CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
カンテ創成期、カンテコンサートに人気がでた理由は?
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    カンテ創成期といえばちょうど20世紀になったころ、

    カンテコンサートはものすごい勢いで

    人気になっていったんだそう。

     

    コンサートを開けばどこも満席で、

    人気のフラメンコ歌手の争奪戦も繰り広げられて・・・

     

    でも、どうしてそんなに人気がでたんでしょうか?

     

    もちろん、素晴らしい芸術だからなんですけど、

    当時の世相も影響していたみたいなんです。

     

    20世紀になったばかりのころ、

    貴族社会が崩壊し、世の中が大きく変わりました。

     

    特権階級のものだったコンサート鑑賞が、

    一般の人にも楽しめるようになったんです。

     

    でも、、、

    世の中は決して安定していたわけではなく、

    経済もアップダウンが激しく、犯罪も多かったようです。

     

    毎日しかめっ面で暮らす人も多かったなか、

    フラメンココンサートは人々の心の大きな癒しとなりました。

     

    あんな激しい歌がどうして癒しなの?

    って思われるかもしれませんが、

    人はひとつの感情に囚われると、心がすさむんだそう。

     

    喜び、悲しみ、苦しみ、痛み、などなど。

    カンテは1曲ごとに呼び起される感情が違います。

     

    いつもは、ひとつの感情に凝り固まっている人の心を、

    喜ばせたり、悲しませたり、苦しませたりと様々に振ることで、

    心のストレッチになり、硬くなった気持ちがほぐれるんです。

     

    20世紀初頭の疲れた人々の心をいやしたことで、

    カンテコンサートはあっと言う間に人気になったんですね。

     

    今でも、カンテコンサートの演目を組み立てる時、

    様々な感情を感じられるように組むのがセオリー。

     

    今の日本人の心もストレッチ出来るんじゃないかな?

    なんて思うんですけど、、、。

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<シギリージャと仲間達>

     次回は2月11日渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | フラメンコのこつ | 22:08 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    カンテ、バイレ、ギター教室の選び方
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      昨日はカンテ、バイレ、ギターの自由度について、

      ご紹介しました。

       

      では、それぞれの自由度を踏まえ、

      実際に始める時には、

      それぞれどうやってお教室を選んだらいいんでしょうか?

       

      今日はジャンルごとのお勧めの選び方を

      お話ししたいと思います。

       

      まず、バイレです。

       

      バイレは自由度が高いので、

      先生によって振り付けは全く異なります。

       

      ですから、好みの振り付けを踊る先生を選ぶことを

      強くお勧めいたします。

       

      ただし、今までに他のジャンルの踊りも

      ほとんど経験がない場合は、

      フラメンコのバイレというより、

      基本的に踊ることをきちんと教えられる先生が、

      最初はいいんじゃないでしょうか。

       

      基礎の肉体訓練をきっちりレッスンに取り入れていて、

      全身のストレッチや、足音の基礎トレーニングなども、

      しっかり時間を取っている教室が、

      初心者にはお勧めですね。

       

      特に、踊りで体を痛めてしまうことが多い初心者の間は、

      体のことをちゃんと学んだ経験を持ち、

      いざという時にケアも出来る先生が理想です。

       

      足を痛めているのに、練習をもっとするように勧めたり、

      腰が痛いのに、特に姿勢を直したりしない先生は、

      どんなに振り付けが素晴らしくても、

      踊りの先生としての基礎技能が足りないと私は思います。

       

      ハイヒールを履いて、

      床をばんばん打つフラメンコの踊りは、

      もともと膝や腰に負担がかかるもの。

       

      きちんと怪我から体をまもりながら、

      基礎体力や筋力をつけさせる、

      そんな先生のもとで安全に学んでほしいですね。

       

      ただ、他のジャンルの踊りの経験があったり、

      基礎的な肉体訓練が出来ている人なら、

      先生の踊りが好きかどうかで選んで大丈夫です。

       

      タブラオや発表会、イベントなどで、

      多くの先生の踊りを生でしっかりチェックして、

      気になる先生がいらしたら見学をしましょう。

      見学時には、

      実際に生徒さん達にはどんな振り付けを教えているのか、

      確認するといいと思います。

       

      ご自身が踊る時には前衛的でも、

      レッスンでは古典的な踊りを教える方もいらっしゃるので、

      そのあたりもよく質問してみてください。

       

