CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
メルマガ201号本日発行 フランコのフラメンコに与えた影響って?
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    おはようございます。

    さきほどメルマガ201号、予約配信の設定がおわりました。

    メルマガ登録してくださった皆さんにお昼過ぎに届く予定です。

     

    次回大阪クルシージョは、6月30日今度の日曜に迫りました。

    ペテネーラクラスは満員になりましたけど、

    ブレリアとリズムクラスはまだお席がございますので、

    気になっているそこのあなた、申し込むなら今がチャンスですよ。

     

    ところで、ここのところ、梅雨時のせいか筋肉痛がしんどい私。

    特に腰からお尻にかけてが、いてててて。

    湿度が下がれば、少しは楽になると思うんですけどね。

     

     

    今回のメルマガのお話しに戻ってっと・・・

     

    今回のフラメンココラムは前回の続きで、

    フラメンコの歴史と流行の6回目、

    フランコ総統の好きなタイプって?をお送りします。

     

    フランコは本当にカンテが大好きだったんですけど、

    彼が好きだったフラメンコ歌手って誰でしょうね?

     

    1950〜60年代にかけてが、

    一番フラメンコに傾倒していたみたいなんですけど、

    カンテに詳しい方、ちょっと想像してみてくださいね。

    その時代の代表的フラメンコ歌手って誰でしょう???

     

    コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

    (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

    コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

     

    他には私の生歌披露もある東京理論入門課のご案内もあります。

    この機会にちょっとフラメンコに詳しくなってみませんか?

    お問い合わせお待ちしております。

     

    ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

      大阪クルシージョのご案内は こちら

      東京教室のご案内は こちら

     

    コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

    なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

    (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

     メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

    よろしくお願いします♪

     

    フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

    解除も同じページで可能です。

    登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

    確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

     

     

    ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

     ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

    (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

    こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

     

    大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 00:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    あなたの神様でいいのです。
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      カンテ歴数年の生徒さん。

      あるカンテの歌詞に困った顔をしています。

       

      どうしたのか聞いてみると?

       

      ”この歌詞に出てくる神様って、キリスト教の神様ですよね?

       キリスト教の神様ってイメージわかないんですけど・・・”

       

      おや?

      ずいぶんと不思議なところにひっかかりましたね。

       

      今までにも、スペインの地名が出てくる歌詞があっても、

      ”行ったことないからイメージわきません。”

      なんて仰ったことないのに、なんで???

       

      うーん、、、たぶん宗教ってことで、

      違和感があるのかもしれませんね。

       

      でもね・・・

       

      なんかあったとき、天を仰いで 神様!って言うこと、

      宗教に関係なく、誰でもあると思うんです。

       

      この歌詞に出てくる神様って、その神様なんですよ。

       

      スペイン人は確かにほとんどがクリスチャンですけど、

      別に厳密にキリスト教を学んで、

      ちゃんと知って、信仰している人ばかりではありません。

       

      日本人だって、外国人から見れば、

      みんな仏教徒っぽく思われているかもしれないけど、

      仏教のこと詳しい人ってそんなに多くないかもですし、

      やっぱりなんかあれば、天を仰いで神様って言うし。

       

      フラメンコの歌詞に限らず、

      すべての歌の歌詞、お芝居のセリフはそうなんですけど、

      実際に自分で経験したことや、実感のあることは、

      めったに出て来ないんじゃないでしょうか。

       

      演歌の歌詞に出てくるドロドロの恋愛だって、

      経験したことない人達が、みんな歌っているでしょ?

       

      っていうか、

      実生活で経験できないからこそ歌いたいって言うか。

       

       

      じゃあどうするのかというと・・・

       

      まずは想像力、

      そして、自分の身近なことに置き換える事。

       

      今回の歌詞の全体的な意味は、

      <苦しくってしょうがないんです。

      <神様、この苦しみをなんとか軽くしてください。

       

      これ、キリスト教専用の考え方でしょうか?

      宗教に関係なく、誰でも思う基本的なことじゃないですか?

