CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
暑い時、アンダルシアならではの知恵
0

    JUGEMテーマ:日記・一般


     

    暑いところに暮らす先輩、

    スペインはアンダルシアの皆さん。

     

    日本がここまで暑くなる前から、

    ずっと40度超えの夏を耐えてきました。

     

    アンダルシアの夏の暮らし方を見れば、

    暑い時の上手なしのぎ方がわかるのではないかな?

    と思うので、今日はちょっとご紹介しましょう。

     

    1)まず、飲み物をいつも携帯する事。

    それも常温の水が一番いいとされています。

    甘い味のついた物や、

    お茶などのカフェインが入ったものは、

    余計に喉が渇いたり、

    体の水分を出してしまったりします。

    温度も常温が一番体に優しいと考えられています。

     

    2)昼間はとにかく外にでない。

    シエスタの習慣があるように、

    午後1時過ぎから夕方の6時くらいまで、

    夏場はとにかく外での活動はさけるそうです。

     

    3)もし喉が乾いたら、道端のバルやカフェ、

    どこででもお水がタダで貰えることになっているので、

    我慢しないで貰って飲みましょう。

     

    最初は私も知り合いにサービスでやっているのかと思ったのですが、

    実はそういう決まりなんですって。

     

    4)長期の夏休みを取り、基本的にその間はなにもしない。

    日本人みたいにがんがん観光をするんじゃなくって、

    質素な夏用の住まいで、とにかくぼーっと過ごすのが、

    スペイン人の夏休み。

    本当のお休みなのです。

     

     

    でも、ここまで暑いと、

    日本人もちゃんと休んだ方がいいかもですね。

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    リモートカンテレッスン始めました。 こちら

    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | セビージャ暮らし | 03:30 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    夏といったら、トリアーナのナベ祭り
    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      本日の映像は、夏のトリアーナ名物 ナベ!

       

      夏なのに鍋?

      いえいえ、スペイン語でナベは倉庫みたいな意味。

      この映像に映っている仮設のテントがナベなんですよ。

      ここで、いわしの焼いたのをつまみに一杯飲んで、

      夕涼みしてお散歩する夏の風物詩なんです。

       

       

      では、今日はまずトリアーナって?

      ってことからお話ししたいとおもいます。

       

      実は、以前当教室の理論クラスにお見えになった

      カンテ歴結構長いベテランフラメンコファンの方に、

      フラメンコで知っている地名をスペイン地図に

      プロットしてください、っていう宿題を出したら、

      こんなことを仰いました。

       

      ”トリアーナが地図で見つけられないんですけど。”

       

      えっと・・・

       

      以前、渋谷駅で外国人のご夫妻に、

      東京駅までの地下鉄の乗り換え方法を聞かれた時、

      手に持っていたのが日本地図だったことを思い出しました。

       

      あのー・・・

       

      トリアーナはセビージャの街の中のひとつの地区の名前です。

       

      東京都の中の渋谷みたいなもの。

      日本地図じゃあ<渋谷>は見つからないですよね。

       

      トリアーナはもちろんフラメンコ発祥の地なんですが、

      実は、ものくごーく狭いんです。

       

      グーグルの地図で計ってみたんですけど、

      東西に100m、南北に200mしかありませんでした。

       

      これ、東京ドーム何個分でしょうね?

       

      今、ちょっと検索してみたんですけど、

      なんと東京ドーム1個の中に、

      トリアーナってすっぽり収まっちゃうんですよ。

       

      ちっちゃいでしょおおおおおお!!!

       

      そんなちっちゃいトリアーナが、

      カンテの歌詞にいっぱい出てきて、

      世界中のフラメンコファンに

       

      トリアーナア、トリアアアナアアアア♪

       

      なんて歌われちゃっているんですよね。

       

      すごいでしょおおおおお!!!

