CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
ちょこっと出演します。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    生徒の渡辺さんのライブに、

    ゲストでちょこっと出演します。

     

    私はゲストなので、チケットとかのことはわかりません。

    会場に直接問い合わせてくださいね。

     

    なにを歌うのかとか、、、、まだなんにも決まってません。

     

    どーするのかな???

     

    ま、まだ一か月もあるから、急ぐことないですね。

    | 穏やかな日々を | 20:35 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    すべて細かい段階にわければ。
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      昨日の大阪教室案内、

      なんか怪しいセミナーの案内みたいになっちゃたので、

      今日は少し補足したいと思います。

       

      カンテを覚えるのに、

      いきなり普通のスピードで歌われた録音を聞いて、

      そのまま真似しようしてはいませんか?

       

      そんなのはスペイン人のプロのカンテでも無理です。

       

      実は・・・

      カンテが出来るようになるには、

      さまざまなステップがあるんですよね。

       

      簡単な歌なら、ステップをどんどん飛ばして学んでも、

      習得は可能です。

       

      でも、難しい歌、そうカンテの場合はそうはいきません。

       

      それぞれのステップを丁寧に踏んでいかないと、

      出来るようにはならないんです。

       

      つまり、習得までを細かいステップに区切る方法さえ分かれば、

      後は丁寧にひとつひとつステップを踏んで学んで行きさえすれば、

      出来るようになるんですよね。

       

      つまり、、、

       

      今回の大阪クルシージョでお教えすカンテの勉強法とは、

      カンテの習得を細かいステップに分ける方法を、

      お教えするということです。

       

      もちろん、東京教室でも、

      カンテの勉強方法は詳しくご説明する予定ですので、

      お楽しみに。

       

      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      みかん祭り業務連絡

      1-ファルーカ 2-カフェデチニータス 3-バンベーラ

      4-ビジャンシーコス・デ・グロリア 5-タンゴ・デ・レポンパ

      | お教室案内 | 20:30 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      大阪教室、目玉は実はカンテの勉強法クラスなんです。
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        次回、大阪クルシージョのご案内3日目です。

         

        毎回、あっという間に満員になってしまう大阪クラス、

        次回分のお申し込みを開始しております。

        http://cante.naranjita.com/osaka.html ←詳細はこちら

         

        次回の日程は 6月4日(日)。

         

        会場は毎度お馴染み心斎橋の音楽スタジオ

        パワーサウンドスクエアです。

         

        このクルシージョでは全部で3つのクラスを開講するのですが、

        今回はじめて特別クラスとして設けたのが、

        <カンテの勉強法と復習>クラス。

         

        これ、まさに今、大阪でやるべき内容なんですよね。

        何故かと言うと・・・

         

        その前に、今日は趣味について、ちょっとお話しさせてください。

         

         

        このブログ読んで下さっている方の多くは、

        フラメンコっていう趣味を持っていると思います。

         

        <その趣味で人生豊かになってますか?

        <毎日楽しいですか?

         

        おや?なんか困った顔している人がいるような・・・

         

        お教室に通って、なにかを教わる。

        実は、それだけじゃあ、人生楽しくはなりません。

         

        じゃあ、どうするかっていうと、

        自分で出来るようにする為の手続きを踏み、

        成果を感じることで、楽しくなっちゃうんですよね。

         

        じゃあ、フラメンコでもそうすればいいんですけど、

        日本で出会うバイレの練習生さんの多くが、

        出来るようになる為の手続きを、

        ほとんど知らないみたいで・・・涙。

         

        バイレでも知らない人が多いのに、

        ましてやカンテになると、、、、もうホント悲しいことに。

         

         

        <以下は、よくあるパターンです。>

         

        カンテは大好き♪

        できれば歌えるようになりたい♪

        でも、難しいし、どうしたらいいかわからない・・・

         

        思い切ってレッスンに行ってみる。

        集中して一生懸命参加する。

        でも、なかなか覚えられない。

         

        どうやったら覚えられるようになるか、、、わからない。

         

        きっと自分には才能がない・・・

         