       

      カンテに限らず、歌の歌詞って、

      たとえ自分に起きた事じゃなくっても、

      主人公の気持ちを想像し、

      なるべく自分の経験に引き寄せて、

      自分の中から感情を探して歌うものです。

       

       

      でも、どうしても違和感がある場合は相談してくださいね。

      当教室では、1つのカンテに対して、

      必ず複数の歌詞を用意していますので。

       

       

      ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

       ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

      (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

      こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

       

      大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

      東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | フラメンコのこつ | 02:17 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      体幹トレーニングやったら、どうなった?
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        昨日のブログのつづきです。

         

        体幹を鍛えるトレーニングをはじめた生徒さん。

        家でもちょこちょこ続けているようでした。

         

        そんなある日のレッスンでのことです。

         

        体幹筋トレをはじめてまだ日も浅く、

        まだまだ筋力も十分だとはいえないんですが、

        最近、インナーマッスルの筋肉痛を

        感じるようになったんだそう。

         

        おっ、来た来た。

         

        筋肉が使えるようになってきた証拠ですよ。

         

        そこで、レッスンでも、

        育ちつつある筋肉を生かして歌う方法を、

        少しずつ取り入れるようにしてみました。

         

        実は、舌の根元あたりの筋肉が、

        声の質を作っているってご存知ですか?

         

        ごっくんって何かを飲む時に動くあたり、

        そのあたりの筋力は歌うのにとっても重要で、

        最近話題の嚥下問題(のみこむ力)にも関連しています。

         

        誤嚥性肺炎の予防にも歌が有効って言われるゆえんなんです。

         

        でも、実はそのあたりの筋肉も、

        内臓を支える筋肉がちゃんとしていないと上手に動きません。

         

        筋肉はそれぞれ独立している訳ではなく、

        どれもがお互いに関連しているので、

        バランスよく筋肉に刺激を与えることが大事。

         

        そして、とうとう・・・

         

        1曲のカンテを歌う間、

        ずっと自分の意思で声をコントロールし続ける事が出来ました。

         

        どんどんぱふぱふー♪

         

         

        そんな彼女の歌ったソレアは、

        大人の女性の雰囲気たっぷりの魅力的なカンテとなりました。

         

        さて、次はどのカンテにその筋力生かしてみます?

         

         

        ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

         ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

        (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

        こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

         

        大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

        東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | フラメンコのこつ | 05:53 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        すべては筋力です。マッスルマッスル♪
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          当ブログでも、何度も何度もお話ししていること♪

           

          歌には筋力がとっても大事だって実感することが、

          またレッスンでありました。

           

          今日はそんな嬉しい変化を少しお話しさせてください。

           

           

          カンテ大好きで、

          いつも楽しそうにレッスンにいらっしゃる生徒さん。

           

          大好きなんですけど、

          どうも、、、

          なんていうか、、、

          なかなか大人っぽい歌い方になりません。

           

          あ、大人っぽいって、

          しゃがれ声のことじゃないですよ。

           

          声がしっかり繋がって、

          メロディが際立つ、そんな歌い方のこと。

           

          この生徒さんの場合、

          どうしても声が安定しなくて、

          落ち着いた声とキンキンした声が、

          混在してしまっていたんです。

           

          ”ご自身の意思で、

          声の質をコントロールしましょうね。”

           

          なんて、言い続けて来たんですけど、

          どうやって声をコントロールするのかが、

          なかなかつかめなかったんですよね。

           

           

          でも、”できるようになりたい!” っていう気持ちが、

          本当に強いのが伝わってくるので、

          できるようにならないのは、

          気持ちや技術の問題ではないのは私にもわかっていました。

           

          気持ちや技術の問題ではないなら、

          それはきっと、筋力の問題のはず。

           

          うん、間違いない。

           

          中山きんにくんを師匠と仰ぐ、筋肉信奉者のわたし。

          スペインのカンテ学校でも、

          生徒達は毎日筋トレに明け暮れていたんですもん、

          きっと筋トレが彼女を助けてくれるはずですよね、師匠♪

           

          実際、レッスン内で体幹トレーニングを始めてみると、

          この生徒さんはかなり体幹力が弱く、

          特に内臓を支える筋力や、

          声帯周りや舌の筋力が十分ではないことがわかりました。

           

          そんな弱い部分の筋力を助けるために、

          他のところに力をいれて歌う癖がついちゃっていたんですね。

           

          さて・・・

           

          こういう方の場合、やるべきことは、

          もちろん、1にも2にも、体幹の筋トレです。

           

          まずは歌うのに必要な筋力をつける。

           

          筋力が育ってきたら、

          今度こそ、正しい筋肉を使って歌うことを学ぶことが出来ますね。

           

          つづく・・・

           

           

          ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

           ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

          (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

          こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

           

          大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

          東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | フラメンコのこつ | 07:13 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          花丸カンテはメロディが命♪
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            最近、上達めざましい生徒さん。

            その変化は、歌っているときの姿勢にも表れています。

             

            以前は、あごが上がって、表情も幼い感じだったのに、

            今は、座る姿も歌手らしく、しっかり目力までこもるように。

             

            大人っぽいカンテを目指してずっといろいろ試行錯誤してきて、

            もしかしてなんか掴んだの?って思ったので、

            テイエントを、一人で歌って貰ってみました。

             

            ”メロディにだけ集中して、

             リズムとかは気にしないで歌ってみてください。”

             

            ”メロディだけ、、、、、ん、やってみます!”

