CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
タンゴの革命児ピアソラ
0

    JUGEMテーマ:映画

     

    本日封切りの

    <ピアソラ、永遠のリベルタンゴ>を見てきました。

     

    ピアソラ、、、いいですよね、、、

    切ないバンドネオンがたまりません。

     

    この映画、ピアソラの人生をたどるドキュメンタリーなんですけど、

    私、彼の人生、今までほとんどわかっていませんでした。

     

    実は、幼少期をニューヨークで過ごし、英語がネイティブなこと。

    ニューヨーク時代にクラシックピアノも学んでいたこと。

     

    わずか17歳で単身アルゼンチンにわたり、

    スペイン語に苦労しながらミュージシャンとして活動を始めたこと。

     

    人気はあったものの、ピアソラの音楽はタンゴじゃないと言われ、

    その後、ヨーロッパに移住して演奏を続けたこと。

     

    などなどなど・・・

     

    彼の美しい、世界中の人に愛されるあの音楽は、

    実は、アルゼンチンタンゴにクラシック音楽の要素が入り、

    それまで踊る為だったアルゼンチンタンゴを、

    質の高い聴く為の音楽へと変革していったんです。

     

    なんか、、、フラメンコの創世記に大きな役割を演じた

    アントニオ・チャコンと似ているような。

     

    チャコンも、地元の人の楽しみに過ぎなかった民謡や流行歌を

    さまざまにアレンジして、

    質の高い聴く為の歌<カンテ・フラメンコ>にレベルアップさせ、

    世界中の人に愛されるまでにしたんですもん。

     

    音楽のジャンルは違えど、

    国は違えど、

    時代は違えど、

    同じようなことが世界中で起きたのかもしれない。

     

    切ないバンドネオンの音にドキドキしながら、

    私はそんな事を考えていました。

     

    アルゼンチンタンゴが好きな方、

    バンドネオンの音色がたまらない方、

    ぜひ映画館で〜♪

     

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    大阪カンテクルシージョ次回は12月16日申込み受付中。こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | 映画が好きなんだもん | 18:38 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    ヒターノ狂詩曲<ボヘミアン・ラプソディ>
    0

      JUGEMテーマ:映画

      JUGEMテーマ:音楽

       

      気になってしょうがなかったので、

      クイーンのフレディ・マーキュリーの伝記的映画

      <ボヘミアン・ラプソディ>を見に行ってきました。

       

      この映像は、主役を演じたマーク・マーテルの弾き語り。

      彼なしにはこの映画はなかったんじゃないでしょうか。

       

      この映画によると、

      どうやらフレディ・マーキュリーはヒターノのようなんです。

      知りませんでした。

      確かに容姿そしてあの強い声にはそんな雰囲気ありますよね。

      (ヒターノとしての定義は難しいのですが、

      彼のルーツに関する家族の話しがそれを物語っています。)

       

      ネタバレになってしまうので、

      あまり詳しくは書けないんですけど、

      人を好きになる気持ちと、セクシャリティの問題、

      今も苦しんでいる人が、この日本にも沢山いると思います。

      この映画を見ることで、もっとみんなの理解が広がるといいな。

       

      とにかく演奏は圧巻なので、

      大きいスクリーンで音響のいいところで、みんなで見ましょう♪

       

       

      ちなみに、元ロック姉ちゃんの血が騒ぎ、

      ラストのコンサートシーンですっかり盛り上がって、

      映画の中の観客と一緒にコールアンドレスポンスしたり、

      こぶしを突き上げたりしちゃったんですけど、

      映画館の観客のみなさんは、冷静にご覧になってました。

       

      せっかくなんだからあ、楽しもうぜ!

