CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
前衛は遺伝する?
0

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

     

    先日見てきたロシオ・モリーナの映画にいまだにドキドキの私。

     

    でも、生徒さんにロシオ・モリーナをお勧めすると、

    残念ながら、前衛的な芸術が苦手だとおっしゃる方もいらっしゃいます。

     

     

    実は・・・

    今では、前衛アート大好きな私なんですが、

    もともとはかなり苦手だったんですよね。

     

    今日はそんな私が

    前衛が好きになったきっかけをお話ししたいと思います。

     

     

    あれはたしか23歳の頃、

    ダンスのビデオ撮影のワークショップに参加したことがありました。

     

    クラスメイト達には様々なジャンルの踊りを

    教えたり学んだりしている人が多かったんですけど、

    ジャズ、ヒップホップ、クラシックバレーの人もいる中、

    なぜか仲良くなったのは、前衛系の踊り手さんたち、

    コンテンポラリーダンスの人ばかりだったんです。

     

    また、同時に開かれていたダンスの短期集中講習会の中の、

    コンテンポラリーダンス部門の終了発表会を

    ビデオ撮影ワークショップの卒業試験として撮影することになり、

    なぜか私が成績トップを頂くことができました。

     

    そんなこんなで、その後前衛系の踊りの公演のビデオ撮影を

    何度もやらせて頂くことに繋がったんです。

     

    ただ、不思議だったのは・・・

    それまで前衛なんてぜんぜん興味がなかったのに、

    前衛系の踊り手さんがどのポイントを撮って欲しいのかが、

    なぜか私には、なにも言われなくてもわかったんですよね。

     

     

    その後も、フラメンコの世界で

    偶然最初に仲良くなったスペイン人バイラオーラが、

    今は前衛的な踊りになっているジェルバブエナ。

     

    そして、ナランヒートのカンテの後輩のパートナーだった

    ロシオ・モリナへとつながっていきます。

     

    そうなんです。フラメンコでも、

    なぜか縁がある人は前衛的な人ばかり。

     

     

    ちなみに美術関連でもそうで、

    偶然ダンス教室でなかよくなった美大生さん、

    卒展やるっていうので見に行ったら、これが思いっきり前衛。

     

    よく通ってたギャラリーで声をかけてきたキュレーターさん、

    招待券を貰ったら、これも、、、安定の前衛アートでした。

     

     

    と言う訳で、

    私も最初は毛嫌いしていた前衛系なんですけど、

    そっち系の友達ができる度にだんだんハードルが下がって、

    今では、いっぱしの前衛アートファンになっちゃいました。

     

    前衛系の人って、普段会うと優しいし、

    話しも面白いし、久しぶりに会ってもちっとも変らない、

    信用できる人が多いんですもん。

     

     

    なので、もし、あなたが今は前衛系が苦手でも、

    個人的に前衛アーティストと知り合ったら、

    見方がかわるかもしれませんよ♪

     

     

    でも、なんで私に声をかけてくる人って

    前衛系が多いんでしょ?

     

    もしかして、私自身が前衛ってこと??? なの???

     

     

    本日の映像は、スペインでたまたま知り合った

    前衛的フラメンコ美術アーティストさんPilar Albarracin のもの。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 最新スペインフラメンコ事情 | 12:04 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    マドリッドのアモール・デ・ディオス・スタジオも再始動
    0

      JUGEMテーマ:エンターテイメント

       

      今日はちょっとづつ再開している

      スペインのフラメンコスタジオの映像をご紹介します。

       

      たぶん、スペインで一番有名なバイレのスタジオ、

      マドリッドのアモール・デ・ディオスです。

       

      映像はこちら

       

      スペインは本当にひどい状態から、

      少しずつ頑張って復活してきています。

       

      マスクをしたままでも、

      いろいろ不自由なことがあっても、

      また仲間達と大好きなフラメンコを楽しめる!

       

      そんなワクワクが表情に出ていると思いません?

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      リモートカンテレッスン始めました。 こちら

      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | 最新スペインフラメンコ事情 | 17:54 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      ファルキートパパとモレノ君
      0

        JUGEMテーマ:エンターテイメント

         

        はじめてセビージャでファルキートを見たとき、

        丁度今のモレノ君くらいでした。

         

        ちびファルキートのほうがもっとクールだったかな?

         

        そういえばファルキートのパパ世代って、

        女性の踊り手しかいないのよね。

        ファルキートのパパ、どんな方なのかしら?