      ちなみに、基礎的なことを丁寧に教えて下さる先生のもとで、

      何年か学んだ後、自分の好みの振り付けの先生に移る事は、

      スペインではとても一般的なことです。

       

       

      ギターに関しては、

      バイレと同じように基礎が出来ているかどうかで、

      先生を選ぶといいようですね。

      基礎がきっちりできている人は好みで選んでいいみたいです。

      ただカンテ伴奏の勉強がしたい場合は、

      できればスペインでカンテ伴奏を専門にしている方に、

      師事することをお勧めします。

       

       

      最後にカンテですが、

      正しいメロディとアレンジのバリエーションを

      丁寧に教えられる人がいいと思います。

      もちろん、ちゃんとした師匠について長く修行している人で、

      先生になる許可を師匠から受けている人にしないとですよね。

      CDを買ってきて丸暗記しただけで教室を開く人もいるようなので、

      そのあたりはちゃんとチェックしましょう。

      というのも、CDで売られているカンテには、

      基本の正しいメロディにさまざまなアレンジが入っているので、

      アレンジする前のもとのメロディはわからないんです。

      スペインでも、元の正しいメロディを学ぶために、

      師匠につくのは常識なので、カンテさんの履歴書を見ると、

      必ず師匠の名前が書いてあるんですよ。

      もちろん、勝手に書いたら大問題ですね。

       

       

      ★東京フラメンコ理論オープンクラス<シギリージャと仲間達>

       次回は2月11日渋谷にて くわしくは こちら

      ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

      ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | フラメンコのこつ | 22:23 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      カンテ、バイレ、ギター、それぞれの自由度
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        昨日はバイレの自由度についてお話ししました。

         

        では、カンテ、ギターを含め、

        フラメンコでのそれぞれの立場ごとの自由度について、

        お話ししたいと思います。

         

        まず、昨日お話ししたバイレです。

         

        フラメンコで一番自由度が高いのがバイレ。

        基本的にリズムさえ合っていれば、

        何をしてもOK。

        振り付けに決まりはないし、

        踊り方も、最近流行りのコンテンポラリー風でも、

        古典的なのでも、踊り手の自由です。

        構成も自由で、最低限歌振りを一つ入れれば、

        後は足があってもなくても、

        速くても遅くても、

        長くても短くても、なんでもいいのです。

         

        もちろん、魅力的であって欲しいですよね♪

         

        そして、次に自由度が高いのがギターなどの楽器系。

         

        ソロの場合はそれぞれの曲種らしさを要求されます。

        でも、表現の仕方は完全に自由。

        その曲種らしさって言うのも、各自の理解ですから、

        このあたりもバイレと一緒です。

         

        でも、カンテ伴奏となるとそうもいきません。

        あくまでもカンテが歌いやすいように弾くので、

        すべてはカンテ任せ。

        カンテを支える縁の下の力持ちになります。

        でも、カンテ任せとはいえ、

        どのコードを付けるのかはギタリストの自由だし、

        弾くタイミングなどなども全くの自由。

        あくまでもギタリスト本人の感性に任されています。

         

        ただ、、、、

        ギタリストを決めるのはあくまでもカンテさんなので、

        カンテさんにとって歌いやすいか、

        好みかどうかですべては判断されちゃいますね。

         

        最後に、自由度が一番低いカンテです。

         

        どうして自由度が低いかと言うと、

        カンテには正しいメロディ、

        正しいアレンジ方法って言うのが決まっていて、

        その決まりから外れることは許されないから。

         

        もちろん、あえて決まりをはずして歌うこともありですが、

        決まりをとってしまったら、もうフラメンコではありません。

        それでも自分らしい表現をしたかったら、

        アーティストとしてはありということで、自己責任で。

         

        最後に、、、

        実はこの自由度の高さと習得にかかる時間は、

        反比例するんです。

        カンテは決まりを覚えるのにとっても時間がかかるし、

        決まりを教えてくれる先生にずっとつかなくてはいけないので、

        なかなかハードルが高いですよね。

         

        カンテを目指す方、私でよかったら丁寧にお教えします♪

        もちろん、アンダルシア政府公認、クリスチーナヘーレン財団、

        フラメンコ芸術学院からカンテと理論の講師の資格を頂いているので、

        安心していらしてください。

         

         

        ★東京フラメンコ理論オープンクラス<シギリージャと仲間達>

         次回は2月11日渋谷にて くわしくは こちら

        ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

        ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | フラメンコのこつ | 05:26 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        バイレって、お好きなようにどこまでしていいの?
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          ティエントって、

          発表会でも人気ですよね。

           

          ティエントで大人っぽいバイレにはじめて挑戦した、

          という方も多いのではないでしょうか?

