CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
今時のヒターノ少年
0

    JUGEMテーマ:音楽

    フラメンコアーティストをしているヒターノ一族の、

    一番のあこがれは、子どもにピアノを習わせて、

    アメリカのバークレイに留学させること。

     

    すでに何人かのヒターノピアニストが誕生しています。

     

    英語が喋れて、

    音楽の知識があって、

    譜面も読めて書けて、

    世界中の一流ミュージシャンとも同級生で。

     

    もともと音楽の素養のある人たちなので、

    もう何年かしたら、

    ハリウッドの映画音楽なんか作っているかもしれませんね。

     

    映画のエンディングにやけに切ない音楽が流れたら、

    作曲者の名前、ちゃんとチェックしなくっちゃ。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 最新スペインフラメンコ事情 | 14:11 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    チョロ君のカンパニーの公演、丸ごと1本どーん!
    0

      JUGEMテーマ:エンターテイメント

       

      *映像は試聴期限が終っちゃいました。*

      *ごめんなさい。*

       

       

      今日の映像は、最近人気の踊り手、

      チョロのカンパニーの公演、まるまる1本分です。

       

      なんて、なんて贅沢なんでしょ!!!

       

      この映像を見たら、ちょっと考えて頂きたいんです。

       

      こんな素敵なフラメンコのグループが、

      コロナの影響で解散になってしまったら、どう思います?

       

      <そんなの悲しすぎますよね?

      <勿体ないですよね?

       

      今後の彼らを応援したいと思ってくださった方、

      ぜひ寄付をお願いします。

      クレジットカードがあれば、最低5ドルから寄付が出来ます。

       

      寄付はこちらから

       

      実は、締め切りは本日7月1日までなんです。

      (時差の関係で、日本時間では2日の朝8時まで)

      この募集に気が付いたのが昨夜だったので、

      こんなぎりぎりになってすみません。

       

      どうぞよろしくお願いいたします。

       

       

      ちなみにチョロとは、ナランヒートが亡くなった時、

      斎場で朝まで一緒にお通夜をした仲なんです。

       

      チョロ自身はそこまでナランヒートと親しかったわけではないのに、

      朝までそこに居る事を決めた私たち女性フラメンコ歌手2人を

      ほおってはおけないと、朝までそばで付き合ってくれました。

      いつもはいじられキャラのチョロ、実は頼りになります。

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      リモートカンテレッスン始めました。 こちら

      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | 最新スペインフラメンコ事情 | 02:09 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      ロシオ・モリーナってひりひりっていうか、きりきりする。
      0

        JUGEMテーマ:エンターテイメント

         

        これ見てくださいな。

         

        心臓がきりきり、、、、します、、、私は。

         

         

        ロシオ・モリーナの映画、全国で上映中。公式サイトはこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        リモートカンテレッスン始めました。 こちら

        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

         

        | 最新スペインフラメンコ事情 | 05:41 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        今年のセビージャのビエナルは8月7日から♪
        0

          JUGEMテーマ:エンターテイメント

           

          http://www.labienal.com/ ←ビエナル公式サイトです。

           

           

          今年のビエナルのポスタービジュアルが発表になり、

          スケジュールも公開されました。

           

          もともと9月から10月にかけて行われるはずだったのですが、

          コロナの影響でどうかなー?って思っていたら、

          なんと8月7日から始まることに!!!

           

          劇場の閉鎖された空間で、観客が密になることは危険と言うことで、

          夏の夜、屋外での公演が追加されたんです。

           

          会場はグアダルキビル河岸すぐのサンヘロニモ修道院の中庭で、

          8月7日から28日までの8公演追加です。

           

          今年は海外からのお客さんは望めないかわりに、

          セビージャっ子達の夏の夜のお楽しみになるんですね。

           

          以前、こちらのブログでもご紹介しましたが、

          公演のいくつかはネット配信もされるようなので、

          私たちもここ日本から楽しみましょう。

           

          ちなみに公式ポスターは、

          今年のフラメンコの顔ともいえるカンテのロサリオです。

           

          フラメンコもコロナを経て、新たな幕開けを迎えそうですね♪

           

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          リモートカンテレッスン始めました。 こちら

          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | 最新スペインフラメンコ事情 | 09:03 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          チェロもフラメンコを歌えば。
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            観光客用のタブラオは閉店になってしまったけれど、

            スペインのフラメンコは本来観光客の為のものではありません。

             

