくは、メルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

          (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

          コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

           

          他には6月30日に決定した大阪クルシージョのご案内、

          実は私の生歌披露もある東京理論入門課のご案内もあります。

          この機会にちょっとフラメンコに詳しくなってみませんか?

          お問い合わせお待ちしております。

           

          ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

            大阪クルシージョのご案内は こちら

            東京教室のご案内は こちら

           

          コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

          なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

          (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

           メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

          よろしくお願いします♪

           

          PCやスマホをお持ちの方は、

          フラメンココラムをお教室HPでも読むことが出来ます。

          コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

           

          フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

          解除も同じページで可能です。

          登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

          確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

           

           

          大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

          東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | お教室案内 | 07:51 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          メルマガ195号本日発行 遊ばれないカンテ?
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            おはようございます。

            ここ数日、昼間は少し暑いくらいですね。

            朝は涼しくって、このくらいの気候が私は大好きです。

             

            野菜も豊富に出回ってお手頃なので、

            昨夜は常備菜を2品作ってみました。

            ホウレン草の練りごま和えとラタトイユ♪

             

            ホウレン草の胡麻和えは、

            普通お醤油味ですりごまで作ると思うんですけど、

            今回は白ゴマの練りごまと白だしで作りました。

            最近、この味付けにはまっています。

             

            ラタトイユは、なす、たまねぎ、ピーマンに、

            トマト缶と塩胡椒だけのシンプルな味付けに。

            野菜自体がおいしい季節だけの贅沢ですね。

            今日のお昼はこれでパスタにしようと思います。

             

            さて、メルマガのお楽しみ、今回のコラムは、

            カンテの歌詞に出てくる恋愛・結婚の続きで、

            <遊ばれないで、こっちが遊んじゃう?>です。

             

            カンテの歌詞らしい表現をいくつか集めて見たので、

            アンダルシアの人々の気質を楽しんで頂ければと思います。

             

            詳しくは、メルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

            (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

            コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

             

            他には6月30日に決定した大阪クルシージョのご案内、

            実は私の生歌披露もある東京理論入門課のご案内もあります。

            この機会にちょっとフラメンコに詳しくなってみませんか?

            お問い合わせお待ちしております。

             

            ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

              大阪クルシージョのご案内は こちら

              東京教室のご案内は こちら

             

            コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

            なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

            (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

             メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

            よろしくお願いします♪

             

            PCやスマホをお持ちの方は、

            フラメンココラムをお教室HPでも読むことが出来ます。

            コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

             

            フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

            解除も同じページで可能です。

            登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

            確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

             

             

            大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

            東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | お教室案内 | 08:13 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            令和初メルマガ194号本日発行 カンテの歌詞に出てくる香り
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              おはようございます。

              今日からお仕事の方も多いと思いますが、お目覚めいかがですか?

               

              私も通常営業に戻り、

              さきほどメルマガ194号の予約配信をセットしました。

              登録された皆様のお手元に、お昼過ぎ頃届く予定です。

               

              令和になって1週間、どんな時代になっていくのか、

              様々な方の意見、予想などが出揃ってきましたね。

               

              平成は、

              とにかく簡単にすぐにを追求した時代だったように思います。

               

              お稽古ごとの世界でも、

              1回だけのレッスン、とにかくその時間を楽しむ、

              みたいな傾向がどんどん強くなったんですよね。

               

              でも、それでは本当の満足感は得られないので、

              次から次へと新しいレッスンを取り続ける、

              という、まるで使い捨て文化みたいなノリでした。

               

              物に関しては、少ない物を大事にしよう、

              どんどん使い捨てるのは、もうやめようっていう考えが、

              だいぶ浸透しているように思います。

               

              芸事に関しても一緒です♪

              心の底からの満足を得るためには、

              丁寧にじっくりと1つの芸事と向き合うことが必要です。

               

              はい、カンテにぴったりの時代ってことですね。

               

              丁寧にじっくり向き合うことで、カンテの奥深さに触れ、

              歌う人自身の心も、

              それぞれのカンテの持つ感情によって、

              動かされ、癒される。

               

              踊りと違って道具もいりませんし、

              専用のスタジオも必要ありません。

               

              誰かと競うこともないので、マイペースでつづけられます。

               

              音楽的にも奥深い素晴らしい歌なんです。

              令和のスタートと一緒にカンテはじめてみませんか?

