CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
バルセロナ展、静岡で今日から
0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

    今日から静岡美術館で、

    バルセロナ展が開催されます。

    ピカソ、ミロ、ダリ、ガウディなど大集結だそう。

     

    留学1年目のクリスマス休暇で行ったバルセロナ。

     

    現代アート好きの私には、たまらない街でした。

     

    1月19日までか。

    静岡ならなんとかなるかな?

     

     

    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

     次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

    ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
    ナランヒータ公式HPは こちら
    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

    | アート情報 | 20:49 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    ティエント&タンゴ 大復習
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      日曜にせまったフラメンコ理論オープンクラスに向けて、

      ティエントとタンゴについて復習しています。

       

      先日、当教室開校当時に作ったプリントや、

      当時のレッスンメモを出して読み直してみました。

       

      まだYOUTUBEがなかった頃のものなので、

      往年の音源を聞いて頂くことが中心のレッスンで、

      今のこの豊かな状況は想像できなかったですね。

       

      この部分、今の私ならこういう風に教えるなーとか、

      いろいろと自分の変化にも気づいたり、

      当時スペインで学んだばかりの

      みずみずしい書き込みなんかもあったりして、

      なんだか懐かしい気分です。

       

      もう一度、基本に立ち返って、

      押さえるべき事はきちんと押さえたいけど、

      もう少し、楽しさもプラスしたいな。

      そんな風に思っています。

       

      音源を聞いて頂くことに時間を使わなくていいぶん、

      もっとフラメンコの文化自体を理解して頂くことに

      たっぷり時間をかける予定です。

       

       

      ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

       次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

      ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

      ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
      ナランヒータ公式HPは こちら
      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

      | お教室案内 | 08:03 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      歌詞ではなくメロディを踊れば、それこそがフラメンコ♪
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        もともと日本の文化では、

        踊りの振りには、それぞれ意味があったりします。

         

        私たちにも身近な盆踊りの炭坑節なんて、

         

         ♪掘って掘って、また掘って♪

         

        なんて歌いながら振りを憶えますよね。

         

        ハワイのフラも、それぞれの振りに意味があることで

        知られています。

         

        日本のアイドル歌手の振り付けにも、

        なにか意味があるものが多くって、

        AKBのフォーチュンクッキーのおにぎりダンスは

        踊ったことがある方も多いのではないでしょうか?

         

        こういう振り付けのことを、

        一般に宛て振りっていうんですけど、

        フラメンコも宛て振りだと勘違いする方も多いようです。

        (ハワイのフラと混同しているのかもしれません。)

         

        そして、クラシックバレーも、

        踊りでしゃべると言われるように、

        ひとつひとつの振り付けが会話になっていますよね。

         

        でも、フラメンコはひとつひとつの振り自体に、

        なにか意味がある訳ではありません。

         

        ですから、

        歌詞の意味を踊っているってこともないんです。

         

        では、なにを表現しているのかと言うと・・・???

         

        はい、本日のタイトルにもなっているように メロディ♪

         

        カンテのメロディに合わせて、っていうか、

        カンテのメロディ自体を踊って表しているんですよ。

         

        これ、日本人にはいいと思いませんか?

         

        だって、スペイン語がわからなくてもいいんです。

        メロディは世界の共通言語ですから♪

         

        どう踊ろうかと迷ったら、

        カンテのメロディをしっかり聞きこんで、

        聞くことで心に湧き上がってくる感情を、

        そのまま素直に踊りにこめれば、それが正解。

         

        とにかく、カンテをいっぱい聞いて聴いて、

        感じてくるまで聞けばOK。

         

        これならすぐにできるでしょ?

         

         

        え?聞いてみたけどあんまり好きじゃない?

