CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
私がFacebookをつづける理由
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    今もFacebookをやっていると言うと、

    時代遅れだと思われるかもしれませんね。

     

    それでも、私がFacebookを続けている理由は、

    スペイン人の、特にフラメンコ関係者の、

    Facebook利用率がとっても高いから。

     

    それに、、、

    たぶん、スペイン人達は日本人とは少し違う方法で

    Facebookを利用しています。

     

    たとえば、

    身近な人が亡くなった時、

    多くのスペインの友人達は、

    かなり長文でその人のことをつづったりします。

     

    実は、先日現地の親友のお父様が他界されました。

    (写真は親友と私)

     

    師匠のナランヒート・デ・トリアーナとは、

    義理の兄弟に当たる方です。

     

    ご高齢ですし、長く持病を持ち、

    ここ数年は入退院を繰り返していたので、

    いつかはこういう知らせもあると思ってはいたのですが。

     

    私がスペインに行く際には、

    必ず一度は朝ごはんに誘って下さる優しいおじちゃまでした。

    郊外の小さな村のなんの変哲もない地元っぽいバル。

    店先のテラス席でにこにこと手を振って私を迎えてくれたこと。

    マヌエラ―! 

    その声が今も聞こえるようです。

     

    親友がFacebookにあげた文章は、

    まあ大人でもありますので、

    とても穏やかで落ち着いたものでしたが、

    親友の娘さん(30歳)があげたおじいちゃんを語る文章は、

    あまりにも素直でかわいらしく、

    私も大好きだったパパ(そう呼ばせて頂いていました)に、

    もう2度とお会いすることができないという現実を、

    ずばんと叩きつけられたようで、、、。

     

    誰かを思って書かれた、

    その人の素晴らしさや愛を語る、

    長い長い文章。

     

    長いだけに読むのは大変ですけど、

    でも、その文章からはきらきら揺らめくように、

    書き手の心の動きがはっきりと浮かび上がってきます。

     

    どこかのケーキは美味しいだろうし、

    旅先の景色は綺麗だし、

    高価なグッズは素敵かもしれません。

     

    でも、大事な誰かを思う文章にまさるものはないと

    私は思います。

     

    私のこんなつたないブログでも、

    常に誰かへの愛をこめたい、

    誰かの素晴らしさを語りたい。

     

    スペインの友人達の文章を読むたびに、

    そう思わせてくれるのです。

     

     

    以下、短いですが彼女の文章を抜粋して、

    日本語にしてみました。

     

    <会いたい>

     

    私のおじいちゃんは、私の親友の一人です。

    私にとってチョコレートの詰まったパンみたいで、

    駄菓子みたいで、

    デッサン画みたいで、

    本みたいなんです。

    おじいちゃんは訛りの強い言葉で、

    あなたにも話しかけたんでしょうね。

    いつもしょうもない冗談を言っては、

    チュロスを作ってくれて、、、、、

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | スペイン事情 | 02:25 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    不思議の街カセレス
    0

      JUGEMテーマ:音楽

      この映像、スペインの西にあるカセレスで撮られたもの。

       

      カセレスは中世のスペインの雰囲気が残った街で、

      多くの映画のロケ地としても知られています。

       

      小さい街なので、1時間もあればぐるっと回れるんですが、

      なぜか道端にフラメンコを弾いたり歌ったりする人が、

      普通にいるんですよね。

       

      それも、別に観光客相手に商売をしている訳ではなく、

      あくまでも自分の為に演奏しているようで。

       

      確かに、この街をふらふら散歩していると、

      ちょっとそのあたりの石垣に座りたくなるし、

      座ってぼーっとしていると、

      私もカンテを歌いたくなったんです。

       

      私が行った時は初夏だったので少し暑くて、

      それでもセビージャみたいな暑さじゃなくて、

      風が静かにどこか遠くから吹いてくるような、、、。

       

      そうですね、あの日だったら、

      ソレア・デ・アルカラかトナーを歌うかな。

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      リモートカンテレッスン始めました。 こちら

      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | スペイン事情 | 15:48 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      ウエルバに想う。
      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        先月下旬、スペインから悲しいニュースが送られてきました。

         

        セビージャのお隣ウエルバ県のドニャーナ国立公園あたりで、

        かなり大きな火災があったんです。

         

        ドニャーナ国立公園は、アンダルシアでは珍しい広い湿地帯で、

        世界的にも珍しい動植物がたくさん生育しています。

         

        特に鳥の種類が多く、多くの動植物学者が

        日々研究をしていることでも知られ、

        私も自然観察ツアーに参加したことがあります。

         

        火災は何日も燃え続け、

        数日前にやっと鎮火したそうなんですが、

        何種類かの動物が絶滅したのではないかと、心配されています。

         

        いかに暑い時期とはいえ、火の気のない湿地帯ですから、

        火事の原因は、、、、、。

         

         

        その後、多くのフラメンコ歌手が、今回の火災を悼んで、

        ファンダンゴデウエルバを発表しています。

         

        残念ながらFacebookからしか聞くことができないので、

        ここではリンクできなくてごめんなさい。

         

