CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
頭を真っ白にすると聞こえるものがある。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    フラメンコのリズム、はずさないようにと頑張る時、

    頭の中で必死でカウントを数えたり、

    覚えた足の振付をタンタタタンと口にしたりは

    していませんか?

     

    リズムを捕まえるコツ、それはたったひとつ、

    <頭を真っ白にして聴くこと>。

     

    何度もこのブログでお話ししているとおりです。

     

    メロディを覚えるコツも全く一緒。

    <頭を真っ白にして、ただ聞くこと>。

     

    それだけ。

     

     

    なにかを習得したい時、

    大切なのは、ただただ受け入れることです。

     

     

    クラスでも、

    なかなかリズムが取れなかったり、

    メロディが覚えられなかったりする人は、

    私の説明も最後まで聞くことが出来ず、

    話しの途中で声をあげてしまうことが多いようで。

     

    うーん、、、勿体ない。

     

    大好きなフラメンコの世界にひたることが、

    一番のコツだなんて、、、、結構ラッキーでしょ?

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    大阪カンテクルシージョ次回は9月16日です。 詳しくはこちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 09:08 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    フラメンココラム、各曲種の表現一覧です。15曲種アップ♪
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      最初、5曲種アップしたところで、一度まとめて、

      次に、10曲種アップしたところで再度まとめたので、

      今回、計15曲種になったので、さらにまとめてみました。

       

      今回は初心者向けの踊り歌を中心に取り上げました。

       

      曲種名のいわれ、リズム、独特の表現方法などなど、

      いろいろ書きましたので、参考にしてください。

      他の曲種のリクエストも受け付けておりますので、

      リクエストがある方は、この記事のコメント欄にどうぞ。

       

      ★実は多くのカンテのルーツ

       ファンダンゴ・デ・ウエルバ こちら

       

      ★これも民謡 タンギージョ こちら

       

      ★意外なルーツを持つセビジャーナス こちら

       

      ★人気の曲種 ブレリア はどう表現する? こちら

       

      ★自由度が一番高いかもの タンゴ こちら

       

       

      ☆炭鉱のつらい日々 タラント こちら

      ☆実は超難易度が高い アレグリアス こちら

      ☆実は初心者向き? シギリージャ こちら

      ☆ラメンテが魅力の カーニャ こちら

      ☆種類がとっても多い ソレア こちら

      ☆元は農業歌 ガロティン こちら

      ☆裏に悲しい歴史 グアヒーラ こちら

      ☆荘厳な曲 ティエント こちら

      ☆ラメンテが切ない ファルーカ こちら

      ☆カディスの賑やかさ カラコレス こちら

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      大阪カンテクルシージョ次回は9月16日です。 詳しくはこちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | フラメンコのこつ | 15:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      こだわりなんか強くないもん。
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        時々、頑固だとか、こだわり強いですね、とか、言われます。


        でも、私は柔軟性の高い性格で、

        もともとこだわりなんか強くないんです。


        ただ、、、

        私を愛してくれたスペインのフラメンコの師匠を、

        仲間達を思うと、
        彼らを裏切ることができないだけ。


        大事にしてくれた人たちを裏切れない、

        彼らの正しさをそのまま伝える、
        それはこだわりなのでしょうか?

         

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        大阪カンテクルシージョ次回は9月16日です。 詳しくはこちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | フラメンコのこつ | 21:40 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        フラメンコの世界で一番幸せなのは・・・
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          スペインで・・・

           

          ギタリストさんや踊り手さんに繰り返し言われました。

           

          羨ましい。って。

           

          なにが羨ましいのか聴いてみると、

           

          ”だって、カンテを一番感じるのは歌っている本人でしょ?”

           

           

          そうですね。

           

          カンテを己が身を持って感じる幸せは、

          フラメンコ歌手だけに与えられた特権かもしれません。

           

           

          カンテを覚えて、

          一生懸命正しいメロディを覚えて、

           

          そのメロディを何度も何度も繰り返し歌って、

           

          歌って歌って歌って、、、、、

           

          するとある瞬間、ぐわっと心をわしづかみにされ、

          そのままゆっさゆっさと強く強く揺さぶれる感覚に襲われます。

           

          揺さぶられ方は曲によって違うんですけど、

          今までの人生で経験したことのない、強烈な感覚。

           

          大きな嵐に巻き込まれたような、

          自分の全てが音になったような。

           

           

          その瞬間が来た時、同時に涙がこぼれます。

           

           

          カンテによって、

           一粒の涙がつーっと流れるときや、

           号泣してとめどなく涙が流れおちたり、

           嗚咽がいつまでも止まらなかったり、、、。

           

           