            タブラオでは、観光客向きの

            踊りを中心としたフラメンコを見せていましたが、

            本来のスペインではフラメンコはカンテ、音楽のジャンルなんです。

             

            たとえば、スペインの<ぴあ>とも言えるギア・デル・オシオでは、

            フラメンコの公演は音楽のページに載っているんですよ。

             

            たとえ踊りの公演だとしても、

            <フラメンココンサート、踊り手のXXXと一緒に>

            なんて書いてあったりするんです♪

             

             

            実は、数年前からスペインで音楽としてのフラメンコは

            人気を持ち直し、っていうか大流行しているんです。

             

            タブラオは国が守ってきた観光産業ですが、

            音楽としてのフラメンコは、もともと国の手助けもなにもなく、

            勝手に流行しています。

             

            これからフラメンコは、観光用の踊りのショーから、

            質の高い音楽ジャンルとして、

            世界中に改めて広がっていくことになるでしょう。

             

            今日はそんな音楽としてのフラメンコの新たな試みを、

            楽しんで頂きたくて映像を選びました。

             

             

            ちなみに、同じフラメンコの踊りでも、

            ロシオ・モリーナはタブラオで踊ることはありません。

            同じく前衛的な踊り手の多くは、

            タブラオへの出演経験がないんです。

             

            実際にスペイン人のバイレファンは、

            ロシオ・モリーナのような前衛的な踊りや、

            1本のミュージカルのようなストーリー性のある舞台を好み、

            タブラオ的な踊りは古いと感じているようで、

            チケットの売り上げにも雲泥の差があります。

             

            今後は、観光客用にと、

            あえてスペインでは流行していないステージを用意せず、

            スペイン人にも人気の舞台が

            海外向けのフラメンコの中心になっていくでしょう。

             

            もしかすると、これでスペインと日本の時差が

            なくなるかもしれませんね。

             

            数十年分あった時差が。

             

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            リモートカンテレッスン始めました。 こちら

            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | 最新スペインフラメンコ事情 | 00:30 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            それでも、フラメンコは永遠に続くのです。
            0

              JUGEMテーマ:エンターテイメント

              JUGEMテーマ:旅行

              JUGEMテーマ:音楽

               

              昨日、セビージャの友人からニュースが届きました。

               

              記事の原文はこちら

               

              スペイン全土のすべてのタブラオの閉店が決まったというのです。

               

              これ、ものすごいことなんです。

              なにがすごいのか?をご理解いただくためにも、

              今日はタブラオについて、お話ししたいと思います。

               

               

              現在、スペイン全土にはタブラオが全部で93店舗あります。

               

              今日の映像は、セビージャで一番のタブラオと呼ばれている、

              ロス・ガジョスを紹介するテレビ番組です。

               

              映像にもあるように、

              <タブラオ>は歴史に翻弄されながら、

              スペインが現在の政治体制になり、

              観光産業を主軸に生きて行くと決めた1980年代からは、

              外国人観光客向けの観光施設として、重要な役割を担ってきました。

              (昨年は、客の約9割が外国からの観光客でした。)

               

              セビージャを歩いていると、

              フラメンコショー、とか、フラメンコライブと書いた店が

              ちょこちょこあるんですが、

              タブラオ・フラメンコと書いてある店はほんの数件です。

               

              というのも、タブラオと名乗っていいのは、

              スペイン政府の観光局の認可がないといけないから。

               

              認可を得るためには、店の規模やインテリア、ショーの内容、

              料理のメニュー、英語が話せる店員を置くなどなどの他、

              料金も認可を受けなくてはならず、

              どれも勝手に変えることは許されません。

               

              また、タブラオのショーは深夜に限定されていて、

              料金も食事、お酒込みなのでそれなりに高価なんですよね。

               

              ただ、認可を受けたタブラオは公式の観光案内一覧にも載るし、

              公の観光案内所で観光客にお勧めしてもらえ、

              お役所のお墨付きの店として営業が出来るんです。

               

              でも、深夜に出歩くことが難しい高齢者や子ども連れ、

              あまり予算のないバックパッカーなどは、

              食事や店のしつらえよりも、まだ明るい時間に、

              お手頃に質のいいショーが見たいと思うんですよね。

               

              それで、最近は様々な形態のフラメンコショーを行う店が、

              見られるようになりました。

              政府のお墨付きはなくても、

              レベルの高いアーティストを揃えているお店もあって、

              入場料金も数千円以内で楽しめます。

               

              さて、お話しをタブラオに戻して・・・

               

              スペインには全国タブラオ協会という組織があるんですが、

              政府の観光局の様々な援助を貰いつつ運営しています。

               

              今回のコロナの問題で、

              外国人観光客がスペインに戻って来るのは、

              早くでも来年になってからになると言われています。

               

              タブラオはこの春からすでにお店を閉めているので、

              少なくても来年になるまでの約10か月間近くは

              営業ができないことになっちゃいます。

               

              その間にも家賃は発生するし、

              アーティストや従業員達も食わせないといけない、

              その経費をどうするのか???