         

        えーっと・・・

         

         

        ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

         次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

        ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

        ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

        --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

        Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
        Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
        ナランヒータ公式HPは こちら
        ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
        カンテレッスンの上手な受け方 こちら
        主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
        最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

        | フラメンコのこつ | 11:01 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        お気楽カンテ練習生
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          カンテをちゃんとお教えするようになって、

          ぼちぼち15年が経とうとしています。

           

          その間に知ったこと、それは、

          私がいかにお気楽なカンテ練習生だったかってこと。

           

          つまり、今まで通って下さった生徒のみなさん、

          そこまでお気楽じゃなかったんです。

           

          これって、ゆゆしき問題です。

           

          だって、先生である私が底抜けにお気楽なので、

          生徒達の苦悩がよく理解できてないんですもん。

           

           

          でも、先生としての経験を積んではきたので、

          苦悩している生徒の話しを丁寧に聴くことが

          できるようにはなりました。

           

          で、きいてはみるんですが・・・

           

          うーん、

          なにでそんなに苦悩しているのか、

          やっぱりわからないことも多いんです。

           

           

          たとえば、

          <練習してもそんなに上達できないかもしれない。

          <そう思うと、練習しようとは思えない。

           

          <何回練習したら上達できるのか、

          <前もってわからないと練習したくない。

           

          <自分の声が好きじゃないから、

          <練習して自分の声が聞こえるのがイヤ。

           

          <先生の言う練習方法はカッコ良くない。

          <カンテはあくまでもカッコよく歌いたい。

           

          、、、ふう。

           

          これ、練習したくないっていう言い訳じゃないんですよ。

          本気で苦悩して相談してきた内容なんです。

           

           

          芸事の練習って、学校の勉強とは違います。

           

          どれだけ練習したら結果が出るかなんて、

          誰にもわからないのが、芸事。

           

          その日を楽しみに、ただただ練習するのが当たり前、

          子供の頃からそう思って練習してきた私には、

          それって、悩みにすらならないんです。

           

          言い換えると、

          練習自体が楽しいし大好き♪

           

          だから、歌を続けてこれたんだと思います。

           

          私にとって結果はあくまでもおまけのようなもので、

          練習すること自体がただただ楽しくって楽しくって。

           

          とにかく歌うことが大好きな私には、

          歌う題材はなんでも大歓迎だったんですよね。

           

          特に子供の頃は、

          毎日、少なくても数時間は歌いたかったので、

          ネタ探しは結構重要な問題でした。

           

          毎日それだけの時間歌い続けちゃうので、

          新しく歌を憶えてもすぐに飽きてしまって。

           

          ”ああ、なんか新しい歌はないかしら?”

           

          テレビで誰かしら歌手の新曲を見かけると、

          即、覚えては歌う。

           

          それがアイドルソングでも、演歌でも、

          なんでも構わないから、とにかく覚えて歌う。

           

          で、あっと言う間に数百回歌ってしまって、

          飽きちゃって、

          で、また新しい歌を探してを繰り返していました。

           

           

          なので、カンテに出会った時は嬉しかったですね。

           

          だって、練習しても練習しても、

          なかなか歌えるようにならないし、

          やっと歌えるようになったと思って歌っていても、

          奥が深くって、ちゃんと歌えた感じになかなかなりません。

           

          それに、歌うたびに新たな発見があるんです。

           

          一度歌えるようになったと思ったカンテでも、

          数年寝かしておいて再度歌うと、

          全く違う歌い方を思いついたりもして。

           

          ぜんぜん あきなーーーーい♪

           

          カンテって、すごおおおおおおい♪

           

          これなら死ぬまで歌い続けられるーーー♪

           

          カンテ大好きいいいいいい♪ ←今ここ。

           

          人生長いので、時には歌いたくない時もあるけど、

          それでもカンテに戻ってきました。

           

           

          歌うことが好きすぎて、

          なにか歯ごたえのある題材を探しているあなた。

           

          カンテいいですよー。

           

          あきないですよーーー。

           

          歌えば歌うほど、奥が深くって面白いんです。

           

          ね、カンテはいかが♪

           

           

          ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

           次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

          ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

          ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

          --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

          Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
          Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
          ナランヒータ公式HPは こちら
          ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
          カンテレッスンの上手な受け方 こちら
          主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
          最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

          | カンテってどうやって学ぶの? | 06:26 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          メルマガ217号本日発行 初心者向きバイレ映像の見方 ティエント
          0

            JUGEMテーマ:音楽

            (Photo by TI)

             

            おはようございます。

            メルマガ217号の配信予約の設定が完了しました。

            お昼過ぎごろにお手元に届くと思います。

             

            今回のメルマガは、ティエント特集です。

             