             

             

            歌い始めた生徒さん。

             

            静まり返るクラスメイト、そして、私。

             

            一五一会の音色と生徒さんの声だけが、

            どしゃぶりのスタジオにしずかに響いていました。

             

             

            普段なら歌い終わる前に緊張が切れたりするのに、

            この時ばかりは、歌い終わるまで集中しまくり、

            歌い終わってからもその状態は続き、

            しばらくしてから、、、、ふと我に返る生徒さん。

             

            ”どう、、、でし、、た?”

             

            ”花丸です。”

             

            ”ひゃあああああ。”

             

            無言で、うんうんとうなづくクラスメイト。

             

            リズムを気にしなかったはずなのに、

            なぜかコンパスも完璧。

             

            メロディを大事に丁寧に歌うと、

            なぜかコンパスは自然と合うのがカンテの不思議なんです。

             

            ティエントにも色々な歌い方がありますが、

            今回の生徒さんのは、透き通った美しい、

            そしてなんともはかなげなティエントでした。

             

            歌歴もなく、特に音楽経験がなくても、

            丁寧に学べばこんなティエントが歌えるんですね。

             

            もちろん、その生徒さんの本来持っている芸術性と、

            ひたむきに練習したお蔭だと思います。

             

            私とは全く違う個性のティエント。

            誰のマネでもない、その生徒さんだけの表現。

             

            これこそ、私がめざすカンテ教室なんです。

             

             

            ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

             ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

            (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

            こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

             

            大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

            東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | フラメンコのこつ | 03:23 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            伴奏のいいところで入れる、あまりにも簡単なコツ
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              カンテでも、他の歌でもそうだと思うんですけど、

              どこで入ったらいいのかわからないって方、

              結構いらっしゃいますよね?

               

              リズム感がないとか、

              どうしてもずれるとか、

              色々悩んじゃったりするみたいなんですけど、

              ものすごーく簡単な方法で、解決できるんですよ♪

               

              その方法とは・・・

               

              伴奏と一緒に音楽を奏でる事。

               

              伴奏に対して歌うんじゃなくって、

              伴奏に合わせて歌うんでもなくって、

              一緒にひとつの音楽を作っていくって思って下さい。

               

               

              ひとつの音楽って?

              と思ったあなたに簡単な練習方法をご紹介します。

               

              前奏が鳴っている間、

              ただ聞いているんじゃなくて、

              一緒に小さな声で前奏を口三味線で歌って下さい。

               

              たとえば、

              じゃーん、じゃじゃじゃ、ぽろろーん、

              じゃんじゃん、たんたんたん、

              Una gitana ,,,

               

              みたいに、実際に歌い始める瞬間まで、

              ずっと前奏も一緒に声に出して歌い続けるんです。

               

              この練習を続けると、

              前奏部分を実際に声に出して歌わなくても、

              伴奏と一緒に音楽を奏でている感覚が

              だんだんつかめるようになります。

               

              伴奏と一緒にひとつの音楽を作っている。

               

              伴奏に相対するのではなくて、あくまでも一緒に音楽する。

               

              その感覚が、実はとっても大事なんです。

               

              もちろん、踊りでも全く同じことが言えるんですよ♪

               

               

              ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

               ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

              (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

              こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

               

              大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

              東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | フラメンコのこつ | 06:26 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              フラメンコ歌手のメンタリティ
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                自分の感情を人前であんなに表現できるなんて!

