CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
今日は国際フラメンコの日
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    今日、11月16日は国際フラメンコの日です。

    制定されたのが1996年ですから、もう21年になるんですね。

     

    写真は母校、セビリアのフラメンコ芸術学院が、

    今回、国際フラメンコの日を記念したオンセに

    協力することになったという記念写真です。

     

    オンセ、、、、ご存知ですか?

     

    写真の真ん中に大きく写っているのが、オンセ♪

    宝くじなんですよ。

     

    これ、スペインの代表的な福祉事業で、

    スペイン旅行をしたことがある方なら、

    ほぼ見かけているんじゃないでしょうか?

     

    街角に立つ視覚障碍者の宝くじ売りさんを♪

     

    スペインのオンセは、視覚障碍者の自立の為の福祉事業。

    売り上げの一部が収入として生活の糧になりますし、

    オンセ自体の収益も障害者支援にあてられています。

     

    オンセを買う人達も、夢と寄付の両方が叶えられるので、

    日本人の宝くじ購買意欲とはちょっと違うかも。

     

    毎日1枚ずつ買っているお年寄りも多く、

    その方々の多くが、当選番号との照合はしないんだとか。

    賞金の引き取りがなければ、その分も寄付に回るので、

    2重の募金になりますよね。

     

    母校が設立された頃は、本当に小さい組織だったのに、

    今ではこんなに立派になっちゃって。

    国際フラメンコの日と母校クリスチーナ・ヘーレン財団

    フラメンコ芸術学院の歴史はほぼ一緒。

    私が最初に見学に伺ったのは1997年でした。

     

    最近、海外でも公演活動を盛んに行っているので、

    今度日本にも来ないかな???

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 11月27日 詳しくはこちら

    大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月3日 詳しくはこちら

    東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

    | 最新スペインフラメンコ事情 | 12:13 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    日本とスペインのフラメンコの距離って?
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      生徒さんに聞かれました。

       

      ”日本とスペインのフラメンコって

       どんどん近づいているんですよね?”

       

      そうですね・・・

       

      そうだといいんですけど・・・

       

      日本人が以前ほどフラメンコ留学をしなくなったこと、

      ご存知ですか?

       

      セビージャでフラメンコの公演に行っても、

      日本人のフラメンコ練習生らしく人に出会う事は少ないんです。

       

      特にカンテのコンサートとなると、

      ほぼ見かけないと言っていいでしょう。

       

       

       

      では、ちょっと伺ってみましょう。

       

      <フラメンコ練習生のみなさん

      <フラメンコ愛好家のみなさん

       

      ☆スペインで、今、どんなフラメンコ歌手が人気でしょうか?

       

      ☆テレビでカンテを聴くにはどの番組を見たらいいですか?

       

      ☆今、スペインで流行っているカンテの曲種はなんでしょう?

       

      ☆最近よく売れているCDはどれですか?

       

      ☆往年の大フラメンコ歌手で、

       最近リバイバルで人気のある人は誰でしょう?

       

       

      どうですか?

      ひとつでも答えられたあなたは、かなりのカンテ事情通です。

       

       

      じゃあ、バイレだったら詳しいですか?

       

      ☆ロシオモリーナが取り上げたことで人気が復活した、

       往年のバイラオーラは誰ですか?

       

      ☆アンダルシア舞踊団の新監督は誰でしょう?

       

      。。。

       

      こういうこと、ちゃんと日本でも報道されるといいですね。

       

       

      スペインのフラメンコは、最近、特に音楽的に急速に進化しています。

       

      様々な楽器が登場し、音楽家が舞台を闊歩するバイレ公演も、

      とっても人気があります。

       

      早く日本もそうなりますように。

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

      ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 10月30日 詳しくはこちら

      大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は12月ごろ 詳しくはこちら

      東京フラメンコ理論入門課 次回をお楽しみに 詳しくはこちら

      | 最新スペインフラメンコ事情 | 12:01 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      たぶん違いはほんの小さなこと
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        スペインに行って、大劇場でフラメンコを見た時に、
        今まで思っていたフラメンコと違った場合・・・

         

        ”へー、最近はこういうフラメンコが流行ってるのねー。”

         

        って思うか、

         

        ”これなんか違うから、これ以上見たくない。

        自分が思うようなフラメンコを探そう。”

         

        って思うのか。

        | 最新スペインフラメンコ事情 | 20:31 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        カマロン没後25周年記念イベントーマドリッド
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          7月2日は日本でも人気のフラメンコ歌手、

          カマロン・デ・ラ・イスラの没後25周年の日でした。

           

          各地で記念イベントなど開かれたのですが、

          上の映像はマドリッドで開かれた、

          カマロンの娘さん達が出演したもの。

           