               

               

              さて、メルマガのお話しに戻ってっと、

              今回のコラムは、カンテの歌詞に出てくる様々な香りです。

               

              スペイン人は本当に香りが大好き。

              日常的にさまざまな香りを楽しんでいて、

              カンテの歌詞にもいっぱい登場しているんですよ。

               

              今回はカンテの歌詞に良く出てくる香りの中から、

              お花や食べ物の香りをご紹介しています。

               

              詳しくは、メルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

              (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

              コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

               

               

              他には6月30日に決定した大阪クルシージョのご案内、

              質問コーナーがいっつも盛り上がる

              東京教室の理論入門課のご案内もあります。

              この機会にちょっとフラメンコに詳しくなってみませんか?

              お問い合わせお待ちしております。

               

              ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

                大阪クルシージョのご案内は こちら

                東京教室のご案内は こちら

               

              コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

              なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

              (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

               メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

              よろしくお願いします♪

               

              PCやスマホをお持ちの方は、

              フラメンココラムをお教室HPでも読むことが出来ます。

              コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

               

              フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

               

               

              大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

              東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | お教室案内 | 07:45 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              次回大阪クルシージョ6月30日(日)お申込み開始♪
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                写真は渋谷にできたソニーのイベントスペース。

                AIBOも鯉のぼりを飾って貰ってごきげんのようです。

                 

                さて、先ほどお教室HP、PCスマホ用、ガラケー用ともに、

                大阪クルシージョの情報をアップしました。

                PCスマホ用のお問い合わせフォームにも、

                申し込み用の欄を設けました。

                (これよく忘れちゃうんですけど、今回は大丈夫です。)

                 

                本日から先着順にお申込みをお受けしますが、

                先日メルマガでお願いした日程アンケートに

                お返事下さった方のお席はちゃんと押さえてありますので、

                ご心配なく。

                 

                会場はいつもの心斎橋のパワーサウンドスクエア。

                地下鉄の心斎橋駅から徒歩数分、

                ポピュラーミュージック系の音楽教室の

                お教室をお借りしての開講です。

                日曜は学校の授業がお休みですからね。

                 

                パワーサウンドスクエアはお教室を借りているだけなので、

                レッスンのお申込み、お問い合わせは当方にお願いします。

                 

                というのも、

                以前、カンテコンサートの問い合わせが行ってしまい、

                御迷惑をおかけしちゃったことがあるんです。

                後でわかったんですけど、そのコンサートって、

                実は私とも当教室ともなんの関係もなかったんですよね。

                 

                フラメンコファンのみなさんって、熱い方が多いので、

                時々いろいろなことが起こっちゃうみたいで、、、。笑

                 

                大阪クルシージョのレッスンの内容などなどは、

                このブログで順次ご紹介したいと思います。

                 

                 

                少人数限定で、

                講師があなたの歌の状態もしっかり把握して、

                個々に丁寧に指導する、

                クルシージョっぽくないクルシージョです♪

                (クルシージョとは、短期レッスンのことです。)

                 

                 

                <カンテデナランヒータ・大阪クルシージョ案内>

                日程 2019年6月30日(日) 
                会場 パワーサウンドスクエア大阪(大阪市、地下鉄心斎橋駅徒歩3分)
                http://www.powersound.co.jp/htm/headline/access.html
                講師 ナランヒータ(セビリア市フラメンコ芸術学院公認講師)
                (講師による、簡易ギター(一五一会)での伴奏が付きます。)  

                1)ブレリアのカンテ 2時間 10時〜12時
                2)リズムトレーニング 1時間半 13時〜14時半
                3)ペテネーラ 2回目 2時間 15時半〜17時半
                 

                 

                大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

                東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | お教室案内 | 10:52 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                平成最後のメルマガ193号本日発行 大阪申込みスタート
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  おはようございます。

                  上の写真は、空が高くって初夏っていうより秋みたいな

                  昨日の東京です。

                   

                  私の趣味は日常的に身近な写真を撮る事♪

                  普段の生活でもミラーレス一眼を持って歩いては、

                  こうしてちょこちょこ撮っています。

                   

                  たまーにカメラを忘れた時に、

                  とっても撮りたい物に出会うのは、あるあるでしょうか?