               

              実は・・・

               

              タブラオは政府の観光局が認めている以上、

              国が資金的にも助けてくれるものだと私は思っていました。

               

              でも、どうやら国は守ってくれないようなんです。

              だからタブラオは全店閉店せざるを得なくなりました。

               

              ってことは、

              外国人観光客が戻ってくるまで、

              お国はフラメンコを支えるつもりがないってこと。

               

              来年以降観光客がまたスペインにやってきた時、

              もうタブラオは存在しないんです。

              観光案内所も、もう外国人観光客に

              お国のお墨付きのフラメンコをショーをお勧めしないんです。

               

              つまり、スペインはフラメンコという文化を、

              観光の目玉としてもう守るつもりがないってことなんです。

               

              1980年代からずっと大きな予算と人力を投じて、

              国の大事な観光産業として育ててきたフラメンコを、

              スペイン国内で人気がなくなった時も

              ずっと支え続けてきたフラメンコを、

              もう守っていられる状態ではないと判断したってことなんです。

               

              、、、

               

              ”フラメンコと言う文化は死ぬんだ。”

               

              タブラオ閉店のニュースを伝える記事は

              そうしめくくられていました。

               

              今回のタブラオ全店の閉店が、どれだけ大きな出来事なのか、

              わかってくださいましたか?

               

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              リモートカンテレッスン始めました。 こちら

              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | 最新スペインフラメンコ事情 | 03:15 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              マスクして密じゃないペーニャで
              0

                JUGEMテーマ:エンターテイメント

                 

                本日ご紹介する映像は、おととい(6月6日)に

                セビージャの老舗フラメンコペーニャ(フラメンコ愛好会)

                トーレ・マカレナで行われたイベントの模様です。

                 

                <映像へのリンクはこちら >

                 

                ペーニャとはフラメンコに限らず一般に愛好会のことですが、

                日本の愛好会とは違って、

                一件のお店を構えていることが普通なんですよ。

                 

                日本でいうと、プロ野球のどこかの球団のファンが集まる

                居酒屋さんってありますよね?

                 

                店内には選手のユニフォームやサインがいっぱい貼ってあって、

                応援歌がいつも流れているような、

                あの感じが、スペインのペーニャのイメージに近いですね。

                 

                それから、フラメンコのペーニャと言っても、

                フラメンコを漠然と好きな人が集まるのではなくて、

                具体的な一人の歌手や、1つの曲種に絞ったものが多く、

                同じテーマのペーニャは基本的に存在しません。

                 

                そのテーマに沿った入会希望の人を一定数集めて、

                アンダルシア政府の文化庁のフラメンコ課に申請すると、

                公式にフラメンコのペーニャと認められて、

                無料でお店が一件提供されます。

                (大勢だと大きなお店が用意されるようです。)

                 

                同時に、そのお店を運営する人も公募して、

                親父さん(ママ?)が決まると無事ペーニャがスタートです。

                 

                お店の運営者は、家賃無料でお店ができるかわりに、

                かなりお手頃な金額でメニューを提供するのが決まりです。

                 

                会員たちも、そこでお手頃に飲んで食べて、

                フラメンコ愛を語り合い、親睦を深めるんですよね。

                 

                つまり、フラメンコのペーニャは、

                アンダルシア政府がフラメンコを支えるためにに行っている

                事業のひとつなんです。

                 

                ちなみに、フラメンコ以外のペーニャは、

                お役所ではなくって、

                それぞれに民間のスポンサーがついてたりするみたいです。

                 

                たとえばサッカーのペーニャなら、

                応援しているチーム自体がサポートしてくれていたり、

                どこかの企業がサポートをする場合もあるようですね。

                 

                さ、今日の映像にお話しを戻してっと。

                 

                少し長めの映像ですが、最初の方は関係者のお話しになっています。

                ペーニャのイベントにはこういうお話しがつきもので、

                ペーニャに貢献した人を紹介して、表彰したりすることも多いんです。

                 

