CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
LINKS
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フラメンコ歌手(カンテを歌うカンタオーラ)ナランヒータの
スペインと日本行ったり来たり。
ビジャンシーコスの季節です。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    もうすぐクリスマス。

     

    ビジャンシーコスの映像をお楽しみください。

     

    ビジャンシーコスは、スペイン語でクリスマスソング、

    フラメンコアーティストもこの時期たくさん歌います。

     

    大勢で集まって歌うのが特徴で、豪華で楽しいですね。

    | フラメンコの曲 | 08:27 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
    スペインカレー事情
    0

      JUGEMテーマ:グルメ

       

      写真のこれ、実はスペインのスーパーで買った、

      レトルトのカレーとご飯のセットなんです。

       

      ひとつの容器に、カレーもご飯も一緒に入ってて、

      レンジで3分チンするだけ。

       

      辛いのが苦手なスペイン人用に、

      辛さはかなり控えめですけど、

      ご飯はバスマティライスだし、お味もなかなか。

       

      日本でも売ってたらいいのにね。

       

      | スペイングルメ | 19:31 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
      カンテが遅れるのもリズム感のせいじゃない!
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        ”リズム感が悪くって、

        歌っているとどんどん遅れて来ちゃうんです。”

         

        こういうお悩みも多いんですよね。

         

        今まで、そういう方のカンテを直接聞いてみて、

        本当にリズム感の問題だった方はいませんでした。

         

         

        理由は別のところ。

         

        実はある体の一部の緊張にあったんです。

         

        その部位とは?????

         

        く・ち・び・る。

         

         

        最近のわかい人に特に多いんですが、

        話す時、口角をきゅーっとあげていますよね。

         

        自然にそうなるんならいいんですけど、

        もともとはそういう口元じゃないのに、

        笑顔じゃなくっちゃいけないと思うあまりに、

        口角を中心とした”くちびる”に力が入っちゃうんです。

         

         

        あのー・・・

        ちょっとやってみて頂けます?

        口角をきゅっとあげたままで、早口言葉。

         

        なまむぎ、なまごめ、なまたまご♪

         

        いかがですか?

         

        くちびるに力が入りすぎているので、

        しゃべるのに普段より時間がかかりますよね。

         

        だから、カンテの時も遅れるんですよ。

         

         

        くちびるの力を抜いて、

        口角をひきあげるのをやめて、

        舌とかの力も全部抜いて、

        しゃべるのに必要な部分だけ最低限使って、

        さ、もう一度歌ってみましょう。

         

         

        *******

        踊りバックのカンテクラスに空きが出ました。

        先着順にメールでお申し込みを受け付けます。

        詳しくは当教室HPをご覧ください。

        http://cante.naranjita.com/

        (踊りバッククラスは、火曜と土曜での振替も可能です。)

        初心者向きのカンテ準備クラスもございます。

        | フラメンコのこつ | 20:15 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
        声量?十分だと思うけど・・・
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          当ブログへ、さまざまなフラメンコのお悩みを検索していて

          辿り着く方も多いようですが、

          その中でもかなりの割合をしめているのが、

          声量がない、大きな声がでないとのお悩みです。

           

           

          先日も、声量で悩む方に直接お会いする機会があったのですが、、、

           

          実際に歌を聴いてみると、声量は十分なんですよねー。

          なんで悩んでいるのかと思ったら、

          お答えは、なんと踊りのレッスンで歌う時の声とのこと。

           

          ん???

           

          よくよくお話しを聞いてみると、

          本番で踊りバックを務めることがある方なんですが、

          本番はマイクがあるから問題がないけれど、

          リハーサルの時、声がとおらなくて困っているとか。

           

          ん???

          リハーサルの会場にマイクないんですか???

           

           

          えっと、、、

          ここでスペインの踊りバックカンテ事情のお話を少し。

           

          私が知る限りですが、

          スペインの踊りの教室でのレッスンにカンテがつく時や、

          本番のリハーサルをするとき、

          カンテさん用にマイクが用意されるのは当たり前なんです。

           

          踊り手が一人だけで、小さいスタジオの時は、

          マイクなしのこともありますが、

          大きいスタジオや群舞の時には必ず用意されています。

           

           

          そういえば、、、

          留学先のフラメンコ芸術学院でのことです。

           

          1999年の春、

          1年目の終了試験で踊りバックのカンテを務めることになった

          私達カンテクラス生徒。

           

          踊りとギターとの合同練習に行った時、

          スタジオにマイクが用意されていませんでした。

           

          日本から行った私にはごく当たり前の風景だったんですが、

          数人のカンテ生徒がそのままスタジオを出て、

          父兄に電話をしています。

           

