CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
世界反暴力の日によせて
0
    JUGEMテーマ:音楽



    友人のフラメンコ作詞家Juan Carlos Munozが、

    11月25日、世界反暴力の日に寄せて、

    男性の暴力に悩む女性たちに向けた
    ファンダンゴ用の詩を発表しました。


    日本では、小さい子供への暴力が連日ニュースになっていますが、
    スペインでは、夫から妻への暴力が毎日のように報道されています。

    スペインは表面的には女性に優しい国のようですが、
    男性優位の考えから暴力的になっている男性は、
    日本よりずっと多いように思います。

    私の個人的な友人にも、
    夫からの暴力で救急車で運ばれた人もいるくらいに。


    スペインの経済危機を受けて、仕事もなくもんもんとしている人達は、
    そのやりきれない気持ちを身近な人にぶつけてしまうのでしょう。



    この詩を書いたのは、そんな世情を嘆く、心優しいおじちゃまです。


    Mujeres....
    como admiro en este mundo
    a esas valientes mujeres,
    ... que denuncian a los hombres
    sin temor a replesalias,
    gritando a voces sus nombres.



    女性たちよ
    この世に生きる女性たちよ、
    私がどんなに尊敬しているか、
    勇気のある女性たち、
    、、、、男性を告発した女性たちよ。
    復讐への恐怖も忘れ、
    彼らの名前を叫びながら

    (訳 Manuela La Naranjita)




    少し意訳してありますが、、、

    現在も、夫の暴力被害を受けているスペイン女性の多くは、
    命の危機に瀕しても、誰にも言わず耐えしのんでいます。

    告発する方法も、専門機関もあるのに、
    たとえ一旦保護されても、また連れ戻され、
    もっとひどい目に合わされる事を恐れているんです。


    実はスペインの結婚システムはかなり古い考え方で出来ていて、
    現在どんどん法律を変え、女性の権利を認めようとしてはいるものの、
    まだまだ、日本よりもだいぶ遅れた状態でいます。

    離婚も簡単ではありませんし、
    離婚後の女性の生活も、まだまだ厳しいのが実情なんですよね。




    暴力は受けるほうも、振るうほうも、決して幸せにはなれません。


    みんなもっと心穏やかに過ごせますように。
    | フラメンコの歌詞 | 02:27 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
    フラメンコの歌詞 Juan Carlos Muñoz作−3
    0
      JUGEMテーマ:音楽



      今日もJUANから歌詞が送られてきました。
      JUANの歌詞は、まさに今スペインで使われている
      ごく普通の、そして平易なスペイン語で書かれています。

      誰が聞いてもすぐわかるけど、実は意味が深い詩を目指しているそうです。

      かもめの玉子の写真、油絵バージョンとお楽しみください。


       
      Y fue el destino quien nos unio,
      bajo la luna en Granada..
      nuestros ojos se miraron
      con una mirada infinita,
      hasta que se enamoraron.


      <訳>
      私達を結び付けた運命が
      グラナダの月の下にありました。。。
      私達は見ていました
      無限のまなざしと
      恋に落ちるまで



      これもグラナイーナで歌うといいですね。

      私の得意曲を聞かれた時、グラナイーナとペテネーラだと言ったので、
      送ってくれたんだと思います。
      | フラメンコの歌詞 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
      フラメンコの歌詞 Juan Carlos Muñoz作−2
      0
        JUGEMテーマ:音楽




        また、Juanから歌詞が贈られてきました。
        私のHP上にアップしているカンテを聞きながら、
        書いてくれたそうです。


        Desde el vientre de mi madre
        soñé con ser cantaora..
        desde el vientre de mi madre,
        y ahora que lo he conseguio
        a Dios quiero dar las gracias,
        porque el sueño se ha cumplío.


        <訳>
        お母さんのおなかにいたころから、
        カンタオーラ(フラメンコ歌手)になりたいと夢見ていた。
        お母さんのおなかにいたころから、
        そして今、私は手に入れたんだ
        神様に感謝したい
        だって、その夢は達成されたのだから。




        実際、父は私が生まれるずっと前からフラメンコファンだったので、
        家にはSP版のカンテのレコードがいっぱいありました。
        私が母のお腹にいた頃にも、よくレコードをかけていたそうです。

        本当はもう出来上がってないといけない、私のHPのスペイン語版.
        Juanの為にも早く作らなくっちゃ。
        私の歌をどうやって聞いたらいいかわからなくて、大変だったみたいなので。
        | フラメンコの歌詞 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
        フラメンコの歌詞 Juan Carlos Muñoz作−1
        0
          JUGEMテーマ:音楽



          先日のブログでご紹介した、フラメンコ作詞家Juan Carlos Muñozさんが、
          ご自身作の詩を翻訳付きで日本のみなさんに紹介する許可を下さいました。

          今回は第1回目として、
          私にプレゼントしてくださった詞をご紹介します。


          La luna llora sobre la Alhambra,
          cautivá por su hermosura..
          sobre la Alhambra llora la la luna,
          con su llanto va regando
          esos jardines embrujaos,
          llenos de aromas y encantos.