      イエーーーーーイ♪

       

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      東京フラメンコ理論入門課は11月18日と25日 こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      大阪カンテクルシージョ次回は12月16日申込み受付中。こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | 映画が好きなんだもん | 07:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      本を好きにさせてくれてのは。
      0

        JUGEMテーマ:映画

         

        映画<ビブリア古書堂の事件手帳>を見に行ってきました。

         

        最近、本をテーマにした映画やドラマって結構ありますよね。

        活字離れと言われて久しいですが、こういう映画を見ると、

        やっぱりデータじゃなくって紙の本はいいなって思います。

         

        実は、私の両親はものすっごい読書家で、

        子供の頃、家族で近所のスーパーに行くだけでも、

        必ず本屋さんに寄ってしまうので、

        少なくても2時間は家にかえして貰えませんでした。

         

        とはいえ、私自身が本をたくさん読むようになったのは、

        小学校3年生のときのこと。

        クラス替えで仲良くなった友人が、

        学校の図書室に寄っては毎日2冊本を借りていたからなんです。

         

        まだ子供ですから、

        読む本も字が大きかったせいもあるんですけど、

        毎日必ず2冊づつ読んでいるってすごいですよね。

         

        それで、彼女に薦められるまま、

        私もいろいろな本を読むうちに、すっかり読書好きに。

         

        ただ、彼女の読んでいた本がちょっと変わってたんです。

         

        普通、読書好きって言うと

        読むのは小説って思われるかもしれませんが、

        彼女は旅行記や海外の生活を取り上げた本が好きで、

        旅行ガイドブックなんかも端から借りていました。

         

        将来海外に住むことにあこがれてた彼女。

        ちゃんとその夢はかないましたね。

         

        私はその後も読書を続け、

        中学で図書委員になり、小説を書く選択授業まで取っちゃって。

         

        毎日ブログを書いている割には

        文章はなかなか上手にはならないけど。

         

        文章を書くことに抵抗がないのは、やっぱ彼女のお蔭かも。

         

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        東京フラメンコ理論入門課は11月18日と25日 こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        大阪カンテクルシージョ次回は12月の予定です。 詳しくはこちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | 映画が好きなんだもん | 21:56 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        日本でだけ流行ってないって、ホント?
        0

          JUGEMテーマ:映画

           

          アメリカをはじめ世界中で大ヒットした映画

          ピッチパーフェクト♪

           

          続編も人気で、今回3本目の映画が公開されました。

           

          今回こそ最後の最後という事で、

          ヨーロッパ中をツアーで回るという設定。

          スペイン、イタリア、フランスの海岸の、

          豪華ホテルに泊まっては、各地でライブも開催しちゃう、

          ものすっごーい豪華な映画なんです。

          1本目が実は低予算だったとは信じられません。

           

          ところで・・・

           

          これ、日比谷のTOHOシネマズの一番大きい会場、

          音響もすんごくいいところで上映されてたんですけど、

          実は、、、、割引の日にも関わらず、

          お客さんぱらぱらだったんです。

           

          私はこの映画大好きなので、

          1本目から音響のいい映画館で見ています。

           

          新旧さまざまなヒット曲をアカペラで歌ってくれてて、
          聴きごたえ十分だし、何より楽しくってノリノリに♪

          席に座ったまま踊り狂っちゃうので、

          後ろに座った方にはかなりご迷惑をおかけしているかも。

          (実は結構な声量で歌ってもいたりして・・・汗)

           

          アジア諸国でも大人気のこの映画。

          どうして日本では受け入れられないんでしょう?

           

          ”なんか映画みたいなー。”って思う音楽好きな方に、

          ピッチパーフェクト3、強く強ーーーくお勧めしちゃいます。

           

          PS 大阪クルシージョ日程アンケートは明日締切りです。

            まだお返事してない方、お急ぎくださいね。

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          東京フラメンコ理論入門課は11月18日と25日 こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          大阪カンテクルシージョ次回は12月の予定です。 詳しくはこちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | 映画が好きなんだもん | 19:21 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          言いたい言いたいけど、、、カメラを止めるな!
          0

            JUGEMテーマ:映画

             

            今、映画界で一番の話題作、カメラを止めるな!

