CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
カラコレ〜〜♪
0

    JUGEMテーマ:グルメ

     

    フランスのエスカルゴは食べたことがあっても、

    スペイン流の カラコレス はいかがでしょうか?

     

    作り方の映像がセビージャの観光局から公開されてたので、

    ご紹介しますね。

     

    って、、、、生のカラコレス、手に入らないか。。。

     

    (ちなみに、実は、私あんまりなんです。)

     

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    みかん祭り業務連絡

    1-ファルーカ 2-カフェデチニータス 3-バンベーラ

    4-ビジャンシーコス・デ・グロリア 5-タンゴ・デ・レポンパ

    6-ソレア・デ・アルカラ

    | スペイングルメ | 09:48 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    スペイン流サバサンド
    0

      JUGEMテーマ:グルメ

       

      最近、にわかに日本でも流行ってきたサバサンド。

       

      お洒落なカフェやパン屋さんの

      定番メニューになりつつありますよね。

       

      実は、スペインにもあるんですよ、サバサンド♪

       

      かなり庶民的な食べ物なので、

      他になんにもないときの節約食として、

      主婦のお助けアイテムとなっています。

       

      では、いささか簡単ですが、作り方をご紹介しますね。

       

      材料:フランスパン(コッペパンやクロワッサンでもOK)

         サバのオイル漬け缶

         トマトペースト

                        これだけ♪

       

      作り方:サバ缶を開けてかるくつぶし、

          トマトペーストとあえて、パンにはさむ。

       

                        以上♪

       

       

      ツナ缶でも作れるけど、

      サバのほうがトマトペーストには合いますね。

       

      日本人向けにもうちょっと贅沢にするのなら、

      スライスオニオンを一緒にはさむと美味しいです。

       

      ぜひ、お試しください♪

      | スペイングルメ | 22:40 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      トリアーナからウトレラには、カンテとお菓子が伝わった。
      0

        JUGEMテーマ:グルメ

         

        昨日は、パンがアルカラに伝わったお話しを書きましたが、

        今日は、パンと同じようにお菓子が伝わったお話しです。

         

        100年以上前、トリアーナにはパン屋さんと同じように、

        数多くのケーキ屋さんがありました。

         

        パンと同じように、セビージャの人口が多くなって、

        狭いトリアーナではまかないきれなくなり、

        引っ越して行った先が、実はウトレラ。

         

        ウトレラはセビージャ近郊の村のひとつで、

        ウトレラ姉妹に代表されるように、

        アルカラのようにカンテが盛んな町。

        トリアーナのケーキ職人さんが、

        ケーキを作る技術と一緒にカンテも運んだんですね。

         

        ちなみに、今でもトリアーナには多くのケーキ屋さん、

        スイーツを多くそろえたカフェが軒を連ねています。

        セビージャの人達には、

        週末にトリアーナで買い物して、ケーキを食べて休憩する、

        そんな楽しい習慣もあるんです。

         

        そして、そんな甘いもの好きなセビージャっ子が、

        もっとも楽しみにしているのが、

        年に一度ウトレラで開かれる、お菓子祭りです。

        今年の開催は、なんと今度の週末なんですよ。

         

        ウトレラのケーキ工場でつくられたケーキは、

        普段は全国のスーパーやデパートなどにおろしていたり、

        工場によっては、高級ホテルと契約していて、

        かなり特別なケーキを作っていたりしています。

         

        ウトレラで作られているのに、

        ほとんどウトレラの町で買う事ができないそんなケーキを、

        年に一回だけ一堂に会して即売するのがこのお祭りなんです。

         

        テントをいくつも並べた広い会場には、

        フレッシュで豪華なケーキ、クッキー、チョコレートなどが、

        山のように集まっていて、しかも工場価格で手に入ります。

        もちろん、当日は朝から大行列です。

         

        http://www.utreradigital.com/web/tag/feria-del-dulce/

        詳しくはこちら ↑↑↑

         

         

        実は、私もまだ行ったことがないこのお菓子祭り。

        いつか、朝一番に駆け付けたいと思っています。

         

        *******

        踊りバックのカンテクラスに空きが出ました。

        先着順にメールでお申し込みを受け付けます。

        詳しくは当教室HPをご覧ください。

        http://cante.naranjita.com/

        (踊りバッククラスは、火曜と土曜での振替も可能です。)

        初心者向きのカンテ準備クラスもございます。

        | スペイングルメ | 13:36 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        トリアーナからアルカラへは、ソレアとパンが伝わった。
        0

          JUGEMテーマ:グルメ

           

          この映像で作り方を紹介されている菓子パン 

          Rosquillas de Alcalá と言います。

           

          Alcala(アルカラ)は、セビージャ近郊の村で、

          多くのパン工場があることで知られているんです。

           

          え? ソレアで知られている町だろうって?