         

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        リモートカンテレッスン始めました。 こちら

        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | 最新スペインフラメンコ事情 | 03:51 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        最高の舞台にするために、共演者のギリギリを引き出して。
        0

          JUGEMテーマ:音楽

          ロシオ・モリーナのビエナル公演、

          YOUTUBEライブ配信を見ました。

           

          昼間と夜の公演、どちらも見たのですが、

          今日の写真は夜の公演、黒バージョンの方です。

           

          この公演、照明を落とし、舞台上もほぼ黒いしつらえ、

          黒づくめの衣装に、黒い裃(かみしも)、

          黒光りする漆塗りのような大きな傘を目深にかぶって

          ロシオはファルーカの世界をひろげます。

           

          まるで必殺仕事人が漆黒の闇の中、

          仕事に出て行く時のようないでたちで。

           

          ちゃららーん♪

           

          いえ、ファルーカです。

           

           

          昼間の公演では、共演者は

          ベテランギタリストのラファエル・リケーニだったんですが、

          夜の公演では、若いギタリスト2人の共演でした。

           

          カンテもパルマもつかない、

          ただギターとバイレだけの世界に、

          最初はギタリスト達も緊張している様子だったのですが、

          途中からその緊張感が観客の鼓動とも重なり、

          独特の高揚感を呼んで、

          ギタリストの笑顔とともに、

          音もどんどん自由になっていきました。

           

          あ、のって来た。

           

          そう思った頃には、

          いつの間にか引っ込んだはずのロシオが、

          舞台隅でギタリスト達を見つめていました。

           

           

          それまで、自分で作りこんで作りこんで、

          完成された作品を見せる事が多かったロシオ。

           

          それが、4年前のラ・チャナを起用した頃から、

          共演者にかなりの部分を預けるようになりました。

           

          今回は、たぶん半分かそれ以上託していたのかも。

           

          ラ・チャナもギタリスト氏も、

          こんな大舞台で、

          それも、今をときめくロシオ・モリーナに、

          思いっきりおまかせにされて、

          どれだけ緊張したことでしょう。

           

          でも、その緊張をエネルギーに変えて、

          自分の持てる芸術性の最後の一滴まで、

          舞台に絞りだした結果が、

          この素晴らしい公演になったのだと思います。

           

           

          ぎりぎりの必死さ!

           

           

          実は、フラメンコにとても大事な要素です。

           

          慣れたいつもの芸ではなく、

          すべての神経を総動員して、

          全身の毛を逆立てながらのパフォーマンスは、

          必ずや観客を魅了する事でしょう。

           

          たとえ、毎日舞台に立っていたとしても、

          その気持ちだけは忘れずにいたいと、

          ロシオの舞台を見て、改めて気づかされました。

           

           

          えっと、

          なにを勝手な事を書いているんだと思われるかもしれませんが、

          一応、ロシオは知り合いなので・・・。

           

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          リモートカンテレッスン始めました。 こちら

          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | 最新スペインフラメンコ事情 | 15:47 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          ロシオ・モリーナは繊細なギターに何を感じるのか?
          0

            JUGEMテーマ:エンターテイメント

             

            今日の映像は、スペイン時間の明日行われる

            ロシオ・モリーナの公演のダイジェスト。

             

            ラファエル・リケーニのギターとのコラボです。

             

            ところで、ラファエル・リケーニはご存知ですか?

             

            セビージャ1、いえスペイン1繊細なギターを弾くと言われる、

            ただただ音に美しさを追求したギタリスト。

             

            ずっと聞いていると、少し心臓のあたりがチクチクするくらい、

            彼の音の美しさは、痛さや、時によっては恐ろしさをともないます。

             

            ご本人はとってもおとなしく穏やかな方なんですけど、

            音はとにかく研ぎ澄まされていて。

             

            一度、ラファエルと2人だけでお話しする機会があったんですけど、

            ほとんど言葉を交わさずに、ただただ静かに一緒にいました。

             

            そういえば、あの時、伴奏して貰う約束したんだっけ・・・

            覚えていてくれているかな?