                私もフラメンコ歌手になって、

                自分の感情をもっと他人にばーんとぶつけたいんです。

                 

                 

                こう言って、教室に見学に来る方がいらっしゃいます。

                 

                 

                あの、、、、フラメンコ歌手を完全に勘違いしています。

                 

                フラメンコ歌手は自分の生の感情を

                ぶつけたりなんかしていません。

                 

                カンテを表現して、お客さんに楽しんでもらっているだけ。

                 

                お客さんが生々しい表現を好むので、

                生々しい表現をしているだけで、

                決して、生の感情ではないんです。

                 

                これ、、どんな歌でも基本的に一緒だと思います。

                 

                 

                もちろん、フラメンコ歌手は舞台で、

                生の感情そのままで歌っていますって言います。

                 

                言いますよ、そりゃあ。

                だってお客さんに喜んでほしいですもん。

                 

                ジャニーズのアイドル君たちが、

                観客にコールするのと一緒です。

                 

                ”愛してるぜー、今夜俺とXXXしよーぜ。” は、

                手越君お決まりのセリフですね。

                 

                これは、嘘ですか?

                それとも、ファンサービス?

                 

                 

                ところで、

                どうしてそんなに生の感情を

                人前でぶつけたいんでしょうね???

                 

                理由を聞いてみると、いつも我慢しているから、

                という答えが返ってきます。

                 

                ”我慢しないで、感情をうわーってぶつけたいんです。”

                 

                あの、、、、それ、人前でする必要あります?

                それも、自分とは無関係なお客様の前で。

                 

                それなら、カラオケボックスでよくないですか?

                 

                歌もカンテである必要がないように思います。

                 

                 

                自分のストレス解消の為ではなく、

                あくまでもお客様のストレス解消の為歌うのがカンテ。

                 

                学ぶ姿勢も、自分勝手ではなりたたないのです。

                 

                 

                ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                 ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                 

                大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

                東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | フラメンコのこつ | 04:08 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                現代アートの衰退とフラメンコの衰退? つづき
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  前回の続きです。 前回のブログはこちら

                   

                   

                  この前は、現代アートが衰退してしまった理由を

                  私なりに考えてみました。

                   

                  では、今回はいよいよフラメンコの話に入りたいと思います。

                   

                  フラメンコ人気にかげりが出たのも、

                  やはり、ある意味 あきられた んだと私は思っています。

                   

                  というのも、

                  日本では踊りしか取り上げられなかったですよね?

                   

                  踊られる曲って限られているので、

                  レッスンは5年も通えば、すべての曲種を網羅してしまいます。

                   

                  スペインでは、バイレ練習生が

                  カンテコンサートに行くことも一般的で、

                  数年バイレを習った人の多くがカンテファンになって行きます。

                   

                  カンテの曲種はバイレよりずっと多いですから、

                  それらを聞いているとフラメンコの様々な面に触れられますし、

                  バイレの公演の何十倍も開かれるカンテコンサートに通えば、

                  あきるなんてことはないでしょう。

                   

                  それに、スペインでは、カンテ練習生のほうが、

                  バイレの練習生の何十倍も多いし、

                  ギタリストの数もとっても多いので、

                  カンテやギターの練習生と、友人として一緒に練習したり、

                  一緒にコンサートに行ったりと、

                  バイレだけの平面的な活動ではなく、

                  様々な立体的な活動が出来るようになるんです。

                   

                  日本でも、もっとカンテ練習生が増えたら・・・

                   

                  っていうか、もっとカンテが広まったら・・・

                   

                  フラメンコはここまで衰退しなかったって思うんですけどね。

                   

                   

                  ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                   ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                  (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                  こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                   

                  大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

                  東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | フラメンコのこつ | 02:01 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  メルマガ199号本日発行 カンテって男性が歌うもの?
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    おはようございます。

                    さきほどメルマガ199号、予約配信の設定を行いました。

                    メルマガ登録してくださった方々にお昼過ぎに届く予定です。

                     

                    昨日は久々に六本木の某現代アートギャラリーに行ってきました。

                    普段は知らない人に声をかけたりしない私ですが、

                    そういう場では、作家さんに話しかけたりもしちゃいます。

                     

                    昨日お話しした作家さん。

                    私がその方の作品のお話しを始める前に、

                    私の着ていた服の色が好きだと仰ってくださいました。

                    それから、気分をあげる色の話でかなり盛り上がって♪

                     

                    見た人が元気になる作品を描きたい、そう仰る作家さん。

                     

                    様々な感情を味わって頂くことで、

                    聞く人の気持ちのリフレッシュを図るカンテと根本は一緒です。

                     

                    久々にいい出会いでした。

                     

                    さて、今回のフラメンココラムは、カンテの歴史と流行の4回目、

                    カンテは男性が歌うものなのか、男女関係ないのか、

                    というお話を書いてみました。

                     