          楽しく明るい曲でも涙はこぼれます。

           

           そのカンテと心の奥で結びついた、

           カンテと心が呼応した共振で、

           心臓までも震えるので。

           

           

           

          はじめてその感覚を味わった日のこと。

          今でも昨日のように思い出します。

           

          あれは・・・

          ナランヒートに習い始めて1か月がたったころ、

          ポロという曲でした。

           

          夜中、何時間も歌い続けた後、

          今まで感じたことがなかったような、

          大きな全身の揺れを感じたんです。

           

          大量の涙がぼたぼたこぼれて、

          それでも歌う事をやめられなかった。

           

           

          翌朝、

          レッスンでそのポロをナランヒートに聴いてもらいました。

           

          私が歌い終わると、

          ナランヒートは静かに微笑んで言いました。

           

          ”君は今日、はじめてフラメンコを歌ったんだよ。

           自分でも感じたよね。”

           

          歌い終わった瞬間、

          私の目からは大粒の涙がまたぼとぼと零れ落ちていました。

           

          昨晩出し尽くしたはずの涙が、

          まだこんなにも残っていたことに驚きながら、

          師匠の目を見て、ただ何度もうなづいた、、あの日。

           

           

          フラメンコの命、カンテの命はメロディに宿る。

           

          ナランヒートに習った、正確なメロディは、

          私自身をも大きく変えてしまったんです。

           

           

          この感覚を一度でも味わったフラメンコ歌手は、

          生涯カンテをやめることは出来ない。

           

          スペインでよく言われていることだけど。

           

          、、、そのとおりです。

           

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | フラメンコのこつ | 18:54 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          カンテで人の心を動かすのって、、、実は簡単?
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            どうせカンテを歌うなら、感情をこめたい、

            人の心を動かしたい、感動させたい。

             

            そう思うのは自然なことですよね。

             

            それで、必死でいろいろな声を出したり、

            力強く声を絞り出したり、、、、、。

             

            でもね♪

             

            実はカンテの場合、他人の心を動かすのは簡単なんです。

             

            なぜかって?

             

            ポイントはカンテのあの独特のメロディ。

             

            そう、実はあのメロディを聞くと、人は自動的にドキドキしちゃう。

             

            あのメロディの独特の音程感が心を動かします。

             

            だから、こう表現しよう、ああ表現しようと頑張るより、

            音程を正確に歌えば、それだけで観客はドキドキするんです。

             

            レッスンでも何度も生徒達に言ってるんですけどね。

            感動を呼びたいのなら、メロディを正確に歌って下さいって。

             

            どうして、伝わないかなあ???

             

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | フラメンコのこつ | 06:15 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            舞台の演技、映像の演技
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              今日もみかん祭り(カンテ発表会)のお話しです。

               

               

              今から歌うカンテを伝えようと、

              がちがちに緊張しながら、

              自分の中を感情でいっぱいにしている生徒さん。

               

              そりゃあフラメンコの歌ですから、

              どの歌もかなり感情豊かに歌うのはそうなんですけど・・・

               

              この感情豊かっていうのが、

              ちょっとした誤解を生んでいるんですよね。

               

               

              この<誤解>っていうのを今日は説明させてください。

               

              えっと・・・

              カンテは感情をゆさぶられる歌です。

               

              忘れて欲しくないんですけど、

              感情がゆさぶれらるのは<観客>聞く人なんですよね。

              歌う本人の感情がゆさぶられている必要はないんです。

              (本当にゆさぶられてたら、歌ぐしゃぐしゃになりますし)

               

              え? 歌い手の感情が動くから観客も感動するのでは?

               

              はい、それで今日のタイトルなんです。

               

              舞台での表現の仕方と、映像は違うってこと。

               

              テレビドラマとか見てて、主人公が泣いたりすると、

              見ている私達も一緒に泣いちゃったりしますよね。

               

              テレビでは顔がアップになるし、

              場合によっては涙一粒までつつーって見えます。

               

              っていうか、見せてます。

               

              役者の演技っていうか感情に共感することで、

              視聴者は感情がゆさぶられるんです。

               

               

              じゃあ、舞台ではどうでしょうか?

               

              映像では、そこに観客はいません。

              あるのはカメラだけですけど、

              舞台の場合は感動させるべき相手、

              観客がいます。

               

              自分の中でいくら感情が高ぶっていても、

              お客さんがそれを見て、しらーっとなってしまっては、

              なんの意味もありません。

               

              観客の心の中に、感情が生まれることが目的なんです。

               

              じゃあ、どうやったら観客の感情を動かすことが

              できるんでしょうか?