             

            ずっと行きたかったけど、ホラーもゾンビも苦手の私、

            なかなか勇気が出ませんでした。

             

            でも、出先でちょっと時間が空いて、

            ちょうどこの映画がぴったりだったんですよね。

             

            それに、、、

            早く見ないとネタバレ踏んじゃいそうだし。

            映画ファンとしては、それだけは悔しい。

             

            えいっ、見ちゃえ。

             

            で・・・

             

            うわーーーー、、、怖いよーーー。

            ぎゃああ、血しぶき苦手ーーーーー。

            えええーーーーー!!!

            うっそおおおおおおおお。

            やーーめーーてーーーーーーー。

             

            ぜいぜいはあはあ♪

             

             

            やっぱりスプラッターシーンは見れなくて、

            目を覆ってしまったけど、、、

             

            ♪♪すんごく面白かった♪♪

             

            ゾンビとか苦手な方も、ちょっと我慢して見た方がいいですよ。

             

            映画が好きな方には、特に特にお勧めします。

            ネタバレ踏む前に、とっとと見に行っちゃいましょう。

             

            こういう映画が出てくるなんて、

            まだまだ日本の映画業界もすてたもんじゃないですね。

             

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            大阪カンテクルシージョ次回は9月16日です。 詳しくはこちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | 映画が好きなんだもん | 14:37 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            理解できなくっても、存在しているのです。
            0

              JUGEMテーマ:映画

               

              ちょうど1か月前、トークイベントに行ってきた

              映画<ザ・スクエア>をやっと見て来れました。

              http://blog.naranjita.com/?day=20180417 

               ↑トークイベントの時のブログです。↑

               

              もっと早く行きたかったんですけど、

              上映館も少なくって、なかなかタイミングが合わなくって。

               

              スエーデンの大きい美術館の現代アートのキュレーター

              (美術館で作品を管理したり、展示を計画する人)が主役の

              劇映画です。(ドキュメンタリーじゃなかったですね。)

               

              現代アートって、

              どこが芸術だかわからないことが多いんですが、

              ”それを計画している人って、どうなってるの?”

              って思うことも本当に多くって。

               

              今は、映画を映画館に見に行く、を趣味にしている私。

              実は、以前の趣味は現代アートを見に行くことだったんです。

               

              でも、現代アートブームが去って、

              新しい作品があまりでなくなったことと、

              体調をくづして以前ほど歩き回れなくなってしまったので、

              映画館に行くように。

               

               

              現代アートを見て回っていた頃、

              友人を誘うと必ず言われたことがあります。

               

              友 ”これ、なんだかわからないけど、、、。”

              私 ”私もわからないよ。”

              友 ”わからない物を見るのって辛くない?”

              私 ”ぜんぜん。”

               

               

              このザ・スクエアにも現代アートファンがいっぱい出て来ます。

              ただ、日本と違って、そのほとんどがお金持ちのお年寄りばかり。

               

              作品に興味があるというより、投資目的だったり、

              現代アートファンって言いたいだけの人ばっかりなんです。

               

              そして、そういう人達を相手に商売している美術館関係者たち、

              マスコミの人達。

               

              そんな変わった?人達との暮らしの中で、

              だんだんと理性を失っていく主人公のキュレーター。

               

              先日のトークイベントの時、精神科医の名越先生が、

              キュレーターってもともと精神を病んだ人を

              見世物にする仕事だったんだ、なんて説明があったんですが、

              どうやらその辺りにこの映画の肝がありそうです。

               

               

              映画もある意味、現代アートだと私は思っています。

              今、生まれてくる、まさに現代の芸術ですから。

               

              理解できない作品も結構あったりするんですけど、

              理解できないからと全否定するのはどうなんでしょ?