        日本ではあまり大きく扱われていない事件ですが、

        今後のスペイン経済などへの影響も大きいと思います。

         

         

        スペインの新聞のWEB版の今回の火事記事集へのリンクです。

        写真や動画も多いので、興味のある方はぜひ。

        http://elpais.com/tag/parque_nacional_donana/a/

        | スペイン事情 | 12:06 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        楽天ってスペインでは?
        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          楽天がスペインの有名サッカーチーム、FCバルセロナの

          スポンサーになりましたね。

           

          楽天なんて、現地スペインの人達は誰も知らないって、

          思う方もいると思いますが、

          実は、すでにものすっごく有名な企業なんですよ。

           

           

          というのも、、、

           

          最近のスペインは、どんどん近代化していて、

          その変化のスピードがあまりに速くてびっくりすることがあります。

           

          その大きな変化のひとつが、物流。

           

          郵便小包、宅配便、デリバリーなど、

          自分の家に何か配達してくれるサービスは、

          日本のいる私達にはごくごく普通なんですが、

          スペインでは、ほんの十年位前まではほぼ利用されていませんでした。

           

          ところが、、、

          アマゾンや、デパートチェーン、そしてスーパーの配送などなど、

          最近急に配送サービスを目にするなーと思っていたら、、、

           

           

          今年、セビージャに滞在している間のことです。

           

          ある日テレビをつけたら、

          なんと朝から晩まで日本でもお馴染みのCMが流れていました。

           

          なんと、、、、あの、楽天スーパーセールです。

           

          漢字で楽天と書いたTシャツを身に着けたスペイン人男性が、

          様々な商品を飛んでもないほど格安なお値段でつぎつぎと紹介し、

          楽天!楽天! と連呼するCM。

           

          正直、あまりお洒落とは言えないCMなので、

          スペインのテレビとしてはかなりの違和感がありましたね・・・

           

          スーパーセールの日が終わっても、

          楽天のCMはちょこちょこテレビで流れていました。

           

           

          という訳で、実は楽天はスペインでもよく知られた企業なんです。

           

          でも、、、あののんびりしたスペイン人が、

          テキパキと物資を運んでいるなんて、、、、なんだか違和感が。

           

          あ、失礼いたしました。

          スペイン人って本来かなりの働き者なんでしたね。

           

          *******

          踊りバックのカンテクラス(土)におひとり空きが出ました。

          先着順にメールでお申し込みを受け付けます。

          詳しくは当教室HPをご覧ください。

          http://cante.naranjita.com/

          (踊りバック土曜クラスは、火曜クラスとの振替も可能です。)

           

          大阪クルシージョ、パルマとアレグリアスは満員になりました。

          | スペイン事情 | 06:21 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          スペインで靴を買う時は。
          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            先日、ちょっとクーラーがきついところにいて、

            全身ひどくむくんでしまいました。

             

            帰りにはいつもは楽チンな靴もきつきつに。

             

             

            それで思い出したんですが、

            スペインで靴を買う時、気を付けなければならないこと、

            ご存知でしょうか?

             

            スペイン、特にアンダルシアは、

            日本に比べるとかなり乾燥した気候です。

             

            そのせいで、お肌ががさがさになったり、

            こじわができちゃったりしちゃう日本人女性も多いのですが、

            みんな共通に起こるのが、足が小さくなる事。

            (食事の塩分が少ないせいもあるかも・・・)

             

            日本から持って行った靴ががばがばになっちゃって、

            現地でぴったりの靴を買う方も多いようです。

             

            でも・・・

            もうお気づきですよね。

            スペインでぴったりな靴ということは、

            日本ではきつきつになる可能性が!!!

             

            特に現地で踊り用の靴を買う場合、

            せっかくぴったりのを探しても、

            日本では履けなくなっちゃったら悲しいですよね。

             

            スペインで靴を買う時は、履き心地よりも、

            ちゃんとサイズを確認しましょうね。

             

            私も日本に帰ったら履けなくなってしまって、

            友人にもらってもらった靴があったんです。

            お気に入りのかわいいショートブーツ・・・涙

             

            趣味ぶろ フラメンコ教室ブログランキング  ←フラメンコブログが集まっています。

            | スペイン事情 | 20:12 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            アンダルシアの夏の夜は・・・
            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               

              東京にも猛暑がそこまで迫っているようですっが、

              アンダルシアの暑さは、洒落になりません。

               

              この時期、昼間は50度超えの日も珍しくないので、

              日中、街にはひとっこ一人歩いてはいないんです。

               

              観光で訪れる方も、昼間は無理して歩き回らないで、

              夕方少し涼しくなるのを待つことをお勧めします。

               

              お店もデパートもだいたい9時か10時まで開いていますし、

              夏の夜ならではのお楽しみもありますし。

               

               

              フラメンコファンの方なら、この時期絶対はずせないのが、

              野外フラメンコフェスです。

              7,8月のほとんどの週末、アンダルシアのどこかで開かれています。

               

              だいたい夜の10時過ぎにスタートして、朝の4時くらいまで、

              何人ものフラメンコ歌手が、1時間ぐらいずつ順番に歌ってくれます。

               