           

          以前、ある生徒さんにこんな事を言われました。

           

          ”ティエントってロウソクの炎のようにっていう

           意味なんでしょ?”

           

          ”え?どうしてです?”

           

          ”バイレの先生に、

           ロウソクの炎のように踊れって言われたんです。”

           

          ”そうですか。”

           

          ”だから、ティエントはそういう意味の踊りなんですよね?”

           

          ”うーん、その先生が教えて下さった振り付けは、

           ロウソクの炎をイメージしていたのかもしれませんね。”

           

          ”え? すべての振り付けじゃないんですか?”

           

          ”はい、何をイメージして振りを作るのかは、

           踊り手さんの自由ですから。”

           

          ”じゃあ、同じティエントでも色々な雰囲気があるんですか?”

           

          ”はい。そうなんですよ。”

           

          ”ええ? ティエントの雰囲気っていうのがあると思ってました。”

           

          ”まあ、ある程度はティエントらしさってありますけど、

           もっと細かい設定とかは、各自の芸術ですから。”

           

          ”そのティエントらしさってなんですか?”

           

          ”ティエントのカンテを聞いてどう思います?”

           

          ”しっとりっていうか、荘厳っていうか・・・”

           

          ”はい、それでいいと思います。”

           

          ”え?そんなんでいいんですか?”

           

          ”はい。後はそれぞれの振りごとに違いますし、

           最終的には踊り手さん自身の解釈ですから。”

           

          ”正しい解釈ってないんですか?”

           

          ”芸術ですからね。正しいとかはないですよ。

           ご自身が感じたように踊ってくださいね。”

           

          ”じゃあ、理論の勉強なんて意味ないですね。”

           

          ”いいえ。自由だからこそ、知識が必要なんです。

           知識の後ろ盾があってこその自由な表現ですから。”

           

           

          ★東京フラメンコ理論オープンクラス<シギリージャと仲間達>

           次回は2月11日渋谷にて くわしくは こちら

          ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

          ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | フラメンコのこつ | 20:22 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          グアヒーラってどんな意味?
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            先日のグアヒーラの理論講座、

            まず最初に説明したのはグアヒーラと言うことばの意味です。

             

            あなたはご存知ですか?

             

            そんなの知らない、なんて言わないで、

            ちょっと辞書を引いてみませんか?

             

            意外な答えが書いてあるかもしれませんよ!

             

            え? 意地悪しないで教えて! ですか。

             

            でも、自分で調べた方が覚えるし、

            今後もフラメンコ用語を調べる習慣がついて

            いいと思うんですけどね。

             

            まあ、簡単に言うと引揚者ですね。

             

            中南米統治から引き揚げてきた人たちの中で、

            一等客室じゃなくて、

            船底の大部屋で戻ってきた人たちのこと。

             

            スペインにもどった後で、そう呼ばれていたようです。

             

            あんまりおめでたい言葉ではない事は、

            わかって頂けましたか?

             

             

            ★東京フラメンコ理論オープンクラス<シギリージャと仲間達>

             次回は2月11日渋谷にて くわしくは こちら

            ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

            ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | フラメンコのこつ | 19:31 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            フラメンコ理論クラスの質問あれこれ
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              さきほど、理論オープンクラス<グアヒーラ>が

              終了しました。

               

              講座の最後に質問コーナーを設けているんですが、

              最近は曲種ごとの具体的な質問が多いですね。

               

              今回は、グアヒーラらしい歌詞の解釈について

              詳しく説明しました。

               

              その時によっては、もっと一般的なご質問も多いんですが、

              20年ちかくお教えしてきたなかで、

              一番びっくりした質問をご紹介したいと思います。

               

               

              たぶん、20代半ばくらいの方だと思います。

              バイレを数年習っているんだそうです。

              とってもかわいらしい方で、

              普段着もほぼ練習着のような服装で、

              かなりフラメンコにはまっている印象です。

               

              ”あのー、どうしても質問したいことがあって、

              今回の理論講座を受講しました。”

               

              ”はい、なんでしょう?”