               

              その方法を学ぶには、一にも二にも経験。

               

              誰かの前で歌って、

              相手に伝わっているかどうかを確認して、

              いろいろ試行錯誤をして体得していきます。

               

              もちろん、いくつかのノウハウがない訳ではないので、

              私も丁寧に説明するんですが、

              やっぱり、歌う人本人の心構えが一番大事な訳で。

               

              自分の中の感情を大事にするのではなく、

              あくまでも伝える、伝わることを中心に考える。

               

              そういう意識転換が出来てこその、ことなんです。

               

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | フラメンコのこつ | 11:06 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              メルマガ157号本日発行 コラムはブレリアの表現です。
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                今回の台風は異例続きで驚かされることばかりでしたが、

                みなさんの地元は大丈夫でしたか?

                被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、

                今後も十分にご注意なさってください。

                 

                 

                さて、

                さきほどメルマガの予約配信のセッティングが完了しました。

                本日のお昼休みごろ、メルマガ登録者の皆さんへ届く予定です。

                 

                今回のメルマガのコラムには、

                ブレリアの表現をテーマに書いてみました。

                 

                ブレリア、大人気ですよね♪

                 

                生徒にも好きなフラメンコの曲種は?って聞くと、

                結構な確率でブレリアっていう答えが返ってきます。

                 

                でも、ブレリアってどんな曲種だか知ってますか?

                 

                <ブレリアってどういう雰囲気の曲でしょ?

                <ブレリアってどう歌ったらカッコイイ?

                <ブレリアを踊るのって難しそうだけど・・・

                 

                なんてあたりを頑張って書いたつもりです。

                初心者の方にも、ベテランさんにも

                楽しんで読んで頂けると嬉しいです。

                 

                それから、前回のメルマガでもお願いした

                次回大阪クルシージョの日程のアンケートは、

                7月末、つまり明日が締め切りです。

                 

                大阪クルシージョ参加予定、参加希望の方、

                日程が決まってから申し込めばいいなんて言わないで

                アンケートへのご参加よろしくお願いいたします。

                アンケートのお返事が少ないと、

                開催が延期になっちゃう場合も・・・涙。

                 

                 

                PCやスマホをお持ちの方は、

                フラメンココラムをお教室HPでも読むことが出来ます。

                コラム:ブレリアの表現は こちら

                 

                お教室最新情報も満載の無料メルマガ登録は こちら

                 

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | フラメンコのこつ | 05:04 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                気持ちは作る物ではなく、伝えるもの。
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  観客に気持ちを伝えたい・・・

                   

                  その為には・・・

                   

                   

                  どんな歌でもお芝居でも踊りでもそうなんですけど、

                  舞台に上がる前に、自分の気持ちをきっちり作って、

                  それを舞台で表現しようとしていませんか?

                   

                  自分の気持ちをきっちり作っておけば、

                  観客に気持ちが伝わるから。 ですか?

                   

                  それって、、、本当でしょうか?

                   

                   

                  私は前もって作っておいた気持ちは、

                  観客には伝わらないと思っています。

                   

                  舞台の上で、その場での生の感情でなければ、

                  観客の反応と呼応し合う、

                  観客とのコミュニケーションのとれた感情でなければ、

                  観客を感動させることなんて、到底無理です。

                   

                  なのに・・・

                   

                  前もって感情を作っておいて、

                  舞台にあがったら、観客の反応には目をつぶり、

                  ひたすら自分の中に固まっている表現をするだけ。

                   

                  そんな風にしてしまう方が多いように思います。

                   

                   

                  感情と言うのは動くから意味があるんです。

                   

                  固まった感情を、まるでコピー機のように再現して見せても、

                  それにはなんの意味もありません。

                   

                   

                  もちろん、前もって感情をこめる練習はしますよ。

                  色々な感情でもって練習はしておきます。

                   

                  でも、そんな練習は、

                  あくまでも本番で生の感情を使って表現する為の準備。

                   

                  決して、そのまま固めておいて使う為じゃないんです。

                   

                  フラメンコはアレンジも歌い方も、

                  もちろん感情も即興♪

                   

                  ご存知だと思いますが、即興で舞台に上がれるようになるには、

                  膨大な練習量が必要になります。

                   

                  いっぱい練習したからこそ、

                  本番の舞台で、頭を真っ白にしてその場で感じ、

                  その感情を観客に伝えることが出来る。

                   

                   

                  それはまるで普通の英語の授業と英会話みたいなもの。

                   

                  授業ではかなり複雑な構文を扱っていても、

                  実際に英語で話しかけられたら、

                  単語の羅列になっちゃうでしょ?