       

      もともとは、貧しい人達の居留地だったんですけど、

      政府が住民たちを別の場所にまとめて移して、

      今では高級住宅街として知られるようになりました。

       

      セビージャの他の場所ではあまり見かけない、

      ちょっと贅沢なパフェ屋さんとか、

      チーズの専門店や、

      お魚のフライを目の前であげてくれるお総菜屋さんや、

      オーガニックの高級八百屋さんとか、

      子どもの家具専門店とか、

      もちろんフラメンコの本の専門店まで、

      とにかく素敵な専門店がトリアーナにはいっぱい。

       

      もし、セビージャに行くことがあったら、

      100mX200mのトリアーナを一回り歩いてみてください。

       

      そして、歩き疲れたらパフェ食べて、

      お腹がすいたら魚のフライを買って、食べ歩き。

       

      夜になったら、

      フラメンコバルでカンテを聞くのもいいですね。

      普段はCDでカンテが流れるだけですけど、

      週末には有名アーティストもプライベートでやってくるので、

      運が良ければ、生カンテをまじかで聞けるかも。

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      リモートカンテレッスン始めました。 こちら

      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | セビージャ暮らし | 01:27 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      本日のセビージャの気温は50度です!
      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        これ、お世話になっているギタリストの

        ホセ・ルイス・ポスティーゴさんの写真です。

         

        コロナも落ち着いたスペイン、一気に夏。

         

        50度と言っても湿度はないので、

        日陰に入れば涼しいですし、結構さわやかです。

         

        私が現地で実際に体験した最高気温は54度、コルドバででした。

         

        もちろん、昼間の外出は危険ですので、

        朝早くか、夕方になってからでかけるようにしましょうね。

        気温の割にはさわやかだと言うだけで、高温は高温ですから。

         

        スペインにシエスタの習慣があるのもうなづけます、、、はい。

         

        シエスタ;日本ではお昼寝の意味にも使われる、お昼休の事。

             働いている人も学生も、一度家に帰ってお昼を食べて、

             家族だんらんをすることが一般的です。

             個人商店などもみんな閉まってしまうので、

             観光客は行く場所がなくなっちゃうんですよね。

             大型デパートやショッピングセンターは開いてます。

             美術館も開いているところが多いのでお勧めです。

         

        って、早く普通に遊びに行けるようになるといいですね。

         

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        リモートカンテレッスン始めました。 こちら

        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | セビージャ暮らし | 09:11 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        スペイン人のパーティは楽ちんなのです。
        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          ネット上でこんな文章を見かけました。

          「椅子が7個あります。子供が10人います。

          どうしますか?」

           

          日本:みんな我慢しましょう

          アメリカ:あと3つ持ってこよう

          ドイツ:優秀な7人が座ればいい

          イギリス:紅茶うめえ

          ロシア:3人殺せばいい

          ニュージーランド:先に羊が座った

          スペイン:そんなことより踊ろうぜ!

           

           

          ぷぷぷ。

           

          はい、スペイン人は椅子を数える事すらしないんですよね。

          なので、椅子が足りないことに気が付かないかも。

           

          っていうのも、もともと立ったままの人も多いし、

          主催者側もなんとなくの椅子の数を揃えるだけで、

          ぴっちり用意する習慣もないんです。

           

           

          では、今日はスペインのパーティ準備の話しを

          したいと思います。

          (カジュアルなパーティを想定しています。)

           

          日本だったら、パーティの準備をする人が、

          パーティ開始の1時間くらいまえに集合して、

          テーブルを並べ、人数ぴったりの椅子を並べ、

          各テーブルにコップ、カトラリー、紙ナプキンをならべ、

          乾き物を紙皿に出して、

          各テーブルに均等に配りますよね?

          そこにデリバリーのお寿司とか届いたら、

          やはり各テーブルに均等に並べて行くと思います。

           

           

          では、スペインではどうするのかと言うと、、、

           

          開始時間丁度に、主催者と特に親しい数人が、

          会場に到着します。

           

          会場の隅には、折りたたんだ机と椅子が、

          どーんと積んであります。

           

          誰かがいつの間にやら折り畳み机を1個開くので、

          その場にいる人が、机の周りに

          各自自分で椅子を持ってきて座ります。

          (基本的に男性が女性の分も用意してくれます。)

           

          そうしたら、途中で買って来たポテチなどを、

          自分たちが食べる分だけ机に出して、

          飲み物も自分が飲むのを持ってきて飲みはじめます。

          (残りはレジ袋に入れたまま、そのへんにほっておきます。)