          その5分後には、父兄から学校の事務局に連絡が入りました。

           

          マイクのないところで踊りバックのカンテを歌わせるのなら、

          自分の子供は参加させないというクレームだったんですよね。

           

          踊りの、それも群舞のバタバタうるさいところで、

          マイクなしで歌ったら喉を傷めてしまうと言うのは、

          スペインではごくごく一般的な考え方です。

           

          ですから、定期的にカンテさんを呼んで、

          踊りのレッスンに参加させているお教室には、

          マイクとスピーカーのセットが用意されているし、

          バイレのリハーサル用にスタジオにも常備されています。

           

           

          さて、、、日本でですが・・・

           

          日本中のバイレのスタジオにマイクを用意して貰うのは

          すぐには難しいかもしれませんね。

          だからと言って、声を無理して張り上げて歌ったら、

          カンテさんはみんな喉を壊してしまいます。

           

          で、、、

          実は実際私も以前はやっていたんですが、

          ポータブルなスピーカーとマイクを自分で用意して、

          バイレ教室に行く時に持って行っていたんです。

           

          新品でそろえても、1,2万円のものですから、

          カンテをお仕事にするのなら、必要経費じゃないでしょうか?

           

           

          それから、共演のバイレさん、ギターさんにお願いがあります。

           

          ギターと違ってカンテは自分の喉が楽器です。

          一度壊れてしまったら、2度ともとには戻りません。

           

          スペインでは、カンテにマイクを付けるのは常識なんですから、

          日本でも、カンテがマイクを使う事を否定しないで欲しいんです。

           

          声が弱いのか? とか、

          声量が足りないんじゃないか? とか、

          私もずいぶん言われました。

           

          お互い大事な共演者ですから、いたわり合いましょうよ。

           

          大勢が踊ってばたばたしている中で、

          生声を張り上げるのって、かわいそうだと思いません?

           

           

          日本でも、カンテがリハーサルの時からマイクを使うのが

          早く当たり前になるといいですね。

           

          カンテさんがマイクとスピーカーを持参しても、

          いじめないであげてくださいね。

           

          *******

          踊りバックのカンテクラスに空きが出ました。

          先着順にメールでお申し込みを受け付けます。

          詳しくは当教室HPをご覧ください。

          http://cante.naranjita.com/

          (踊りバッククラスは、火曜と土曜での振替も可能です。)

          初心者向きのカンテ準備クラスもございます。

          | 最新スペインフラメンコ事情 | 11:04 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
          だから、ナナは歌わない。 その理由
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            フラメンコとヒターノ。

             

            この微妙な問題については、

            私はなるべく語らないようにして来ました。

             

            実は、ナナを歌わない理由は、

            ヒターノの文化に関わっているんです。

             

            どこまでお話しできるかわかりませんが、

            少しだけ説明させてください。

             

             

            私はカンテの師匠を4人持っています。

            2人はヒターノ、2人はヒターノではないスペイン人です。

             

            ヒターノの文化に関しては、実はまだほとんどの事が、

            スペインでもちゃんと知られているわけではないのです。

             

            というのも・・・

             

            ヒターノはヒターノの文化について、

            ヒターノ以外には決して口外しないから。

             

            彼らの文化を口外しないことで、

            文化を守ると言う考え方らしいんです。

             

            もちろん、私も多くの事は知りません。

            本も読みましたし、ヒターノの知人に話しも聞きました。

             

            でも、やっぱり、、、、、

             

            彼らが隠している以上、わからないのは当然ですし、

            今では、わからないでいることこそが、

            ヒターノの文化を尊重していることになると思っています。

             

             

            そして、問題のナナなんですが・・・

             

            ヒターノの師匠のホセデラトマサによると、

            ソレアやシギリージャなどのカンテは仕事用の歌で、

            歌ってお金を稼ぐためにあるのだそう。

             

            でも、ヒターノの家には、仕事用のカンテ以外に、

            家族で歌う歌がいろいろあって、

            それは決して自分たちの家族の前以外では歌わないのだそう。

             

            ちなみに、ナナはこの家族の歌に属します。

             

            では、どうして人前で歌われるようになったかというと、

            ヒターノの決まりを破って、

            人前でナナを歌ってお金を稼いだヒターノがいたから。

             

             

            説明はこれで終わりです。

             

            私がナナを歌わないのは、

            ヒターノの文化に対する尊敬の気持ちから。

             

            ヒターノがヒターノ以外に知られたくないと思っている歌を、

            私が覚えて歌うべきではないと思っているからです。

             

             

            外国人で、おばちゃんで、不器用で、記憶力が悪くて、

            そんな私に一生懸命カンテを教えてくれた

            ヒターノの師匠達へのせめてもの気持ちなんです。

             

            | フラメンコのこつ | 21:52 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
            だから、ナナは歌わない。
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              ナナってご存知ですか?