                その後は、お楽しみのショータイム。

                今日の主役はバイラオーラのカルメン・レデスマです。

                 

                大ベテランの彼女の熟成されたバイレに魅了され、

                ペーニャの会員さん達も満足だったでしょうね。

                 

                ソーシャルディスタンスをとって、

                マスクを付けて、

                それでもきっと思い出深い一日に・・・

                 

                <映像へのリンクはこちら >

                 

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                リモートカンテレッスン始めました。 こちら

                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | 最新スペインフラメンコ事情 | 02:51 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                あなたもロルカが好き? わたしも♪
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  フラメンコ歌手が好んで歌うロルカの歌詞、メロディ。

                   

                  もちろん、フラメンコに関係なく、

                  ロルカはスペイン人に大人気な文筆家です。

                   

                  ロルカが活躍した今から100年前は、

                  詩を書いた本人が吟じるのが当たり前だったので、

                  イケメンなロルカは若い女性に大人気だったらしいです。

                   

                  ところで、どうしてロルカはフラメンコ歌手に人気なのか、

                  ご存知ですか?

                   

                  <ヒターノの友達が多く、彼らの事を書いた詩が多いから?

                   

                  いえいえ、ロルカは死ぬまで、

                  結局一度もヒターノと話したことさえありませんでした。

                  ずっと遠くから眺めては詩を書いていたんです。

                   

                  では、どうしてかと言うと。

                   

                  <世界初のカンテコンクールの主宰者だから。

                   

                  世界初のカンテコンクールは、

                  1922年のロルカ祭りの中の1イベントとして行われました。

                   

                  このロルカ祭り、

                  ロルカの戯曲によるお芝居、ロルカの絵、

                  ロルカ作曲による音楽のコンサート、

                  ロルカ自身が自分の詩を吟じる公演、などなどロルカ三昧、

                  そして、カンテのコンクールも行われました。

                   

                  そのころまでに悪い大人達によって食い物にされ、

                  わずか10年ほどで流行が終ってしまっていたフラメンコ。

                   

                  でも、このカンテコンクールによって息を吹き返し、

                  飲み屋で歌われる歌から、

                  きちんと勉強した人が劇場で歌う歌へと進化しました。

                   

                  そう、それこそが現在私たちが愛しているフラメンコ!!!

                   

                  つまり、ロルカなしには現在のフラメンコはなかったし、

                  遠く海を渡り世界中に知られることもなかったんです。

                   

                  だから、フラメンコ歌手はロルカを愛し、

                  今でもロルカの詩を好んで歌うんですよ。

                   

                  さ、今日は美しいピアノにのせた

                  ロルカのメロディにまみれてみますか♪

                   

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  リモートカンテレッスン始めました。 こちら

                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | 最新スペインフラメンコ事情 | 09:38 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  脚音鳴り響くマドリッド casapatas 
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    ここ数日、Facebook内で多くのフラメンコアーティストが、

                    取り上げている話題、、、

                     

                    マドリッドの老舗ライブハウス カサ・パタス の閉店。

                    コロナの影響で37年の歴史に幕を下ろしたんだそう。

                     

                    今日のタイトルにも書いたように、

                    パタスは<人間の足>じゃなくって<動物の脚>のこと。

                    というのも、とっても足さばきが上手な踊り手さんのことを、

                    スペインのフラメンコの世界には、

                    まるで動物の脚がついているみたいって褒める習慣があって、

                    そんな踊り手さんが集まる家だから、

                    カサパタスっていう名前なんだと思います。

                     

                    ちなみに、私もフラメンコをはじめた翌年、

                    もう25年以上前のことですが、

                    ちょこっと行ったスペインで、ラッキーにも、

                    カサ・パタスでフラメンコの公演を見る事が出来ました。

                     

                    ラッキーにも、と言うのも、

                    カサ・パタスはフラメンコ専門のショースペースではありません。

                     

                    様々なイベントを行っている総合ライブハウスなので、

                    しばらくフラメンコ公演がない時期なんてのもあるんです。

                    フラメンコ創世記のカフェ・カンタンテと一緒ですね。

                     

                    観光客用で食事つきでちょっとお高いタブラオとは違って、

                    ライブの入場料だけで楽しめるカサ・パタスは、

                    出演者のレベルがかなりいい時もあって、

                    そんな公演に出会えたら、大当たり!!!

