CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
孫悟空のスーパーサイヤ人化みたいに
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    しっかりボイトレしてきた成果があがって、

    最近、時々しっかりしたいい声が出てきた生徒さん。

     

    でも、いい声がいつ出るのか、

    まだご自身でコントロールできないみたいなんです。

     

    そう、スーパーサイヤ人に変身しはじめた頃の悟空みたい。

     

    その後の修業で、好きな時に変身できるようになるんですけど、

    それまでは、いきなり変身しちゃって大騒ぎ、

    みたいなお話しがしばらく続きましたよね。

     

    今の生徒さんもまさにそんな状態。

    ご本人も期待していないときに、

    いきなりすんごい声がでたりします。

     

    今は、どっちかと言うと、声のことを忘れて、

    ただ歌う事に集中している時に出るみたいですね。

     

    さ、これからはその声を自在に操れるようになるよう、

    しっかり自覚する練習に入りましょう。

     

    いろいろ歌っているうちに、その声が出たら、

    自分がどんな状態の時なのかを記憶します。

     

    そして、その状態を再現してみて、

    またその声が出るかどうか繰り返し練習しましょう。

     

    最初はうまく行かないと思います。

     

    でも、意識しながら繰り返していると、

    だんだん使いこなせるようになってきます。

     

    実は、歌い手は、こうやって声をひとつひとつ

    手に入れていくんですよ。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

    大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は3月です。 詳しくはこちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    | フラメンコのこつ | 12:01 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    声だけは取り替えがきかないのです。
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      一応覚えたカンテ、歌いこんでいくんですけど、

      なかなかこなれた感じに変化していかない生徒さんがいます。

       

      どうやら、自分のカンテをもっとよくしたいっていう気持ちが、

      あんまり強くないみたいなんです。

       

      あらー・・・

       

      話しを聞いてみると、自分の声があんまり好きじゃないみたい。

       

      困りましたねー。

      だから、あんまり丁寧に歌を磨き上げないんですね。

       

       

      あのね、、、、

      声はひとりひとりに与えられた神様の贈り物なんですよ。

       

      最初はみんな粗削りで、そんなに魅力的じゃありません。

       

      でもね、いっぱい歌っていっぱい練習していくと、

      少しずつ磨かれ、魅力的になってくるもの。

       

      とりあえずちょこっと歌ってみて、

      あまり魅力的な声じゃないからって、

      自分の声が嫌いだなんて、、、、そんなのもったいない。


      私なんか小学生のころ、変な声って言われてたんですよ。

      音程も大学まで悪かったし。

       

      でもね、、、

      歌うのが大好きだから、毎日毎日歌い続けたんです。

       

      そうしたら、少しずつですけど声が変わって行って。

       

      そのうちに、

      自分のこの声を活かす歌い方を研究するようになりました。

       

       

      生まれたままじゃあ、まだまだ未熟な私たちの声。

       

      人前で歌える声にするには、

      いっぱい歌って、磨かないといけないんです。

       

      さ、自分の声が嫌いなんて言っている間に、

      練習練習ですよ。

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

      ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

      大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

      東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

      | フラメンコのこつ | 20:37 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      それが楽しいのに♪
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        ちゃんとカンテを覚えたら、

        自分なりのアレンジを加えるのですが、

        どうやったらいいかわからないと仰る生徒さんが多いんですよね。

         

        どうしてかな???

         

        ってずっと思ってたんですが、

        先日のレッスンで生徒さんとこんな話しになりました。

         

        ”カンテを聴いていて、

         ここをこうしたらもっといいのにな。 とか、

         私だったらこう歌うな、とか思いませんか?”

         

        ”カンテだけじゃなくて、

         私、あんまりそういう風に考えないんです。”

         

        ”どういうことですか?”

         

        ”あるものはそのまま受け入れるっていうか、、、”

         

        ”たとえばレストランで食事をしていて、

         このソースに入ってるチーズはモッツァレラだけど、

         チェダーのほうがパンチがきいていいかも、とか

         思ったりしません?”

         

        ”わー、思わないです。”

         

        ”そうなんですね。

         私何を食べても色々考えちゃって、

         家に帰ってやって見たりします。”

         

        ”それって、なんか疲れません?”

         

        ”ぜーんぜん。色々考えるのが楽しいんです。”

         

         

        その日のお話しはここまでだったんですが、

        後で考えてみると、私がなにかに不満を持って、

        それで色々考えていると思っちゃったんですね。

         

        私、不満なんかないんですよ。

         

        っていうか、どっちかって言うとその逆です。

         

        たとえば美味しいアイスクリームがあったとします。

        とっても美味しいからこそ、

        もっと美味しく食べる方法はないかと考えてみちゃうんです。

         

        <生クリームは合うかな?

