CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
メルマガ221号本日発行 初心者向きバイレ映像の見方 ファルーカ
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    お寒うございます。

    さきほどメルマガ221号の配信予約が完了しました。

    お昼過ぎにご登録のみなさんのお手元に届くと思います。

     

    さて、12月も2週目。

    当教室は来週の大阪クルシージョ、

    その次の東京理論オープンクラスと怒涛の日々に突入です。

     

    そんな忙しい日々が終れば、年末のお休みに入ります。

     

    今回のメルマガ、コラムはファルーカの踊りの見方について。

     

    今回も技術的なことよりも、

    ファルーカという踊りが2種類あることについて、

    書いてみました。

     

    ギターソロのファルーカを見たことがある方、

    それってフラメンコでしたか???

     

    ん?っと思ったあなた、ぜひ今回のコラム読んで下さいね。

     

    お教室案内は、次回東京理論オープンクラス<アレグリアス>、

    大阪次回クルシージョ案内もございます。

    (ペテネーラクラスは後お1人で満席です。)

     

    そして、来年の東京理論オープンクラスの

    日程決定のご案内もございます。

    数日後には教室HPにも掲載しますので、

    メルマガを取っていない方、

    もう少々お待ちくださいませ。

     

    コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

    (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

    コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

     

    東京、大阪、どのクラスも、お問い合わせお待ちしております。

     

    ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

      大阪クルシージョのご案内は こちら

      東京教室のご案内は こちら

     

    コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

    なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

    (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

     メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

    よろしくお願いします♪

     

    フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

    解除も同じページで可能です。

    登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

    確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

     

    ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

     ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

    (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

    こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

     次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 06:49 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    ドラマチック病の特効薬
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      あれは、まだ私が20代だったころ、

      劇団でミュージカルの勉強をしていた時のことです。

       

      それまでグループレッスンしか受けさせてもらえなかったのに、

      3年目にしてやっと、劇団から歌の個人レッスンを

      受けることになりました。

       

      先生も今までの先生とは全く違う、ベテランの女性の方で、

      どんなレッスンになるのかとどきどきしていたんですけど、

      すでに演出部からの指令が行っていたようで、

      私が最初にレッスンを受けることになったのが、

      今日の映像の I feel pretty!

       

      ウエストサイドストーリーの有名なナンバーなので、

      聞いたことがある方も多いかもしれません。

       

      で、どうしてこの曲になったのかというと、

      当時、歌う時に私がある重大な病に侵されていたから。

       

      その病とは ドラマチック病。

       

      どんな歌を歌っても、

      やけにドラマチックになってしまうという奇病です。

       

      もちろんミュージカルですから、

      ドラマチックに歌うことはとっても重要。

       

      でも、曲によっては軽やかに、

      さらっとさりげなく歌う必要もあるんです。

       

      そういうさりげない歌の中に、

      ドラマチックな歌が1曲入れば、

      そのドラマチックな歌の効果は抜群になるんですが、

      どの歌も全部ドラマチックでは、

      観客は疲れてしまいますし、

      その舞台全体の主題も伝わりにくくなってしまいます。

       

      という訳で、

      いかに軽やかに歌うかを学ぶために、

      用意されたのがこのI feel pretty だったんです。

       

      学校の部活はずっと聖歌隊だったこともあって、

      子供の頃からひたすらに、

      どんな歌もドラマチックに歌いまくっていたせいで、

      そんな風になっちゃったんですよね。

       

      そんな私のドラマチック病が完治したのは、

      実はカンテを学んでからのこと。

       

      というのも、カンテは1曲1曲を、それぞれの曲に合わせた、

      全く違う個性で歌い分けることがポイントとなります。

       

      なので、歌毎に違う個性でって練習しているうちに、

      ドラマチック度合いも調節できるようになったんです。

       

      いっつも思うんですけど、

      カンテで学んだこと、出来れば子供の頃に学んでおきたかった。

       

      そうしたら、もっともっと自在に歌えたのにな。

       

       

      ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

      次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

      ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

      ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | フラメンコのこつ | 12:16 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      フラメンコにも、映画の影響力ってすんごい。 で、こんなのも
      0

        JUGEMテーマ:映画

         

        昨日映像を貼っておいた映画:血の婚礼。

         

        ツタヤでレンタルもあるから、見た人も多いと思います。

         

        この映画の中で、幽霊が出てくるシーンで使われたのが、

        ペテネーラ。

         

        このせいで、ペテネーラは不吉なカンテって

        呼ばれるようになったんです。

        なので、古い文献にはそんなことちっとも書いてないんですよね。

         

        そして、また別の映画なんですが、

        ヒターノとそいうでないスペイン人をわかりやすくするため、

        衣装で違いをつけたんですけど、

        その時、ヒターノの印として使われたのが水玉模様。

         