                   

                   

                  舞台にたつ人も全く一緒です。

                   

                  暗記した表現方法なら結構複雑で大人な感情表現ができるのに、

                  即興となると、急に子供っぽくなっちゃう。

                   

                   

                  でも、それでいいんです。

                   

                  上手くできなくて悔しい思いをしながら、

                  何度も繰り返すことで、即興力は上がってきます。

                   

                  さ、前もって固めた感情なんて、ぽいっしちゃいましょ。

                   

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | フラメンコのこつ | 15:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  メルマガ156号本日発行 コラムはセビジャーナスの表現です。
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    さきほどメルマガの予約配信のセッティングが完了しました。

                     

                    みかん祭りで一日遅れちゃいましたが、

                    本日のお昼休みごろ、メルマガお手元に届く予定です。

                     

                    今回のメルマガのメインは、

                    次回大阪クルシージョの日程のアンケート♪

                     

                    大阪レッスン参加を検討中の方、

                    ぜひアンケートに参加してくださいね。

                     

                    お馴染みフラメンココラムはセビジャーナスの表現です。

                     

                    セビジャーナスなんて、

                    ただ元気に歌って踊ればいいなんて思っていませんか?

                     

                    いえいえ、実は意外なルーツを持つセビジャーナス。

                    ルーツがわかれば、表現も自然と固まるものなんです。

                     

                     

                    PCやスマホをお持ちの方は、

                    フラメンココラムをお教室HPでも読むことが出来ます。

                    コラム:セビジャーナスの表現は こちら

                     

                    お教室最新情報も満載の無料メルマガ登録は こちら

                     

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | フラメンコのこつ | 11:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    なんどでも歌って聴かせましょ♪
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      今回の発表会で、グラナイーナを歌う生徒さん。

                       

                      今日、彼女に私は変なことを聞きました。

                       

                      ”ねえ。いつの間に上達したんでしたっけ?”

                       

                      この生徒さんも、もともと歌は初心者でした。

                      最初の頃は声も安定していませんでしたし、

                      表現力もそこまではなかったんです。

                       

                      でも、いつのまにやら上達して♪

                       

                      上達のきっかけとか、その頃の気持ちとか、

                      改め聴かせてもらって、、、納得。

                       

                      今、ちょうどその時期にさしかかっている生徒さん達への、

                      指導の参考になります。

                       

                       

                      もちろん、この生徒さんもまだまだ道の途中。

                       

                      声を使うことで出来る独特の表現方法は、

                      まだ使いこなし切れてはいません。

                       

                      さまざまな練習で体得した多くの声のバリエーション。

                       

                      細い声、太い声、強い声、弱弱しい声、などなどなど。

                       

                      どのタイミングで使うと効果的なのか?

                       

                      そして、

                      どの組み合わせで使うと聞く人がきゅんきゅんするのか?

                       

                      どのくらいの時間ひとつの声を使ったら、

                      次の声に移ってもいいのか? 

                      逆にもう移ったほうがいいタイミングなのか?

                       

                      などなどなどなど、、、、体得すべきことは無限にあります。

                       

                       

                      今、私が出来ることは、

                      典型的な組み合わせを何種類か実際に歌って聞かせて、

                      どんなに違うのかを実感してもらい、

                      ご自身でもやってみる、という経験を増やすこと。

                       

                      たとえば、

                      1)最初弱い声ではじめて、メインテーマに来たら太めの声にする

                      2)最初は普通の声ではじめておいて、

                        メインテーマをあえて弱い声で歌う

                      3)全体に強めの声で歌っておいて、

                       一番強調したい部分の前にあえてか細い声で歌う部分を作っておいて

                       メインテーマを再度しっかり強めに歌う

                      4)上の3のパターンで、各パートの長さを変える

                                             などなどなど

                       

                      口で言っただけじゃ伝わりにくい事も、

                      私がサンプルを歌う事で理解がしやすくなるようなんです。

                       

                      そうそう、ここで人間の声だからこそのポイントをひとつ。

                       

                      上記のようなパターン通りに歌っても、

                      歌う人によって全然違って聞こえるということをお忘れなく。

                       

                      各自の生まれ持った声質で、

                      出来上がったカンテは全くの別物になってしまうんです。

                       

                      ですから、最終的にどう歌うかは、

                      歌い手本人が自分で色々やってみて、

                      試行錯誤の結果決めるものなんですよ。

                      だって、私は生徒さんの声を使って歌うことは出来ませんから。

                       

                      自分自身の声のもつ特性としっかり向き合って、

                      自分の声を最大限に生かした歌い方を探す。

                       

                      カンテを歌っていて面白いのって、

                      実は、このあたりからなんですよね。

                       

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      大阪カンテクルシージョ次回は9月の予定です。 詳しくはこちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | フラメンコのこつ | 09:43 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事