          <訳>
          月が泣いている、アルハンブラの上で、
          その美しさのとりこになるでしょう。
          月が泣いている、アルハンブラの上で、
          その涙で潤すでしょう、
          香りと魅力に満ちる、魔法にかけられた庭を。




          アルハンブラ宮殿と月が出てくるグラナダをテーマにした美しい詩ですね。
          ぜひ、グラナイーナで歌いたいと思います。
          | フラメンコの歌詞 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
          あい、どらてぃ〜ん♪
          0


            Preguntale al DORAEMON

            DORAEMON te ayudara'

            de su bolsillo de magia

            TAKE-COPTA y PUERTA DE MAGIA

            Ay DORAEMOOOON Ay DORAEMOOOOON

            que vienen GiGANTE con SUNEO


            ガロティンを踊るとき、一生懸命なあまりに、
            思わず手が ぐー になっちゃうあの方へ
            この詩を捧げます。


            <訳>
            どらえもんに聞いてご覧、
            助けてくれるよ

            不思議なポケットには
            タケコプターにどこでもドア

            どらえもーん どらえもーーーーん
            ジャイアンとスネオが来るよ


            スペインでも長く放映され、スペイン人なら誰でも知ってるドラえもん。
            のびた は のびーた、 すねお は すねーお しずかちゃんも しずーか だけど、
            ジャイアンだけは、巨人を表す GiGANTE (ひはんて と発音します)になります。

            もちろん ドラえもん は世界共通ですね。
            | フラメンコの歌詞 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
            フラメンコの歌詞(レトラ)理解の為のスペイン語−21
            0
              フラメンコの歌詞(レトラ)を頑張って自分で読もうとしても、、
              辞書にすら出てない単語って多くないですか?
              たとえ辞書に出ていても、なんか意味がちぐはぐだったりする事も多いですよね。
              という訳で、フラメンコファンのみなさんにもっとカンテに親しんで頂くために、
              フラメンコのレトラにはよく出てくるけれど、
              普通のスペイン語としてはあまり使われない単語や用法をご紹介します。
              注)スペイン語は単語の数が比較的少なく、同じ単語でも前後の関係で意味が大きく変わる事があります。ご紹介する以外の意味がある場合がありますので十分にご注意下さい。スペルは地元の方言の発音をそのまま書き取っている為、書籍によってもまちまちです。


              本日の課題 <<< AGONIA >>>

              解説
              フラメンコの歌詞には、さまざまな苦しみや悲しみの表現が出てきます。
              この AGONIA は、苦痛の中でも、特に断末魔の苦しみを表します。

              例文> Si tu te vas, yo tenga muchas agoni'as.
              (訳:もしあなたが行ってしまったら、私は死ぬほど苦しむでしょう。)



              ナランヒータ主宰のカンテと理論の教室のご案内
              ☆ボイストレーニング個人レッスン(東京・大阪)
              フラメンコに限らず、歌える体を作る為の基本的なボイストレーニングを指導します。
              呼吸、発声、音程、姿勢、などをバランスよく整えていきます。
              又、フラメンコを目指す方にはスペイン語で歌う為の発音や独特の呼吸の使い方、
              フラメンコ独特のこぶしなどの練習も行い、生徒各自に合わせて丁寧に指導いたします。
              当教室には他にも色々なクラスがあります。詳しくはここをクリックしてください。
              | フラメンコの歌詞 | 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
              ホセデラトマサの歌詞ー436
              0
                フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
                作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
                私の長年のカンテの師匠でもある
                ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
                つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
                不備な点もあると思います。お許しください。

                Yo se' quien'(注) tienen millone',(注)
                pero no pueden dormi'(注);
                la avaricia se los come
                y nunca sera'n feli'(注)
                porque suen'an con ladrone'(注).