        <どらやきの皮ではさんだらどうかな?

        <アップルパイの上にのせたらどうだろう?

         

        美味しいからこそ、想像力を掻き立てられちゃうんです。

         

        カンテのアレンジも一緒です。

         

        素敵だからこそ、好きだからこそ、

        想像力を掻き立てられちゃって、いろいろ考えちゃうんです。

         

        だから、疲れたりなんか、ぜーんぜんしないんですよ♪

         

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

        ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

        大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

        東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

        | フラメンコのこつ | 21:30 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        いい声は前もってのトレーニングで。
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          何度か声に悩む方にこんな話しを聞きました。

           

          ”いい声で歌えたらいいですよね。

           歌う時はいい声になるように気を付けて歌っています。”

           

          あらー・・・

          歌う時にはそんな事考えない方がいいのにな。

           

          歌う時には、

          この歌の魅力とか、

          歌詞の心とかを、

          聞く人にしっかり届けよう、

          とか思って欲しいんですよね。

           

          そうじゃないと、

          自分の為の歌になっちゃいますから。

           

          歌はあくまでも聴く人の為に歌うもの。

          自分じゃない誰かのために歌うからこそ、

          人の心を動かすんですから。

           

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

          大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

          東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

          | フラメンコのこつ | 22:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          自分の声をちゃんと聴けば。
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            さて、ぼちぼちクラスによっては年内最後のレッスンです。

             

            今年も新しい何かを掴むことができましたか?

             

            この前のレッスンでも、

            私は毎度おなじみのアドバイスをしました。

             

            ”自分の声をしっかり聴いてください。”

             

             

            というのも・・・

             

            最初にじっくりメロディを覚えるときには、

            特に音程に問題のない生徒さん。

             

            ところが、ある程度覚えたカンテに、

            心を入れて歌う段になると、、、なぜか音程が不安定に。

             

            どうしてなんでしょ?

             

            ずっと色々と試してきたんですが、

            今回やっとその原因がわかったんです。

             

            その生徒さんが言うには、

            ”声が綺麗に出るように、出やすいようにって、

             出していると、この音程になっちゃうんです。”

             

            え?????

             

            ちょっと待ったーーー。

             

            あの、、、、いい声で歌う前に、

            音程が狂っちゃってたら、問題外じゃないですか。

             

            ”とにかく音程を正確に歌って下さい。”

             

            そうお願いしてみると・・・

             

            ♪♪♪

             

            あら、、、、かなり音程いいじゃないですか。

             

            そうなんですよね。

            音程が不安定だからと言って、

            必ずしも音感に問題があるわけじゃないんです。

             

             

            うーん、、、

            そういえば以前もこう仰った生徒さんがいたような。

             

            ある日のレッスンで魅力的な声がでる為のボイトレをして、

            結構いい感じになったことがありました。

            で、その次のレッスンの時、その生徒さん、

            今まで問題がなかったのに、急に音程がぐっちゃぐちゃに。

             

            話しを聞いてみると、

            いい声を出すことに意識を集中させているので、

            音程の事は考えてないと。

             

             

            あの・・・

            いい声で歌う事はもちろん大事です。

            でも、あくまでも音程をしっかりとって歌っての事。

             

            音程がどうでもよくなるなんてこと、有りえません。

             

            っていうか、もしご自身の歌をちゃんと聞いていたら、

            音程が狂っているのに気が付くはずなんですよね。

             

             

            という訳で、いつものアドバイスに戻りましょう。

             

            自分の声、歌、しっかり聞いてください。

            そして、自分の耳で、脳でしっかり判断してください。

             

            本当にその歌でいいんですか?

             

            直近のアドバイスだけ取り入れれて、

            歌がおかしなことになっちゃう方は、

            実は、完全に練習不足です。

             

            何かアドバイスを受けたら、しっかり練習して、

            完全に身に着けてしまってください。

             

            毎回、そうやってちゃんと身につけて行けば、

            次のアドバイスを受けてもヘンテコな事にはなりません。

             

            カンテに限らず、お稽古事は自習命。

             

            レッスンを楽しくするもしないも、

            自習の質にかかっています。

             

            自習の時間を楽しむことこそ、

            お稽古ごとの醍醐味なんですから♪

             

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

            ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 12月22日 詳しくはこちら

            大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

            東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

            | フラメンコのこつ | 17:44 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            美味しそうなフラメンコ
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              東京教室では、レッスンの最初に

              フラメンコの基礎知識をご紹介する時間をもっています。

               

              ただカンテの歌い方を学ぶだけじゃなく、

              カンテの世界をもっとも広げて欲しくって♪

               

              先日のレッスンでのこと、

              その日の基礎知識のお題はフラメンコフェスティバル。

               

              ところで、フラメンコフェスティバルってご存知ですか?