                     

                    地元民中心の観客席は、

                    よくわかったお客さんで盛り上がります。

                     

                    私がはじめて観客全員そろった オレ―! を聞いたのも、

                    このカサ・パタスでした。

                     

                    それまで オレ―! は大きい声で

                    景気よくかけるものだと思ってたのが、

                    実際は、あまりの素晴らしさにため息のように出るものだと

                    知ったのも、懐かしい思い出です。

                     

                    おこもり解除がはじまったスペインですが、

                    外国人観光客で成り立っているような国なので、

                    これから先も、ボディブローのように、

                    経済問題が効いてくるんだと思います。

                     

                    日本はなんだかんだ言っても、

                    外国人観光客が来る人数よりも、

                    日本人が海外に行くほうがずっと多いので、

                    日本人が海外にいくぶん国内旅行をすれば、

                    経済的には大丈夫みたいなんですよね。

                     

                    海外からの観光客なしには成り立たないスペイン、

                    そしてスペインのフラメンコ界、

                    スペインのフラメンコアーティスト達。

                     

                    一日も早く収束して、

                    私たちがまたスペインに行く日まで、

                    フラメンコの炎をなんとか燃やし続けていて欲しいです。

                     

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | 最新スペインフラメンコ事情 | 01:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    フラメンコを支える銀細工師たち つづき
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      今日ご紹介する映像は、私の最後の師匠の

                      カリスト・サンチェスです。

                       

                      ナランヒートが亡くなり、

                      いきなりお名前を継承することになって途方にくれていた私に、

                      今後どうして行ったらいいのかを導いて下さった大切な方です。

                       

                      実は、コルドバの人々のフラメンコに対する姿勢を、

                      私たち生徒に何度も話してくれたのも、カリストだったんです。

                       

                      コルドバ出身のロサは、そこまで有難みに気が付いてなくって。笑

                       

                      カリストはセビージャ近郊の村の出身ですが、

                      小さい頃から毎日一人でバスに乗って、

                      セビージャの中心地の小学校に通っていた秀才です。

                       

                      同時に、小さい頃からカンテが大好きで、

                      あちらこちらで歌い始めていたようですが、

                      プロになるきっかけをつかんだのは、

                      教師として働き始めてしばらくして、

                      カンテの大きなコンクールで優勝してからだったそう。

                       

                      スペインでは、フラメンコ歌手が大きなコンクールで優勝すると、

                      まずはあちこちのペーニャに呼んでもらえるようになるんですが、

                      その多くは無償での出演になります。

                       

                      食事をご馳走になったり、何か記念品を貰ったりと、

                      あくまでも上手な素人という扱いになっちゃうんですよね。

                       

                      でも、コルドバは違ったそう。

                       

                      カリストがはじめてコルドバのペーニャに呼ばれた時、

                      どうせ今までみたいに扱われるんだろうなと思ったら、

                      ちゃんとしっかりとしたギャランティが支払われたんだそうです。

                       

                      コルドバの老舗ペーニャは、

                      スペインのフラメンコ界でも大きな影響力を持つので、

                      その時の出演料がカリストの評価ということになり、

                      それ以降はどこで歌ってもちゃんと出演料が支払われるように

                      なったといいます。

                       

                      <フラメンコでちゃんと生活ができるようにならなければ、

                      <フラメンコアーティストは勉強を続けることが難しくなるので、

                      <フラメンコ全体のレベルがさがり、

                      <いずれはフラメンコが低迷し、衰退していまう。

                       

                      コルドバのペーニャの人々はそう考えて、

                      フラメンコアーティストをプロとして育てることにも、

                      力を注いできたんですね。

                       

                      今では、フラメンコアーティスト専門のプロダクションも出来て、

                      以前よりは生活を守れるようになった

                      スペインのフラメンコアーティスト達。

                       

                      それでも、他の仕事と並行して頑張っている人も多いと聞きます。

                       

                      カリストはプロクラスの生徒たちに繰り返し言いました。

                      ”いいかい、君達が将来なかなか

                      カンテで食べて行くきっかけがつかめないでいたら、

                      コルドバに行きなさい。

                      そしてペーニャの方々に正直に相談するんだ。

                      君達のレベルなら、きっとなんとかしてくれると思うから。”

                       

                      フラメンコの重要な街というと、

                      セビージャ、ヘレス、マドリッドなどがよくあげられますが、

                      もしかするとコルドバこそがフラメンコを一番愛する、

                      もっとも重要な街なのではないかと、私は思っています。

                       

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      リモートカンテレッスン始めました。 こちら

                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | 最新スペインフラメンコ事情 | 08:15 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事