          時差の関係で、日本には少し遅れて映像が届きました。

           

          昨日はFacebook上でも、多くのフラメンコアーティスト達が、

          カマロンに関するコメントをアップしています。

           

          私がカンテをはじめたのは、

          ちょうどカマロンが亡くなった直後で、

          最初の師匠のエンリケ・エレディアが、

          カマロン パルティ(カマロンは行ってしまった)という

          曲をリリースした頃のこと。

           

           

          あれから25年。

          フラメンコは、カンテは、すっかり変わったけれど、

          カマロンを超える人気のあるフラメンコ歌手は、

          出ていないですね。

           

          今後のフラメンコ人気の為にも、

          カンテにも新しい大スターが欲しいところです。

           

          そう、、、、ちょうど日本の将棋界のように。

          | 最新スペインフラメンコ事情 | 07:43 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          昨年のランパラ・ミネラにて
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            この方が優勝したんですけど、

            声、綺麗でしょ?

             

            どうして、スペインのカンテさんは声がしゃがれてるって、

            日本ではまだ思われているのかしら???

             

            この情報化社会に、本当に不思議。

             

             

            | 最新スペインフラメンコ事情 | 00:09 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            Facebookから出られませんので。
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              先日、みかん祭りにいらしてくださった方もそうなんですが、

              日本のフラメンコファンの方って、とにかく情報が少ないんです。

               

              それで、スペインのカンテの最新の映像を見て頂こうと、

              あっちこっちから集めてはアップしているのですが、、、

               

              実は、最近のフラメンコの映像って、

              YOUTUBEじゃなくて、もっとセキュリティが強いシステムで

              管理することが多いんですよよね。

               

              セキュリティが強い分、

              コンサート映像とかも公式にたくさん公開されています。

               

              実は、それがFecebook内の映像なんです。

               

              スペインのFacebook普及率はものすごくて、

              特にフラメンコアーティストは、

              情報提供の主軸をFacebookに置いているほど。

               

              という訳で、私が大量のスペイン人カンテさんの、

              最近カンテ映像をご紹介しているのは、

              Facebook内ということになります。

               

              カンテの知識が欲しい方、

              最新のカンテ映像をいっぱい見たい方、

              ぜひFacebookに登録してくださいね。

              よろしくお願いします。

               

               

              Facebook内グループ

              日本にカンテフラメンコを広めましょ♪

              https://www.facebook.com/groups/140708786056582/

               

              最新カンテ映像、コンサートのリハーサル風景、

              ライブ配信などもあります。

              | 最新スペインフラメンコ事情 | 10:25 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              上海のエルメスで
              0

                JUGEMテーマ:エンターテイメント

                 

                この映像は、ロシオ・モリーナが

                上海のエルメスのイベントで踊ったもの。

                 

                ものすごーくお洒落です。

                 

                エルメスさん、日本でもぜひ♪

                | 最新スペインフラメンコ事情 | 20:24 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                でも、どうしてこんなことになっちゃったの?
                0

                  JUGEMテーマ:エンターテイメント

                   

                  日本のフラメンコが、

                  スペインの1980年代の状態で留まってしまったことは、
                  昨日のブログでもお話ししました。

                   

                  それまでフランコ政権下で自由に行き来できなかったスペイン。

                   

                  観光客を積極的に受け入れるようになった1980年代になって、
                  多くの日本人がこぞって留学するようになりました。

                   

                  その時、はじめて生のフラメンコを目にした日本人は、

                  これがフラメンコなんだ!と思い込んでしまったんだと思います。

                   

                  その後も、スペインのフラメンコはゆるやかに変化して行くのですが、
                  日本人が当時持った、フラメンコらしさ という概念は

                  かわらなかったようです。

                   

                  スペインのフラメンコの長い歴史を紐解くと、
                  カンテの声も、ソプラノ歌手のようにころころとした時代もあれば、
                  しゃがれ声が流行った時代もあります。

                   

                  踊りのバックの伴奏も、繊細で美しさを追求した時代もあれば、
                  力強くリズムを強調した時代もあります。

                   

                  他のジャンルの音楽にも流行り廃りがあるように、
                  もし、フラメンコがひとつの顔しか持っていなかったら、
                  100年以上も愛され続けることはなかったでしょう。

                   

                  そうなんです。

                   

                  時代に合わせて、激しくなったりロマンチックになったり、
                  さまざまに雰囲気をかえることで、

                  フラメンコは生き残って来たんです。


                  実は、そんなしたたかなのが フラメンコ。


                  私達日本のフラメンコを愛する者も、
                  フラメンコのそんなしたたかさを利用すれば、
                  日本でもフラメンコを再生できるはずだとは思いませんか?