            というのも、来週の日曜のせまった東京理論オープンクラス。

            その題材がティエントとタンゴ。

             

            そして、今回のコラム、フラメンコ映像の見方も、

            ティエントのバイレなんです。

             

            ティエントは比較的初心者の内に経験する曲種なんですが、

            実は、結構意外な発展の歴史を持っています。

             

            というのも、1900年代初頭の第1次フラメンコブームの時、

            なんとか演目を増やそうと、

            メロディはカディスのタンゴから、

            歌い方はソレアから貰ってきた、ハイブリッドなんです。

             

            自然発生とは全く違うティエントの歴史。

            もっと知りたい方は、ぜひ理論講座に来てください。

            オープンクラスですので、入会金などはないですし、

            1回だけの参加も大歓迎♪

             

            他には大阪次回クルシージョ案内もございます。

            (ペテネーラクラスは後お1人で満席です。)

             

            東京オープンクラス、大阪クルシージョともに、

            参加予定の方、お申込みは終わってますか?

            今ならまだお席に余裕がございます♪

             

            ちなみに、東京理論クラスは、その次の回、

            Vol.3アレグリアスと仲間達(12月22日)のお申込みも、

            同時に受け付けております。

             

            コラムの全文はメルマガ、又は当教室のHPをご覧ください。

            (PC、スマホをお持ちの方はHPでも読めます。

            コラム:フラメンコの基礎知識 こちら

             

            東京、大阪、どのクラスも、お問い合わせお待ちしております。

             

            ☆お教室のご案内は、HPでもご覧いただけます。

              大阪クルシージョのご案内は こちら

              東京教室のご案内は こちら

             

            コラムの内容やレッスンに関してなどなど、

            なにかリクエストがありましたら、お気軽にどうぞ。

            (このブログのコメント欄に書いてくださってもいいですし、

             メルマガ会員の方は、メルマガ内のフォームをご利用下さい。)

            よろしくお願いします♪

             

            フラメンコの知識が広がる無料メルマガ登録は こちら

            解除も同じページで可能です。

            登録も解除も入力すると確認メールが届きますので、

            確認メール上のリンクから手続きをおこなってください。

             

            ☆フラメンコの基礎知識に興味のある方、

             ミュージシャンの為のフラメンコ百科もぜひご覧ください。こちら

            (現在はお教室HPにフラメンコの知識をアップしているので、

            こちらのサイトはアーカイブとなっております。)

             

            ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

             次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

            ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

            ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

            --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

            Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
            Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
            ナランヒータ公式HPは こちら
            ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
            カンテレッスンの上手な受け方 こちら
            主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
            最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

            | お教室案内 | 03:18 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            1人では、留学しないスペイン人
            0

              JUGEMテーマ:学問・学校

              photo by yI

               

              留学する日本人が減ったと言われる昨今。

              逆にスペイン人の留学はどんどこ増えています。

               

              長年、語学があまり得意でないことが、

              日本人とスペイン人の共通項だと思って来たんですが、

              最近のスペイン人には英語が上手な人も増えてきました。

               

              フランスやポルトガルと地続きで、

              イタリアなどのヨーロッパ諸国ともすぐ近所なのに、

              スペイン人が語学が苦手な大きな原因は、

              第2次世界大戦以降のフランコ政権下で、

              自由に海外に行かれない期間が長かったから。

               

              でも、ユーロの一員になったからには、

              そして観光で生きている国としては、

              英語が苦手とか言っている場合ではないんですよね。

               

              飛行機でわずか2時間、LCCなら往復で1万円程度の、

              ご近所英語の国イギリスから、

              たくさんの小中学校用の英語の先生を招いて、

              スペインの英語教育はとっても盛んになりました。

               

              もともと大学まで学費が完全に無料の教育国スペイン。

              大学生になると、成績がそこそこよければ、

              生活費の補助も貰えるのをご存知ですか?