               

              夏の夜、村々の小学校の校庭でよっぴきで行われる、

              カンテコンサートです。

               

              スタートはだいたい夜の10時くらいで、

              終了は、、、、朝の4時とか5時かな?

               

              7,8人のカンテさんが、

              1人1時間くらいのステージを次々行います。

               

              一番盛んだったのは1960年代だったんですが、

              今でもいくつかのフェスティバルが開かれ続けています。

               

              で、面白いのが、それぞれのフェスティバルの名前。

               

              なぜか食べ物の名前がついているんです。

              例えば、ポタヘ・デ・ウトレラ、 ガスパチョ・デ・モロン

              、、、などなど。

               

               

              ポタヘ・デ・ウトレラはセビージャの村ウトレラで開かれるもの。

              ポタヘは、日本語にするとポタージュスープのことで、

              アンダルシアでは豆とソーセージやハムの切れっぱしを煮込んで

              お豆がとけてとろとろになったところを食べるんです。

              ポタヘは野外で夜明かしする時の定番で、

              まだ夏の走りに開かれるこのフェスティバルでは、

              本当に深夜にポタヘがふるまわれます。

               

              ガスパチョ・デ・モロンのモロンもセビージャの村のひとつ。

              ガスパチョは、日本でももうお馴染みですよね。

              トマト、ピーマン、玉ねぎ、胡瓜、などの夏野菜を

              ミキサーでがーっとして、

              オリーブオイルやお塩、お酢などで味付けたもの。

              こちらはかなり暑い時期のフェスティバルなので、

              ガスパチョがぴったりみたいです。

               

              フラメンコの基礎知識って、

              知ってみればフラメンコがぐっと身近になる事間違いなし♪

              でしょ。

               

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

              ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 12月22日 詳しくはこちら

              大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

              東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

              | フラメンコのこつ | 21:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              カンテのもうひとつのコツは?
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                <カンテは教えてもらうもの。

                 

                そう思ってみなさん練習に励んでいる事と思います。

                 

                もちろん、正しいメロディやスペイン語の発音など、

                教わらないといけないことは沢山あります。

                 

                でも、、、

                 

                もう一つ大事なことは

                <自分の耳で、心で、自分のカンテを判断し良くすること。

                なんですよね。

                 

                 

                カンテ練習生のみなさん

                ご自身の耳で自分のカンテを聴いて、どう思いますか?

                100%気に入っていますか?

                 

                 

                今までに数多くのCDで、YOUTUBEで、生で、

                プロのカンテさんの歌を聴いてきたと思います。

                 

                カンテの勉強が進んで来れば、

                その方のカンテが好きだとか嫌いだとかじゃなくて、

                ここをこういう風に歌えばいいのに、とか、

                ここ、切らないで続ければいいのに、など、

                色々細かい部分が気になってくるはず。

                 

                でも、歌っているのは赤の他人のプロのカンテさん。

                そこ直した方がいいですよ、とは言えません。

                 

                もちろん、知り合いだとしても、

                人のカンテに意見するのは失礼ですよね。

                 

                 

                でも、自分のカンテならどうでしょう?

                 

                自分のカンテを聴いて、

                ここがよくないとか、

                ここはもっとこう歌ったらいいのにとか、

                思ったら、すぐに修正することができます。

                 

                すぐには思い通りに出来なくても、自分が気に入るまで、

                何度も何度も工夫して変えてみることも可能です。

                 

                 

                つまり、私が言いたいのは、

                <自分自身のカンテも、他人のカンテのように客観的に聴いて、

                <そして改良点を見つけだして、徹底的に改良しましょう。

                ということ。

                 

                カンテ勉強で培った<カンテを聴く耳>を、

                ご自身のカンテをよくする為に徹底的に使いましょう。

                 

                それこそが、カンテ上達にどうしても必要な方法なんです。

                 

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

                ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 12月22日 詳しくはこちら

                大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

                東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

                | フラメンコのこつ | 15:03 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                カンテはモザイクだから。
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  写真は大阪のとあるショッピンッグセンターでの、

                  ハンドベルコンサートの模様です。

                   

                  大学の時、一度だけハンドベルのコンサートに

                  代打で出たことがあるんですけど、楽しかった。

                   

                  さて、今日もカンテのお話しを少し。

                   

                  カンテをお教えしていて、

                  繰り返し繰り返し生徒の皆さんにお話ししているのに、

                  なかなか伝わらない事があります。

                   

                  それは、カンテの約束事とか歌い方とかって、

                  すべての曲に共通じゃないってこと。

                   

                  たとえば、今回大阪の生徒さんの質問に、

                  ”もう何年もカンテを学んでいるんですけど、

                   どうしてカンテが聞こえてこないんでしょうか?”