        水玉模様はスペイン語では 月模様ってよぶので、

        特に、<水>ましてや<涙>を表すことはありません。

         

        たくさんのお月さまが並んだ、

        ロマンチックな柄なんです。

         

         

        ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

         次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

        ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

        ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | フラメンコのこつ | 19:08 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        フラメンコにも、映画の影響力ってすんごい。 つづき
        0

          JUGEMテーマ:映画

           

          1960年ごろの映画黄金期。

           

          フラメンコアーティストの中にも

          ハリウッドスターになった人達がいます。

           

          ニューヨークの摩天楼のペントハウスに住んでいたと言われる

          カルメン・アマジャ。

          そして、アントニオ・マイレーナ。

           

          ハリウッドの世界旅行映画の一番の特徴は、

          諸外国が全部ハリウッド内でセットで撮影されたこと。

           

          なので、芸者ガールも、フラメンコアーティストも

          みんなハリウッドに住んで撮影したんです。

           

          ちなみに、アントニオ・マイレーナは、

          セビージャ県のマイレーナ村の出身。

           

          カルメン・アマジャはバルセロナ生まれです。

           

          それで、フラメンコの故郷アンダルシアから来た、

          とはいえずに、2人の共通点だったヒターノを、

          フラメンコのシンボルにしたんですよね。

           

          日本人のフラメンコの誤解が、

          なんとアメリカ映画のせいだったなんて。

           

          映画の影響力って大きいですね。

           

           

          ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

           次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

          ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

          ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | フラメンコのこつ | 19:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          フラメンコにも、映画の影響力ってすんごい。
          0

            JUGEMテーマ:映画

             

            1960年ごろ、世界は映画に包まれていました。

             

            まだテレビも各家庭に普及してなくって、

            映画館がすべての情報の情報源って役割を担ってて、

            2本立ての映画の間に流れるニュースだったり、

            流行歌のプロモビデオだったりが、

            みんなの楽しみだったそんな時代。

            (私はオンタイムじゃないですよー。)

             

            映画に登場する外国は、

            それはそれは魅力的で、

            作りものだってことを忘れさせるほどで、

            人々は本当の事との区別すらつかなくって。

             

            もちろん、そんな映画を作っていたのはアメリカ。

            古きよきハリウッド映画全盛の頃のお話です。

             

            第2次世界大戦の爪痕もだんだん癒えて来て、

            海外旅行に夢を馳せはじめたあの時代。

             

            80日間世界一周をはじめ、

            プレスリーのハワイ旅行の映画も、

            この頃のヒット作です。

             

            そんな海外の雰囲気を盛り上げて来たのが、

            各国の踊りの映像。

             

            日本の芸者ダンスも人気だったんですが、

            特に人気があったのが、

            ハワイのフラ、

            中東のベリーダンス、

            そして、フラメンコです。

             

            でも・・・

             

            ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、

            フラは本来ウクレレ弾いて英語の歌に合わせて、

            踊るものではありません。

             

            そして、中東で女性があんな肌もあらわな服装で、

            人前で踊るなんてありえません。

             

            そして、フラメンコも大きな誤解を生む

            取り上げられ方をしたんです。

             

             

            それでも、

            私は映画に取り上げられなかった方がよかったとは、

            思っていません。

             

            だって、私たち日本人は、

            そんな映画の中のフラメンコに強く惹かれ、

            フラメンコファンになったんですもん。

             

             

            ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

             次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

            ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

            ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | フラメンコのこつ | 16:23 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            フラメンコ化って言葉、よく使われてるってホント?
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              今日の映像はタンゴ・デ・グラナダ。

              先日の理論オープンクラスでもご紹介したタンゴです。

               

              フラメンコのタンゴには2種類のノリがあります。

               

              ひとつは、お馴染みのタンゴ・デ・トリアーナに代表される、

              カディス、セビージャ、あたりのアンダルシア西部のタンゴ。

               

              そして、もうひとつがタンゴ・デ・グラナダ、

              タンゴ・デ・マラガなどのアンダルシア東部から

              バルセロナにわたる地域に分布するタンゴ。

               

              ノリがぜんぜん違うんですけど、

              いかがでしょうか?