           

          はい。

          確かにフラメンコファンには、

          ソレア・デ・アルカラで知られた街ですよね。

           

          ところで、アルカラにソレアがあることと、

          パン工場があることに関係があるのをご存知ですか?

           

           

          今日はそんなお話しを少し。

           

          今から百年以上前、

          すでにセビージャはかなりの人口を抱える大都市でした。

           

          当時セビジャーナスの胃袋を支えたパン屋さんの多くは、

          カンテのふるさとと言われるトリアーナ地区にあったんです。

           

          でも、都市化が進み人口もどんどん増え、

          狭いトリアーナ内だけでは、

          とてもそんなに沢山のパンは作れなくなって、

          近郊の村アルカラに、多くのパン屋さんが引っ越しをすることに。

           

          アルカラに引っ越したパン屋さん達は、その後大成功をおさめ、

          今では、アルカラには大きなパン工場がいくつもあるんですよ。

           

          大人気のアルカラ産のパンはセビージャだけに限らず、

          アンダルシア全土に広がり、

          現在ではスペイン北部にまで出荷されていて、

          以前、私がスペイン北部の海岸の街ラ・コルーニャに行った時も、

          スーパーにアルカラ産のパンを見つけたくらいなんです。

           

           

          そんなトリアーナ出身のパン職人達が

          パン作りと一緒にアルカラに伝えたのが、

          ソレアに代表とされるカンテでした。

           

          現地でソレア・デ・アルカラを産み、

          その後、多くのプロのフラメンコ歌手を輩出し、

          今でもカンテファン達がカンテを盛り立てています。

           

          *******

          踊りバックのカンテクラスに空きが出ました。

          先着順にメールでお申し込みを受け付けます。

          詳しくは当教室HPをご覧ください。

          http://cante.naranjita.com/

          (踊りバッククラスは、火曜と土曜での振替も可能です。)

          初心者向きのカンテ準備クラスもございます。

          | スペイングルメ | 16:42 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          30分クッキング<フラメンコ風玉子>
          0

            JUGEMテーマ:グルメ

             

            フラメンコ風玉子料理を紹介する、

            お料理番組の映像なんですが・・・

             

            かなりシンプルなレシピなのに、、、、30分。

             

            日本だったら、3分クッキングだろうなー。

             

            スペインと日本の時間の流れの違いって、

            こんなところにも、、、なんですね。

             

            レシピはとっても簡単なので、スペイン語がわからなくても

            ちゃんと作れると思います。

            | スペイングルメ | 23:00 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            この時期、多くの家庭には。
            0

              JUGEMテーマ:グルメ

               

               

              生ハムです。

              最近、日本でも人気がありますよね?

               

              イタリアの生ハムと違って、硬くてしょっぱくて、

              ずっと深い味がします。

               

              ところで、この写真はレストランなんですけど、

              スペインでは一般の家庭でも、

              クリスマスシーズンになると、

              こんな感じの生ハムを丸1本買う習慣があるんです。

               

              日本で言う、あらまき鮭みたいなかんじでしょうか?

               

              クリスマスが近づくと、スーパーで生ハムのセールがあって、

              私がみた一番安いのは、丸々一本でたったの20ユーロでした。

              (当時のレートで約2200円)

               

              100本限りの超お得商品だったので、

              開店ちょっと後のレジには、

              生ハムを肩に担いだ人の大行列が!!!

               

              1本まるごと買って帰ったら、すぐには食べないで、

              クリスマス休暇に入ってから、

              毎日ちょこっとづつ削っては食べて、

              1月の今頃には、ちょうど写真くらいの状態に。

               

              もうちょっとこのまま食べたら、

              後は骨のまわりの細かい部分は細切れにして保存して、

              骨は割ってお出汁にするんだそう。

               

              私が一番好きなのは、骨の周りを細切れにしたもの。

              オムレツに入れたりして食べるんですけど、

              実はスーパーでも細切れの状態で売っていたりもします。

               

              お手頃だし、そのままでも食べられるので、

              旅行中のお酒のおつまみにもお勧めなんですよ。

               

              | スペイングルメ | 19:30 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              スペインカレー事情
              0

                JUGEMテーマ:グルメ

                 