             

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            リモートカンテレッスン始めました。 こちら

            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | 最新スペインフラメンコ事情 | 00:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            不思議なフラメンコミュージカル
            0

              JUGEMテーマ:エンターテイメント

               

              今日はちょっと不思議なミュージカルをご紹介しましょう。

               

              コロンビア第2の都市メデジンで行われたフラメンコフェスティバルで

              上演されたフラメンコミュージカル<ELECTROLÉ>です。

              こちらのフラメンコフェスティバルは、もう20年目だそう。

               

              コロンビアは南米のスペイン語圏の国のひとつですが、

              中南米のスペイン語圏の国々は、

              スペインから独立してずいぶん経つのに、

              いまでもスペイン本土との関係を深く持ち続けています。

               

              言葉が通じる事もあって、スペインとの文化の交流も盛んで、

              多くのフラメンコの公演が開かれ、

              スペインからもアーティストがたくさん出かけているんですよ。

               

              練習生の数はアジア圏の方が多いフラメンコですが、

              公演に関しては圧倒的に中南米の方が多く、

              多くのフラメンコファン(観客)がいるんですよね。

               

              日本にも、フラメンコを習う人ばかりでなく、

              鑑賞するファンがもっと増えるといいですね!

               

              その為には、質の高い公演をいっぱい呼ばないと!!!

               

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              リモートカンテレッスン始めました。 こちら

              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | 最新スペインフラメンコ事情 | 00:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              フラメンコ、バイレの実験的?映像作品
              0

                JUGEMテーマ:エンターテイメント

                <今週はメルマガの発行をお休みいたします。

                 

                今日はちょっと不思議なバイレ映像をご紹介しましょう。

                 

                フラメンコの踊り手 Mariano Cruceta の踊りっていうか、

                映像作品です。

                 

                5本に分かれていて、各2分程度の短いもの。

                 

                日本では古典的なバイレも人気ですが、

                スペインでは現代アート的でないと認められることは難しいんです。

                 

                みんないろいろ工夫しているのねー!

                 

                日本にも現代アートファンは多いですから、

                フラメンコファンを増やす為にも、

                現代アート的アプローチは有効だと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                リモートカンテレッスン始めました。 こちら

                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | 最新スペインフラメンコ事情 | 06:54 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                ガルシア・ロルカ、再びグラナダでフラメンコを広める?
                0

                  JUGEMテーマ:エンターテイメント

                   

                  日本時間の今朝(スペイン時間の7月30日の夜)、

                  グラナダではじまった屋外のフラメンココンサートシリーズ

                  Lorca y Granada(7月30日から8月29日まで)をご紹介します。

                  公式サイトはこちら

                   

                  会場はなんとアルハンブラ宮殿に隣接する

                  Jardines del Generalifeなんですって。

                   

                  2002年から毎年行われているこのイベントは、

                  今年で19回目になります。

                   

                  今回は、エストレージャ・モレンテのコンサートではじまって、

                  大人気の女装の男性が踊るViva!

                  カルメン・リナーレス、アルカンヘル、マリーナ・ヘレディアの共演、

                  最後のジェルバブエナのバイレ公演まで贅沢なラインナップで、

                  全22公演が予定されています。

                   

                  今年は日本から行くことは出来ないのですが、

                  少しでもネット配信されるといいですね。

                  その時は、またこのブログでもご紹介したいと思います。

                   

                   

                  ところで、多くの作品を残した文筆家のガルシア・ロルカば、

                  フラメンコにとってとっても重要な人であることはご存知ですか?

                   

                  世界初のフラメンココンクール(カンテです)が開かれたのは、

                  1922年グラナダってことはご存じの方も多いかもしれませんが、

                  それは、ロルカ祭 の中のひとつのイベントとしてだったんです。

                   

                  ロルカの戯曲の上演、ロルカの詩の朗読、

                  ロルカ関連の美術の展示などなどと一緒に、

                  カンテのコンクールも行われました。

                  1922年のこと。(もうすぐ100周年ですね。)

                   

                  このコンクールの審査委員長がドン・アントニオ・チャコン、

                  そして多くの参加者の中から特別奨励賞に選ばれ、

                  その後チャコンから直接カンテ指導を受けたのが、

                  マノロ・カラコールやパストーラと言われています。

                   

                  1910年以降低迷していたフラメンコ人気を、

                  コンクールと言う形で復権させてくれたフラメンコの大恩人ロルカ。

                   

                  このコンクール以降、

                  フラメンコはきちんと勉強した人が歌う高度で魅力的な芸術として、

                  主に劇場でコンサートが行われるようになりました。

                   

                  チャコンはフラメンコを生み出した最重要人物ですが、

                  もしロルカがいなかったら、もしカンテコンクールを開かなかったら、

                  フラメンコはそのまま消えてしまっていたかもしれません。

                   

                  大きな歴史の流れの中で、浮き沈みを繰り返したフラメンコ。

                   