        <ここで、あきらめちゃう。>

         

         

        いやいや、ちょっと待った。

        ちゃんと方法さえわかれば、その方法で家で少し頑張れば、

        カンテはちゃーんと覚えられるようになるんです。

         

        大事なことは、ちゃーんと方法を守る事。

         

        スペインのプロのカンテさんだって、

        その方法を使っているんですから、

        日本人だからって、その部分を端折っていいはずないです。

        しっかりやらなくっちゃいけません。

         

        実は、私も最初はその方法に半信半疑だったんです。

        スペインのクラスメイト達がやっているのを見せられても、

        なんか胡散臭くって。

         

        でも、やってみたら効果絶大だったんです。

        落ちこぼれだった私が、数か月でみんなに追いついたんですから。

         

        そして、何年か前から、東京の生徒さん達にも、

        この方法をお教えしています。

         

        でも、初心者の方に教えてもすぐにはやって貰えませんでした。

        なかなか覚えられなくて、なんか方法はないかしら?

        と思いあぐねた頃に、お教えするとその必要性が伝わるんですよね。

         

        そう、ちょうど、大阪教室生徒さん達の今の状態が、

        この方法を伝授するのに最適なタイミング♪

         

        今回、当教室がはじめての方でも、

        あえて、このクラスへの参加をOKにしました。

         

        今まで独学で、他の方法で、カンテを学んできたけれど、

        なかなか出来るようにならなくて、半ばあきらめちゃっている方!

        そんなあなたにもぜひ来ていただきたいのです。

         

        もちろん、これから本格的にカンテの勉強を始める方にも、

        おススメの内容ですよ。

         

        このやり方っていうのは、文字にするのが難しいので、

        実際にはレッスンでご確認くださいませ。

        たった1回のレッスンで、すべて包み隠さず教えちゃいますから。

         

        http://cante.naranjita.com/osaka.html ←詳細はこちら

         

        ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

        みかん祭り業務連絡

        1-ファルーカ 2-カフェデチニータス 3-バンベーラ

        4-ビジャンシーコス・デ・グロリア

        | お教室案内 | 21:32 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        大阪教室、カンテ新曲クラスはシギリージャ♪
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          次回、大阪クルシージョのご案内2日目です。

           

          毎回、あっという間に満員になってしまう大阪クラス、

          次回分のお申し込みを開始しております。

          http://cante.naranjita.com/osaka.html ←詳細はこちら

           

          次回の日程は 6月4日(日)。

           

          会場は毎度お馴染み心斎橋の音楽スタジオ

          パワーサウンドスクエアです。

           

          パルマクラス、シギリージャクラス、

          カンテの勉強方法と復習クラスの計3クラス開講するんですが、

          昨日のパルマクラスのご案内に続いて、

          http://blog.naranjita.com/?eid=1076511 ←パルマクラス案内

          今日はシギリージャクラスのご案内をいたします。

           

          大阪教室でシギリージャを取り上げるのは5年ぶり2回目です。

           

          前回は、スペインでよく踊りバックで使われている、

          カディス系のシギリージャをとりあげたんですが、

          今回は、日本でよく踊りバックで使われている、

          シギリージャ・デ・マヌエル・トーレを取り上げようと思います。

           

          シギリージャ・デ・マヌエル・トーレは、

          シギリージャ・デ・ヘレスとも呼ばれていて、

          ゆっくりとしたリズムでしっかり歌い上げることがポイント。

           

          メロディ自体はあまり難しくはないんですが、

          その分、ちゃんとシギリージャらしい歌い方をしないと、

          なんとなく間が抜けちゃいます。

           

          今回は、数回かけて、

          そんな歌い方までご一緒に練習出来たらと思います。

           

           

          メロディ自体は難しくないので、

          カンテがまだそんなに、、、って方でも大丈夫です♪

           

          でも、、、、まったくの初めてでは、、、どうかな?