               

              私は、バイレをやっていたころは、

              ずっとグラナダに留学していたので、

              タンゴ・デ・グラナダのノリが今でも大好きだし、

              とっても懐かしく感じます。

               

              力強さの中にある哀愁は、

              グラナダの風景ともお似合いで♪

               

              タンゴ・デ・グラナダは、

              もともとこの地域にあった民謡が、

              フラメンコ化したと思われているのですが、、、

               

              先日、理論オープンクラスにいらした生徒さん。

              フラメンコ化って言葉は、スペイン語を翻訳して、

              20年ほど前に私が作ったんだと言ったら、

              とってもびっくりされていました。

               

              というのも、バイレのクラスでも聞いたことがあるし、

              日本で一般的に使われていると仰るんです。

               

              うっそおおおおおおお。

               

              私が Aflamencado を苦し紛れに訳した言葉が、

              日本で定着しているなんて・・・

               

              地味だけど頑張って来たこと、

              少しはみなさんの役にたっているようで、嬉しいです。

               

              これからも、日本の皆さんのフラメンコ理解に役立つよう、

              地味にですけど、かなーり地味にですけど、

              続けて行きたいって思いました。

               

               

              ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

               次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

              ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

              ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | フラメンコのこつ | 17:42 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              アレグリアスって、とらんとらん?
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                アレグリアスと格闘中の生徒達。

                 

                アレグリアスの難しさは、

                1に音域の広さ、

                2に音程の変わるスピードの速さ、

                3,4がなくて

                5にブレリアとは違うアレグリアス独特のリズム。

                 

                この生徒さん達、1と2はOKだけど、

                なかなか5が完全とは言えない状態で、

                ここのところリズムを中心に練習中なんです。

                 

                アレグリアスのリズムは、

                ご存じの方も多いと思いますが、

                リズムの頭にアクセントのない弱起、

                アフタクトとも呼ばれるものです。

                (正確に言うとどちらもちょっとフラメンコとは違うけど)

                小節のはじめにアクセントのないリズムって、

                日本にはもともと存在しないんですよね。

                 

                ちなみにアレグリアスのリズムは、

                弱 弱  弱 弱  弱  弱  弱 弱  

                の12拍子です。

                 

                フラメンコのリズムの中でも、

                頭にアクセントがないリズムは、

                この1種類だけで、

                アレグリアスの仲間とソレアの仲間が使っています。

                 

                日本にはもともと存在しない感覚のせいもあって、

                フラメンコのリズムの中でも最難関がこれ。

                 

                似たようなリズムだけど、

                頭が強ではじまるブレリアに、

                ついつい変化してしまいがちなんです。

                 

                ブレリアのリズムは、

                 弱 弱 強 弱 弱  弱  弱  弱  

                の12拍子です。

                 

                アレグリアスって、

                バイレでも最後にブレリアをつけるように、

                以上の2つのリズムをしっかり使い分けられないと、

                歌いこなすのもなかなか難しいんですよね。

                 

                というのも、

                歌う時に、歌のスパイスって感じで、

                アレグリアスのリズムの中に、

                ちょこっとブレリアっぽいノリを入れたりするので。

                 

                伴奏のギターはずっとアレグリアスなのに、

                カンテだけちょこっとブレリアっぽく歌ったり、

                アレグリアスに戻したりを繰り返して、

                独特の楽しさを演出しているんです。

                 

                そんなリズムの面白さを一番表しているのが

                実は、サリーダ♪

                 

                サリーダのめまぐるしく変わるリズムやノリを、

                さらっと軽く歌って見せるのが、粋ってもんです♪

                 

                という訳で・・・

                先日のレッスンでは、サリーダの練習をいっぱいしました。

                 

                短く分けたり、つないだり、

                ゆっくり歌ったり、少し速めにしたり、

                途中で何度か私のお手本もいれつつ、連続20分間ほど。

                 

                ”あー、楽しかったー。”

                 

                ほっぺを上気させた生徒が言ってくれた一言に、

                この練習、今日がちょうどいいタイミングだったんだなって、

                ほっとしました。

                だって、まだ早すぎる場合は、楽しめないですから。

                 

                今頃、街をあるきながら口ずさんでくれてるかな?

                 

                てぃりてぃ とらとらーとらー♪

                 

                 

                ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

                 次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

                ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | フラメンコのこつ | 08:47 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                メルマガ218号本日発行 初心者向きバイレ映像の見方 ガロティン
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  おはようございます。

                  先ほどメルマガ218号の配信予約を設定しました。

                  登録して下さった皆さんにお昼過ぎごろに届くと思います。

                   

                  昨日は東京の月1理論オープンクラスでした。

                  元生徒さん、新人さんなどバラエティ豊かなみなさんと、

                  楽しいひと時を過ごせたと思います。

                   

                  今回の隠しテーマだったのは

                  フラメンコのタンゴにはリズムが2種類あるってこと。

                   

                  それぞれの発生の歴史をご説明、

                  のりの違いや使用時の注意を私の生歌で体感して頂きました。

                  今回一番生徒さんが、ひょーってなった瞬間ですね。

                   

                  理論クラスで学んだことで、

                  今後のフラメンコ人生がより豊かになりますように♪

                   

                  では、今回のメルマガです。

                  コラムは、フラメンコ映像の見方の続きでガロティン。

                   

                  ガロティンも比較的初心者の内に経験する曲種ですよね。

                  今回のコラム、初心者の方にも楽しんで頂けると嬉しいです。

                   

                  お教室案内は、次回東京理論オープンクラス<アレグリアス>、

                  大阪次回クルシージョ案内もございます。

                  (ペテネーラクラスは後お1人で満席です。)

                   

                  東京オープンクラス、大阪クルシージョともに、

                  参加予定の方、お申込みは終わってますか?