                  スペインでも2000年代前半、

                  フラメンコは終わったとまで言われていたのに、

                  その後カンテが再び人気となり、フラメンコ歌手達も大ブレーク、

                  こんな事態の中でも、多くのスペイン人達に愛されています。

                   

                  そして、その人気はアメリカにまで飛び火して、

                  現在世界的な大きなムーブメントになる勢いです♪

                  (アメリカでのブームは1950〜60年代以来かもしれません。)

                   

                  さ、日本も世界の流行に置いて行かれないようにしないとね。

                   

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  リモートカンテレッスン始めました。 こちら

                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | 最新スペインフラメンコ事情 | 08:29 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  お昼間フラメンコは婦人会で♪
                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    今日の映像はちょっと不思議な光景かも知れません。

                     

                    これ、アンダルシアのある地区の小さな婦人会なんです。

                    踊っているのはミラグロ・メンヒバルの姪のメメ・メンヒバル。

                     

                    アンダルシアは婦人会活動が盛んで、

                    多い会では月に1回程度、その地域の女性だけが集まって、

                    お誕生会や何かの記念式典、勉強会などを開いては、

                    お昼間に美味しい物を食べています。

                     

                    日本ではもう信じられないかもしれませんけど、

                    アンダルシア、特に農村部では、

                    女性だけで外食する習慣はまだまだありません。

                     

                    女性だけで行ってもいいのは、

                    アイスクリーム屋さんくらいで、

                    カフェに行くのも、あまり一般的ではないんです。

                     

                    日本も昔はお汁粉やさんは女性だけで行ってもいいけど、

                    レストランやコーヒー屋さん、もちろん飲み屋さんはダメ、

                    みたいな時代がありましたよね。

                     

                    それで、スペインでは今でもこんな婦人会活動が盛んなんだと思います。

                     

                    (注;ちなみにスペインでは男性だけでの外食もあまりしないんです。

                     お出かけは家族で行くものなので、家族みんなそろってが基本です。

                     でも、それだけでは息がつまるってことのようで、

                     たまには家族と離れて友達同士だけではしゃぎたいようです。)

                     

                    そして、その婦人会では毎回様々なアトラクションが

                    用意されるのですが、人気があるのがフラメンコ♪

                     

                    今回の映像はバイレですけど、実際はカンテの方が多いですね。

                    カンテは会場もそこまで広くなくてもいいですし、

                    床などの準備もいりません。

                    っていうか、スペインではカンテの方がずっと身近なので。

                     

                    日本でフラメンコアーティストというと、

                    夜のお仕事のイメージが強いかもしれませんが、

                    実は、こういう昼間のイベント中心に活動している、

                    フラメンコアーティストもスペインには沢山いるんですよ。

                     

                    このような婦人会だったり、

                    教会や学校関連のイベントだったり、

                    そういう健康的?な昼間のイベントにもフラメンコはつきもので、

                    昼間のイベントに出演するフラメンコアーティストは、

                    服装もきちんとしていて、見た目も真面目そう。

                    扱う歌詞も踊りの振り付けなども上品です。

                     

                    特にカンテの歌詞は、

                    恋愛や争いごと、差別などを扱ったものは避け、

                    キリスト教の信仰を歌ったものや、家族の愛を歌ったもの、

                    地元の名産や四季の花々などを歌ったものが選ばれます。

                     

                    ただ、こういうイベントは関係者のみが招待で入れるので、

                    私たち外国人が目にすることはなかなか難しいかも。

                    私も自分が出演した3回ほどしか行ったことがないんです。

                     

                    日本で知られているフラメンコって、

                    スペインのフラメンコの文化のほんの一部なんだってこと、

                    知って頂けると嬉しいです。

                     

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | 最新スペインフラメンコ事情 | 07:26 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    カンテコンクール<ナランヒート・デ・トリアーナ>
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      今日は久々にがっつりカンテの映像です。

                       

                      母校のクリスティーナ・ヘーレン財団フラメンコ芸術学院主催の

                      ナランヒート・デ・トリアーナ記念カンテコンクールの模様です。

                       

                      3時間近い映像に、コンクール出演者達のカンテが詰まっています。

                       

                      もちろんコンクールですからプロ歌手ではないけれど、

                      プロ一歩手前の精鋭たちの競演は聴きごたえたっぷり。

                       

                      ぜひ時間を作ってじっくりお楽しみください。

                       

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      リモートカンテレッスン始めました。 こちら

                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | 最新スペインフラメンコ事情 | 02:19 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事