                  なんていう切実な声がありました。

                   

                  おや?

                  この生徒さん、私は特に聞こえが悪いと思ったことないのに、

                  なんでそんな風に思ったんでしょう???

                   

                  色々お話しを聴いてみると、

                  聴き取りづらい曲種がまだあって、

                  すべてのカンテが聞き取れるわけじゃないってことみたい。

                   

                  おやおやおや・・・

                   

                  カンテは、どの曲も全部がせーので聞こえるようになんか

                  ならないんですよ。

                   

                  頑張って勉強しても、

                  その勉強した一曲しか聞き取れるようになんかなりません。

                   

                  他の曲も聞き取りたいのなら、

                  目的の曲をしっかり勉強しなくっちゃなんですよ。

                   

                   

                  そして、東京の生徒さんにもいるんですよね、このタイプ。

                   

                  何か歌い方のアドバイスをすると、

                  今まで学んだ他のカンテも、全部その歌い方にしちゃう方。

                   

                  だーかーらー、

                  今、歌っているそのカンテのその部分だけに対するアドバイスです。

                   

                  同じカンテでも他の部分や、

                  ましてや他のカンテに流用なんかしちゃダメですよ。

                   

                  今までに勉強してきたカンテの歌い方、

                  そんなに簡単に捨てないで下さい。

                   

                  カンテはどの曲も一緒じゃなくって、

                  それぞれにルーツも違うし、歌い方も全然違うんです。

                   

                  1曲1曲丁寧に学んで蓄積していくのがカンテ。

                  だからこそ、カンテの勉強には膨大な時間がかかるんですよね。

                   

                  出来ないことにばかり目を向けないで、

                  出来るようになったことも、もっと大事にしましょうね♪

                   

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

                  ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 12月22日 詳しくはこちら

                  大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は来年です。 詳しくはこちら

                  東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

                  | フラメンコのこつ | 15:31 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  人生は無駄だらけ?
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    カンテをお教えしていて思うのですが、

                    今までの経験が様々な場面で役に立つんです。

                     

                    今回の大阪クルシージョのメインテーマでもある

                    カンテ勉強の最終段階<表現をどうするか?>では、

                    劇団時代の演出家<野沢那智先生>のちょっとした言葉が

                    ひとつひとつ思い出されてなりません。

                     

                    あの頃は劣等生で、

                    頂いたアドバイスをすぐに役立てることは出来なかったけれど、

                    あなたの出来の悪い生徒は、

                    今、こうして歌い手を育てています。

                     

                    <人生無駄なものなんてない。>

                    よく言われてている言葉ですが、

                    私はあえてこう言いたいと思います。

                     


                    ☆人生無駄なものなんてないっていうより、

                     なにも無駄にしなかった時、

                     きっと自分を活かせ、先に続く気がする。 と。

                     

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

                    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 12月22日 詳しくはこちら

                    大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月3日 詳しくはこちら

                    東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

                    | フラメンコのこつ | 17:05 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    カンテをパサパサさせない為には?
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      カンテをお教えしていて難しいのは、

                       

                      ★まずは音程が取れるようにすること。

                       

                      ★次に歌詞が聞き取れるようにすること。

                       

                      なんですが、

                      これらはある程度うまく指導できるようになってきました。

                       

                       

                       

                      でもね、、、本当に難しいのは、

                       

                      ☆セクシーに歌う事。

                       

                      これなんですよね。

                       

                       

                      歌に色気を出すのって、

                      どうやって教えたらいいんでしょうね。

                       

                      カンテがなんだかパサパサしちゃっては、

                      魅力もいまひとつになっちゃいます。

                       

                      具体的には、セクシーな歌手のまねをさせたり、

                      オーバーに歌って見せたり、

                      いろいろやっているんですけど、なかなかなか・・・

                       

                      問題は、生徒さん自身の恥ずかしいという気持ちかも。

                       

                      カンテの場合、思い切った表現をしないと、

                      かえって変になっちゃうので、

                      どうどうと、しっかり表現しないとなんですよね。

                       

                      今日のレッスンでも、

                      ちょっとした裏技を駆使して、

                      歌を魅力的にする練習を行いました。

                       

                      生徒さん達のりのりで楽しそうにやってくれました。

                       

                      効果、、、、あがってくるといいな。

                       

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

                      ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 11月27日 詳しくはこちら

                      大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月3日 詳しくはこちら

                      東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

                      | フラメンコのこつ | 19:41 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事