               

              フラメンコの子守唄のこと、、、っていうか、

              スペイン語で子守唄全般の事を指します。

               

              あるベテランの生徒さんが、

              最近ナナが気になるようで、

              歌ってみたいと仰るのですが・・・

               

               

              私もナナは大好きです。

               

              女性フラメンコ歌手のCDにはよく入ってるんですよね。

               

              しみじみとしていて、

              もの悲しくって、

              でも、どこか強いって言うか、、、

              魅力的ですよね。

               

               

              でも、実は私、ナナだけは人前では歌わないようにしているんです。

               

              それには、もちろん理由があります。

               

              とっても重要な理由が・・・

               

               

              *******

              踊りバックのカンテクラスに空きが出ました。

              先着順にメールでお申し込みを受け付けます。

              詳しくは当教室HPをご覧ください。

              http://cante.naranjita.com/

              (踊りバッククラスは、火曜と土曜での振替も可能です。)

              初心者向きのカンテ準備クラスもございます。

              | フラメンコのこつ | 22:36 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
              ほとんどの悩みは筋トレでなんとかなります。
              0

                JUGEMテーマ:エンターテイメント

                 

                リズム感が悪い、

                なんかポーズが決まらない、

                そんなお悩みのほとんどは、実は筋力不足が原因。

                 

                ただ、筋力をあげるには、

                地道な努力が必要です。

                 

                もう年だから・・・

                 

                なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

                70代でも、筋トレの効果はちゃんと上がるんですよ。

                 

                悩みながらだらだらレッスンを続けないで、

                来年の目標を筋トレにしませんか?

                 

                私もなるべく多くのトレーニング方法を

                紹介するようにしますから。

                 

                 

                 

                | フラメンコのこつ | 04:21 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                足を打つとき、体が上下しちゃう? つづきのつづき
                0

                  JUGEMテーマ:エンターテイメント

                   

                  さて、前回前々回のトレーニングで、

                  ハイヒールを履いたままで、

                  片足にしっかり体重を乗せることが出来るように、

                  なったと思います。

                   

                  右足にも、左足にも、ちゃんと体重が乗るようになったら、

                  左右の乗り換えの練習に入りましょう。

                   

                  ここで大事なことは、

                  それぞれの足にちゃんと体重が乗るようになってから、

                  乗り換えの練習に入る事です。

                   

                  必要な筋肉が育っていないと、

                  ここから先のトレーニングを行っても効果は出ないんですよ。

                   

                  まだ不十分な場合は、前回、前々回のトレーニングを続けて下さいね。

                   

                   

                  では、乗り換えの練習をはじめましょう。

                   

                  前回、前々回のトレーニングでは、

                  壁などにつかまって行っていましたが、

                  今回は手を離し、両手は腰にあてます。

                   

                  十分に筋肉が育っていれば、両手を腰にあてた状態でも、

                  片足立ちも、かかととんとんも、上げた足を振ることも、

                  全く問題ないはずなんですが、いかがですか?

                   

                  壁に手をついているときはぐらつかなくても、

                  腰に手をあてるとぐらついてしまう場合は、

                  残念ながら、もうしばらく腰に手を置いた状態で、

                  片足ずつのトレーニングを続けましょう。

                   

                  腰に手をあてるとぐらつく原因は、

                  筋力不足の問題ももちろんあるんですが、

                  体重のかけかたのコツがつかめてない可能性もあります。

                   

                  コツがつかめない場合は、

                  腰に手をあてた状態で片足立ちでかかとをとんとんしながら、

                  足の裏に意識を集中させ、体重をかける場所を探しましょう。

                   

                  上体を少し前傾させるのがコツと前回も書きましたが、

                  前傾の状態で背筋をすっと伸ばし、顔も正面を向きます。

                   

                  視線を定めることも、上体を安定させるコツのひとつです。

                   

                  腰に手をあてての片足立ちが安定したら、

                  あげている方の足を前後に1往復振り床におろします。

                   

                  今度は逆の足を上げて前後に降って床におろしましょう。

                   

                  この時、上体がぐらつかないように、

                  姿勢をしっかり保つことがポイントで、

                  今までのトレーニングで覚えた、

                  片足に体重を乗せて安定させる状態に、

                  すばやく入るようにします。

                   

                  最初は、すぐに左右を切り替えることは難しいので、

                  とにかくゆっくりと、

                  でも、体重の移動はしっかり行うようにしてください。

                   

                  最初は、左右どちらかの足は簡単でも、

                  もう片方がぐらついてしまうのが普通です。

                   