                   

                  さて、さきほどメルマガ193号の配信予約が完了しました。

                  登録された皆様のお手元に、お昼過ぎ頃届く予定です。

                   

                  普段は、月曜が祝日の時は、火曜日に発行しているんですけど、

                  明日も国民の休日らしく、っていうか、

                  ずっと祝日とか休日とかなので、今日だしちゃいますね。

                   

                  今回のメルマガの目玉は、大阪教室の申し込み開始です。

                   

                  前回のメルマガで日程のアンケートをお送りし、

                  その後、みなさんからお返事も頂けて、

                  無事6月30日に決定することが出来ました。

                  お返事下さったみなさん、ありがとうございます。

                   

                  前回に引き続きペテネーラ、ブレリア、リズムの

                  3クラスを開講するんですけど、

                  今回初めての方も大歓迎ですので、

                  どしばし参加してください。

                   

                  メルマガを取っていらっしゃらない方は、

                  数日後にHPに告知を乗せますので、それをご覧になって、

                  HPのフォームからお申込み下さいませ。

                   

                  それから、今回のフラメンココラムは、

                  前回までのフラメンコの歌詞に出てくる恋愛・結婚の

                  <君は僕の星だ月だ太陽だ>の続きで 太陽だ をお送りします。

                   

                  君は僕の太陽だ♪ は日本の歌謡曲にも出てくる表現ですが、

                  スペインでは、太陽はちょっと違う使い方になるんです。

                   

                  というのも、日本で言う君は僕の太陽の<太陽>って、

                  この世にたったひとつのもので、

                  僕をあたためて、光を与えてくれる必要なもの、

                  っていうニュアンスですよね?

                   

                  でも、スペインには月と同じように太陽もいっぱいあって、

                  たったひとつっていう特別感はないんです。

                   

                  でも、スペイン人にとっても、

                  太陽ってもちろん大事なんですよ、、、たぶん。

                   

                  詳しくは、メルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

                  (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

                  コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

                   

                  他には質問コーナーがいっつも盛り上がる

                  東京教室の理論入門課のご案内もあります。

                  この機会にちょっとフラメンコに詳しくなってみませんか?

                  お問い合わせお待ちしております。

                   

                  ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

                    大阪クルシージョのご案内は こちら

                    東京教室のご案内は こちら

                   

                  コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

                  なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

                  (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

                   メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

                  よろしくお願いします♪

                   

                  PCやスマホをお持ちの方は、

                  フラメンココラムをお教室HPでも読むことが出来ます。

                  コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

                   

                  フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

                   

                   

                  新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に開講 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | お教室案内 | 09:45 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  メルマガ190号本日発行 君の顔ってバラみたい?
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    おはようございます。

                    東京は久々の雨の朝です。

                    花見最高潮の週末は、ずっとお天気でよかったですね。

                     

                    さて、先週は大阪クルシージョでお休みを頂きましたが、

                    さきほどメルマガ190号の配信予約が完了しました。

                    登録された皆様のお手元に、お昼過ぎ頃届く予定です。

                     

                    今回のフラメンココラムは、前回に引き続き

                    フラメンコの歌詞に出てくる<バラ>の最終回、

                    バラの持つ、もうひとつの意味をご紹介します。

                     

                    このフラメンコの歌詞シリーズ、

                    フラメンコの歌詞にはこんな特殊な言い方があるのね♪

                    って思われるかもしれませんが、

                    ほとんどの用法は日常でも使っているものなんです。

                     

                    スペイン人、特にアンダルシア人って、

                    言葉遊びが大好きなんですよね。

                    人と会話することが生活のベースな人たちなので、

                    平易だけどお洒落な言い方がたくさんあります。

                     

                    バラに関しては今回でおしまいですけど、

                    他の用語をもっと紹介したいと思っていますのでお楽しみに。

                     