           

          しばらくすると、ピザやらサンドイッチやらを抱えた

          関係者が続々と到着するので、

          最初の机の上に食べ物をのせて行きます。

          食べ物が増えて机に乗りきれなくなると、

          いつのまにやら誰かが机をもう1個、2個と出してきて、

          適当に食べ物を置き始めます。

           

          その頃には人も増えて、椅子も各自がどんどん出して増えていて、

          数個のテーブルそれぞれに、適当な人数が着いています。

           

          以上を繰り返しているうちに、100人を超えるパーティでも、

          いつのまにやらセッティングも完了し、

          食べ物もなんとなく全体に行きわたっているんです。

           

          それで、しばらく盛り上がっていて、

          ぼちぼち食べ物飲み物が足りなくなるんじゃないかなー?

          って思う頃に、出前の中華が届いたり、

          ハムやチーズの差し入れがあったりと、

          なんとなく補充されていきます。

           

          それで、

          ”これいつの間に頼んだの?”って主催者に聞いてみると、

          ”さあ、、、誰が頼んだのかわからないし、

          お金も誰が出したかわからないけど、

          パーティって日本でもこんな感じでしょ?” ですって。

           

          で、パーティが終わりに近づいて人が少しずつ減ってくると、

          誰かがちょこちょこ机を畳んで元の場所に戻し、

          椅子も帰る人が自分で片づけるのが普通のようで。

           

          最後に主催者が帰る頃には、

          すべての片づけも終わっていて、

          余った料理もいつのまにか誰かが適当にもって帰っています。

          なんと、ゴミすらもいつのまにやら誰かが持って帰っていて、

          特になんにもすることがなくなっているんです。

           

          一応、パーティの参加者は、適当な食べ物を持ってくるか、

          まあまあの金額の現金を主催者に渡すのも習慣なんですって。

           

          私もささやかながら

          日本から持って行ったおせんべを提供することにしています。

           

          参加者みんなでなんとなく準備して、

          なんとなく片付けて終るのがスペインのパーティ。

           

          <なんだかやけに気が利く人達>

           

          これが私のスペイン人のイメージなんです。

           

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          リモートカンテレッスン始めました。 こちら

          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | セビージャ暮らし | 06:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          世界一有名なセビジャーナス歌手Eco del Rocio
          0

            JUGEMテーマ:音楽

            <セビジャーナスはフラメンコではありません!>

            当ブログに繰り返し書いてある事です。

             

            ”そんなこと言わないで、楽しけりゃいいでしょ?”

             

            って仰る方に、私はこう説明しています。

             

            ”ええ、フラメンコじゃなくても、

             セビジャーナスはとっても楽しいですよ。”

             

            フラメンコを間違った定義で考えている方って、

            フラメンコ以外はダメって思ってるみたいなんですよね。

             

            フラメンコ以外にも素敵な音楽も踊りも沢山あります。

             

            ただ、フラメンコっていうジャンルかどうかを、

            判断しているだけ。

             

            でも、そういう方が、

            フラメンコじゃない音楽や踊りを、

            認めないのはどうしてなのかなああああ???

             

            ”私はフラメンコよりも、セビジャーナスが好き!”

            でいいと思うんですけどね。

             

            という訳で、今日の映像は、

            スペインでセビジャーナス歌手と言ったらこのグループ、

            Eco del Rocio です。

             

            かなりのベテランさんですけど、

            今でも毎年新曲をリリースして、ヒットさせています。

             

            美しいハーモニーと歌詞で、老若男女にとっても人気です。

             

            今年の新曲はいかがですか?