               

              世の中には色々な人がいて、

              自分には理解できないことも沢山起こっていると思います。

               

              <理解できない>だから<有りえない>

              そう思ってしまうのは簡単。

               

              でも、たとえ理解できなくても、

              そこに存在しているのは紛れもない事実。

               

              こう見えて、一応私もアーティストですから、

              価値観が狭く固まってしまう事は致命傷です。

               

              それに、人として、、、淋しい気もして。

               

               

              長いし、ヘンテコな映画ですけど、

              固まってしまった価値観をちょっとゆるめられると思いますよ。

               

               

              みかん祭り連絡網 1ガロティン 2ファルーカ
              3ティエント 4ファンダンゴデウエルバ 5カルタヘネラ

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              大阪カンテクルシージョ次回は6月17日です。 詳しくはこちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | 映画が好きなんだもん | 10:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              なんとかとハサミは使いよう。
              0

                JUGEMテーマ:映画

                 

                映画<いぬやしき>を見てきました。

                とんねるずの木梨さんが主演の

                ロボットアクション映画?です。

                 

                これ、最近見た中では、かなり面白かったです♪

                 

                木梨さんが、おっさんなのに変身ロボットヒーローになり、

                佐藤健さんがヒールになるというキャスティングが絶妙。

                 

                そして、裏に深いメッセージが。

                 

                私たちも生まれつき色々な能力を持っているけど、

                どんな能力も、使いようなんだなーって思いました。

                 

                とにかく、のりさんが超カッコイイこの映画。

                 

                佐藤君ファンだったはずの私も、

                木梨さんファンになって帰ってきたのでした。

                 

                 

                みかん祭り連絡網 1ガロティン 2ファルーカ

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

                ナランヒータ公式HPは こちら

                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

                カンテレッスンの上手な受け方 こちら

                大阪カンテクルシージョ次回は6月17日です。 詳しくはこちら

                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | 映画が好きなんだもん | 15:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                私はどこにも存在しない。
                0

                  JUGEMテーマ:映画

                   

                  映画ザ・スクエアのトークイベントに行ってきました。

                   

                  私がいつもお世話になっている配給会社じゃないところは、

                  どんなことやっているのかな?って思って。

                   

                  ザ・スクエアは、現代アートのキュレーターが主役の

                  ドキュメンタリー(風?)。

                   

                  スエーデンが舞台です。

                   

                  ひとつのアートを通して、

                  人々の心の様々な闇が見えてくるようなんですが・・・

                   

                   

                  トークイベントが始まってすぐ、

                  運営サイドから写真撮影禁止の案内がありました。

                   

                  そうしたら、右はじに写っている

                  ドラァグクイーンのヴィヴィアン佐藤さんが、

                   

                  ”わたし、写真撮って貰わないと存在しないから。”と。

                   

                  他のコメンテーターさん達も賛同し、

                  写真は撮り放題に。

                   

                   

                  ヴィヴィアンさん、

                  この日のメークには映画に関わる考えがあったようで

                  その深い意味を聞き、私たちは魅了されました。

                   

                  ”写真を撮らないと存在しない。”

                   

                  確かにヴィヴィアンさんは、

                  この姿をしている時だけの存在です。

                   

                  普段の姿は存じ上げませんが、

                  この姿であることがヴィヴィアンさんなんでしょう。

                   

                   

                  ってことは、私ナランヒータはなんなんでしょ?

                   

                  ちなみに、ひらがなの ならんひーた は、

                  私が自分自身につけているあだ名です。

                   

                  Manuela la Naranjita が本当の芸名。

                   

                  カタカナのナランヒータは、

                  日本でのお仕事モードの名前です。

                   

                  あだ名の私は、

                  フラメンコ歌手とプライベートの間の存在?

                   

                  さて、ならんひーたとして、

                  どんなブログを書きましょうか♪

                   

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

                  大阪カンテクルシージョ次回は6月頃の予定です。 詳しくはこちら

                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | 映画が好きなんだもん | 02:09 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  お盆とクリスマスが一度に来たような♪
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                    JUGEMテーマ:映画

                     

                    確定申告も終わったし、ということで、

                    久々に映画館に行ってきました。

                     

                    ちょっとお疲れなので、こういう時は気楽にみられる

                    アニメなんかいいですよね。

                     

                    そう思って、リメンバーミーに決定です。

                     

                    この映画は、メキシコを中心に中南米で行われている風習、

                    <死者の日>をテーマにしています。

                     

                    実際の死者の日は11月1日と2日なんだそうですが、

                    ご先祖を家に迎え、一緒に過ごすという、

                    日本で言う、まさにお盆なんですって。

                     

                    でも、、、、

                    メキシコってキリスト教だったような???