                    それから、お教室案内としては、

                    東京教室の次回の理論入門課の予約を受け付けます。

                    まだ日程は決まっていないんですけど、

                    参加希望の方々に日程のアンケートをお送りして、

                    みなさんがOKの日に決めたいので、

                    興味のある方は、参加表明だけでもしてください。

                     

                     

                    ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

                      大阪クルシージョのご案内は こちら

                      東京教室のご案内は こちら

                     

                    コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

                    なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

                    (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

                     メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

                    よろしくお願いします♪

                     

                    PCやスマホをお持ちの方は、

                    フラメンココラムをお教室HPでも読むことが出来ます。

                    コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

                     

                    フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

                     

                     

                    新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に開講 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | お教室案内 | 09:27 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    これこそ、私が目指したカンテレッスンなんです。
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      都合数年間のスペイン留学を経て帰国し、

                      日本でのカンテ活動はもうこれ以上しないと決めていた私に、

                      どうしても教室を開けとせっついたのは、

                      他ならぬ最初の師匠のホセ・デ・ラ・トマサでした。

                       

                      ホセにしばらく教わった後、ナランヒートのクラスに移り、

                      そこで学び、ナランヒートのお名前を継承するほどになって、

                      ホセは、実は寂しい思いをしていたはずなのに。

                       

                       

                      日本でのカンテ教室開校をしぶっていたのは、

                      カンテの本当の面白さをきっと伝えられないと思ったから。

                       

                      踊りバックで歌って仕事にしたい、

                      踊りバックでイベントに出たい、

                      踊りの仲間のためにカンテが必要だから、、、

                       

                      そんな需要しか日本にはないって思っていたからなんです。

                       

                       

                      カンテの本当の面白さを教えてくれた、スペインの師匠達。

                      そして、実はなにより重要だったクラスメイト達。

                       

                      彼らがどれほどにカンテを愛し、

                      またどうしてそんなにカンテを愛しているのかを

                      目の当たりにした時、

                      スペインの大歌手のカンテをコピーするばかりの

                      日本のカンテファン達に、

                      伝えることができるとは到底思えなくて。

                       

                      、、、、、

                       

                      様々な音楽ジャンルを歌ってきた私にとって、

                      カンテはそれはそれは面白い歌でした。

                       

                      なぜなら、

                      他の音楽ジャンルでは、

                      その曲をどう表現するのかを決めるのは歌い手ではなく、

                      指揮者であったり、

                      音楽監督を担当するピアノやギターなことがほとんどです。

                       

                      でも、フラメンコ、カンテはそこが大きく違います。

                       

                      カンテをどう表現するかを決めるのは100%歌い手本人。

                       

                      歌い手が演目を選び、アレンジを考え、曲のイメージを決定し、

                      ひとつのコンサートのすべてを担う。

                       

                      伴奏者であるギターやピアノは、

                      歌い手のイメージの具現化の為に徹底的に裏方として頑張ります。

                       

                       

                      <カンテには正しいメロディがある。

                      私が繰り返しお話ししていることです。

                       

                      正しいメロディじゃなきゃいけない、

                      つまり自由度が低いって思われるかもしれませんが、実は逆。

                       

                      その正しいメロディを土台としてほどこされるアレンジには、

                      無限の可能性があります。

                       

                      もちろん、好き勝手にアレンジしていいという訳でもありません。

                       

                      <それぞれの曲種らしさを失わないようにアレンジする。

                      これがカンテの大原則です。

                       

                      正しいメロディが存在するのも同じ理由。

                      それぞれの曲種が混ざってしまわない為なんです。

                       

                      実は、カンテ創成期に

                      いくつかの曲種が混ざってしまった事がありました。

                       

                      そうなると何が起こるのかというと・・・

                      数種類の曲種が合体してしまい、

                      結果として、レパートリーが減っちゃって。

                       

                      カンテという文化を守るためには、各曲種の区別を明確にし、

                      レパートリーが減ってしまわないようにしないといけませんよね。

                       

                       

                      <正しいメロディを守り、それぞれの曲種らしいアレンジで歌う。

                      それでも、まだまだ無限の可能性があるのがカンテ。

                       

                       