             

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            リモートカンテレッスン始めました。 こちら

            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | セビージャ暮らし | 01:11 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            ロシオまで、牛に引かせてマリア様を運ぶ。
            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              5月30、31日はアンダルシアで一番大きい巡礼、

              ロシオの巡礼の大祭の日でした。

               

              ロシオは、ウエルバ県のアヤモンテという街にあって、

              セビージャから車だったら1時間くらいの場所です。

               

              アヤモンテのロシオのマリア様を祭る大きな教会の周りに、

              世界中から同じ宗派のマリア様が総集結します。

               

              ロシオの教会の周りにそれぞれのマリア様用の教会があるので、

              ひとつの街がすべて教会で埋まっていて、

              さしずめ教会だけの商店街のよう。

               

              実際の巡礼は、それぞれの教会のマリア像を、

              牛車にひかせてロシオまで運ぶのですが、

               

              えっと、、、

              キリスト教に詳しい方は、すでに違和感たっぷりだと思います。

               

              キリスト教では基本的に偶像崇拝をしません。

               

              でも、スペイン、特にアンダルシアでは、

              各教会のマリア像にそれぞれ別名がついていて、

              それぞれが信仰の対象になっているんです。

               

              マリア様は1人 って考える一般的なキリスト教とは、

              なにかがあきらかに違うんですよね。

               

              まあ、その理由はスペイン原始宗教の影響とか、

              いろいろ言われてはいるのですが、

              今日は、今年のロシオの映像をご覧ください。

               

              閑散とした場所で、2人の歌手が歌っていますが、

              右側の男性がクラスメイトだったへロモ・セグラ、

              彼もウエルバの出身です。

               

              右側に流れる映像がいつものロシオの巡礼の風景です。

               

              長い歴史の中で、ロシオの巡礼が行われなかったことは、

              ほとんどなかったと聞いています。

               

              ロシオのマリア様が信者たちを守って、

              来年は通常通り巡礼ができるといいですね。

               

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              リモートカンテレッスン始めました。 こちら

              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | セビージャ暮らし | 09:46 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              それ、どこで買えるの?
              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                セビージャの友人から、

                3日ぶりにインスタに直メッセージが。

                 

                <ロールっぽいクッキーみたいのに、

                <緑のチョコがついていて、

                <金属製の箱に入ったお菓子買いたいの。

                <マッチャっていうのなの。

                 

                ???

                 

                何度かメッセージを交わしていると、

                私が10年くらい前にセビージャに行った時、

                彼女にプレゼントした

                固い方の八橋に抹茶チョコがかかったお菓子って

                わかりました。

                 

                <通販で取り寄せたいの、HP教えて。

                 

                スペインの通販のサイトの多くは、

                海外からの注文に対応しています。

                 

                海外と言ってもユーロ圏内はもはや国内だし、

                中南米のスペイン語圏は、

                いまだに深いお付き合いなのです。

                 

                でも、それ以外の場所からの注文を取り扱っているのは、

                アマゾンみたいなかなり大きな会社だけのこと。

                彼女もそれはわかっていると思います。

                 

                もちろん、日本の一般のお菓子メーカーのサイトは、

                海外からの注文は受けていないのが普通です。

                 

                スペインまでは送ってくれないと伝えると、

                 

                <美味しいよね、、、あれ。

                 

                留学時代、ナランヒートのクラスで一緒だった彼女。

                私が39歳で、彼女は15歳でした。

                 

                バリバリでぐいぐいのアーティスト志望のクラスメイト達に押され、

                クラスの端っこで小さくなっていた彼女にとって、

                常に ほへー っとしていた私は安らぎだったようです。

                 

                結局、競争心むき出しのクラスメイト達について行かれず、

                半年ほどで辞めてしまった彼女。

                 

                それでも、私たちの友情はずっと続いて、

                今年でめでたく20周年を迎えました。

                 

                今度セビージャに行く時、

                持って行くから待っててね。

                 

                <おいしいから、、、食べたいから、、、

                 

                ねえ、、普通に早く会いたいって言えば?

                 

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                リモートカンテレッスン始めました。

                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | セビージャ暮らし | 20:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                2020フェリアのドレスコレクション
                0

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                   

                  スペインでは、外出禁止が少しとけて、

                  段階的にお仕事が再開されはじめています。

                   

                  留学当時のクラスメイト・バネッサのご主人は村役場勤務で、

                  2日前から出勤しているそう。

                  親戚でタクシー運転手をしているおじさんも、

                  3日前から仕事をしているそうです。

                   

                  長かったおこもり生活にも終わりが見えて来たようですね。

                   

                  日本に住む私たちももうしばらくの辛抱です。

                  一日も早くその日が来るように、

                  私は今日もおこもりしています。

                   