                    現在は、男女差は全くと言っていいほど感じないいカンテですが、

                    日本と違って名実ともに男女平等の国スペインでも、

                    カンテに男女差があった時代もあったんです。

                     

                    でも、それは今から70年以上前の事。

                    その後は男女とくに違いはないんですが、

                    踊りバックに男性が多いのには別の理由があるんですよね。

                     

                    そのあたりのことに興味を持たれた方は、

                    ぜひメルマガをチェックしてください。

                     

                    コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

                    (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

                    コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

                     

                    他には6月30日に決定した大阪クルシージョのご案内、

                    実は私の生歌披露もある東京理論入門課のご案内もあります。

                    この機会にちょっとフラメンコに詳しくなってみませんか?

                    お問い合わせお待ちしております。

                     

                    ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

                      大阪クルシージョのご案内は こちら

                      東京教室のご案内は こちら

                     

                    コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

                    なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

                    (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

                     メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

                    よろしくお願いします♪

                     

                    フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

                    解除も同じページで可能です。

                    登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

                    確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

                     

                     

                    ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                     ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                    (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                    こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                     

                    大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

                    東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | フラメンコのこつ | 00:51 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    現代アートの衰退とフラメンコの衰退?
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                      JUGEMテーマ:アート・デザイン

                       

                      久々にがっつりな現代アート展に行ってきました。

                       

                      一時あんなに流行していた現代アート、

                      今では展示もささやかになってしまっています。

                       

                      そんな会場で、現代アートと同じように

                      栄枯盛衰を味わったフラメンコについて考えていました。

                       

                       

                      ☆現代アートブームが去ったのはどうして?

                       

                      そして、

                      ☆フラメンコが忘れ去られてしまった理由って?

                       

                       

                      現代アートがまだあまり人気がなかった頃、

                      キュレーターさんやギャラリストさん達は、

                      血眼になって新しいアーテイストを探していました。

                       

                      新しい才能を求めて、

                      美大の文化祭や、地方の小さいイベントまで、

                      どんな場所にも出没しては、

                      魅力的な作品を探しまくっていたんです。

                       

                      (私も同じように探しまくっていたので、

                      どこへ行っても、知り合いに会っちゃってました。

                      もちろん、私のは単なる趣味ですけど。)

                       

                      そして、たとえ荒削りでも、

                      なにかオリジナルな部分を持つ作品を、

                      自分のギャラリーで展示したり、

                      東京の大きな現代アート系美術館に紹介したりして、

                      新たなきっかけを作って行って・・・

                       

                      多くの関係者たちのそんな地道な努力が実って、

                      現代アートは大ブームになったんですね。

                       

                      そして、ごくごくコンサバな百貨店でも、

                      新人作家の作品即売会が開かれるほどに、

                      現代アートは確固たる地位を築きました。

                       

                      いえ、築いたはずだったんですけれど、

                      その後、少しずつブームは衰退し、

                      すっかり忘れ去られることに・・・

                       

                       

                      実は、現代アートがあんなに好きだったこの私も、

                      ブームが去る前に現代アート展に行かなくなってました。

                       

                      理由はすごくシンプルで、

                      <どの展示に行っても、同じ作家さん同じ作品ばっかりで、

                      <あきちゃったんです。

                       

                      現代アートがまだそこまで人気がなかった頃は、

                      あんなにアグレッシブに作品を探していたのに、

                      一度人気が出てしまうと、

                      人気作家さんの人気作品だけを繰り返し展示して、

                      確実に集客を集める方法を取ったんですよね。

                       

                      東京でも、大阪でも、直島でも、金沢でも、

                      どこに行っても同じ作家さん、同じ作品。

                       

                      これじゃあ、先は見えてましたね。

                       

                      現代アートブームがしばらく続けば、

                      観客達はだんだんと目が肥えていきます。

                       

                      その肥えた目を楽しませるだけの

                      上質で目新しい作品を並べなければ、

                      あきられるのは当然なわけで。

                       

                      っていうか、目新しいのが現代アートですよね?

                       

                       

                      さて、問題は日本のフラメンコです。

                      どうしてお客さんは離れて行ったんでしょうか?

                       

                       

                      ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                       ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                      (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                      こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                       

                      大阪クルシージョ6月30日 申込み受付中 こちら

                      東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | フラメンコのこつ | 04:30 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事