                  今ならまだお席に余裕がございます♪

                   

                  コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

                  (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

                  コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

                   

                  東京、大阪、どのクラスも、お問い合わせお待ちしております。

                   

                  ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

                    大阪クルシージョのご案内は こちら

                    東京教室のご案内は こちら

                   

                  コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

                  なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

                  (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

                   メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

                  よろしくお願いします♪

                   

                  フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

                  解除も同じページで可能です。

                  登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

                  確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

                   

                  ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                   ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                  (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                  こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                   

                  ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

                   次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

                   

                  ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                  ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | フラメンコのこつ | 04:05 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  歌詞ではなくメロディを踊れば、それこそがフラメンコ♪
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    もともと日本の文化では、

                    踊りの振りには、それぞれ意味があったりします。

                     

                    私たちにも身近な盆踊りの炭坑節なんて、

                     

                     ♪掘って掘って、また掘って♪

                     

                    なんて歌いながら振りを憶えますよね。

                     

                    ハワイのフラも、それぞれの振りに意味があることで

                    知られています。

                     

                    日本のアイドル歌手の振り付けにも、

                    なにか意味があるものが多くって、

                    AKBのフォーチュンクッキーのおにぎりダンスは

                    踊ったことがある方も多いのではないでしょうか?

                     

                    こういう振り付けのことを、

                    一般に宛て振りっていうんですけど、

                    フラメンコも宛て振りだと勘違いする方も多いようです。

                    (ハワイのフラと混同しているのかもしれません。)

                     

                    そして、クラシックバレーも、

                    踊りでしゃべると言われるように、

                    ひとつひとつの振り付けが会話になっていますよね。

                     

                    でも、フラメンコはひとつひとつの振り自体に、

                    なにか意味がある訳ではありません。

                     

                    ですから、

                    歌詞の意味を踊っているってこともないんです。

                     

                    では、なにを表現しているのかと言うと・・・???

                     

                    はい、本日のタイトルにもなっているように メロディ♪

                     

                    カンテのメロディに合わせて、っていうか、

                    カンテのメロディ自体を踊って表しているんですよ。

                     

                    これ、日本人にはいいと思いませんか?

                     

                    だって、スペイン語がわからなくてもいいんです。

                    メロディは世界の共通言語ですから♪

                     

                    どう踊ろうかと迷ったら、

                    カンテのメロディをしっかり聞きこんで、

                    聞くことで心に湧き上がってくる感情を、

                    そのまま素直に踊りにこめれば、それが正解。

                     

                    とにかく、カンテをいっぱい聞いて聴いて、

                    感じてくるまで聞けばOK。

                     

                    これならすぐにできるでしょ?

                     

                     

                    え?聞いてみたけどあんまり好きじゃない?

                     

                    えーっと・・・

                     

                     

                    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

                     次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

                    ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | フラメンコのこつ | 11:01 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    カンテクラスで大泣きする時って。
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      当教室の生徒さん。

                      実は、レッスンで大泣きしたことがある方、多いんです。

                       

                      いえいえ、私がいじめた訳ではありません。

                       

                      一番多いのは、カンテに入り込めるようになって、

                      歌っている本人が大きく感情を揺さぶられての涙。

                       

                      これ、スペインのカンテ教室でもよくありました。

                       

                      新しく学んだカンテにはじめて満たされた時、

                      涙がばーっと出ちゃうことが多いですね。

                       

                      一度涙がでれば、次からは大丈夫みたいです。

                       

                      他にも、今までうまく歌えなかったカンテが、

                      急に思うように歌えるようになったうれし涙。

                       

                      そして、

                      子供の頃の音楽にかんするトラウマが浄化された時も。

                       

                      カンテ好きなみなさん、小さい頃から音楽好きのなのに、

                      結構しんどい記憶があるみたいです。

                       

                      カンテは歌い手自身が自分の表現で、

                      バックを引っ張っていく歌なので、

                      自分自身の表現を自信を持ってださないと、

                      成立しないんですよね。

                       

                      でも、悲しい記憶があると、

                      なかなか自分の表現をだせなくなるみたいで。

                       

                      でも、忘れないでほしいんです。

                      表現にいいも悪いもありません。

                      大事なのは、あくまでも自分のオリジナルだってこと。

                       

                      だから、自信を持って堂々と、表現してくださいね。

                       

                       

                      ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

                       次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

                      ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                      ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | フラメンコのこつ | 10:57 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事