                   

                   

                  私は結構好きなんですよね、

                  そういうフラメンコのしたたかさって。

                  | 最新スペインフラメンコ事情 | 18:42 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  で、日本のフラメンコはスペインとどう違うの?
                  0

                    JUGEMテーマ:エンターテイメント

                     

                    昨日は、スペインのフラメンコがどう復活したのかについて、

                    お話ししました。

                     

                    で、、、、、

                    問題は日本なんです。

                     

                    生徒さん達には、繰り返し言っているんですけど、

                    実は、日本にはスペインのフラメンコのほんの一部しか、

                    伝わっていません。

                     

                    スペインのフラメンコは、もっともっと多彩で、

                    さまざまなタイプがあって、

                    それらのうちどれかが流行ったり、廃ったりを繰り返しながら、

                    全体としてのフラメンコを形作っているんです。

                     

                    日本に伝わっているのは、主にスペインの1970-80年代のフラメンコ。

                     

                    つまり、、、

                    残念ながらスペインでは廃ってしまったほうのフラメンコ。

                     

                    スペインでのフラメンコ復活の立役者になったほうの、

                    いわゆる新しいフラメンコは、

                    日本では全くと言っていいほど行われていません。

                     

                    カンテの繊細な音程であったり、

                    パルマを使わないバイレだったり、

                    細かく美しいピアノだったり、、、って

                     

                    日本人が考える、ザ・フラメンコ ではないですもんね。

                     

                     

                    でも、スペイン以外の国でも、

                    新しいほうのフラメンコが人気になっているのに、

                    日本ではちっとも、っていうのはどうなんでしょ。

                     

                     

                    ご存知の方も多いと思いますけど、

                    現在日本のフラメンコ人口は、絶頂期の3分の1以下にまで、

                    落ち込んでしまっています。

                     

                    復活させるためには、

                    っていうか、

                    せめて日本からフラメンコが消え去ってしまわないようにするためには、

                    今すぐにでも、なんとかしないといけないと思うんです。

                     

                    | 最新スペインフラメンコ事情 | 22:43 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    じゃ、スペインのフラメンコはどう復活したの?
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                      JUGEMテーマ:エンターテイメント

                       

                      スペインのフラメンコに、復活の兆しが見え始めたのは、

                      今から20年近くも前のことです。

                       

                      ”え?衰退したのは10年前じゃないの?”

                       

                      はい、今までのフラメンコが衰退しきったのは、

                      確かに10年前のこと。

                       

                      でも、それと同時に20年前くらいからはじまった、

                      新しいフラメンコが少しずつ広がって行ったんです。

                       

                      でも新しいフラメンコが人気になる前に、

                      今までのフラメンコが衰退してしまったので、

                      フラメンコ全体としては、今から10年くらい前に、

                      一度、一部のフラメンコファンを除いて、

                      一般の人達の間では、ほぼ消え失せてしまいました。

                       

                      それまでは、

                      テレビの全国ネットでいくつもあったフラメンコ番組が、

                      いつのまにやら地方局でも放送されなくなり、

                      小さなケーブル局でも、臨時で放送されるだけになりました。

                       

                      コンサートも、ほんの少数のフラメンコ歌手だけは、

                      それなりの観客を集めてはいたものの、

                      若手の新しい歌手のコンサートはペーニャで開かれるもののみで、

                      採算が取れるコンサートは、かなり珍しくなっていました。

                       

                       

                       

                      そんな中、最初はちいさな波だった新しいフラメンコが、

                      ちょっとづつ知られるようになってきました。

                       

                      それは、たとえばジャズとの融合。

                       

                      ジャズピアノの手法と卓越したフラメンコ感を持ち合わせた、

                      ドランテに代表される、ピアノフラメンコ。

                       

                      それまでのフラメンコ音楽との一番の違いは、

                      とにかく音が繊細だということ。

                       

                      激しいパルマなどのリズム楽器は極力抑えめで、

                      その分、美しいメロディで聞かせるのが新しいフラメンコの特徴です。

                       

                       

                      そんな新しいフラメンコの流れは、カンテ、バイレにも広がります。

                       

                      今までそこまで細かい音程を要求されなかったカンテも、

                      この頃から、かなり繊細な音程を要求されるようになってきます。

                       

                      バイレも、それまでの激しい靴音から、軽やかで繊細な、

                      ひとつの打楽器としての役割を担うようになったのです。

                       

                       

                      今までのフラメンコに飽き足らなくなっていた観客たちを、

                      もう一度魅了した新しいフラメンコとは、

                      軽やかで繊細で美しい、そんな芸術だったんです。

                      | 最新スペインフラメンコ事情 | 21:54 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事