               

              ”今度はじめてスペインに行くんです。”

               

              ”それは楽しみですね。”

               

              ”それで、私、実は大阪生まれなんですけど、

              大学に進学するのに東京に来た時、

              エスカレーターでみんなが左側に乗っているのに

              びっくりしました。

              それで、スペインに行く前にどうしても聞きたいんですけど、

              スペインでは、エスカレーターに乗る時、

              右側に乗るんですが? 左ですか?

              それをどうしても質問したくて今日は来たんです。”

               

              ”え? 乗る前にしばらく見てればわかるんじゃ?”

               

              ”あ、私そういうの出来ないんです。

               って、教えて貰えないんですか?”

               

              ”いえいえ、そんなことはないけど・・・”

               

              他の生徒さんもかなりびっくりした顔をしています。

               

              ”教えてください。”

               

              あ、いけない、彼女涙目になってます。

               

              ”はい、ごめんなさい。

               あのね、スペイン人はエスカレーターでは歩かないから、

               右でも左でも真ん中でも好きなところにのって大丈夫なの。”

               

              ”え?どういうことですか?”

               

              ”だから、左右どちらに寄るのは、

               空いている方を歩いて登る人がいるからでしょ?”

               

              ”はい。”

               

              ”スペイン人はエスカレーターに乗ったら、

               そのまま動かないでじっとしているの。

               だから、左右どちらかに寄る習慣はないのよ。”

               

              ”なんで、じっとしているんです?

               急いでいる人はいないんですか?

               ちゃんと寄らないと迷惑ですよね。”

               

              ”そうね、それも含めて、

               スペインでよく見てくるといいと思いますよ。”

               

              ”結局教えてはくれないんですね。”

               

              ”え? だから、どちらにも寄らないんですってば。”

               

              ”もう、いいです。来て無駄でした。。”

               

              ”ええー!!!”

               

              その後、クラスメイトさん達が一生懸命説明してくれたけど、

              結局、納得してくれませんでした。

               

              こういう時、私はどうすればよかったんでしょうね???

               

               

              ★東京フラメンコ理論オープンクラス<シギリージャと仲間達>

               次回は2月11日渋谷にて くわしくは こちら

              ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

              ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | フラメンコのこつ | 19:54 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              アレグリアスのらしさって?
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                今日からレッスンも再開、本格始動の当教室です。

                 

                アレグリアスは、人気なんですけれどとっても難しいカンテ。

                メロディをきっちり再現するだけでも大変なんですけど、

                アレグリアスらしく歌うのは本当の大変の大変。

                 

                具体的にどうするのかと言うと、

                メロディの各フレーズの中の一番高い音に向けて、

                クレッシェンドしていくことになっています。

                 

                そうすると、アレグリアスらしいカンテになるんですが、

                これ、実際やってみるとものすごくしんどいんです。

                 

                そうでなくても音域が広いアレグリアスの、

                それも一番高い音を強く歌うのって、

                地声の音域が広くないと厳しいんですよね。

                 

                もちろん高い部分は裏声でもいいんですけど、

                いいんですけど・・・

                 

                やっぱり地声かミックスボイスでないと、

                ふわふわしちゃいますよね。

                 

                高い音をしっかり出すけど、

                やわらかい歌い方なのがアレグリアス。

                 

                うーん・・・

                やっぱボイトレ必須ですね。

                 

                 

                ★東京フラメンコ理論オープンクラス<グアヒーラと仲間達>

                 次回は1月13日渋谷にて くわしくは こちら

                ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

                ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | フラメンコのこつ | 21:59 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                メルマガ223号本日発行 年末はセビジャーナス?
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  さきほど年内最後のメルマガ223号の配信予約が完了しました。

                  いつも通り、お昼過ぎごろにみなさんのお手元に届くと思います。

                   

                  今年最後のフラメンココラムは、

                  なんとセビジャーナスの踊りの見方について。

                   

                  なにかと日本では誤解の多いセビジャーナスですが、

                  YOUTUBEにたくさん上がっているスペインの映像を見て、

                  なにかをつかんで頂ければいいなーと思って書いてみました。

                   

                  もちろん今回も初心者向けですが、

                  もしかするとベテランさんのほうが

                  楽しんで読んで頂けるかもしれませんね。

                   

                  お教室案内としては、

                  来年1月の東京理論オープンクラス<グアヒーラ>、

                  東京レギュラークラスのご案内もございます。

                   

                   

                  本ブログ、およびメルマガ読者のみなさま

                  本年は大変お世話になりました。

                  新年もフラメンコがもっと楽しくなる記事を

                  たくさん書いて行きたいと思いますので、

                  どうぞよろしくお願いいたします。

                   