                  本日の映像は、今年のフェリアで着られるはずだった、

                  2020年用のドレスのコレクション。

                  実際にフェリア会場を飾る姿を見ることはできないけれど、

                  すてきなドレスにしばし思いを馳せたいと思います。

                   

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | セビージャ暮らし | 02:44 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  フラメンコバル Canela & Duende
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    今日はセビージャの中心アラメダ通りの横にある

                    フラメンコバル、カネラ&ドゥエンデの

                    ドキュメンタリーをご紹介したいと思います。

                    2分ほどのかなり短い作品なので、

                    サクッと見ていただけると思います。

                     

                    映像へはこちらからどうぞ

                    (登録の必要もなく無料で楽しめます。)

                     

                    アラメダ通りは、以前は日曜ごとに<のみの市>が開かれ、

                    その時以外は、女性は一人では行ってはいけないと言われた、

                    ちょっと(いえ、実はかなり)危ない地域でした。

                     

                    観光大国スペインが、アンダルシアの中心セビージャを

                    一流の観光都市にしようという一大プロジェクトにより、

                    路面電車を通したり、

                    中心地を車進入禁止にしたり、

                    すべての建物にエレベーターや集中型エアコンを入れたり、

                    もともとある観光資源をもっと見やすく整えたり、

                    そんな事を力を入れ始めて、もう20年くらいになります。

                     

                    でもその中でも一番頑張ったことは、

                    治安をよくすることではないでしょうか?

                     

                    私が最初に留学した当時、今から20年以上前とは、

                    比べ物にならないほど治安がよくなったセビージャ。

                     

                    今では、土地勘がない外国人観光客でも、

                    夜も安心してうろうろ出来る街になりました。

                     

                    そのシンボルが、アラメダに引越しした警察本部です。

                     

                    一番治安のやばい地域に、

                    いきなり警察本部を移転させるなんて、

                    スペイン人って本当に半端ないでしょ?

                     

                    それ以降、やばい地域を閉鎖しては、

                    EUROの支部を作ったり、

                    お役所関係のオフィスを作ったりと、

                    警官がいっぱいガードしないといけないような施設を

                    ばんばか作りました。

                     

                    そして今ではアラメダは、

                    警察本部がある治安のいい夜の遊び場に変貌したんです。

                     

                    カネラ&ドゥエンデも、

                    安心して女性だけでも楽しめるお店なんですよ。

                    (もちろん往復はタクシーを使って下さいね。)

                     

                    またセビージャに旅行に行かれるようになったら、

                    ぜひ寄ってみてください。

                     

                    ライブが必ず入っている訳じゃないけど、

                    有名なあのフラメンコアーティストが、

                    ふらっとやってくるかもしれませんから♪

                     

                    映像へはこちらからどうぞ

                    (登録の必要もなく無料で楽しめます。)

                     

                    Canela & DuendeのFacebookのページ ↓↓↓

                    https://www.facebook.com/CanelayDuende/

                     

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | セビージャ暮らし | 10:41 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    スペインのおこもり生活もぼちぼち1か月になります。
                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                       

                      こんなニュースが昨日スペイン大使館から発表になりました。

                       

                      スペインのおこもり生活もぼちぼち1か月になります。

                       

                      普段は忙しくてなかなか連絡がとれない現地の友人と、

                      しばらくぶりにチャットをしたり、ネット電話をしたり。

                       

                      本当に一切家を出てない人が多いようです。

                      もちろん、国からの保証はしっかり出ています。

                      同じ年の友人は月に35000円ほど。

                      お連れ合いの持ち家に同居中です。

                      どうやらこれが最低ラインらしいですね。

                      もちろん、スペインの物価は日本よりだいぶ安くて、

                      特に食料品はもともと半額以下だと思います。

                       

                      たとえば、パスタやお米は1kg120円くらい。

                      トマトは普通の大きさなら30円、玉ねぎも1個10円。

                      ハムやチーズも多くが100g100円ほどです。

                      (デパ地下じゃなくて、安売りスーパーの価格です。)

                       

                      どうか、このまま静かにおさまって欲しい。

                      スペインも日本も、そしてすべての国と地域で。

                      | セビージャ暮らし | 09:52 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事