                      カンテのメロディひとつひとつは、

                      歌い手がどんなにアレンジを加えても びくともしない。

                      なんとも骨太な作りをしています。

                       

                       

                      カンテの正しいメロディを覚え、

                      その曲種らしいアレンジを守るということは、

                      スポーツのルールのようなものだと私は思っています。

                       

                      <スポーツはルールがちゃんとある方が面白い。

                      以前、ある野球選手がおっしゃったことです。

                       

                      そのルールの中にあってこそ、プレーには無限の可能性があると。

                       

                       

                      日本でカンテ教室を開くと決めたとき、

                      (実は師匠のお名前を継いでから3年間もじたばたしました。)

                      私は、いつかスペインでナランヒートが行ったようなレッスンを、

                      開くことをこっそりと目標としました。

                      自分の心の中にだけ、こっそりと。

                       

                       

                      ナランヒートにカンテの教授法を教わった時、

                      彼が繰り返し強調していたことがあります。

                       

                      <生徒がのびのびと枝を広げられるように、

                      <それぞれの個性や好みを決して否定してはいけない。

                       

                      <カンテの指導と言うのは、自分の好みを押し付ける事ではない。

                      <誰かのマネをさせることでもない。

                       

                      <どんなタイプの歌い方でも、カンテの原則にさえ抵触しなければ、

                      <すべて許容し、すべてのばしてやりなさい。

                       

                      <生徒それぞれが、自分の頭で考え、心で感じ、

                      <自分の肉体を持って表現するカンテなら、すべてOKなんだ。

                       

                      <そして、どうしてもそれぞれのカンテとして問題な時だけ、

                      <枝を選定するように、チョキンと切ってあげなさい。

                       

                      <どこまではみ出たらチョキンと切るべきなのか、

                      <マヌエラ、君はそれを僕から学ぶんだよ。いいね。

                       

                       

                      ナランヒートが生徒にレッスンを付ける時、

                      私は出来る限りそばにいるようにしました。

                      っていうか、ナランヒートにいなさいと言われました。

                       

                       

                      生徒がメロディを間違えたとき、

                      私はナランヒートに目配せをします。

                       

                      ナランヒートはその目配せが正しいのかどうか、

                      やっぱり目で、そっと返してくれます。

                       

                       

                      生徒がいくらなんでもなアレンジをした時も、

                      ナランヒートにそっと視線を送ります。

                       

                      そして、その生徒が歌い終わった時、

                      ナランヒートがどう指導するのかを待つのです。

                       

                      肯定するときもあれば、注意するときも、

                      そして、何も言わない時も。

                       

                      私は自分なりに、

                      どうして今そういう指導をしたのかの答えを探し、

                      後でこっそりナランヒートに確かめます。

                       

                      <もう少し本人に考えさせた方がいいと思ってね。

                      <いや、あれは最近はやらないけど古典としてある手法なんだ。

                      <マヌエラ、もうしばらくあの生徒の様子を見てごらん。

                       

                      生徒達にカンテを教えながら、

                      同時に私をカンテの指導者にするべく指導する。

                       

                      ナランヒートって、ホントどれだけすごい先生なんでしょう。

                       

                       

                      カンテを本格的に教え始めて今年で15年。

                       

                      フラメンコブームは下火になり、

                      当教室も以前ほど生徒が集まらなくなってしまいました。

                       

                      でも、今、私はレッスンに本当に満足しています。

                       

                      なぜなら、一生懸命に若い枝を伸ばし、

                      自分の表現をぶつけてくる生徒達に、やっと出会えたから。

                       

                       

                      あの時、ナランヒートに教わった、

                      枝をどこまで切るべきなのかという見極め方法を、

                      今、やっと使うことが出来ています。

                       

                      <あ、この生徒にはなにも言わずもう少し待ってみよう。

                       

                      <この生徒を伸ばすには、このポイントを今学ばせるべき。

                       

                       

                      手にちいさな枝切ばさみを持って、

                      天気のいい日に、

                      嬉しそうに若木を見上げる植木職人のように。

                       

                       

                      新規日曜カンテクラス 東京祐天寺に開講 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | お教室案内 | 16:15 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事