              会場には、お酒やおつまみも売っているし、出入りも自由なので、

              そばに宿を取って、のんびり夜を楽しむのもいいですね。

               

              平日の夜にちょこっとお出かけしたいなら、

              私がお勧めするのは、野外映画です。

               

              特にコルドバの野外映画は雰囲気があって素敵なんですよ。

               

              会場は、なんと植物園の中にあるんですが、

              それぞれの席の周りにも、わさわさに植物が生えています。

               

              植物の香りに包まれ、さわやかな緑の風に吹かれながら

              のんびりと映画を楽しむのも、おつなものです。

               

              映画が終わったら、そのまま街をそぞろ歩けば、

              アイスクリームなんかの屋台も結構出ているし、

              多くのお店が閉店後もライトアップしているので

              昼間の酷暑も忘れます。

               

               

              ところで、どなたか東京で熱帯夜を涼しく過ごす場所、

              ご存知ありませんか?

               

              趣味ぶろ フラメンコ教室ブログランキング  ←フラメンコブログが集まっています。

              | スペイン事情 | 20:05 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              こんなところでスペイン流
              0
                JUGEMテーマ:グルメ



                夫婦別姓を問う裁判がニュースになっていますね。

                先進国で別姓が選べないのは、
                いまでは日本だけになってしまったようです。
                国連からもさんざんつっつかれている件ですね。

                まあ、それ以外にも、
                消費税が商品に関わらず一律だったりと、
                先進国らしからぬ事項がいろいろ露呈している我が国です。


                ちなみにスペインでは、
                消費税は商品によって細かく違いますし、
                しょっちゅう変更もあります。


                そして、名字に関しては、スペインでは
                みんなそれぞれ2つの名字を持っているのをご存知ですか?

                生まれた時に両親の姓をひとつづつ貰い、
                結婚しようが離婚しようが、
                それが一生変わらないシステムなんです。

                ちなみに、
                その時両親が夫婦であるかどうかは関係ありません。
                (母親が結婚していない場合は、
                父親の認知があれば、父親と母親からもらい、
                認知が無い場合は、母親の名字を2つとも継承します。)

                という訳で、まったく悩むこともないんです。

                いかにも、スペイン人らしい方法だと思います。



                私自身としては、
                日本でも、別姓が選択できたらいいなと思います。

                ただ、子供の名字をどっちにするのかなど、
                複雑な問題がいろいろあるとは思いますが・・・

                そうそう、同時に問題になっている
                女性の再婚猶予期間ですけど、私の勝手な意見としては、
                男女ともに半年猶予をおくことにすれば、
                少なくても差別は解決するんじゃないでしょうか?

                それに、
                もしそうなったら、猶予期間を短くしようとか、
                子供のDNA鑑定を法制化しようとか、
                お尻の重たい政治家たちも、いろいろ考えると思いますよ。

                だめ?


                ちなみに、本日の写真は
                私が日本でも思わずやってしまうこと。

                ケーキには大きいスプーン♪がスペインでのお約束です。

                 
                | スペイン事情 | 09:02 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                スペイン新幹線AVEのセキュリティ
                0
                  JUGEMテーマ:旅行



                  写真は、マドリッドからセビージャに向かう
                  スペインの新幹線AVEの車窓です。

                  スペインでは、大規模な列車テロがあったこともあり、
                  AVEに乗るのも、飛行機レベルのチェックがあります。


                  1)まず、AVE駅の入口で本人と荷物のX線チェック、
                    OKになると、AVE専用の待合所に入れます。

                  2)待合所から、目的のホームに降りるには、
                    身分証明書とチケットのチェックがあります。

                    チケットの名前があっていないとダメみたいですね。

                  3)やっとホームに降りても、まだゲートがあって、
                    再度荷物のX線チェックがあります。

                   (駅によってはない場合もあります。)

                  4)そして、自分の乗る車両の前で、
                    最後のチケットチェックです。

                  (これも、駅によってはない場合もあります。)


                  ですので、発車時間ぎりぎりに駅に行くと、ほぼ乗れません。

                  ほとんどの乗客が15分前までには駅に着くようですので、
                  日本人は、日本の新幹線のようにぎりぎりにならないよう、
                  特に気を付けないといけないようです。
                   
                  | スペイン事情 | 14:44 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  この季節のもうひとつの名物は!
                  0
                    JUGEMテーマ:旅行



                    今ごろ満開になっていると思います。

                    コルドバあたりが見やすいかな。

                    あ、、、あくまでも農産物として生産されているもなので、
                    勝手に入ったりしてはダメですよ。


                     
                    | スペイン事情 | 21:08 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    1945グラナダ
                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル



                      今日は日本が終戦間近、東京空襲が行われていた頃の、
                      グラナダのセマナ・サンタの様子をご紹介しましょう。

                      現在の様子とはずいぶん違って、
                      山車のまわりは三角帽子だらけです。

                      伝統行事と思われているセマナ・サンタも、
                      わずか70年でこんなに変わったんですね。
                       
                      | スペイン事情 | 11:04 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事