                  では、よいお年を♪

                   

                  ならんひーた

                   

                   

                  コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

                  (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

                  コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

                   

                  東京、大阪、どのクラスも、お問い合わせお待ちしております。

                   

                  ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

                    大阪クルシージョのご案内は こちら

                    東京教室のご案内は こちら

                   

                  コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

                  なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

                  (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

                   メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

                  よろしくお願いします♪

                   

                  フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

                  解除も同じページで可能です。

                  登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

                  確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

                   

                  ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                   ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                  (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                  こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                   

                  ★東京フラメンコ理論オープンクラス<グアヒーラと仲間達>

                   次回は1月13日渋谷にて くわしくは こちら

                  ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

                  ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | フラメンコのこつ | 07:05 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  アレグリアスとブレリアと
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    さきほど、東京理論オープンクラスが終了しました。

                     

                    今日は本当に寒かったですね。

                     

                    帰りは雨になっちゃいましたが、

                    参加されたみなさん風邪ひいてないですか?

                     

                    今日の理論講座、お題はアレグリアスと仲間達♪

                     

                    たった2時間の中でなにをお話しするか?

                    ここ1週間ずっと考えてきました。

                     

                    もちろん、最終的に決めるのはお話ししながら。

                    参加者のみなさんの興味の向く方向、

                    今必要と思われることを中心に進めて行くことになります。

                     

                    でも、たとえどんな方向にお話しが進んでも、

                    必ず取り上げようと思っていたのが、

                    アレグリアスのリズムとブレリアのリズムに関して。

                     

                    この2つのリズムを切り替えることが、

                    この曲種を演じる事の肝ですから。

                     

                    図解して、実際にリズムを取って、

                    そして歌って、丁寧にご説明できたと思います。

                     

                    他の音楽ジャンルに精通している人でも、

                    こんな切り替えは聞いたことがないですからね。

                     

                    でも、これ、出来るようになると、

                    すんごく面白いんですよ♪

                     

                    ぜひ、そこまで早く来てくださいね。

                     

                    もちろん、基礎トレーニングを重ねることが、

                    唯一の近道だってこと、お忘れなく。

                     

                     

                    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<グアヒーラと仲間達>

                     次回は1月13日渋谷にて くわしくは こちら

                    ★次回大阪クルシージョは3月の予定 くわしくは こちら

                    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | フラメンコのこつ | 19:13 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    メルマガ221号本日発行 初心者向きバイレ映像の見方 ファルーカ
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      お寒うございます。

                      さきほどメルマガ221号の配信予約が完了しました。

                      お昼過ぎにご登録のみなさんのお手元に届くと思います。

                       

                      さて、12月も2週目。

                      当教室は来週の大阪クルシージョ、

                      その次の東京理論オープンクラスと怒涛の日々に突入です。

                       

                      そんな忙しい日々が終れば、年末のお休みに入ります。

                       

                      今回のメルマガ、コラムはファルーカの踊りの見方について。

                       

                      今回も技術的なことよりも、

                      ファルーカという踊りが2種類あることについて、

                      書いてみました。

                       

                      ギターソロのファルーカを見たことがある方、

                      それってフラメンコでしたか???

                       

                      ん?っと思ったあなた、ぜひ今回のコラム読んで下さいね。

                       

                      お教室案内は、次回東京理論オープンクラス<アレグリアス>、

                      大阪次回クルシージョ案内もございます。

                      (ペテネーラクラスは後お1人で満席です。)

                       

                      そして、来年の東京理論オープンクラスの

                      日程決定のご案内もございます。

                      数日後には教室HPにも掲載しますので、

                      メルマガを取っていない方、

                      もう少々お待ちくださいませ。

                       

                      コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

                      (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

                      コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

                       

                      東京、大阪、どのクラスも、お問い合わせお待ちしております。

                       

                      ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

                        大阪クルシージョのご案内は こちら

                        東京教室のご案内は こちら

                       

                      コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

                      なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

                      (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

                       メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

                      よろしくお願いします♪

                       

                      フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

                      解除も同じページで可能です。

                      登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

                      確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

                       

                      ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

                       ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

                      (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

                      こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

                       

                      ★東京フラメンコ理論オープンクラス<アレグリアスと仲間達>

                       次回は12月22日渋谷にて くわしくは こちら

                      ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                      ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | フラメンコのこつ | 06:49 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事