               

              国費からの補助なので、返す必要なんかないですし、

              成績がとってもよければ月に8万円ほど、

              そうでもなくても4万円程度はもらえるんだそう。

              (保護者の収入が多ければ貰えないそうです。

               申請が必要で、審査があります。)

               

              子供たちの留学費用の補助も日本では考えられないほどで、

              諸外国への留学生募集の枠があって、応募して選ばれると、

              1年分の学費、旅費、生活費もすべて支給されます。

               

              日本にも近い制度はありますが、

              大きな違いは選ばれる学生の人数の多さ。

              私の友人の子供たちは全員行っているので訊いてみたら、

              行く国さえ選ばなければ、半数以上の子供が行けるんだそう。

               

              で、本日のブログのタイトルです。

              留学するとき、スペイン人は友人達とグループで行くってこと。

               

              日本でも、たまーに中高校生などで、

              交換留学生としてならありますが、

              スペイン人の場合は大学生でも数人以上のグループが普通。

               

              それに、自分の成績がとってもよくてどこの国でも選べても、

              友人達に合わせて行く先を決めるのも普通なんですって。

               

              このあたりが日本人との一番の違いかも。

               

              日本人だったら、

              自分の成績で行ける一番いい国にしますよね。

              親もそうじゃないと許さないでしょうし。

               

              でも、スペイン人の場合、

              当たり前の事なので、親も特になにも言わないんだそう。

               

              それより、現地で友人と一緒の方が親も安心って考えるんですって。

               

              でも、スペイン人のグループで行って、

              ちゃんと英語が喋れるようになるのかちょっと心配ですけど、

              友人の娘たちはべらべらになって帰ってきました。

               

              外国での1人暮らしは心細いものです。

               

              現地で悪い人につけ入られたり、

              悪いことに巻き込まれたりしちゃうのも、

              寂しさが原因なことが多いような気がします。

               

              古くからの友人が一緒なら、

              そういう危険には会いにくいものですよね。

               

              とはいえ、

              日本人のフラメンコ留学生みたいに、グループで行って、

              現地で1人もスペイン人の友人を作らないで帰るのも、

              かなり勿体ないような。

               

              そこは、日本人とスペイン人の気質の違いでしょうか?

               

               

              ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

               次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

              ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

              ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

              --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

              Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
              Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
              ナランヒータ公式HPは こちら
              ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
              カンテレッスンの上手な受け方 こちら
              主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
              最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

              | スペインにあって日本にない | 08:06 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              カンテクラスで大泣きする時って。
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                当教室の生徒さん。

                実は、レッスンで大泣きしたことがある方、多いんです。

                 

                いえいえ、私がいじめた訳ではありません。

                 

                一番多いのは、カンテに入り込めるようになって、

                歌っている本人が大きく感情を揺さぶられての涙。

                 

                これ、スペインのカンテ教室でもよくありました。

                 

                新しく学んだカンテにはじめて満たされた時、

                涙がばーっと出ちゃうことが多いですね。

                 

                一度涙がでれば、次からは大丈夫みたいです。

                 

                他にも、今までうまく歌えなかったカンテが、

                急に思うように歌えるようになったうれし涙。

                 

                そして、

                子供の頃の音楽にかんするトラウマが浄化された時も。

                 

                カンテ好きなみなさん、小さい頃から音楽好きのなのに、

                結構しんどい記憶があるみたいです。

                 

                カンテは歌い手自身が自分の表現で、

                バックを引っ張っていく歌なので、

                自分自身の表現を自信を持ってださないと、

                成立しないんですよね。

                 

                でも、悲しい記憶があると、

                なかなか自分の表現をだせなくなるみたいで。

                 

                でも、忘れないでほしいんです。

                表現にいいも悪いもありません。

                大事なのは、あくまでも自分のオリジナルだってこと。

                 

                だから、自信を持って堂々と、表現してくださいね。

                 

                 

                ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

                 次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

                ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                ナランヒータ公式HPは こちら
                ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                | フラメンコのこつ | 10:57 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                すこんと治りそう。
                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                  風邪ひいちゃいました。

                   

                  2週間くらい前から、寒気がずーっと続いていたんですけど、

                  なんとかもたして来ました。

                   

                  でも・・・

                  とうとう・・・

                   

                  急に寒気がなくなって暖かいなーって思ったら、

                  ええ、、、喉腫れてました。

                   

                  こんな日にチーズフォンデュとか食べたら、

                  すぐに元気になれそうなんですけど。

                   