                写真のこれ、実はスペインのスーパーで買った、

                レトルトのカレーとご飯のセットなんです。

                 

                ひとつの容器に、カレーもご飯も一緒に入ってて、

                レンジで3分チンするだけ。

                 

                辛いのが苦手なスペイン人用に、

                辛さはかなり控えめですけど、

                ご飯はバスマティライスだし、お味もなかなか。

                 

                日本でも売ってたらいいのにね。

                 

                | スペイングルメ | 19:31 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                チーズ天国スペイン???
                0

                  JUGEMテーマ:グルメ

                   

                  写真は、今年スペインで作ったサラダです。

                  上に乗っているのはブッラータ、イタリアのチーズ。

                  日本の友人が大好物で、わざわざイタリアから輸入された物を

                  予約してまで買って食べているというので、

                  スペインにもあるのでは?と探してみたものです。

                   

                  日本ではかなり高価なもののはずなのに、

                  スペインでは200円程だったので、おかしいなとは思ったのですが、

                  食べてみるとやっぱり別物だったようで。

                   

                  スペインは酪農国ですし、チーズが豊富なことで知られています。

                  でも、美味しいチーズは実は日本にあると私は思っています。

                   

                  というのも、、、

                   

                  スペイン人の多くは、地元の商店で売っているお買い得チーズを、

                  とくに疑問もなく買って食べているからなんです。

                   

                  日本人のように、産地にこだわったり、

                  さまざまな種類を食べ比べたり、なんてことはしないんですよね。

                   

                  友人が日本で買っている輸入物のブッラータも、

                  かなりよい産地の最高品質のもののよう。

                   

                  スペインでは、大きなデパートや、チーズ専門店に行っても、

                  日本のデパートほど多くの種類のチーズを見かけることはありませんし、

                  ましてや、有名産地の高級品はほぼみかけないんですよ。

                   

                   

                  それでも、

                  普段日本ではほとんどチーズを食べない私も、

                  スペインでは毎日のように食べたりします。

                   

                  一番の理由は、そのお値段。

                  以前よりスペインの食品の物価は上がってはいても、

                  スペイン産のチーズに関しては、

                  まだ日本の3分の1くらいのお値段ですから。

                   

                  そして、たぶんその気候や生活習慣のせいで。

                   

                  スペインに行くと、なぜか数日後には無性にチーズが食べたくなり、

                  しばらくすると、お昼にはちゃんとした食事をとるものの、

                  夜はパンとチーズだけ、なんて食事になっちゃうから、

                  不思議です。

                   

                  ただ、

                  日本のチーズ好きの人に、スペインチーズの隠れた名産地、

                  なんてことを聞かれても、、、、

                  ごめんなさいってなっちゃいます。

                   

                  そこらのスーパーの、よく売れている地元産のを買っているだけなのです。

                   

                  | スペイングルメ | 19:26 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  セビージャ、オーガニックご飯事情
                  0

                    JUGEMテーマ:グルメ

                     

                    毎日フラメンコばかりなのもなんなので、
                    ちょっとだけ食事について書きたいと思います。

                     

                    日本でも、ゆるーくオーガニックご飯にして早4か月ほど、
                    こちらでも、ゆるゆるに続けています。

                     

                    まず、ちょこちょこ通っているのが、アパートからすぐの、
                    オーガニック系のパン屋さん。

                     

                    米粉パン、ライ麦パンなど、小麦のアレルギーのある人向けの、
                    特定の材料だけで作ったパンが多く並ぶ店内。

                    普通のフランスパンの類はほとんど扱ってなくて、
                    ピタパンのような薄いものや、田舎パン的な丸い物など、
                    比較的家庭のオーブンでも焼けるような手作りパンが中心です。

                     

                    もちろん、どんな粉もオーガニックな農場で育てられたものだそう。

                     

                    パンの他には、玉子や乳製品をつかわないお菓子類、
                    農家の人の手作りのジャムや、瓶詰の野菜料理などが並びます。

                     

                    先日、瓶詰のラタトイユを買ってみたんですけど、
                    まああああああなんともおだやかなお味、一切に舌にぴりぴりこなくて、
                    あっという間に食べきってしまいました。

                     

                    ほぼ有機、無農薬の野菜を材料にしているので、
                    採れる時期がとっても短く、こうして瓶詰で提供しているんだそう。

                     

                    写真のように、レトルトのご飯にそえるだけで、ご馳走です♪

                    ただ消化がよすぎて、お腹はあっという間に空いてしまいますが・・・

                     

                    他には、無農薬の小麦で作られたパスタも人気が高いようです。

                    日本でオーガニックのお店のお客さんと言うと、
                    意識高い系の30代、40代のキャリアウーマンが多いように思いますが、
                    セビージャのお店の場合は、小さな子供を連れたお父さんや、
                    なにか体に問題をかかえたお年よりが多いですね。

                     

                    特にこのパン屋さんになぜか圧倒的に男性客が多いのは、

                    店主さんが美人だからでしょうか?