           

          チャレンジャー大募集中です。

           

          http://cante.naranjita.com/osaka.html ←詳細はこちら

           

          ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

          みかん祭り業務連絡

          1-ファルーカ 2-カフェデチニータス 3-バンベーラ

          4-ビジャンシーコス・デ・グロリア

          | お教室案内 | 23:27 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          大阪教室次回分お申込み開始です。
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            大変お待たせいたしました。

            毎回、あっという間に満員になってしまう大阪クラス、

            次回分のお申し込みをさきほど開始いたしました。

            http://cante.naranjita.com/osaka.html ←詳細はこちら

             

             

            次回の日程は 6月4日(日)。

             

            会場は毎度お馴染み心斎橋の音楽スタジオ

            パワーサウンドスクエアです。

             

            講師は、、、、、って当教室には私しかおりません。笑

             

             

            今回も、3つのクラスを開講いたします。

             

            まず1つ目は、特に人気のパルマクラスです。

             

            2017年は1年間かけて、歌も踊りもギターもない、

            パルマだけの演目を練習しています。

            前回はタンゴを練習しましたね♪

            1回のレッスンでかなりいいところまで行きましたので、

            次回はブレリアを取り上げようと思います。

             

            この演目は、5人のパルマと言って、

            5人のパルメーロ(パルマを叩く人)が輪になって、

            全員違うリズムのパルマを叩きながら、

            全体でひとつの大きなグルーブを醸し出します。

             

            もともとは、私の友人ギタリストのラウールが、

            セビージャの公演でひろうしたもの。

            踊り手3人、カンテ1人、ギター1人の計5人の公演で、

            なにか他の公演ではみたことない、新しい事をやりたいと、

            考え出したもの。

            これは面白いと、日本で生徒に教えてもいい?と許可を取って、

            やらせて頂いています。

             

            ラウールが考えたのは、実は、ブレリアだけだったので、

            私がタンゴとシギリージャも考えました。

             

            パルマだけで5人でというと難しそうだと思うかもしれませんが、

            ちょっとしたポイントさえ押さえれば、結構できるもの。

             

            見ている方も楽しいので、出来るようになって、

            人前で披露してくださいね。

             

             

            パルマクラスの他に、

            シギリージャクラスと、

            カンテの勉強方法と復習クラスもありますが・・・

             

            残り2つのクラスのご紹介は次回ということで。

             

            http://cante.naranjita.com/osaka.html ←詳細はこちら

             

            | お教室案内 | 20:31 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            スペイン流サバサンド
            0

              JUGEMテーマ:グルメ

               

              最近、にわかに日本でも流行ってきたサバサンド。

               

              お洒落なカフェやパン屋さんの

              定番メニューになりつつありますよね。

               

              実は、スペインにもあるんですよ、サバサンド♪

               

              かなり庶民的な食べ物なので、

              他になんにもないときの節約食として、

              主婦のお助けアイテムとなっています。

               

              では、いささか簡単ですが、作り方をご紹介しますね。

               

              材料:フランスパン(コッペパンやクロワッサンでもOK)

                 サバのオイル漬け缶

                 トマトペースト

                                これだけ♪

               

              作り方:サバ缶を開けてかるくつぶし、

                  トマトペーストとあえて、パンにはさむ。

               

                                以上♪

               

               

              ツナ缶でも作れるけど、

              サバのほうがトマトペーストには合いますね。

               

              日本人向けにもうちょっと贅沢にするのなら、

              スライスオニオンを一緒にはさむと美味しいです。

               

              ぜひ、お試しください♪

              | スペイングルメ | 22:40 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              太腿太鼓士弟子入り
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                先日、こんなことを質問されました。

                 

                ”フラメンコのショーでお客さんがパルマをばんばん

                叩くのって、どうしてダメなんですか?”

                 

                おや? 

                このブログでも何回かご説明したように思いますよ。

                 

                フラメンコのステージでは、

                みんなで<せーの>のタイミングでスピードを変えたり、

                止まったりするので、練習に参加してなくて、

                そういう決め事を知らない人は、パルマを叩いちゃダメなんです。

                 

                そういうスピードの変化や、止まったりすることも、

                ステージの大事な要素ですもんね。

                 

                でも、すっかりのりのりになってしまった場合、

                じっと我慢しているのも辛いですよね?