                   

                  ちなみに、昨日の個人レッスン、

                  人生ではじめてっていうくらい音程がやばくて、

                  悪い意味の方のやばくて、

                  生徒さん、本当にごめんなさい。

                   

                  普段は風邪ひいたとしても、

                  音程がおかしくなることってないんです。

                   

                  なのに、、ああそれなのに、それなのに。

                   

                  現在、すこしずつ回復に向かっております。

                  次回のレッスンでは思いっきり細かい音程まで、

                  丁寧に・しっかり・じっくり・指導いたしますので、

                   

                  ♪♪お楽しみにね♪♪

                   

                  あれ?

                  昨日の生徒さん。

                  なんでPCの前でそんな怯えた顔してるの?

                  なんでかなあああああ???

                  まぬえら、わかんなーーい。

                   

                   

                  ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

                   次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

                  ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                  ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                  --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                  Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                  Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                  ナランヒータ公式HPは こちら
                  ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                  カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                  主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                  最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                  | 穏やかな日々を | 11:20 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  このパワーがかっこいい♪
                  0

                    JUGEMテーマ:エンターテイメント

                     

                    この集中力とアグレッシブさが、みんなをひきつけるんですね。

                     

                     

                    ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

                     次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

                    ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                    ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                    --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                    Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                    Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                    ナランヒータ公式HPは こちら
                    ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                    カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                    主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                    最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                    | フラメンコ番組ネット公開情報 | 20:39 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    フラメンコを、カンテを感じる為の心構え
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      何度も同じテーマで申し訳ないのですが、

                      最近、たまたまそれに関する記述や映画などに出会うので、

                      今回も書かせて下さい。

                       

                      それは、どうやってカンテを感じるかについて。

                       

                      踊る方にとっては、

                      ”カンテを感じて踊りなさい。”

                      と言われたのものの、

                      どう感じていいかわからなかったり。

                       

                      歌う方にとっては、

                      ”自分が感じたように歌いなさい。”

                      と言われたものの、、、、???。

                       

                      そして、鑑賞する方にとっても、

                      ”うーん? なんか迫力って感じ?”

                      みたいな返事しか帰ってこなくって。

                       

                       

                      それで、私自身に立ち返ってみると、

                      スペインでカンテを習いはじめたころ、

                      とにかく早く多くのカンテを憶えなくっちゃって、

                      あせってばかりいたあのころには、

                      私もまだなにも感じられてなかったように思います。

                       

                      さいきん流行の占い師 しいたけさん が、

                      ツイートしてたんですが、

                      なにかを感じようとするのなら、

                      自分自身完全に<無>になる必要があると。

                       

                      わかろうとしているうちはわからない。

                      無になって対したとき、はじめて何かが伝わってくると。

                       

                      これ、簡単なようでとっても難しいですよね。

                       

                      今はカンテ、つまりひとつの芸術の話しですが、

                      相手が人間でも同じです。

                       

                      相手のことをわかろうと思ったら、

                      こちらが一切の思い込みを捨てて無にならないと、

                      相手の本当の姿は見えてこないのと一緒。

                       

                      フラメンコを好きな人は、

                      どうしてもその思いが先にたってしまって、

                      無になることは難しいもの。

                       

                      好きだからこそ、無になって対する。

                       

                      うーん、、、難しいけど、

                      私も生徒さんや周りの人達にも、

                      出来ているといいな。

                       

                       

                      ★東京フラメンコ理論オープンクラス<ティエントとタンゴ>

                       次回は11月17日渋谷にて くわしくは こちら

                      ★次回大阪クルシージョは12月15日 くわしくは こちら

                      ★東京カンテレギュラークラス 東横線祐天寺 詳細はこちら

                      --+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

                      Facebook上のスペインのカンテ紹介ページ こちら
                      Facebook上のスペインのバイレ紹介ページ こちら
                      ナランヒータ公式HPは こちら
                      ならんひーた カンテ映像(カンテソロ,弾語り)まとめ こちら
                      カンテレッスンの上手な受け方 こちら
                      主宰のカンテ教室(東京と大阪)HPは こちら
                      最新情報満載の無料メルマガ登録は こちら

                      | フラメンコのこつ | 06:11 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事