                    オーガニックなお店は、パン屋さんだけではなくて、
                    日本でも最近駅ビルなんかでよく見かける、乾物中心のお店も、
                    こちらではかなりポピュラーです。

                     

                    アパートの近所にも、アンダルシア産にこだわったお店があって、
                    各地の名前がついた蜂蜜や、乾燥ハーブ、スパイス類、ハーブティ、
                    オーガニック野菜のピクルスなどが豊富にそろっています。

                     

                    そして、野菜や果物のお店でも、オーガニック系の店をよく見かけます。
                    お値段は一般の八百屋さんより2〜3割程度高いでしょうか。

                     

                    もともとスペインの八百屋さんでは、
                    日本のように大きさが揃った野菜を扱っている店は少なく、
                    形もまあまあおおらかに捉えているので、
                    オーガニックのお店の野菜も、見た目には違いがほとんどありません。

                     

                    先日、名残のスイカの小さめのを6分の1個分、プチトマト1パック、
                    紫色の葡萄を両手にいっぱいくらい買って、300円位でした。

                    日本でも、このくらいのお値段で、
                    オーガニックな野菜や果物が手に入るといいですね。。。涙

                     

                    趣味ぶろ フラメンコ教室ブログランキング  ←フラメンコブログが集まっています。

                     

                    | スペイングルメ | 00:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    手作りコーンパンにチキンアボガド
                    0

                      JUGEMテーマ:グルメ

                       

                      あまり食事に気を使わないイメージのセビージャの人々、

                      でも、さすがに今の世界的ブームにちょこっと乗って、

                      ヘルシーフードの店が急に増えてきました。

                       

                      お馴染みのお寿司屋さんをはじめ、

                      オーガニックやベジタリアン向けのレストランも増え、

                      今回の滞在先のアパートの近所にも、

                      体に安心な軽食を作ってくれるカフェがオープン。

                       

                      写真は、手作りのコーンブレッドに、

                      蒸したチキンとアボカドをまぜた具をはさんだもの。

                       

                      ハンバーガーくらいの大きさで400円はちょっと高いのですが、

                      トウモロコシの粉から目の前で1人前づつパンをこねてくれて、

                      なんの余計なものも入っていない完全公開の調理工程は、

                      丁寧でかなりの安心感がありました。

                       

                      ちなみに、

                      オーガニック食品しか食べない!ではなくて、

                      私の取り組み方は、もっともっとゆるやかで、

                      オーガニック食品が手に入るときは、そちらをなるべく選ぶ、です。

                       

                      そんな暮らしを、もう4か月ほど続けているのですが、

                      最近になって、あきらかな効果が出てきました。

                       

                      あ、目的は痩せることではないですよ、

                      あくまでも健康を取り戻すこと。

                       

                      相変わらず、体はまだまだしんどいのですが、

                      疲れ方がだいぶ違ってきましたね。

                       

                      以前は疲れると、とにかく眠れなくなってしまい、

                      もっともっと疲れが増幅していたのですが、

                      最近は、ちょっと疲れたなと思うと、

                      すぐに睡魔が襲うようになって、

                      とりあえず短時間の仮眠ができるようになりました。

                       

                      レッスンの後でも、よく1時間ほど熟睡しています。

                       

                      少し眠って起きてから、レッスンのまとめのノートを書いたり、

                      メールのお返事やブログを更新したりしているんですよ。

                       

                      疲れたら眠くなる、、、こんな当たり前のことなんですけど、

                      たぶん、、、高校生以来のように思います。

                       

                      我が家が自然食をやめてしまったのも、ちょうどその頃。

                      なにかにつけアレルギー反応の強い私の体には、

                      添加物はかなりの負担だったようですね。

                       

                      人懐っこいお姉さんが作ってくれる安心な食べ物と、

                      穏やかな大家さんが守るアパートのベッドで、

                      今回のビエナル滞在は今まで以上に充実しそうです。

                       

                      趣味ぶろ フラメンコ教室ブログランキング  ←フラメンコブログが集まっています。
                      | スペイングルメ | 08:54 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事