                  その場合、ぐらついてしまう方の足を振るとき、

                  3往復くらい振ってください。

                   

                  得意な足は、1往復のみ振って、

                  苦手な足は3往復くらい振ってしっかり体重を移動する、

                  これを繰り返すと、だんだん左右とも1往復振るだけで、

                  体重移動が出来るようになってきます。

                   

                  足を振りながらの体重移動が出来るようになったら、

                  今度は、床についている方の足のかかととんとんを、

                  それぞれのかかとを3回とんとんとしたら、

                  足をかえて3回とんとんとする、を繰り返します。

                   

                  これも苦手な足があると思いますので、

                  足を振るときと同じように、

                  苦手な方の回数を多めにしてやってみてください。

                   

                  慣れてきたら、それぞれ2回ずつだけとんとん、

                  そして、1回ずつのとんとんに進みます。

                   

                  ここまで来れば、左右の乗り換えはもう問題ないはず。

                  頭もぴょこぴょこしなくなっていると思います♪

                   

                  | フラメンコのこつ | 17:47 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                  本日みかんの日
                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                    今日は全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が決めた

                    <みかんの日>です。

                     

                    私の芸名ナランヒータは、日本語にするとみかん♪

                     

                    師匠のナランヒートの家にもオレンジの畑があったとか。

                     

                    風邪の予防のためにも、今日はおいしいみかんを食べましょう。

                     

                    | 穏やかな日々を | 11:00 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    足を打つとき、体が上下しちゃう? つづき
                    0

                      JUGEMテーマ:エンターテイメント

                       

                      昨日の続きです。

                      今日は左右の乗り換えの為のトレーニングをご紹介します。

                       

                      昨日のトレーニングで、

                      膝と股関節を動かす筋肉を複合的に使うことで、

                      かかとを上下しても、頭がぴょこぴょこしないように

                      なると思います。

                      ウエストから膝までの多くの筋肉を鍛えることになるので、

                      少し時間はかかるかもしれませんが、

                      普段の歩き方も魅力的になるので、頑張ってみてください。

                       

                      そして、今日は左右の乗り換えです。

                       

                      実は昨日のトレーニングは、

                      片方の足にちゃんと体重を乗せる練習でした。

                       

                      昨日のトレーニングをきちっと行った方は、

                      床についている足の方にぐっと腰が入っていることが

                      わかると思いますが、、、いかがですか?

                       

                      もしわかりにくい時は、

                      片足立ちしながら、もう1つトレーニングを追加してください。

                       

                      かかとの上下をしばらくやったあと、

                      上がっている方の足を前後にゆっくりふるんです。

                       

                      上がっている方の足は、ひざをゆるめたまま、

                      前に後ろに、それぞれ20〜30cmもゆらせば十分です。

                       

                      もちろん、その時体がふらふらしたり、

                      胴体がついていったりしてはいけません。

                       

                      股関節から上は、まったく動かさないように、

                      あげている足だけをゆらゆら前後にふってみると、

                      ふらふらしないで出来るポイントのようなものが見つかります。

                       

                      コツは、体重をかける位置。

                       

                      床についている方の足の土踏まずの少し前の方、

                      そのあたりに体重がかかるように意識すると、

                      ポイントが見つけやすいかもしれません。

                       

                      そして、もうひとつのコツは、

                      上体を少しだけ前傾させること。

                       

                      完全にまっすぐに立ってしまうと、

                      どうしても体重がかかとにかかってしまうので、

                      昨日のトレーニングも含め、やりにくいんですよね。

                       

                      壁などにしっかり手をついて、

                      自分の体がどうなっているのかを鏡で確認しながら、

                      かかとの上げ下げと、上げた足を振るのを繰り返して下さい。

                       

                      特に今日のトレーニングを追加したばかりの時は、

                      脇腹あたりに筋肉痛が起きることがありますが、

                      それこそが正しくできている証拠♪

                       

                      実は頭がぴょこぴょこしなくなる為には、

                      ウエスト周りの筋肉の強さとしなやかさが不可欠。

                       

                      しっかりトレーニングして、いい筋肉を付けて、

                      安定したサパティアードを目指しましょう。

                       

                      それぞれの足にしっかり体重を乗せられれば、

                      完成は目の前です♪

                       

                      *******

                      踊りバックのカンテクラスに空きが出ました。

                      先着順にメールでお申し込みを受け付けます。

                      詳しくは当教室HPをご覧ください。

                      http://cante.naranjita.com/

                      (踊りバッククラスは、火曜と土曜での振替も可能です。)

                      初心者向きのカンテ準備クラスもございます。

                       

                      | フラメンコのこつ | 19:01 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事