                解説
                (注)の quien' millone' dormi' feli' ladrone' は,
                本当は quienes millones dormir feliz ladrones ですが、
                アンダルシア訛りでは尾の子音を省略する事があり,
                ここでは省いてあります。
                このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
                ディレクトアダルースと言います。



                (かなりの意訳ですが)
                誰が大金を持ってるか知ってるよ、でも、金持ちは寝むれないんだ;
                強欲さがそいつらを食い尽くして、決して幸せにはなれないよ、
                なぜなら、いつも泥棒と隣り合わせに眠ってるからね。


                お勧めパロ(フラメンコの曲)
                ファンダンゴ


                ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
                カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
                圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

                ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
                | フラメンコの歌詞 | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
                ホセデラトマサの歌詞ー435
                0
                  フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
                  作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
                  私の長年のカンテの師匠でもある
                  ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
                  つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
                  不備な点もあると思います。お許しください。

                  Yo quiero la luz del di'a,
                  no quiero luz de faro'(注);
                  la luz del so'(注) es alegri'a
                  pero la de adentro no:
                  !Que' oscuro gano la vi'a(注)!



                  解説
                  (注)の faro' so' vi'a は,本当は farol sol vida ですが、
                  アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
                  ここでは省いてあります。
                  このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
                  ディレクトアダルースと言います。



                  (かなりの意訳ですが)
                  昼間の自然なあかりがすきなんだ、照明のはいやだ、
                  太陽の光は喜ばしいけど、家の中のは違う、
                  !なんて私の人生は暗いんだ!


                  お勧めパロ(フラメンコの曲)
                  ファンダンゴ マラゲーニャ


                  ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
                  カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
                  圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

                  ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
                  | フラメンコの歌詞 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
                  ホセデラトマサの歌詞ー434
                  0
                    フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
                    作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
                    私の長年のカンテの師匠でもある
                    ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
                    つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
                    不備な点もあると思います。お許しください。

                    Y en la ventana un jazmi'n,
                    en la puerta hay un rosa'(注);
                    es mi casita un jardi'n,
                    por si la quiere'(注) habita'(注),
                    que te perfume al dormi'(注).



                    解説
                    (注)の rosa' quiere' habita' dormi' は,
                    本当は rosal quieres habitar dormir ですが、
                    アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
                    ここでは省いてあります。
                    このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
                    ディレクトアダルースと言います。



                    (かなりの意訳ですが)
                    窓辺にジャスミン、門にはバラ園、庭には東屋、
                    私の家の庭で、もし暮らしたいのなら、
                    その素晴らしい香りが君を眠りに誘うだろう。

                    お勧めパロ(フラメンコの曲)
                    マラゲーニャ

                    ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
                    カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
                    圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

                    ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
                    | フラメンコの歌詞 | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
                    ホセデラトマサの歌詞ー433
                    0
                      フラメンコの歌詞(レトラ)を紹介して欲しいと、よくお問い合わせを頂くので、
                      作詞家本人から、日本での紹介OKを頂いている、
                      私の長年のカンテの師匠でもある
                      ホセデラトマサのレトラを、紹介して行く事にしました。
                      つたない翻訳と解説もつけますが、スペイン語はまだまだ勉強中なので、
                      不備な点もあると思います。お許しください。

                      Ya se han para'o(注) to'(注) los yunque'(注),
                      los fuelles y los martillo'(注);
                      ya esta' El Gitano en las calle'(注),
                      entre claveles y lirio'(注):
                      lloran los cayos reale'(注).



                      解説
                      (注)の para'o to' yunque' martillo' calle' lirio' reale' は,
                      本当は parado todo yunques martillos calles lirios reales ですが、
                      アンダルシア訛りでは母音に挟まれた子音や語尾の子音を省略する事があり,
                      ここでは省いてあります。
                      このようにアンダルシア訛りを発音するとおりに記述する事を、
                      ディレクトアダルースと言います。



                      (かなりの意訳ですが)
                      もう金床も、燃料も、金槌も放置されたままだ、
                      道に暮すあのヒターノは、
                      カーネーションとあやめの道にいて:
                      本当に落ちてしまった人々が泣いているんだ。

                      (道に暮らした人は、今は土の中なんでしょうね)

                      お勧めパロ(フラメンコの曲)
                      ファンダンゴ マラゲーニャ

                      ホセデラトマサ 1954年セビージャ生まれ
                      カンテの名門ソト家に生まれ、両親ともカンタオール。
                      圧倒的な人気のある大フラメンコ歌手であると同時に、作詞家。

                      ナランヒータのカンテ教室案内はこちら
                      | フラメンコの歌詞 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事