                 

                そんな時、おすすめなのが<太腿太鼓>です。

                 

                太腿太鼓、、、、知らない方も多いと思います。

                 

                っていうか、私の友人が自分のことを太腿太鼓士って

                呼んでたんですよね。

                 

                これ、どういう事かというと、

                ライブとかで、演奏には参加できないし、

                勝手に音を出しても迷惑だけど、

                超のりのりなのでじっとしていられなくて、

                自分の太腿を太鼓に見立てて、とんとことんとん と

                乱れ打つこと、なんです。

                 

                太腿を叩いても、ほぼ音は出ないですもんね。

                 

                これから、フラメンコのショーでのりのりになってしまったら、

                ぜひ太腿太鼓士として参加してくださいね。

                 

                | フラメンコのこつ | 20:05 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                Triana, mi Triana
                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  遠くにありて、第二の故郷を想う。

                   

                   

                  | セビージャ暮らし | 00:24 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  ギターとタップで即興の♪
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    ご近所のバーにて。

                     

                    ギターとタップダンサーの、

                    会話のような、ゲームのような、

                    なんの約束事もない、

                    仲良しなひと時。

                     

                    たしかにタップダンスなんだけど、

                    私にとっては、なんともフラメンコな時間でした。

                     

                    | 穏やかな日々を | 19:39 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    フェスティバルフラメンコって???
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      この映像は、スペインで一番有名なフェスティバルフラメンコ、

                      ポタヘ・デ・ウトレラの模様です。

                       

                      毎年6月に開催されるポタヘ・デ・ウトレラ、

                      今年は6月24日の夜10時スタートだそうです。

                       

                      詳しくはこちら

                      http://www.guiaflama.com/festivales-flamenco/potaje-gitano-de-utrera/

                       

                       

                      はい?一番有名なフェスティバルフラメンコはビエナルでは、ですか?

                       

                      いえいえ、実はビエナルはフェスティバルフラメンコじゃないんです。

                       

                      では、今日はフェスティバルフラメンコとは何かについて、

                      少しご紹介したいと思います。

                       

                       

                      <フェスティバルフラメンコ>というのは、

                      単純に フラメンコのお祭り、という意味ではありません。

                       

                      実は、ある形式で行われるコンサートのことなんです。

                       

                      上でご紹介したポタヘ・デ・ウトレラもそうなんですが、

                      地元のお役所が開催する、夏の夜のコンサートで、

                      年に一晩だけ行われるもの。

                       

                      始まるのはだいたい夜の10時前後、

                      一晩で7〜8人ほどのフラメンコ歌手が各自1時間くらい歌って、

                      終わるのは朝4時くらいになってしまいます。

                       

                      会場は街の公園だったり、小学校の校庭や体育館などの、

                      その村(街?)で一番大きい場所があてられ、

                      人口の何倍もの観客が集まります。

                       

                      入場料も2000円ほどと、結構有名な歌手もでる割にはお得なので、

                      フラメンコ人気が高かった頃には、チケットの入手も難しいほどでした。

                       

                      7〜8人出てくるフラメンコ歌手は、

                      経験が浅い人から順番に登場し、

                      オオトリはかなりの大物が務めます。

                       

                      もし、夏場にアンダルシアに行くことがあったら、

                      ほぼ毎週末どこかの村や町でフェスティバルフラメンコが

                      開かれているので、ネットなどで探して行ってみてください。

                       

                      ただ、ひとつだけ忘れちゃいけないのが、厚手のコート。

                       

                      アンダルシアの夜は夏とはいえかなり冷え込みます。

                       

                      地元の女の子達は朝までタンクトップ一枚でも、

                      風邪もひかないそうですが、日本人はそうはいきません。

                       

                      私は滞在しているホテルから毛布を背負っていって、

                      ぐるぐる巻きになってみることにしています。

                       

                      スペイン人達には笑われるけど、風邪ひきたくないんだもん。

                      | セビージャ暮らし | 19:29 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事