                    死者の日って、キリスト教っぽくないような???

                     

                    地元にもともとあった死生観をもとにしているんでしょう。

                     

                    スペインもそうなんですが、

                    世代ごとにわかれて行動する日本と違って、

                    メキシコの人はいっつも老若男女がまぜまぜになって、

                    日々の生活を送っています。

                    赤ちゃんは大きくなっても赤ちゃん扱いだし、

                    ママはおばあちゃんになってもママなんです。

                    高齢者にとっては、本当に幸せな国だと思います。

                     

                    日本だと、子供は人間扱いされなかったり、

                    お年寄も人間としての尊厳が、、、、悲しいですね。

                     

                     

                    そして、同時上映された アナと雪の女王 の特別編は、

                    北欧のクリスマスの風習を取り上げたもの。

                    お菓子を焼いたり、編み物したり、サウナに入ったり、

                    それぞれの家族ごとに違うクリスマスの楽しみを、

                    ミュージカル形式でたくさん紹介しているんです。

                     

                    リメンバーミーの前にアナ雪だったので、

                    クリスマスがあって、お盆。

                     

                    えっと、、、この時期に公開したのはなんででしょ?

                    去年の11月くらいだったら、もっと気分も盛り上がったような。

                     

                    ちなみに、字幕版のリメンバーミーのセリフには、

                    スペイン語がいっぱい出てきます。

                    アメリカ人って、この程度のスペイン語なら

                    みんながわかるってことですよね。

                     

                    ネットでも見られるようになったら、

                    ぜひ全編スペイン語で見たいです。

                     

                    上に貼り付けたテーマソングは2番はスペイン語、

                    歌詞も大きな文字ででるので、ぜひ一緒に歌って下さい。

                     

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

                    ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

                    大阪カンテクルシージョ次回は6月頃の予定です。 詳しくはこちら

                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                    | 映画が好きなんだもん | 12:14 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    映画好きによる、映画好きの為の、もっと映画が好きになる映画
                    0

                      JUGEMテーマ:映画

                       

                      今夜、ロマンス劇場へ を見てきました。

                       

                      テレビなどでもいっぱい宣伝をしているので、

                      みかけた方も多いかと思います。

                       

                      この映画、テーマにしているのも<映画>。

                       

                      映画に出演する俳優さん

                      監督さんやスタッフさん

                      映画会社の人

                      映画館の人

                      と、映画に関わる人すべてが登場します。

                       

                      映画を扱った映画はいくつかありますが、

                      すべての立場の人が登場するのは珍しいと思います。

                       

                      そして、舞台は私が生まれたまさにその年の昭和35年。

                       

                      今では信じられないかもしれませんが、

                      我が家の最寄駅の祐天寺にも、

                      私が子供の頃まで映画館が2件ありました。

                       

                      もちろん、中目黒駅にも学芸大学駅にも。

                      都内の多くの駅前に、映画館があったんです。

                       

                      その多くは名画座(数年前に封切られた映画を安く上映)で、

                      祐天寺の映画館では、ゴジラとか寅さんとかをいつもやってました。

                      近所のお団子屋さんでおにぎりを買って、

                      お休みの日に一日ずっと見まくったものです。

                       

                       

                      この映画のお話しに戻って・・・

                       

                      この映画、出てくる人全員映画が大好き。

                      人間同士いろいろあったとしても、

                      結局は映画への愛で結びついているのです。

                      スペインのフラメンコな人たちと一緒ですね。

                       

                       

                      今は映画はネットで見たりする方も多いと思いますが、

                      やっぱり映画館で知らない人達と大勢で見るのが、私は好きです。

                       

                      偶然となりに座った方の息遣いや涙をすする音。

                      私にとっては、大事な大事な映画鑑賞の一部なんです。

                       

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら

                      ならんひーた弾き語りライブ(代々木) 月末の月曜 詳しくはこちら

                      大阪パルマ、カンテクルシージョ次回は3月4日です。 詳しくはこちら

                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら

                      | 映画が好きなんだもん | 22:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事